MASTERPLAN / PUMPKINGS

masterplan06.jpg

元HELLOWEENのローランド・グラポウ(G)率いるMASTERPLANの、『NOVUM INITIUM』(2013)以来、通算6作目となるアルバムは、ローランドがかつて在籍したHELLOWEENで、ローランドが作曲した曲のリメイク・アルバムとなった。

なぜこのタイミングで、というと恐らくはHELLOWEENがカイ・ハンセン(G)&マイケル・キスク(Vo)をゲストに迎えての『PUMPKINS UNITED』というツアーを発表したことと無関係ではないだろう。

自分がそのツアーに声がかからなかったことに対するあてつけか、単に話題に乗っかろうという便乗商法かはともかく、あまり前向きなニュアンスは感じない。

とはいえ個人的にはローランドがHELLOWEENで残した楽曲には見るべきものがあると思っていたし、マイケル・ヴァイカート(G)にアンディ・デリス(Vo)という卓越したソングライターがいたがためにローランドの能力は過小評価されていた観もあっただけに、本作によってローランドの才能が再評価されるきっかけになれば、それ自体は悪くない話だと思う。

本作の収録曲は(例外も多いが)なんとなく時系列に並んでおり、アルバムの冒頭3曲はHELLOWEENにおけるローランド初参加作品となった『PINK BUBBLES GO APE』からの楽曲。この#1「Chance」、#2「Someone’s Crying」、#3「Mankind」という3曲を聴くと、同作のメロディック・パワー・メタル作品としての質を担保していたのはローランドだったことがよくわかる。

ローランドとしても当時は新メンバーとして、自分がHELLOWEENというバンドに期待されている楽曲を生み出すことができることを示す必要を感じていた、ということなのかもしれない。その後の楽曲はむしろHELLOWEENの多様性の部分を担うような楽曲が多いだけに、なおのことそう感じる。

特に『MASTER OF THE RINGS』(1994)収録の「Mr.Ego」や『THE TIME OF THE OATH』(1996)収録の「The Time Of The Oath」、『THE DARK RIDE』収録の「Escalation 666」などは、HELLOWEENのヘヴィ・サイドの楽曲として知られる楽曲であり、90年代にトレンドだったヘヴィ・サウンドを好むリスナーへのアプローチはローランドに一任されていたと言っても過言ではない。

もっともそのせいで日本ではローランドに対して「つまらん曲を書く奴」という印象がついてしまった観もあるが、「Mr. Ego」は欧州ではリード・シングルになっただけあって意外とキャッチーで耳に残る曲だし、「The Time Of The Oath」もリフや歌メロはともかくギター・ソロのパートはめっぽうカッコいい。

そう、本人の技術が必ずしも高くないだけにローランドについてあまりギタリストとして評価する声を聞かないが、個人的にはギター・ソロの「作曲」能力についてはかなり高いものがあると思っている。#6「Still We Go」のソロなんて学生時代一生懸命コピーしたものです(タッピングのパートが目立つ割に簡単で取っ掛かりやすかったんですよね)。

そして何と言ってもローランドがHELLOWEENに残した最高の名曲は「The Dark Ride」でしょう。日本ではアルバム『THE DARK RIDE』自体の評判があまり芳しくない印象なのであまり同曲についても充分に評価されていないような気がしますが、ドラマティックに疾走するサビ、絶品の展開と構築美を聴かせるギター・ソロと、ローランド一世一代の名曲でしょう。この曲が再評価されてこそ、本作が制作された意味も出てくるというもの。

まあ、正直な所#9「Music」みたいなつまらん曲も収録するくらいだったら、ウリ・カッシュ(Dr)が在籍しているうちに、ローランドだけでなくウリの楽曲も含めて選りすぐった楽曲でアルバムを作るべきだったと思うけど、まあタイミングというものがあるからやむを得ない所でしょう。

でもウリがいた頃ということは必然的にヨルン・ランデが歌っていたわけで、やはりその時に作っていたほうが良かったよなあ…。いや、現シンガーのリック・アルツィも充分な実力のあるヴォーカリストですが、ちょっと声質がガサツというか、ヨルン・ランデの方が器用に歌いこなしたと思うんですよね。

蛇足ですが本作のドラムは前作で叩いていたマーティン・スカロウプカ(CRADLE OF FILTH)から、リック・アルツィ同様AT VANCEのメンバーでもあるケヴィン・コットに替わっている。

◆本作収録「The Chance」のOfficial Lyric Video



続きを読む

スポンサーサイト

かつての「クサメタル」「漢メタル」ブームに思いを馳せて

私が大学生だった2000年前後の頃、日本で「クサメタル」および「漢メタル」のブームというのがあったんですよ(もう少し詳しく言うと1998年くらいから始まって、2001年にピークを迎えて、2003年くらいには沈静化していた)。

