fc2ブログ

XANDRIA "THE WONDERS STILL AWAITING"が2月1日(水)国内盤発売

xandria08.jpg

ドイツの女性Voをフィーチュアしたシンフォニック・パワー・メタル・バンド、XANDRIAの、通算8作目となるフル・アルバム"THE WONDERS STILL AWAITING"が2月1日(水)にマーキー・インコーポレイティドから日本盤リリースされます。

前作"THEATER OF DIMENSIONS"(2017)は母国ドイツのチャートで17位を記録する成功を収めたものの、リリース後にヴォーカリストのダイアン・ヴァン・ガースバーゲンが脱退、その脱退の理由となったバンド内における精神的ストレスについて、過去に在籍した複数の女性ヴォーカリストたちからも「私たちの時もそうだった」という声明が発表されるなど、ちょっとしたスキャンダルのようになっていました。

その後、ベーシストだったスティーヴン・ウソウがORDEN OGANに加入して脱退するなど、バンドのラインナップは不安定で、結局、唯一のバンドの創設メンバーであるマルコ・ホイバウム(G)以外のメンバーは全員一新する形で制作されたのが本作。

本作から一番最初に先行公開されたMV曲のタイトルが"Reborn"(生まれ変わり)なのは偶然ではなく、きっとバンドからのステートメントのようなものなのでしょう。

彼らは、身も蓋もないことを言ってしまえば初期NIGHTWISHのフォロワーで、その手のバンドの中でも良く言えば「純度」が高い(悪く言えばオリジナリティは薄い)典型的なシンフォニック・メタル・サウンドなのですが、このパワー・メタル色の強さは現在の本家が失ってしまったもので、初期のNIGHTWISHが好きだった人にとってはなかなか心惹かれるものがあるのも事実。

ターヤ(元NIGHTWISH)同様、オペラティックな歌唱を得意とした前任シンガーに対して、新ヴォーカリストのアンバー・ヴールヴァイはよりストレートな歌唱スタイルの持ち主で、そういう意味ではファンにとってはNIGHTWISHがターヤからアネットにVoを替えた時に近い印象かもしれません。

ラルフ・シーパース(Vo : 元GAMMA RAY、現PRIMAL FEAR)がゲスト参加している#3 "You Will Never Be Our God"をはじめとする先行公開されているMV曲はどれも安定したクオリティを示していますが、Voのスタイルが変わったことで全体の印象は結構変わっているので、これがファンに受け容れられるのか、バンドとしては勝負所でしょう。

個人的にはこのインド人ぽいルックスの新Voは、MVを視聴する限りなかなか良いヴォーカリストなのではないかと思います。









スポンサーサイト



CROWNE "OPERATION PHOENIX"が1月27日(金)国内盤発売

crowne02.jpg

ART NATIONのアレクサンダー・ストランデル(Vo)、H.E.A.Tのヨナ・ティー(G, Key)、EUROPEのジョン・レヴィン(B)、元THE POODLESのクリスチャン・ルンドクヴィストに、前作では一部ギター・ソロのみプレイしていたDYNAZTYのラヴ・マグヌソン(G)を正式メンバーに加えたCROWNEのセカンド・アルバム"OPERATION PHOENIX"が1月27日(金)にマーキー・インコーポレイティドから日本盤リリースされます。

それなりのバンドに所属しているメンバーの集まりだけに、日本では(というか『BURRN!』では)北欧メタルの「スーパー・グループ」扱いですが、「北欧メタル」という概念が存在しない欧州現地ではアレクサンダー・ストランデルという才能あるヴォーカリストと、それを盛り立てる実力派ミュージシャンたち、くらいの感覚なのだろうと思われます。リリース元である『Frontiers Music』は基本的にヴォーカリストありきでプロジェクトを立ち上げている節があるので。

先行公開されているMVを視聴するに、前作同様、北欧メタルのイメージに恥じない哀愁のメロディを持ちつつも、エネルギッシュなロック・サウンドを今回も堪能させてくれそうです。

『BURRN!』誌でも92点という高得点を獲得していますし(レビュアーである幅さんはきっとこのバンドのサウンドが割とお気に入りなのでしょう)、きっとクオリティ的には間違いない作品だろうと思われます。

ただ、日本で人気を得るためには、ヴォーカリストは髭を剃ったほうがいいかもしれません(半分冗談ですが、半分マジで)。





ANGUS McSIX "Master Of The Universe"のMV

昨年GLORYHAMMERを解雇されたアンガス・マクファイフことトーマス・ウィンクラー氏が、アンガス・マクシックスと名前をカウントアップさせてソロ活動を開始、第1弾シングルとして"Master Of The Universe"のMVを公開しました。

解雇のニュース絡みでトーマス・ウィンクラー氏がスイスで法律事務所を経営するエリート実業家であることを知り、彼のメタル・バンドのフロントマンらしからぬ髪型に納得すると共に、それはメタル・バンドのヴォーカリストは(少なくとも収入面では)「副業」にしかならないだろうし、バンド側としては副業感覚の人間とはやってられない、みたいなことだったのかな、と勝手に思っていました。

ただ、こうしてANGUS McSIX名義で発表された楽曲そしてMVを視聴すると、彼が自分をメール1本で解雇したというGLORYHAMMERの音楽に対して情熱と愛着を持っていたことは明らかで、GLORYHAMMERの後任シンガーの印象が「可もなく不可もなし」というものだけに、なんだかちょっともったいないな、という気がします。

MVの冒頭、ボロボロの状態で横たわり、起き上がってハンマーを投げ捨てる様が何を意味しているかはあからさま過ぎるほどですが、逆に言うと今でも彼はGLORYHAMMERと同じ世界観、いわばマーベル・ユニバース的な設定の中にいるのでしょう(それは所属レーベルが同じ『Napalm Records』のままだから実現できたのかもしれません)。

バックを務めるORDEN OGANのセバスティアン・レバーマン(B)、元FROZEN CROWNのタリア・ベラゼッカ(G)、元RHAPSODY OF FIREのマヌ・ロッター(Dr)というメンツもなかなか魅力的で、最新作を母国ドイツのチャートで3位に送り込んだ人気バンド、ORDEN OGANの中心人物がなぜこんな副業をやっているのかという謎はありつつ、個人的にはFROZEN CROWNのライブで非常に魅力的だったタリア・ベラゼッカ嬢のシーン復帰が嬉しい。

音楽性は言うまでもなく(?)まんまGLORYHAMMERで、いわばHELLOWEENとGAMMA RAY、BATTLE BEASTとBEAST IN BLACKのような、ファンにとっては楽しみ2倍の状況になりそうで、4月に予定されているデビュー・アルバムに期待が膨らみます。

MVも続き物になっているようですが、数年後、GLORYHAMMERに復帰することまで既にシナリオ化されていたりしたら、凄いコンセプトだな、と思いますが、さすがにそれはないですかね(笑)。