KREATOR / GODS OF VIOLENCE

kreator14.jpg

2013年のLOUD PARKにおける恐るべきカリズマティックなパフォーマンス、そしてそれによって生み出されたもはや「サークル」とは呼べない、アメーバ状のカオティックなピットが今もなお鮮烈に思い出されるKREATORの通算14作目となる5年ぶりのニュー・アルバム。

WALTARIにも在籍するフィンランド人ギタリスト、サミ・ウリ・シルニヨ加入後のKREATORのアルバムというのはいずれも秀逸なスラッシュ・メタル・アルバムで、しかも作を追うごとに私のようなメロディック・メタルのファンも無視することができないメロディとドラマ性が強化されており、基本的にスラッシュ・メタルのアルバムはめったに取り上げない当ブログでも扱うことにした。

海外でも現在の彼らのスタイルは「スラッシュ・メタル+イエテボリ・スタイル」と形容されており、「イエテボリ・スタイル」というのは要はスウェーデンのイエテボリ出身のIN FLAMESやDARK TRANQUILLITYに代表されるメロディック・デス・メタルのことだが、KREATORらしいソリッドなスラッシュ・サウンドにメロディックなリード・ギターが絡むそのスタイルは、スラッシュ・メタルのファンだけに独占させるにはもったいないものである。

前作「PHANTOM ANTICHRIST」に引き続き、売れっ子プロデューサー、イェンス・ボグレンを迎えて制作された本作は前作以上にドラマ性を強化した作風で、そのドラマ性の強化が決して軟弱さにつながらず、むしろEvilさの強化につながっているあたりが素晴らしい。これぞブルータルなアグレッションとそれを活かすメロディの理想的マリアージュ。

私は良い音楽であれば「メタルらしさ」という観念的なことにはこだわらないし、ましてや「メタルらしさ」と「Evilであること」は特に関係ないと考えているクチだが、本作を聴くと、「このEvilさ…これぞメタルだぜ」などと思ってしまう。

正直、ここまでメロディックになってくると、普通のヴォーカル・メロディを乗っけられるんじゃないの? と思ってしまうが、それはメロデスに「ノーマル・ヴォイスで歌った方がいいんじゃないの?」というのと同じくらい野暮なことだろう。このバンドの最大の個性がミレ・ペトロッツァ(Vo)のアジテーションの如き苛烈なシャウト・ヴォーカルでることは明らかなのだから。

前作「PHANTOM ANTICHRIST」には「Victory Will Come」という年間ベスト・チューン級の名曲があったが、本作のタイトル曲もそれに準ずるカッコよさ。それ以外の楽曲も一部の隙とてなく、本編ラストの「Death Becomes My Light」のドラマティックさといったら、私のようなメロディック・メタル・ファンの琴線に触れまくりである。

SLAYERが「帝王」と呼ばれるなら、KREATORは「邪神」そのもの。当代最強のメタル・バンドとはこのバンドなのではないか、と思わせる傑作である。ドイツのナショナル・チャートではついにNo.1に輝くなど、デビューから30年以上の時を経て、ドイツが生んだ狂気の邪神は遂に至尊の地位へと上り詰めた。【87点】

◆「Gods Of Violence」のMV


◆「Satan Is Real」のMV


◆「Totalitarian Terror」のMV


◆「Fallen Brother」のMV


スポンサーサイト

FIREWIND / IMMORTALS

firewind08.jpg

2013年のアポロ・パパサナシオ(Vo)脱退後、ADAGIOのケリー・サンダウン・カーペンターをゲスト・シンガーに迎えてライブなどは行なったものの、その後開店休業状態が続いていたFIREWINDの約5年ぶりとなるニュー・アルバム。

所属元であった「Century Media」が2015年に「Sony Music Germany」に買収されたためか、日本盤はソニー・ミュージックからのリリースとなっている。

本作で新たなヴォーカリストとして迎えられたのは、07年のツアー時、家庭の事情で参加できなかったアポロ・パパサナシオに代わってゲスト・シンガーを務めていたへニング・バッセ(元METALLIUM)で、過去にジョイントしたことがあるという意味では順当な人選といえる。

