HELLHOUND / THE OATH OF ALLEGIANCE TO THE KINGS OF HEAVY METAL (鋼鉄の軍団)

hellhound04.jpg

ここ2回のエントリーがDOROの"All For Metal"に、DEE SNIDERの "FOR THE LOVE OF METAL"と、"Metal"というワードを使用したタイトルにこだわってきたのは、本作の(というかこのバンドの)レビューのための前フリだったと言っても過言ではないかもしれません(?)。

このHELLHOUNDは、2014年にW:O:A Metal Battle Japan(世界最大級のメタル・フェス、『Wacken Open Air』への出場権を賭けて行なわれるバンド・コンテストの日本地区予選)を勝ち抜いて、『Wacken Open Air』に日本代表として参加した実績のあるバンド。

私はあまり日本のインディー・メタル・シーンに詳しくないのでそのニュースでこのバンドを知りましたが、結成は2002年、2004年にはデビュー・EPをリリースし、2006年にデビュー・アルバム『TOKYO FLYING V MASSACRE (鋼鉄〈メタル〉のいけにえ)』を発表、本作はフル・アルバムとしては4作目になるという結構なベテランだ。

ジャケットのアートワークに描かれているメンバーのファッション、日本のバンドの曲なのになぜか付けられているチープな「邦題」のセンス、そしてメンバーがCROSSFIRE(Vo, G)、LUCIFER'S HERITAGE(G)、BLACKWIND(B)、MOUNTAIN KING(Dr)と、胡散臭い芸名を名乗っていることなど、メタルのB級な部分を濃縮還元して煮詰めたようなバンドである。

ちなみに、Amazonの商品紹介文によると、「CROSSFIREは現MastermindのVoに、LUCIFER'S HERITAGEは現HERITAGEのGに、 BLACKWINDは現AFTERZEROのBに、MOUNTAIN KINGは現AFTERZEROのDsにかなりソックリらしい・・・。」とのこと(笑)。

まあ、内容については下記の曲名リストを見ればもう何も説明いらないんじゃないですかね。
あとはいくつか映像貼り付けておくのでそれ聴いて判断してください。自分はメタル・ヲリアーなのか、そうじゃないのか、ということを。

1. Theme / 鋼鉄軍団のテーマ
2. The Oath Of Allegiance To The Kings Of Heavy Metal / 鋼鉄の忠誠
3. Metal Nation / 鋼鉄の軍団
4. Speed Metal Hell / スピードメタル・ヘル
5. Heavy Metal Magic / ヘビーメタル・マジック
6. Kill With Metal / メタルで殺れ!
7. Earthbangers / アースバンガー
8. Interlude / 哀愁のウォリアー
9. Requiem For Warrior / 戦士のレクイエム
10. Heavy Metal Never Dies / ヘビーメタル・ネバー・ダイズ
11. Sign Of Heavy Metal / サイン・オブ・ヘビーメタル

ちなみに本日吉祥寺クレッシェンドで兀突骨などとカップリングでのライブがあったようですが、このクソ暑い中こんな音楽をライブで聴いたら熱中症どころか焼死あるいは溶解もしくは蒸発してしまうと思ったのでパスしました。ええ、私はメタル・ヲリアーなどではありません…。

えーと、ネタで取り上げたと思われると困るので(いや、メンバーもある意味ネタとしてやっていることは自覚していると思いますが、メタル愛はマジでしょう)一応点数もつけておきますね。Voは好みが分かれそうですが、いたって高品質のピュア・メタル・アルバムです。【85点】

◆本作のリーダー・トラック"Speed Metal Hell"のMV

この16:9が当たり前の時代に敢えて4:3、しかもアナログ・ノイズみたいなエフェクト入りというあたりがこういう音楽が生まれた時代へのトリビュートになっていますね。

◆本作のトレーラー映像


続きを読む

スポンサーサイト

DEE SNIDER "FOR THE LOVE OF METAL"が7月27日国内盤発売

「We're Not Gonna Take It」の大ヒットで知られるTWISTED SISTERのフロントマン、ディー・スナイダーのソロ・アルバムとしては4作目となる"FOR THE LOVE OF METAL"の日本盤が7月27日(金)にワードレコーズからリリースされます。

個人的には世代ではないのであまり興味がなかったのですが、タイトルが"FOR THE LOVE OF METAL"と聞くとちょっと気を引かれてしまう。

そう、前エントリーでDOROの"All For Metal"を取り上げた際にも書きましたが、タイトルに"Metal"と付いていると、それだけでなんとなく思い入れを持ってしまう単純な人間なのです(笑)。

しかし、このMV曲を聴いて、タイトルとは関係なく無条件にカッコいいと思ってしまいました。このサビがディスクユニオンで流れていたら思わずレジの「Now Playing」をチェックしに行ってしまうことでしょう。

「ディー・スナイダー? 誰それ?」とか、「こういうルックスの人、好みじゃない…」みたいなことを思っている人にこそ無心に聴いてほしい、理屈抜きでカッコいいメタル・チューンです。