このブログをお読みになるような方であればご存じ、あるいはご存じなくとも想像がつくかと思いますが念のために説明しておくと「クサメタル」というのは文字通り「クサいメロディと展開を持ったメタル」のことで、「漢メタル」というのは「漢(ヲトコ)らしい勇壮な雰囲気のメタル」のことです。

広義で言うとメロデスやシンフォニック・ブラック、フォーク/ヴァイキング・メタルなども包含する用語でしたが、象徴的なイメージを担っていたのはメロディック・パワー・メタル・バンドで、メジャー所でいうとRHAPSODY OF FIREやSONATA ARCTICA、中堅どころとしてブームの層を厚くしたのがスペインのDARK MOORやフランスのHEAVENLY、そしてこのムーブメントの裏の顔として当時(バンドの実力に対して)高い知名度を誇っていたのが、イタリアのSKYLARKでした。

当時は日本におけるインターネットの普及期と重なっていて、インターネットの個人サイトを通じて草の根的に広まっていったムーブメントで、それまで良くも悪しくも『BURRN!』誌を中心としたメディア主導だった日本のHR/HMマーケットに一石を投じた動きでした。

このブームを牽引したのは今はもう閉鎖してしまった「MOONMADNESS」というサイトの管理人だったJIN氏、そしてその取り巻き的な人達が運営していた「XaMetal.net」というサイト(こちらは一応まだ存在している)で、当時日本一のメタル・レビュー・サイトだった「Castle Of Pagan」(現在はiMetalというサイト名でコンテンツを継承)でもその手のサウンドのバンドを好意的に取り上げていたことで、インターネットに日常的に触れる若年層を中心に広まっていきました。

当時全盛期だった「2ちゃんねる」のHR・HM板における「メロディック・スピード・メタル」スレッドにおいても「雷グループ」と呼ばれる愛好家たちを中心に熱心な情報交換が行われ、それら愛好家たちに導かれてイタリアのHIGHLORDのメンバーが2chに「降臨」したこともありました。

当時まだYouTubeなどはなかった代わりに、違法なアップロードによってインターネットを通じた「試聴」ができるような状況で、それがその手のバンドの人気拡大に大きく寄与しました。

私もこのムーブメントには大きく刺激を受け、ディスクユニオンや今は東京からは撤退してしまった西新宿のDISK HEAVENで、今だったら手を出さないようなマニアックな輸入盤を買いあさったものです(DISK HEAVEN、撤退したと思っていたら先月再び西新宿に復活していた!)。

なんでこんな懐古趣味的な文章を書いているかというと、今年になってやたらと当時名前を目にしていたようなマニアックなバンドの新作リリースの情報が飛び込んでくることが多く、ノスタルジーを刺激されたからです。

このMETALGATEというサイトも、このムーブメントに刺激されて生まれたサイトなのですが(ムーブメントが盛り上がっているうちにオープンすることはできませんでしたが…)正直私はあまりB級なバンドにはハマれず、その結果こういう「メロスピサイト」としては薄味なサイトに仕上がった次第です(笑)。

そんなムーブメントに対する一種のトリビュートとして、今年リリースされて「懐かしい!」と思ったバンドの新作を、MVを紹介するという形で取り上げたいと思います。

CRYONIC TEMPLE
スウェーデンのパワー・メタル・バンド。前作は2008年のようなので、実に約9年ぶりの新作リリースです。



これはかなりカッコいい。当時だったら確実に日本盤が出ていたクオリティですね。


WHITE SKULL
イタリアのパワー・メタル・バンド。1988年結成というベテランながら、日本で(ちょっとだけ)知られるようになったのは2000年前後。一時期看板だった魔女声(?)の女性ヴォーカルが脱退していたようですが(産休&育休?)、現在では復帰しています。



基本線は全然変わってません。サウンド・プロダクションが良くなった分B級感は薄れていますね。


CUSTARD
ドイツのパワー・メタル・バンド。デッサンの狂った「FOR MY KING」(内容はB級というかC級ながら結構カッコいい)のジャケットである意味強烈なインパクトを残したバンドです。

custard_formyking.jpg
とても近年のAVANTASIAのアルバムをはじめ、数多くの素晴らしいアートワークを手掛けたThomas Ewerhard氏によるものとも思えません…。



メンバーの容姿・体型含め、愛すべきMVと言えるでしょう。日本のPhantom Excaliverに通じるものを感じる…と言ったら怒られますね。


VHALDEMAR
スペインのパワー・メタル・バンド。アルバムではなくEPのリリースですが、メタルが盛んとは言い難いスペインでこのクラスのバンドが活動継続していたことが驚きです。