本作の原型は、2009年にガス・Gが本作のプロデューサーであるデニス・ワード(PINK CREAM 69)と、ギリシャ戦記をテーマにしたメロディック・パワー・メタルをプレイするために立ち上げたプロジェクトで、その後ガス・GがOZZY OSBOURNEのギタリストに抜擢されたこともあって棚上げされていたマテリアルだという。

そういう、元々FIREWINDとして作曲が始まったわけではない、という事情が大きいのか、デニス・ワードが、このバンドにとって初の外部プロデューサーを迎えたことが大きいのか、もちろんヴォーカリストの交替も大きいのか、本作はこれまでのFIREWINDの作品とは一線を画する、メロディック・パワー・メタル色の強い作品に仕上がっている。

本作発表前にガス・Gがソロ・アルバムを制作、リリースしていたこともあってか、本作については「俺自身のニーズを必ずしも満たさなくてもいいから、ファンを満足させたいと思ったんだ」とインタビューで語っている。

私自身はこのバンドに必ずしもメロディック・パワー・メタルを求めていたわけでもないのだが、このバンドがプレイしていた王道感のあるHR/HMというのは、必ずしも商業的には王道ではなく、パワー・メタルのほうが市場のニーズがある、というのは事実だろう。

何しろアルバムのオープニング・トラックである「Hands Of Time」という曲名を見て、「なんだかSTRATOVARIUSみたいだな」と思って再生ボタンを押したら、モロにSTRATOVARIUSなイントロでちょっと笑ってしまいました(笑)。

新ヴォーカリストであるへニング・バッセの時にロブ・ロック(IMPELLITTERI)や森川之雄(ANTHEM)を彷彿させるアツい歌声も、こういうパワー・メタルなスタイルにマッチしている(個人的にはちょっと暑苦しさも感じるけど/笑)。

また、本作はガス・Gの出身地であるギリシャの古代戦史という、ギリシャ人にとって「とっておき」のネタをテーマにしたコンセプト・アルバムとなっており、そういう意味でも自らのアイデンティティを託した力作と言えるだろう(とは言ってもガス・Gは所詮ギター小僧、必ずしも自国の歴史に詳しいわけではなく、実際に歌詞テーマを掘り下げたのはデニス・ワードだったそうだが)。

個人的にはこういう母国の歴史をテーマにした作品を作るならドイツ人であるへニング・バッセに歌わせるのではなく、同じギリシャ人だったアポロ・パパサナシオがいるうちに作るべきだったんじゃないの、というツッコミもしたいし、パワー・メタル・バンドは掃いて捨てるほどいるのに対して、FIREWINDのような「ハード・ロック」の要素を強く宿したバンドは昨今貴重だったので、この「方向転換」を必ずしも手放しで絶賛できない思いもある。

ただ、それでも凡百のモダンなパワー・メタル・バンドに比べると、80年代以前のHR/HMの滋味は強く感じられ、ミドルテンポの楽曲やバラードにも説得力があるし、ガス・Gの古典的なギター・ヒーロー然としたソロ・ワークは流石としか言いようがなく、基本的にパワー・メタルが好きなこともあって、彼らのカタログの中で過去最高級の満足度を感じることができたというのも事実。

3月にはソロとして来日するガス・G(へニング・バッセも同行する)だが、この熱いサウンドはLOUD PARKなど大きな会場で聴きたいものである。

どうでもいいですが、タイトルの「IMMORTALS」は、日本盤タイトルである「不滅神話」みたいなニュアンスではなく、ギリシャに遠征してきたアケメネス朝ペルシアの中核をなす精鋭部隊だった「アタナトイ(不死隊)」のことだと思うのですが。【86点】

◆本作収録「Ode To Leonidas」のMV


◆本作収録「Hands Of Time」のOfficial Audio




BURRN! 17年2月号の感想

burrn1701.jpg

久しぶりに『BURRN!』の感想を書きます。何しろこの表紙ですからね。

先日の「PUNPKINS UNITED」ツアーのニュースを受けてのマイケル・キスク、カイ・ハンセン、マイケル・ヴァイカートの3者が揃い踏み。
赤い髪のカイ・ハンセンには思わずマイケル・アモットとフュージョンしたのかと二度見せずにいられませんでしたが(笑)。

