FC2ブログ

GALNERYUS “INTO THE PURGATORY” アルバム・レビュー

galneryus14.jpg

FUMIYA(Dr)加入後2作目となる通算12作目のオリジナル・フル・アルバム。

前々作、前作とストーリーを持ったコンセプト・アルバムを発表しており、今回もその続編を描くことも考えていたそうだが、今回は個々の独立した楽曲を集めた通常のアルバム形態になっている。

とはいえ、イントロとなる1曲目、アウトロとなる10曲目のインストの存在が、否応なしにアルバム全体を通して聴かせる構成を印象付けている。

先行公開されていた#6 “The Followers”が彼らとしては異色の、7弦ギターによるヘヴィ・リフと、オペラティックとうか芝居がかった歌い回しとキング・ダイアモンドでも意識しているのかという唐突なハイトーンがフィーチュアされたダークな感触の楽曲で、ちょっと不安を覚えていた。

しかし、蓋を開けてみると、というか再生ボタンを押してみるとその不安は雲散霧消。力強いオープニングの#1 “Purgatory Flame”からザ・ガルネリ節のメロディック・スピード・メタル・チューン#2 “My Hope Is Gone”、そして#3 “Fighting Of Eternity”の流れで順調にノックアウトされる(笑)。

3連の#4 “Glory”、ちょっと70年代ハード・ロック風のリフが印象的な#5 “Never Again”、そして前述の#6 “The Followers”と、中盤は変化球多めでアルバムに起伏を設けつつ、彼らならではの泣きのバラード#8 “Remain Behind”、9分に及ぶフィンランドのバンドからの影響が強く出ている大作#9 “The End Of The Line”で絶頂へと導く。

今回も楽曲のクオリティ、バラエティ共に申し分なく、テクニカルな部分の聴きどころも満載で(特に#3 “Fighting Of Eternity”のKeyソロと#9 “The End Of The Line”のユニゾンは鳥肌もの)、毎回「最高のメタル」を目指そうという姿勢が明確に感じられる彼らの、特にSyu(G)の志の高さには素直に頭が下がる。

“PURGATORY”(煉獄)なんていう、メタル・バンドのアルバム名や歌詞でしか見かけないワード(笑)を使ったアルバム・タイトルや、デス・メタル・バンドが採用してもおかしくないアートワークもいつになくメタメタしく、令和最初のアルバムにおいて自分たちがメタル・バンドであることを堂々と偽ることなく宣言しているかのようで頼もしい。

このレベルに達しないと「次代のジャパニーズ・メタル・シーンを担うポストGALNERYUS」になれないのだとしたら、日本の若いメタル・バンドはあまりにも高いハードルを設定されてしまっている。【87点】





BARKSのインタビュー

激ロックのインタビュー

RealSoundのインタビュー


スポンサーサイト



OZZY OSBOURNEの新曲"Under the Graveyard"が公開

来年1月にリリース予定の、2010年の"SCREAM"以来となるOZZY OSBOURNEの10年ぶりのニュー・アルバム"ORDINARY MAN"から"Under the Graveyard"が先行公開されました。

ニュー・アルバムは大人気ラッパー、ポスト・マローンの楽曲"Take What You Want"にゲスト参加したことがきっかけで、同曲のプロデューサーだったアンドリュー・ワットが制作をもちかけた結果生まれたものだそうで、前作"SCREAM"に参加していたメンバーも、長年の盟友ザック・ワイルドも参加していません。

ギターはプロデューサーでもあるアンドリュー・ワット、ベースはダフ・マッケイガン(GUNS N' ROSES)、ドラムはチャド・スミス(RED HOT CHILI PEPPERS)というラインナップで制作されているそうで、個人的にはOZZY OSBOURNE BANDというよりは、「オジー・オズボーンのソロ・アルバム」というニュアンスを感じます。

楽曲を聴いてみるとヘヴィなパートには(2000年代以降の)オジーらしさを感じさせつつ、全体としては大衆的なモダン・ロックに仕上がっており、リアリティ番組『オズボーンズ』でファンになったような世代をターゲットにしているのかな、という印象です。

ニュースソース(amass)



※POST MALONEの"Take What You Want"

IRON MAIDEN "LEGACY OF THE BEAST TOUR"日本公演が決定

80年代のクラシックを中心としたセットリストと、当時を思わせる豪華なステージセットが世界的に話題になっているIRON MAIDENの "LEGACY OF THE BEAST TOUR"の日本公演が行われることが発表されました。

今回は関東だけでなく大阪でも公演が行われるとのことで、西日本にお住まいのメタラーさんにとってはありがたいですね。

関東における公演会場は「ぴあアリーナMM」なる耳慣れない会場で、横浜みなとみらいに2020年春開業予定の新しい会場のようです。着席時キャパは10,000人とのこと。

Setlist.fmによると平均的なセットリストは下記だそうで、もうこの曲目を観るだけでイッてしまいそうです(笑)。

Aces High
Where Eagles Dare
2 Minutes to Midnight
The Clansman
The Trooper
Revelations
For the Greater Good of God
The Wicker Man
Sign of the Cross
Flight of Icarus
Fear of the Dark
The Number of the Beast
Iron Maiden
Encore:
The Evil That Men Do
Hallowed Be Thy Name
Run to the Hills

メンバー全員還暦オーバー、最年長であるドラムのニコ・マクブレインに至っては67歳とのことですから、これが最後の来日になってもなんらおかしくありません。

日本のメタラーにとっては2020年はオリンピックの年ではなくIRON MAIDENの年ですね。

いや、チケット当選したのでオリンピックも観に行く予定ですけど。

招聘元であるクリエイティブマンの特別サイト

※本ツアーの一環として行なわれたROCK IN RIO公演の映像


ironmaiden_legacyofthebeast_japan.jpg