BURRN! 17年4月号メモ

burrn1703.jpg

一昨年昨年と、この雑誌の感想を書くことはやめていましたが、記録用に読者人気投票の結果だけは残しておこうとメモっていました。

もはや総投票数を聞いたら相当お寒いことになりそうなこの投票にどれだけの価値があるかわかりませんが、それでも日本において一定以上の人数によって選ばれたHR/HMに関する年間ランキングってこれだけだと思いますしね。

というわけで読者人気投票の結果は以下の通り。

ベスト・グループ:IRON MAIDEN
ベスト・ヴォーカリスト:ブルース・ディッキンソン(IRON MAIDEN)
ベスト・ギタリスト:マイケル・シェンカー(MICHAEL SCHENKER'S TEMPLE OF ROCK)
ベスト・ベーシスト:スティーブ・ハリス(IRON MAIDEN)
ベスト・ドラマー:ミッキー・ディー(SCORPIONS)
ベスト・キーボーディスト:イェンス・ヨハンソン(STRATOVARIUS/CAIN'S OFFERING/RITCHIE BLACKMORE'S RAINBOW)
ブライテスト・ホープ:SONS OF TEXAS
シャイニング・スター:ニッキー・シックス(SIX:A.M.)
ソングライター:JAMES HETFIELD/LARS ULRICH(METALLICA)
ライブ・パフォーマンス:IRON MAIDEN
ベスト・アルバム:METALLICA「HARDWIRED...TO SELF-DESTRUCT」
ベスト・チューン:METALLICA「Hardwired」
アルバム・カヴァー:MEGADETH「DYSTOPIA」
DVD/Blu-ray:MOTLEY CRUE「THE END」

予想通り、ベスト・アルバムはMETALLICAとMEGADETHのワン・ツー・フィニッシュでした。

というかあらゆる部門が予想通り過ぎてなんというか。
編集部員が推しているBE THE WOLFとか嬢メタル・バンドがちょいちょいランクインしているあたりも含めて、もはや(ある程度投票を参照しつつ)編集部で補正(捏造?)しているのではと疑いたくなるレベルです(笑)。

ベスト・グループは昨年は新作、今年は来日公演ということでIRON MAIDENが連覇ですし、プレイヤー部門も半分以上昨年と同じ。

マイケル・シェンカーが「MICHAEL SCHENKER FEST」というイベントの効果か、意外にも初の(彼の人気絶頂期にはまだ『BURRN!』が創刊されていなかったため)ベスト・ギタリストに選ばれているが、まあ「今さら?」って観は否めず。

ベスト・アルバムの1位から5位がMETALLICA、MEGADETH、DIZZY MIZZ LIZZY、BON JOVI、DREAM THEATERという恐ろしいほどの保守性もさることながら、ベスト・チューンのうち3曲がMETALLICA、2曲がBON JOVI、2曲がDIZZY MIZZ LIZZYということで、実質6アーティストの曲しか選ばれていないというあたり、これに投票している人たちが一体昨年何枚の新譜を聴いているのか知るのがちょっと怖いです(苦笑)。

せめて1部門で複数候補を選べるようにしないと多様性が確保できない投票者数になっているのではないでしょうか。

ただDIZZY MIZZ LIZZYに関しては大健闘ですね。そんなにこの雑誌の読者好みのサウンドだとは思えないのですが、とりあえずLOUD PARKでのパフォーマンスは私も良かったと思いますし、新譜も何しろ20年ぶり(!)ですし、ファンとしては「ここで投票せずにいつ投票するのだ」という気分だったことでしょう。

記事自体は正直流し読みしかしてないのですが、先月号(METALLICA韓国公演のレポート)に続き、GUNS N' ROSESの来日公演のレポートで、サポート・アクトとして出演したBABYMETALのライブ・レポートが一応ちゃんと掲載されている(そして上記の読者投票にもアルバム部門で『METAL RESISTANCE』が、DVD/Blu-ray部門で『LIVE AT WEMBLEY』がランクインしている)のが、この雑誌なりに時代に「譲歩」したのかな、と(笑)。

昨年に続き、X JAPANネタ(映画『WE ARE X』)がニュース欄で取り上げられているのも、この雑誌の一種の「軟化」を表しているのかもしれません。

とはいえ、この雑誌についてはもはやIRON MAIDENをベスト・グループに選び、METALLICAやBON JOVIのアルバムに最高傑作だとは思っていなくても票を投じるような人たちと心中するしかないんだろうなあ、って気がしますけどね。

とりあえず今月レビューされているアルバムで私が購入予定(あるいは既に購入済み)なのはANCESTRAL DAWNとGYZEとONE DESIREの3枚です。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

BURRN! 17年4月号感想

またBURRN! の辛口❓レビューを読ませていただき嬉しいです。
人気投票はうん、時間が止まっているとしか⁉️
そもそも去年買った新譜がDREAM THEATER1枚で、キースエマーソン、グレッグレイク、ジョンウェットンを偲ぶ記事が気に入っている自分は何も言う資格は無いな(⌒-⌒; )。このコメントもYESを聴きながら書いています(笑)。

No title

去年の今くらいからB誌の購読を辞めた者ですが、いつも通りの結果だという感想です笑
ただそれでもベストアルバムがMetallicaなのには流石に辟易としてしまいますが。
管理人様も仰る通り、新作何枚聴いてるのかって感じです。
もはや好きなバンドが出す作品は無条件で傑作扱いなのでしょうか?
また好みの問題だと思いますが、Dream Theaterの新譜は一度聴いてそれっきりです。
あれを何度も聴き返すことはできませんでした。
ベストライブということでは、AvantasiaとSymphony Xが感動・圧倒的なライブでしたので、それらがラインクインしているかが気になります……