マイケル・キスクも潔くせずに被っていいんですよ?(「も」という助詞に深い意味はありません/笑)

まあでもミッヒに関してはもうちょっと痩せてもらわないとアレかな。
初来日公演を観たという女性は「まるで王子様のようだった!」と言っておりましたが、今の彼にその面影はありませんよねえ…。その女性も近年のミッヒに対しては「ジャガイモみたいになっちゃった」と言っていました(苦笑)。
P33~34のモノクロ写真に当時の面影は見てとれますが。

インタビューは三者会談ではなく、カイ・ハンセンが体調を崩して別日で仕切り直しになったため、マイケル・キスク&マイケル・ヴァカートの2者インタビュー+カイ・ハンセンの単独インタビューという変則的な形になっている。

今回の話のある意味「言いだしっぺ」はマイケル・キスクだったそうで、マイケル・キスクとマイケル・ヴァイカートが直接の対面をしたのは2013年にフランスで行なわれたフェス(HELLFEST?)のバックステージだったという。とはいえ最初のミーティングが開かれたのは2015年1月だったそうで、それなりに時間をかけて進められた話のようだ。マイケル・キスクにとっても、現行メンバーにとってもナーバスな話だけに無理もない。

私はてっきりマネージメントが音頭を取って始まった話かと思っていましたが、やはり感情的な問題が障壁だったがゆえに、その障壁が一番大きいマイケル・キスクが言い出さないことには始められなかった、ということなんでしょうね。

AVANTASIAにUNISONICというマイケル・キスクにとっての一種のリハビリ、そしてカイ・ハンセンとマイケル・ヴァイカートの「和解」を示した『HELLISH ROCK TOUR』と、長年の伏線が結実し、「KEEPER OF THE SEVEN KEYS Part I」リリース30周年の年にこの「PUNPKINS UNITED」が実現したというのはファンにとって本当に感慨深いものがあります。

とりあえず経緯はどうあれ、この三者が揃ったラインナップで「KEEPER OF THE SEVEN KEYS Part I&II」の楽曲を聴けるのは本当に楽しみですし、アンディ時代の曲をマイケル・キスクが歌い、カイ・ハンセンがギターを弾くことも考えているとのことなので、何気にそれも楽しみです。

HELLOWEENのみならずGAMMA RAYに、マイケル・キスク参加作品(AVANTASIAのようなゲスト参加ものは除く)を網羅したディスコグラフィーに、これまで行なわれてきた来日公演の基本セットリストまで網羅したクロニクル記事と、ファンおよびこれから入門する人にとっては必携の充実した内容と言えるでしょう。

「ドイツ人ジャーナリストが見た『守護神伝』の時代」というハンス=マーティン・イスラー氏によるコラムは、期待していたのですがちょっと肩透かしな内容。GAMMA RAYとPINK CREAM69はともかく、BLIND GUARDIANやRUNNING WILDやGRAVE DIGGERの紹介(それも中途半端な)なんていらんでしょ。とりあえずこの人が「カイ・ハンセン派」で、「KEEPER OF THE SEVEN KEYS Part II」はポップ過ぎると考えていることはわかりました。

「担当ディレクターに訊く“HELLOWEENの真実”」は、過去のビクターの担当ディレクターへのインタビューだが、「僕はメタルに関してはぶっちゃけ門外漢だったし」とか「(『守護神伝』の2作は)何度も何度も出し直してるんで、最終的にはあの作品が何枚売れたのか、途中で僕らも判らなくなっちゃってるんですよ」みたいな発言から、「いいかげんな人たちだな」という印象しか受けませんでした(苦笑)。

まあ、私自身広告会社の人間という立場からレコード会社の人たちとも何度か仕事をしていますが、他の業界の人たちに比べて明らかにスケジュールや予算の管理についていいかげんな人たちが多い印象を受けているので、意外ではありませんでしたが…。実際音楽についても自分が直接担当しているアーティストとその界隈以外についてはそれほど詳しいわけではない、という感じでしたし。