これは俄然アルバムも聴いてみたくなりましたね。今年のダークホースかも。

いや、こんな大御所相手にダークホース呼ばわりもないのですが(苦笑)。



DORO "All For Metal"のMV

前エントリーでドロ・ペッシュの名前を出したので、このMVを取り上げてみます。

日本での知名度は微妙な感じですが、母国ドイツを中心とした欧州では「メタル・クイーン」の称号をほしいままにするドロ・ペッシュ。

80年代にSCORPIONSやACCEPTらに続くドイツのHR/HMバンドと目されたWARLOCKにて活動を開始し、当時は珍しかった女性ヴォーカルをフィーチュアしたメタル・バンドとして、かなりの人気を博していた。

WARLOCK名義でのラスト・アルバムとなった"TRIUMPH AND AGONY"(1987)は全米チャートでも80位と健闘、前年にリリースされたACCEPTの"RUSSIAN ROULETTE"が114位、同年にリリースされたHELLOWEENの"KEEPER OF THE SEVEN KEYS PT.1"が104位だったことを考えると、彼(女)らがいかに注目されていたかが窺われよう。

残念ながらその成功の直後の1988年、バンド名の法的権利を巡って元マネージャーとトラブルが起き、WARLOCKとしての活動が困難になったため彼女はソロ・シンガーに転身。DORO名義のファースト・アルバム"FORCE MAJEURE"(1989)はドイツのチャートで5位を記録する大ヒットとなり、彼女の「メタル・クイーン」としての地位を確固たるものにした。

ただ、その後90年代はポップ路線を強めていたが、2000年代に入りメジャーからメタル・インディーの『SPV/Steamhammer 』に移籍したのを機にメタル路線に復帰、2009年には、ドイツが誇る世界最大のメタル・フェスティヴァル『WACKEN OPEN AIR』の20周年記念ソング“Wacken Anthem(We Are The Metalheads)"を手掛けるなど、女性メタル・ミュージシャンの代表として、ある種メタル・シーンの象徴ともいえる存在となっている。

この、8月にリリースされる二枚組(というか2枚同時リリースのセット販売?)のニュー・アルバム、"FOREVER WARRIOR / FOREVER UNITED"からのリード・トラックとなる"All For Metal"は、その名の通りメタル愛を力強く表明するアンセム・チューン。

実はこういう曲って必ずしも日本人好みではなかったりする気がしますが、ライブで盛り上がることは間違いないでしょうし、曲名に「Metal」というワードが入っている曲はそれだけで特別な思い入れを持ってしまうのがメタラーというもの(笑)。

ミレ・ペトロッツァ(KREATOR)やチャック・ビリー(TESTAMENT)、ヨハン・ペッグ(AMON AMARTH)、ロックン・ロルフ(RUNNING WILD)、ジェフ・ウォータース(ANNIHILATOR)やSABATONのメンバーなど、錚々たるゲストが参加(映像にも)しているあたりにも、この曲がメタル・アンセムとして作られたということが強く裏付けられている。



CRYSTAL VIPER "At The Edge Of Time"のMV

ポーランドの正統派メタル・バンド、CRYSTAL VIPERの新作EP"AT THE EDGE OF TIME"より、タイトル曲のMV。

昨年リリースの最新フル・アルバムである6作目"QUEEN OF THE WITCHES"の日本盤リリースはなく、本作も恐らく国内盤が出ることはないでしょうが、看板紅一点シンガーであるマルタ・ガブリエルがとても魅力的に映っている映像だったのでつい取り上げてしまいました(笑)。

こういう武骨で衒いのないヘヴィ・メタルをこういうきれいなおねいさんが歌っているというのがたまらないですね。

以前は顔立ちこそ整っているものの、垢抜けない感じでもったいないと思っていましたが、こうして年齢を重ねて身に着いた色気が非常に美しいと感じるのは、私が歳をとったからでしょうか。

このバンド、きっとドイツのバンドだったらもっと人気が出たと思うし、マルタ・ガブリエルはドロ・ペッシュの後継者になれたと思うんですけどねえ…。



こちらは同じ曲のポーランド語バージョン。

JUPITER "Theory of Evolution"のMV

コメント欄で読者の方からJUPITERが新ヴォーカリストに元CONCERT MOONの久世敦史を迎えて新曲MVを発表したことを教えていただいたのでチェックしてみました。

JUPITERは音楽的には好みの方向性ながら、前任シンガーZINの歌声が個人的にはちょっと軽くて今一つハマれなかったのですが、その点、典型的なパワー・シャウター・タイプの久世敦史なら軽さは全くない。

そんなわけで私好みのメロディックかつドラマティックなスピード・メタル・サウンドが展開されており、大層気に入りました。

ただ、どうなんですかね。V系のヴォーカルって、ナルっぽいあの独特の歌い方がひとつのジャンルアイコンなので、そこにグロウルとかを混ぜるのはアリでも、こうして「モロにメタル」な歌声って、受け容れられるのでしょうか。

彼らのファンの大半がメタル・ファンということであれば問題ないと思いますが、多分、1回ライブを観た時の客層を見る限りそうではないと思うので。

元Masterpieceのメンバーがいた摩天楼オペラなんかも実力の割に苦戦している気がしますし、こういう欧州型のメロディックなメタルとヴィジュアル系って、私も若い頃は「根底の美学に通じるものがある」と思っていましたが、どうもバンギャな人たちはあまりそういう欧州様式美的な部分には興味がなさそうな印象です。

しかしこのMVにおけるHIZAKI氏のカメラ目線は強烈ですね(笑)。私とそんなに歳が違わないはずですが、いつまでこの女形メイクで行くつもりなのでしょうか(笑)。