熱い。元々暑苦しいバンドでしたが、さすがは情熱の国のバンドというべきか…。


KALEDON
クサメタル・ブームの末期である2003年に、Voの新興宗教の信徒めいたちょっと異様な佇まいが話題となった「The New Kingdom」のMVで話題になったイタリアのパワー・メタル・バンド。



ヴォーカルが変わって随分男臭くなりましたね。これもまた普通にカッコいいです。


これらのバンドの多くは別に解散していたわけではなく、恐らくは昼間の仕事との兼ね合い上、作品のリリース・サイクルが長くなっているために4、5年に一回くらいしか新作が出ないというだけで、こうしてリリースが重なったからといってもそれは単なる偶然であり、クサメタル/漢メタルが再興してきている、というわけではないと思われます。

皆さんいい歳でしょうに、おそらくこれで飯が食えるわけではないであろう音楽活動を続けているバンドのメタル愛は凄いなあ、と感服せざるを得ませんね。

このブログでは日本盤が出ないようなマイナーなアーティストはほとんど取り上げていないので、たまにはこういうエントリーもありかな、と思って書いてみました。

続きを読む

EDGUY / MONUMENTS

edguy_best03.jpg

ドイツのメロディック・パワー・メタル・バンド、EDGUYのデビュー25周年を記念したベスト・アルバム。

楽曲単位でダウンロードして聴くのが当たり前になっている現在、ベスト・アルバムなんてものにどれだけニーズがあるのかわからないが、個人的には「ちゃんと聴いてみたいが、どのアルバムから聴けばいいかわからない」アーティストへの入口としてそれなりに存在意義はあると思っている。

ベスト・アルバムをリリースするのは2004年の「HALL OF FLAMES」以来なので、今これからEDGUYを聴いてみたいと思っている人にとってはいい機会かもしれない。

ただ、そういうビギナーがいきなり2枚組なんていう重たい商品を買うかというといささか疑問で、個人的にはベストアルバムというのは1枚にまとめるべきだと思っている。長いキャリアの多い曲から、バランス良く選曲する編集センスこそがベストアルバムの付加価値だと思うので。

EDGUYの場合は楽曲の平均点が高いので、いくつかのライブ定番曲さえ押さえておけば、あとは極端に言えば適当に選曲してもそれなりに聴けるベストアルバムになると思われるが、こうしてあらためて聴くと速い曲からバラード、ドラマティックな長尺の曲からコンパクトでキャッチーな楽曲まで、クオリティの高さに感心させられる。

バラードの「Land Of The Miracle」と「Save Me」を聴き比べると、彼らがいかに垢抜けたかも端的に見えてくる。

新たに収められた新曲5曲も、彼ららしいメロディックかつエネルギッシュな楽曲に仕上がっており、ファンであればこの5曲のために買わざるをえないだろう。特に#4「Landmarks」は近年の彼らには珍しいストレートな疾走チューンで気持ちいいし、HELLOWEENの「I Want Out」を彷彿させるイントロ・リフの#5「The Mountaineer」もいい感じで、ここ10年でもトップクラスの楽曲だ。

1、2曲の新曲をエサに、全てのアルバムを持っているようなファンにベスト・アルバムを買わせるのはあこぎな商売だと思うが、5曲であればなんとか納得できるレベルだろう。トビアス・サメット(Vo)はその辺の気遣いができるタイプのような気がする。

そして2004年、「HELLFIRE CLUB」ツアーのブラジル・サンパウロ公演のライブDVDがオマケで付いているのも嬉しい(実際の所、私にとって最大の購入動機がこれだ)。部分的には商品化されていた映像だが、フルセットでの映像商品化は初めてのはず。

映像はHDではなく、現代の感覚で「キレイな映像」とは言い難いが、パワー・メタル・バンドとして一番輝いていた時期の、上昇気流に乗っているバンドならではのエナジーが伝わってくる素晴らしい映像。メロディック・パワー・メタル・バンドに求められるライブの在り方を示すお手本のようなライブだ。

この次のアルバムのツアーもブラジル・サンパウロ公演で映像化されているが、そのタイミングでは既に「成功したバンド」としての貫禄を感じさせるようになっているので、若いバンドというのは本当にアルバム1枚、ツアー1回で成長していくのだということを感じさせられる。

ブックレットに収められたヒストリー写真もバンドの成長が伝わってくる作りになっているし、本当に良心的に作られたベスト・アルバムである。ファンはもちろん、「ファン未満、関心あり」の方にもオススメ。2CD+DVDという仕様だけにちょっと高いけど。

◆本作のトレーラー映像