FC2ブログ

CREYE / CREYE

creye01.jpg

2015年にギタリストのアンドレアス・ガルストランド(元GRAND DESIGN)を中心に結成されたスウェーデンのメロディアス・ハード/AORバンドのデビュー・アルバム。

本作以前にリリースされたEP「STRAIGHT TO THE TOP」(2017)がマニアの間で話題になっていたバンドで、もはや大手といっていい『Frontiers Music』が契約したのも頷ける上質なAORサウンドを聴かせてくれる。

上記のEPではART NATIONのアレクサンダー・ストランデルが歌っていたが、本作ではALIENのジム・ジッドヘッドの息子(!)だというロビン・ジッドヘッドがヴォーカルを務めている。

スティーヴ・ハリスの娘や息子、ブルース・ディッキンソンの息子などもそれぞれメタル・ミュージシャンとしてデビューしていますが、いよいよHR/HMの世界も二世が幅を利かせる時代になったのでしょうか。

そのロビン・ジッドヘッドの歌声は父親に比べてやや線が細く、客観的にはアレクサンダー・ストランデルの方が高く評価されるのかもしれませんが、個人的にはこのバンドのサウンドにはマッチしていると思う。

とにかくピュア80'Sというサウンドで、楽曲・サウンドとも洗練を極めており、ロックが元々持っていた持つ無骨さ、泥臭さ、猥雑さが完全にろ過消毒されたクリーンなサウンドであり、そこに北欧ならではの哀愁を漂わせた甘いメロディが乗るのだから、もはや「爽やか」と形容していいほどの清涼飲料水的音楽。

こういうサウンドを軟弱なものとして忌避、あるいは蔑視する人も多いと思いますが、個人的にはこういう方向にロックが進化し続けなかったことでロックはポップ・ミュージックの王道から転落し、R&BやEDMにメインストリームの座を明け渡すことになったのではないかと思っています。

そう、80年代までロックは洗練・大衆化に向かい、実際大衆に支持されていたのです。それが90年代に入り、グランジ/オルタナティブ革命によって70年代以前のサウンドに揺り戻されてしまった。

それはある意味ロックの原点に立ち返る動きで、一部にそういう動きがある分にはよかったと思うのですが、ロック・シーン全体がそうなってしまった結果、ロックから子供が聴いてもわかるような大衆性は失われてしまった。

原点回帰、それは古き良き時代を取り戻すということである一方、一面では「退行」であり、少なくとも「大衆的なわかりやすさ」が減退したことは間違いない。

まあ、ロックとは元々そういうアンチ・コマーシャリズム的なスピリットを内包しているものだったのだから、このバンドの音楽のように完全に毒を抜いて聴きやすい商業性を推し進めること自体、ある意味「自ジャンル否定」的な無理、いわばアイデンティティ・クライシスを内包していたのかもしれません。

しかし個人的には(というか世代的に)自分が意識的に音楽を聴き始めるようになる以前に、テレビやラジオ、そして街角などで自然に親しんでいたタイプのサウンドなので、どうしても心惹かれてしまうのです。

さらに個人的な思い入れを語るなら、このバンドが多用するKeyサウンドがまたツボなんですよ。こういう人工的でスペーシーなキラキラしたサウンドは、大いなる宇宙へと飛躍する輝かしい未来をイメージさせて、なんとも希望を感じるんですよね。

そういう希望に満ちた幸せな未来を信じられた最後の時代が80年代だと思うんですよね。今となってはそれは「誤解された未来」であり、80年代を実体験していない人にとってはこのやたらと大仰な輝きを放つサウンド自体、時代錯誤でレトロフューチャーな感覚なのかもしれませんが…。

個人的には今年のベスト・メロハー作ですね。とはいえここで書いた文章に共鳴しない人は点数を真に受けないほうがいいかもしれませんが(笑)。【87点】








スポンサーサイト

BABYMETALからYUI-METALが脱退

今や押しも押されもせぬ日本を代表するメタル・アクトとなったBABYMETALからYUI-METALこと水野由結の脱退が発表されました。

「体調不良」との理由で昨年12月から活動を休止していたので、ファンの中には「このまま脱退してしまうのでは…」と予感していた人も少なからずいたようですが、その予感が現実となってしまいました。

本人の声明によると「今も体調が万全ではないこと、そして以前からの私の夢、水野由結としての夢に向かって進みたいという気持ちもあり、今回このような決断をいたしました」とのことです。

まあ体調が、と言われると誰も何も言えないわけですが、実際の所19歳というもはや「BABY」とは言い難い年齢になった女の子として結果的にBABYMETAL一色になってしまった青春時代について思う所もあったのではないでしょうか。

もちろんBABYMETALというユニットが成し遂げてきた実績は、青春を全て捧げるに値するエポックメイキングなものだと思いますが、恐らく特にメタルが好きというわけではないであろう年頃の女の子にとって「あたしこのままでいいのかな?」という思いが生じることは無理のないことだと思います。

BABYMETALの魅力というのは単純に音楽だけではなく、やはりそのステージ・パフォーマンスにあることは否めず、編成自体が変わってしまった彼女たちに従来の求心力が維持できるか、熱心なファンならずともいささか心配になってしまいます。

いや、熱心なファンではないと言っても、BABYMETALの結成以前から存在していたメタル・サイト/ブログで、このサイト/ブログほど早くから彼女らを正当に評価してきたサイト/ブログはないと自負していますよ。

このタイミングで公開された新曲「Starlight」は、バック・バンドである「神バンド」のギタリストであった藤岡幹大の死、そしてYUI-METALの脱退と、悲報が続くBABYMETALのファンの感傷的な気分にマッチするであろう、ジェントっぽいヘヴィさを備えつつもSU-METALの清らかな歌声が生える切ないメロディの楽曲になっています。