マイケル・ヴァイカートは「変人」、マイケル・キスクは「ヴァイキーとは違った意味で“変わった人”」、カイ・ハンセンは「ロックン・ローラー」「常に明るくて、楽しけりゃいいやというところがありました」といった評価はまあファンが想像している彼らのキャラクターと遠からず、という感じですが、特にマイケル・キスクに関する「ミュージシャンには必要のない難しいことを色々考えている人で、本を随分読んでましたね」という発言はいかにもで、マイケルのそういう面が「再結成」を頑なに拒んでいたんだろうなあ…などと思いました。

ビクターエンターテインメント堀内氏の「自分はローランド・グラポウが苦手で…『俺はロック・スターだ』みたいな感じなんですよね。その根拠が何だったのかわからなくて(苦笑)」という発言には思わず笑ってしまいました。いやまあ、HELLOWEENのギタリストって一応ロック・スターと言ってもいいんじゃないですかね。基本的にローランドって「イングヴェイ・ワナビー」な人だし、他人に対して尊大な態度に出るのもイングヴェイを目指した結果でしょう(?)。

特集の「総括2016」は、後年に「2016年ってどんなことがあったっけ」と振り返るには便利な記事。編集部員および関わっているライターさんたちの年間ベストは、もはや何となく嗜好が読めているのでまあ予想通りというか。

一番バランスと多様性を意識しているように見えるのは増田勇一氏で、「本当に全部同じ温度感/ニュアンスで好きなの?」という疑念もありつつ、こういうバランス感覚のある人が90年代から編集長だったら日本のHR/HMシーンも少しは変わったものになっていたのかな? などと思ったり。

とりあえず今月号に投票ハガキが付いている読者投票については、今年はMETALLICAとMEGADETHが「ベスト・アルバム」のワン・ツー・フィニッシュになるのではと予想しています(笑)。

2016年11月号から始まった、『BURRN!』イチオシ(広瀬編集長イチオシ?)バンド、BE THE WOLFのフェデリコ・モンデッリ(Vo,G)による「親日コラム」、初回では日本のアニメ、そして2回目ではX JAPANに対する熱い愛を語り(その割に彼らの音楽にその形跡はないけれども)、共感を覚えていました。

そして先月号では「イタリア人はイタリア語で歌われる音楽しか聴かない。LACUNA COILやRHAPSODY OF FIREは世界的に活動しているが、イタリア人の90%は彼らのことを知らない。ファビオ・リオーネはメタルの伝説と言えるシンガーだが、ファンに囲まれる心配もなく通りを歩ける。実際、イタリアでは彼は殆ど無名と言った方が正しい」(これはつまり日本のメタル・シーンの状況と同じということだ)という興味深い事実を伝えてくれていたが、今回は寿司などのありがちな食べ物ネタで肩透かし。早くも(音楽的な意味では)ネタ切れか。

ディスク・レビューに関しては、KREATORがトップなのが素晴らしいですね。個人的にも期待しているアルバムです。

GOTTHARD(92点/幅氏)とFIREWIND(93点/広瀬氏)とPRIDE OF LIONS(91点/藤木氏)の高得点が目を引きますが、いずれも点数は(個人的な感覚では)盛り気味につける人によるものなので、真に受けるべきかどうか思案中(笑)。

あと、ちょっと気になっているのは、2016年11月号でKISSを大特集し、カラー48ページ、合計208ページの大増ページということで800円に値上げされていた価格が、次の12月号でもBON JOVIの表紙をエサに(?)引き続き48ページ増の208ページということで800円になり、先月の2017年1月号では、10月号以前の160ページより16ページ多いだけの176ページだったにもかかわらず、「新年特大号」ということで(?)引き続き800円、そして今月も176ページで800円と、完全に「800円の流れ」が生まれつつあることです(苦笑)。

今号で告知されている年間購読の金額を見る限り、今でも一応価格設定は670円が基本になっているっぽいですが…。
つーか「増ページ」といっても、2012年4月号までは198ページが基本だったと記憶しているのですが。

まあ、私自身は100円200円の話でガタガタ言うつもりはありませんが、多分お金のない学生時代だったらガタガタ言っていたと思います(笑)。