FC2ブログ

STORMWARRIOR “NORSEMEN”(2019) アルバム・レビュー

stormwarrior07.jpg

HELLOWEEN、RUNNING WILDを輩出したドイツ北部の都市ハンブルク出身のSTORMWARRIORによる、通算6作目のフル・アルバム。

約6年前にリリースされた前作、” THUNDER & STEELE”(2014)から、ドラマーに2009年まで在籍していたファルコ・レシェフトが復帰し、中心人物であるラーズ・ラムケ(Vo, G)ではない方のギタリストがビヨルン・ダイガー(元MAJESTY他)に交代している(実はベースのイェンツ・レオンハルトも2017年に一度脱退していたが、本作の制作に当たって復帰している)。

いや~カッコいい。これですよ、私が聴きたいメタルは。好き好き。

ドイツ出身でありながら、常に北欧ヴァイキングの世界観を描き続けていることと関係があるのか、北欧めいた哀愁を感じさせるメロディが勇壮かつドラマティックに突き進むサウンドにはヒロイズムを強く刺激され、胸を熱くしてヘドバンせざるを得ない。

メロディックで速いので、メロディック・パワー・メタルと呼んでもいいのだろうが、この音はやはりシンプルに「ヘヴィ・メタル」と呼びたいところだ。

基本線はデビュー以来何一つ変わっていないバンドではあるが、本作はアルバム全編に漲る緊張感と楽曲の完成度の両面において名盤”HEADING NORTHE”に匹敵するものがあり、一歩間違うと一本調子になってしまいそうだが、アルバム全体が50分とコンパクトにまとめられていることもあり、ダレることなく聴きとおすことができる。

Voがカイ・ハンセンにそっくり(たぶん意図的に真似している)なのをチャーム・ポイントと捉えられる人ばかりではないと思うので(笑)、もっと上手いシンガーが入ればもっと幅広い層にアピールできそうだが、この不器用なVoだからこそここまで音楽性を絞り込むことができているのかもしれない。

#8 “Shield Wall”なんて、モロにGAMMA RAY。と言うか、この曲に限らず随所でGAMMA RAYですが(笑)、自分が今でもこういう音が大好きなんだということをあらためて認識させてもらえました。

「ジャーマン・メタル」草創期の粗削りなエキサイトメントを21世紀の今日に伝えるこの力作が国内盤リリースなしとは残念な限り。ちなみにミックスとマスタリングはピート・シルーク(IRON SAVIOR)、アートワークのデザインはアンドレアス・マーシャルの手によるもの。【86点】






こういうギャロップ・ビートのメイデニックな曲もいいですね。

スポンサーサイト



BRITISH LION “THE BURNING” アルバム・レビュー

britishlion02.jpg

IRON MAIDENの中心人物であるスティーヴ・ハリス(B)のソロ・プロジェクト、BRITISH LIONの2012年のデビュー・アルバムから約7年ぶりのセカンド・アルバム。

昨年に行なわれた来日公演はEXシアター六本木というハコは大きすぎてガラガラだったという噂だが、それはアルバムのリリースから6年経ってからという妙なタイミングのせいもあるだろうし、そもそもアルバム自体、評論家からの評価はともかく、熱心なIRON MAIDENファン以外に誰が聴いたのだろう? という感じで地味な印象は否めなかった。

本作を聴いて思うのはVoの声質が違うのでパッと聴きの印象は違えど、基本的には近年のIRON MAIDENのアルバムと大きく変わらないもので、楽曲によってはいかにもブルース・ディッキンソンが歌いそうなメロディも散見され、IRON MAIDENからドラマティックさやプログレッシヴな要素をそぎ落とすとこの音になりそう。

前作同様、一聴しての印象はやや地味だが、ヴォーカルのやや憂いのある歌声を生かすためかウエットな哀愁のメロディが多く聴かれ、個人的には意外と(?)楽しめた。#9 “Land Of The Perfect People”なんて単純に歌モノとしていい曲だな、と。

近年のIRON MAIDENにも言えるが、生っぽくオーガニックな音作りは個人的にはエッジに欠けてHR/HMとしては迫力不足だと感じるし、ヴォーカルも癖の強いブルース・ディッキンソンよりある意味聴きやすいのだが、その分インパクトに欠ける。

ソロ・プロジェクトでもこういう音楽をやっているということは、スティーヴ・ハリスのやりたいこと(あるいはできること)というのはやはりこういう音楽なのだろうし、そういう意味でIRON MAIDENでは意図的にエピカルな大作志向の、インスト・パートが多い曲を作っているということなのだろうが、個人的にはコンパクトな曲の方が楽しめるので、IRON MAIDENにもこれくらいヴォーカル・オリエンテッドな作風を期待したい(無理かな…)。【82点】



TYGERS OF PAN TANG “RITUAL” (2019) アルバム・レビュー

tygersofpantang13.jpg

2019年はNWOBHM40周年ということもあってか、ANGEL WITCHやDIAMOND HEADもニュー・アルバムをリリースし、プチNWOBHMリバイバルな年だったが、私がそういうNWOBHM出身バンドの新作で最も気に入ったものがこれ(他の2つも良かったです)。

後追い世代である私にとってTYGERS OF PAN TANGというバンドは「昔ジョン・サイクス(G)が在籍していた、変わった名前のバンド」以上でも以下でもなく、当時のアルバムを聴いても、NWOBHMならではのメタル・サウンドで、それなりにカッコいいとは思いつつ、それほど特筆すべき特徴を感じなかった。

そんな私が本作を聴くきっかけになったのはたまたまYouTubeで自動再生された本作収録の”White Lines”のMVで、その曲が意外とカッコよかったことで興味を持ち、アルバムを聴いてみることにした。

そしたらこれが大正解で、意外なほどロートル感や時代遅れ感のない、「NWOBHMの歴史の重み」云々を抜きにしても楽しめるメロディックなヘヴィ・メタル・サウンドが展開されており、アルバム全編に渡って楽しめた。

たしかにIRON MAIDENやDEF LEPPARDなどのメジャーになったバンドほどのオーラや個性は薄いものの、2004年から加入しているイタリア人シンガー、ジャコポ・メイレの歌う哀愁がかったメロディを中心に据えた、シンプルだがヘヴィ・メタルの基本に忠実なサウンドには、単なるノスタルジーを超えた普遍的魅力がある。

Amazon Musicでちょっと聴いてみた感じ前作もかなり良さげな感じで、やっぱり世の中にリリースされているいいアルバムを全てアンテナに引っ掛けるのは難しいとあらためて感じた今日この頃。【83点】