どこかのブログでこういった年間ベスト企画やってみたら面白そうですね。
票が集まるかどうかが微妙なところですが。

>ゆうていさん

別にレビューをしているわけではないんですけどね(苦笑)。辛口になってしまうのは、辛口なことを言いたくなるようなときにしか書くモチベーションが出ないからで、別にB!に対して常に辛口であろうとしているわけではないです。

プログレ三巨頭の記事は、その手の音楽のファンにとっては良記事なんじゃないでしょうか。

>fantaさん

もはや「新譜はMETALLICAしか聴いてないからMETALLICAに入れておくか」とか「新作はDREAM THEATERしか買ってないからDREAM THEATERに入れておくか」みたいな人が投票しているとしか思えませんよね(苦笑)。

ていうかそういうレベルの人が、わざわざ投票するモチベーションがあるとも思えないので、さすがにそういうことはないと思いたいですが…。

ベストライブ、AVANTASIAは4位に入っていましたよ。SYMPHONY Xは入っていませんでしたが…。

コメントこそ書いてませんがいつも見てます

相変わらず読者・編集者ともにベテラン推しですね。
SABATONとかMYRATHはランク入りしてましたか?(小声)
それでも年配の方の「自分の知ってるバンドが少ない(いない)」っていうAMAZONのレビューやブログ記事があるんで、過去のバンド特集は続けそうですけど。

>ヘロウィンさん

現在発売中の号ですので、ご興味があるならぜひ書店でお確かめを(笑)。
とりあえずMYRATHとSABATONはランクインしていない、ということだけは失望されないようにお伝えしておきますが(笑)。

もうこの雑誌は「自分の知ってるバンドが少ない(いない)」という、保守的な読者を繋ぎ止めて延命することしか考えていないでしょうし、実際それが一番現実的な「生き残り策」なのかもしれません。

今更この雑誌だけで何十年もやってきた編集部員たちが異動できるような部署もないでしょうし。

これは・・・

何かもう見ていて笑っちゃうくらい、面子がほぼ同じ・・・。意外性が殆どないあたり良くも悪くもB!らしい結果ですね(苦笑)。

No title

ブラックサバスが終焉?を迎え、HMはおろかグランジ世代のミュージシャンも50を迎え、今後メタルはどうなるのでしょう?

adoreさんが本文の最後に挙げているようなブライテストホープのCDも買うんですが、「カッコいい!!!!」とはもちろん思うのですが、「ああ・・・このパターンね・・・。」と冷めた目で見てしまう自分がいるのも確かです、特に最近。

今後も益々、今のファンでパイの奪い合いになりそうですね。

日本でのメタル受容について

問題はBUUUN!誌が懐古的な事よりもむしろ懐古的なBUUUN!誌がメタル文化のイメージをほぼ決めてしまっている事でしょうね。なのでBUUUN!誌が取り上げない範囲のメタルは文化内では「なかったこと」になってしまう。

最近だとヘドバンなんかはもうちょっとモダンなバンドを取り上げたり、日本の他ジャンルの人を呼んだりして「メタルと認識される範囲」の拡張に取り組んでいるのでそこがこれからメタルメディアの盟主になるか、そこまで行かなくても有力野党くらいになれればいいのですが。

思えばそういう「以前とは違う範囲のメタル」はロッキング・オンやクロスビートなんかの「ロックメディア」が取り上げていて、またロッキング・オンもロッキング・オンでメタル嫌いなものだから「メタルかどうかは関係なくこれはロックとしてアリ」みたいな言い方をしていて、メタルとロックの文化的な架け橋をするメディアって殆どなかったんですよね。「音楽としてのメタル」よりも「文化としてのメタル」を取り上げるという意味において。

>ハルディンさん

もはや投票する人が固定化してしまっているのではないでしょうか。

読者投稿コーナーも同じような人の名前ばかり見るような気がしますし。

>名無しのメタラーさん

今後のメタルの見通しが立ちにくい状況ですね。
10年前は結構再び盛り上がるのでは? という雰囲気があったのですが、後が続きませんでした。

人間は飽きることで新しいことに踏み出し進歩していく生き物ですから、「ああ…このパターンね…」と思ってしまうのはやむを得ないでしょう。

でも、本当にポテンシャルの高いバンドというのはそういう感情すら吹き飛ばすほどのインパクトを持っているものなので、そういうバンドの登場を期待したいですね。

>222さん

「BUUUN!誌」は3回繰り返しているということはわざとですか?(笑)

HR/HMというのは(特にコテコテのメタルは)「ロック」とはちょっと異なる独特の文脈になってしまっていますよね。

日本でその流れを作ったのはこの雑誌だと思いますが、他の音楽と混ざることで良くなる、というタイプの音楽ではないと思っているので、それが良いことなのか悪いことなのか、なかなか難しい所です。

とはいえHR/HMもロックから派生した音楽であることは間違いないので、ロックというもっと広い視点からメタルを語るメディアがあってもいいと思いますけどね。

No title

>「BUUUN!誌」は3回繰り返しているということはわざとですか?(笑)

あ、ほんとだ(笑)
あれは打ちミスしたのをコピー貼り付けして書いたのでミスが掛け算式に増えてしまっていますね、恐ろしい……。

>222さん

新手の悪意の表現かと思っていました(笑)。
コピペは要注意ですね(笑)

トラックバック

BURRN! 17年4月号メモ - METALGATE BLOG

BURRN! 17年4月号メモ - METALGATE BLOG