JUPITER "Theory of Evolution"のMV

コメント欄で読者の方からJUPITERが新ヴォーカリストに元CONCERT MOONの久世敦史を迎えて新曲MVを発表したことを教えていただいたのでチェックしてみました。

JUPITERは音楽的には好みの方向性ながら、前任シンガーZINの歌声が個人的にはちょっと軽くて今一つハマれなかったのですが、その点、典型的なパワー・シャウター・タイプの久世敦史なら軽さは全くない。

そんなわけで私好みのメロディックかつドラマティックなスピード・メタル・サウンドが展開されており、大層気に入りました。

ただ、どうなんですかね。V系のヴォーカルって、ナルっぽいあの独特の歌い方がひとつのジャンルアイコンなので、そこにグロウルとかを混ぜるのはアリでも、こうして「モロにメタル」な歌声って、受け容れられるのでしょうか。

彼らのファンの大半がメタル・ファンということであれば問題ないと思いますが、多分、1回ライブを観た時の客層を見る限りそうではないと思うので。

元Masterpieceのメンバーがいた摩天楼オペラなんかも実力の割に苦戦している気がしますし、こういう欧州型のメロディックなメタルとヴィジュアル系って、私も若い頃は「根底の美学に通じるものがある」と思っていましたが、どうもバンギャな人たちはあまりそういう欧州様式美的な部分には興味がなさそうな印象です。

しかしこのMVにおけるHIZAKI氏のカメラ目線は強烈ですね(笑)。私とそんなに歳が違わないはずですが、いつまでこの女形メイクで行くつもりなのでしょうか(笑)。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

初めて、見て、聞きました。
イイじゃないですか(≧▽≦)

見た目がもろにV系なので、歌声でビックリしましたが。サビがカッコイイ♪
ガルネリウスとか好きな人にはダメなんでしょうか?意外と行けそうな気がしますが。

No title

少なくともMVでは見た目は普通にバンドに馴染んでいますけど果たしてどうなるんでしょうね、私個人的には新曲はなかなかガッツポーズモノなのでぜひとも頑張って欲しいですが
挙げられている摩天楼オペラはanzi脱退後、あまり所謂ところの欧州型ではないにせよ明らかにメロディックスピードメタル路線に舵を切っているにもかかわらず(?)どうにもライブの集客等はかつてと比べると芳しくないようで世知辛いなあと……
去年リリースのpantheon part2なんて個人的には傑作クラスの出来だっと思うんですけども……

No title

あの手のヴォーカルはV系の大きな特徴であり魅力ですからねぇ。普通のメタル・バンドなら、強力なシンガーが加入してグー、なんですけど、JUPITERなんかの場合、他のバンドとの差別化って意味ではどうなのかと思ったりするところも。個人的には良い音楽作ってくれればそれでいいんですけど、つい考えてしまいますね(まだZINに未練があるってのもありますがw)。

摩天楼オペラ、V系で一番好きなバンドなんですが、彼らもV系とメタルの板挟みになってる感ありますね(彼らの場合音楽性が完全にメタルってわけではないですが)。
ライヴには三回足を運びましたが、やっぱりお客さんは9割方女性ですし、メタラーっぽい人もいなくて、いつも一人メタT&メロイック・サインで孤軍奮闘してました(笑)。分母の多い都市部では違うと思いますけど。
Pantheon2部作での堂々とした「ヘヴィ・メタル宣言」にはグッときましたが、同時に「V系メタル」としてのジレンマのようなものをうっすら感じてしまったり。
まあ色々思いつつ、ANZIの脱退や悠のリタイアにもめげず精力的に活動している彼らをこれからも陰ながら応援していく所存ですが。

No title

これはかなり好きですね!
映像を見なければ、V系とは全く関係ないハイレベルなシンフォニックパワーメタルにしか聞こえません。
久世さんはコンチェルトムーンだとイマイチ実力を発揮できていなかった感がありますので、是非とも頑張ってほしいところです!
意外と?V系メイクも似合っているのもGOOD!

>珍獣メガネコアラさん

というか、あえて書きませんでしたが、この曲は相当GALNERYUSっぽくて、彼らのファンを狙いにきたのではないかと思っています(笑)。

>einさん

我々メタル者から見れば馴染んでいるKuzeさんですが、果たしてライブに通っているバンギャさんから見たらどうなんでしょうね(苦笑)。

摩天楼オペラは、結構苦しいポジションかと思います。
あえてバンギャに媚びず、メタル色を強めている所は私としても好感を持っているのですが…。

>チャンさん

このMVの公開を教えていただきありがとうございました。

やはり摩天楼オペラもお好きなんですね(笑)。

V系をやる以上、コアファンはどうしてもバンギャな方々になってしまうと思うので、メンバーとしても「やりたいこと」と「求められているもの」のバランスをとるのが難しいでしょうね…。

>高見沢さん

このブログの古参の読者さんには好評のようですね(笑)。
そういう意味でメタラー的には正解のメンバー・チェンジだったのではないかと思います。

とはいえ、彼らはメタラーが購買層の中心ではないだけに、果たしてこのメンバー・チェンジが吉と出るか凶と出るか。

久世さんは元々イケメンだと思っていたのでメイクも様になりますね。

ご本人も実は結構イケると思っていたからこそ加入したのではないでしょうか(笑)。