彼女らに対して「さすがに旬は過ぎたんじゃないの?」と思っている私ですが、YUI-METALの脱退という、ユニットのアイデンティティを揺るがす事態もストーリーに変えて、さらなる飛躍を期待したい気持ちは強く持っています。

DISTURBED "EVOLUTION"が10月19日発売

アメリカの大人気メタル・バンド、DISTURBEDの、通算7作目となるフル・アルバム"EVOLUTION"が10月19日(金)に『Reprise/WEA』からリリースされます。

いやしかしビックリですよ。2000年のデビュー作で500万枚セールスの大ブレイクを果たし、その後リリースした5枚のアルバムは全て全米No.1を記録している大人気バンドなのに、本作はどうやら日本盤リリースがないようです。

一昨年の2016年には『KNOTFEST JAPAN 2016』で13年ぶりの来日も実現したというのに…。

私はこのバンドの熱心なファンとは言い難いですが、NU METALの流れから出てきたバンドの中では群を抜いてメロディのしっかりした楽曲をプレイしていると思いますし、一聴して彼らとわかる個性と大衆性を高い次元で兼ね備えた優れたバンドだと評価してはいます。

そして自分たちを「NU METALやオルタナティブ・メタルではなく、サバスやプリースト、メイデン、メタリカ、パンテラのようなクラシック・メタルだ」と表現していて、実際ラップもないし、カヴァー曲のセンスを含め、80年代的なフィーリングを感じることもあります。

まあ、そういうNU METALなのかクラシック・メタルなのかよくわからない中途半端な姿勢が、日本では「どちらのファンも獲得できない」という状態を招いてしまったのかもしれませんが…。

先行公開されている「Are You Ready」は彼ら独特のリズミックなキャッチーさを持ったメタル・チューンだし、バラードの「A Reason To Fight」は非常にエモーショナルなバラードに仕上がっていて、本作もヒットする予感はバリバリ。

私は別にアメリカで売れているものは日本でも売れるべきだ、などという考えは持ち合わせていませんが、このバンドについてはさすがに過小評価が過ぎるような気はします。





Download Japan 2019 第1弾ラインナップが発表

LOUD PARKの開催中止でうちひしがれる日本のメタラー達が今一番熱い視線を送るフェス、『Download Japan 2019 』の詳細と第1弾ラインナップが発表されました。

OZZY OSBOURNE
SLAYER
ARCH ENEMY
ANTHRAX
HALESTORM

えー、ここまで全てLOUD PARK出演実績ありなアーティストばかりなわけですが、これは単にこのクラスのバンドを10月に集めることができなかった、ということですかね?

というかARCH ENEMYを除くと、同じ時期に行なわれるオーストラリアのDownload Festivalと完全に面子が重複しています。

オーストラリアのDownload FestivalにはさらにJUDAS PRIESTが出演していましたが、彼らは単独で来日するので代わりにARCH ENEMYがブッキングされた、ということでしょうか。

METALLICAとかSLIPKNOTとかRAMMSTEINとかBABYMETALなんかを期待していた人にはご愁傷様、という感じですかね。
どうやらワンオク、ホルモン、マンウィズ、Fear, and Loathing in Las Vegas、みたいなことにはならなそうです。

いや、そういうJ-LOUD系(造語)なバンドもひとつふたつ入ってくるんじゃないかとは思いますが、多様性の拒絶こそがLOUD PARKの、引いては日本におけるHR/HMのシュリンクを招いた一因であることを考えれば、それくらいは暖かく迎えるべきでしょう(?)。

幕張メッセの9-11ホールでの実施ということは、『LOUD PARK 06』と同じ規模(もっともLP06は2日間開催でしたが)ということで、3ステージでしょうか。

オーストラリアと連動しているということであればALICE IN CHAINS、BEHEMOTH、GHOSTあたりは期待していいのではないかと思いますが、個人的にはここに(オーストラリア版のDownload Festivalには皆無な)欧州パワー・メタル系のバンドがブッキングされるのかどうか、という点が最大の関心事です。

Download Festival Japan 公式サイト

downloadjapan181015.jpg

GUARDIANS OF TIME "TEARING UP THE WORLD"が10月19日発売

ノルウェーのパワー・メタル・バンド、GUARDIANS OF TIMEの通算5作目となるフル・アルバム、"TEARING UP THE WORLD"が10月19日(金)に『ROCK OF ANGELS RECORDS』なるギリシャのマイナー・レーベルからリリースされます。

2000年代初頭のメロパワ・ブームの際にはそこそこマニアの知名度があったバンドですが(なぜか日本では韓国盤が多く流通していたファースト・アルバムはC級の極みでしたが、日本デビュー作となったセカンドで一気にクオリティを上げ、B!誌で89点を獲得していた)、本作の日本盤リリースはなさそう。

2015年の前作はかろうじて『Wormholedeath Japan』なる怪しいレーベルから日本盤が出ていたのですが、売れなかったということなんでしょうね。

かく言う私もこのバンドに注目していたと言ったら嘘になるのですが、たまたま目にした新曲のMVを視聴したらなかなかカッコよかったので取り上げてみました。

このMV曲にはティム“リッパー”オーウェンズ(元JUDAS PRIEST, ICED EARTH)がゲスト参加していますが、このバンドの場合ヴォーカリストの力量は充分なので、話題作り以上の意味はありませんね。

過去の戦争をモチーフにした映像、「Do Or Die」というフレーズを含むサビ、かのIRON MAIDENの名曲「Aces High」へのオマージュであることは間違いないでしょう。熱いぜ。