FC2ブログ

ブリティッシュHR/HMの伝説的プロデューサー、マーティン・バーチが死去

DEEP PURPLE、RAINBOW、WHITESNAKE、IRON MAIDENなど、およそ「ブリティッシュHR/HM」と聞いて思い浮かべるようなバンドの名盤の大半を手掛けていると言っても過言ではないプロデューサー、マーティン・バーチ氏が去る8月9日、死去したことがデイヴィッド・カヴァデール(WHITESNAKE)のTwitterで伝えられました。71歳でした。

マーティン・バーチというと、1969年にジェフ・ベックやFLEETWOOD MACのエンジニア・ワークでキャリアを始め(最初から仕事に恵まれてますね…)、DEEP PURPLEの70年代の黄金時代と呼べる時期の諸作をエンジニア/プロデューサーとして手掛け、その流れで(?)RAINBOW、WHITESNAKEといった、いわゆる「パープル・ファミリー」と呼ばれるようなバンドの初期作でプロデュースを担当、80年代には主にIRON MAIDENのプロデューサーとして知られていました。

IRON MAIDENの"FEAR OF THE DARK"(1992)を最後に引退したということで、21世紀になってからHR/HMを聴き始めたような人にとってはあまりなじみがないかもしれませんが、HR/HMというジャンルの歴史をさかのぼる上では、この人が制作に関わったアルバムを避けて通ることは不可能でしょう。

私もまた『BURRN!』誌による洗脳を受けた世代なので(笑)、「ブリティッシュHR/HM」というジャンルに「様式美のエッセンスを持っている音」という偏った認識を持っているわけですが、そんな私にとってブリティッシュHR/HM最初の名盤はDEEP PURPLEの"IN ROCK"であり、最後の名盤はIRON MAIDENの"FEAR OF THE DARK"だと思っているので、この人のキャリアはイコールでブリティッシュHR/HMの歴史だと思っています。

RAINBOWの"RISING"、WHITESNAKEの"READY AN' WILLING"、BLACK SABBATHの"HEAVEN AND HELL"、IRON MAIDENの"THE NUMBER OF THE BEAST"、いずれも1枚でもプロデュースしていたら孫の代まで自慢できるような名作なわけですが、これ全部マーティン・バーチの仕事なのですから恐れ入ります。

しかし、IRON MAIDENの"FEAR OF THE DARK"(1992)で引退と聞いて、その時点で70歳近い人なのかと思っていたら今年71歳って、44歳で引退したってことですか? ちょっと早すぎません? 過去に手掛けたアルバムからの収入で充分食べていけるということだったのでしょうか。

まあ、1992年というとグランジ/オルタナティブの台頭著しく、マーティン・バーチが手掛けてきたような音楽は最も時代遅れなものとされていた時期だったので、本人的に「自分の時代は終わった」という意識もあったのかもしれませんが…。

そんなに若かったのであれば、ブルース・ディッキンソン復帰後のIRON MAIDENのアルバムもこの人に手掛けてもらいたかった気がしますね。そうすればもっと私好みのサウンドのアルバムになったのではないかという気がするのですが…。

ちなみにDEEP PURPLEの"IN ROCK"収録の"Hard Lovin' Man"は彼に捧げられた曲だそうで、また、IRON MAIDENの"Holy Smoke"にはマーティン・バーチが登場しているそうです。


たしかにそれらしき人がちょいちょい登場していますね。

※ニュースソース
アイアン・メイデンやディープ・パープル等 プロデューサーのマーティン・バーチが死去 - amass
スポンサーサイト



LIONVILLE "MAGIC IS ALIVE" が8月12日(水)国内盤発売

lionville04.jpg

イタリア、ジェノヴァのステファノ・リオネッティ(G, Vo)率いるAOR/メロディアス・ハード・プロジェクト、LIONVILLEの通算4作目となるアルバム"MAGIC IS ALIVE"が8月12日(水)にマーキー・インコーポレイティドから日本盤リリースされます。

先行公開されているMVや音源を聴く限り、今回も一点の曇りもないTOTOスタイルの80年代AOR路線を邁進しており、過去の作品が気に入っている方であれば今回もマストでしょう。

このバンドは曲が良いのもさることながら、ヴォーカルのラーズ・サフスンド(WORK OF ART)の歌声がパーフェクトで、本当に心地よく聴けるんですよ。

一応「METAL」とタイトルに謳っているブログなのに、前回に引き続き爽やかメロハーを取り上げてますが、いいですよね、連日これだけ暑いんですから。

東京なんて今週もほぼ毎日最高気温35℃オーバーみたいですよ。エクストリームなメタルで激しく頭を振っていたら熱中症になってしまいかねないので(?)、こういう音楽を聴いて涼しく過ごしましょう。





ARCTIC RAIN "THE ONE"が8月12日(水)国内盤発売

arcticrain01.jpg

『Frontiers Music』が送り出す、北欧スウェーデンのメロディアス・ハード・ロック・バンド、ARCTIC RAINのデビュー・アルバム、 "THE ONE"が8月12日(水)にマーキー・インコーポレイティドから日本盤リリースされます。

デビュー作と言っても、MVで見れば一目瞭然のベテラン職人集団という感じで、ファースト・アルバムにして既に完成品のクオリティを感じさせます。

『Frontiers Music』の偉い所は、こういう「バカ売れしそうもないけど良質な作品」を地道にリリースし続けていることですね。

『BURRN!』誌のレビューでは藤木氏が「音は透明感たっぷりのKeyに包まれたメロディアス・ハードで、快活な曲ではGLORYやDALTON、落ち着いた曲ではSKAGARACKやBAD HABITを想起させる。要するに、80年代の北欧美旋律ハード・ポップを再現したような音だ」と評し、「北欧好きは買いでしょう」と締め括っている。

つまり私にとっては「買い」なアルバムなわけですが、レビュー内で挙げられているバンドは私の中ではそこまで「好き度」の高いバンドではなく、その点に一抹の不安は残ります(笑)。

Voも藤木氏が言うほど上ずっているとは思わないですが、個人的な趣味からするとちょっと暑苦しいかな。

とはいえ、公開されている楽曲を聴く限りクオリティは申し分なく高いので、要チェックであることは間違いないですね。