FC2ブログ

8月2日はヘア・メタル記念日?

HMVのメタル担当者のTwitterアカウントによると、本日8月2日、それも1986年の8月2日はPOISONのデビュー・アルバム"LOOK WHAT THE CAT DRAGGED IN"(邦題『ポイズン・ダメージ』)と、CINDERELLAのデビュー・アルバム"NIGHT SONGS"がリリースされた日なのだそうです。

日本ではPOISONは先行して7月21日に発売され、逆にCINDERELLAは10月21日になってから日本デビューしたようですが。

「ヘア・メタル」という言葉は「髪型ばかりに気を使っている見た目だけのメタル」という侮蔑的なニュアンスを含んだ言葉なので、ファンが使うべき単語ではないのですが、まあそういう一面があったことは否めないですし、80年代の一時期のメタルの傾向をわかりやすく表現している便利なワードではあるので、なんだかんだで使ってしまったりします。

そしてそんな「ヘア・メタル」という言葉を最も象徴的に体現しているアルバムは? と訊かれると、個人的にはこの2枚なんですよね。

もちろん「ヘア・メタル」というワードはBON JOVIやMOTLEY CRUE、DEF LEPPARDなど、もっとビッグなバンドも含めて80年代中期から後期のHR/HMバンドを包括しているので、彼らを代表格とするのは異論も多いと思うのですが、この2作についてはそのイメージのエッセンスが濃縮還元されているいうか。

とにかくこのMVがもう、たまらないですよね。今のバンドが同じカッコをして同じような音楽をやっても、この「時代に乗ってる感」とでもいう勢いや輝きは、決して醸し出せないと思います。

完全に若い女の子をターゲットにした作りになっているという意味でも、現在ではありえないですね(苦笑)。


この「真面目に演奏する気ありませ~ん」というカル~い雰囲気が最高ですね(笑)。当時は随分と頭の堅い人たちに叩かれたようですが、今となっては3周くらい回ってむしろアリでしょう。


CINDERELLAの場合は、レコード会社にヘア・メタルを「やらされていた」みたいですが。


「ヘヴィ・メタル」という音楽は1980年ごろに誕生し、その時点では無骨でむさくるしい音楽・ルックスだったはずなのですが、わずか5、6年でここまでチャラくなるのですから、世の中の移り変わりって早いですよね。40代になると5、6年前なんて「ついこないだ」みたいな感覚になってくるのですが(苦笑)。

1986年の8月にはかのBON JOVIの大ヒット・アルバム"SLIPPERY WHEN WET"(邦題『ワイルド・イン・ザ・ストリーツ』)もリリースされていますし、当時この手のメインストリーム志向のHR/HMが好きだった人にとってこの年は最高に「アツい夏」だったのではないでしょうか。

当時まだ小学生だった私はBON JOVIはおろか邦楽すらテレビでよく観るものしか知りませんでしたが、1986年というと日本はバブル景気に突入していく時期で、今の少子高齢化が嘘のように子供はわんさかいて、世の中に勢いと熱気と明るさがあり、未来に夢を感じられた、とても幸福な時期だったという印象があります(もちろん、実態や裏側は必ずしもそうではなかったということは今は理解していますが、子供にはそう感じられていた、ということです)。

そんな時代の空気を感じさせてくれて、ノスタルジーというか、「過去への憧れ・羨望」みたいな感情を呼び起こしてくれるヘア・メタル・サウンドですが、よく考えると当時アメリカはそんなに景気が良くなかったんですよね。なんでこんなに享楽的なサウンドが受けていたんでしょうか。

※あわせて読みたい(外部サイト)
「歴代最高のヘア・メタル・アルバム TOP50」を米ローリングストーン誌が発表 - amass

スポンサーサイト



ヘヴィ・メタル50周年?

「ヘヴィ・メタルが生まれた日はいつか」

この問いに対して万人が同意する絶対的な答えは恐らく存在しないでしょう。

「この時には間違いなく始まっていた」と言えるタイミングは「NWOBHMが始まった時」と言えるわけですが、何をもってNWOBHMの始まりとするのか、という新たな問題が発生してきます。

一番確実な、遅い(新しい)タイミングを選ぶなら、NWOBHMの象徴であるIRON MAIDENのデビュー・アルバム "IRON MAIDEN"と、JUDAS PRIESTのアグレッシヴな面がフィーチュアされた代表作"BRITISH STEEL"がリリースされた1980年4月14日でしょう。この時点でまだヘヴィ・メタルが生まれていない、という人はさすがに皆無だと思うので。

個人的には、JUDAS PRIESTが音楽的に現在「ヘヴィ・メタル」とされているサウンドに近いものをかなり明確に打ち出し、レザーのコスチュームに身を包み、ステージでハーレーに乗る演出を始めた"KILLING MACHINE"がリリースされた1978年9月9日というのも有力な候補になりえるのではないかと思っています。

しかしあえて一番古い日付になる説を探るなら、BLACK SABBATHがデビューしたタイミング、でしょう。

「ヘヴィ・メタルの元祖はどのバンドか」という問いに対しては、一部の強引な、あるいはトリッキーな意見を除き、たいていJUDAS PREISTかBLACK SABBATHの名前に答えが集約されます。

ヘヴィ・メタルのイメージやサウンド・フォームを直接的に創ったのはJUDAS PRIESTだと思いますが、JUDAS PRIESTはデビュー当時においては必ずしもヘヴィ・メタル的ではなかったので、そういう意味でJUDAS PRIESTのデビュー時をもって「ヘヴィ・メタルの誕生日」とする説はあまり聞かないような気がします。

一方、BLACK SABBATHのデビュー・アルバムは、全体的にはヘヴィ・ブルーズ・ロックといった趣ながら、やはり冒頭を飾るバンド名を冠したタイトル曲"Black Sabbath"の圧倒的なインパクトによって、「これはヘヴィ・メタル(的)だ」と言われたらなんとなく納得してしまいそうな雰囲気があります。

実際、ヘヴィなギター・リフをメインにした、オカルト風の楽曲というと、「それはヘヴィ・メタルやないか」と言いたくなることはたしかです。

そういう意味でBLACK SABBATHのデビュー・アルバムがリリースされた1970年2月13日というのは、ヘヴィ・メタルの(少なくともインスピレーション的な意味での)誕生日と言ってもいいかもしれません。

いや、そしたらBLACK SABBATHが結成された日とか初ライブの日でもいいんじゃないの、という意見も出そうですが、せっかく「13日の金曜日」というそれらしい日(1970年の2月13日は金曜日)を選んでデビューしたわけですから、ここはそれを大切にしましょう。

そう考えると本日でもうヘヴィ・メタルが生まれてから半世紀。感慨深いものがありますね。

なお、ヘヴィ・メタルの誕生日かどうかはさておき、BLACK SABBATHのデビュー50周年に関しては、普段内容の薄い記事が多い(失礼)BARKSのこのコラムはトリビアが多くてなかなか面白かったです。

【コラム】祝・50周年!ブラック・サバスって、何が凄いの?

Rolling Stoneのこの記事も興味深い。

ブラック・サバス50周年、革命的なデビューアルバム制作秘話



2019年 印象に残った10枚

今年も質の面から言えば豊作だった昨年に劣らぬ高品質な作品が数多くリリースされた1年だったと思います。基本的に近年は他人に薦めたくなるくらい気に入ったアルバム(と、何か一言物申したいアルバム)しかレビューしないようにしているのですが、年初の想定より意外とレビューしちゃったな、という感じです。

ワールドワイドなメタル・ファン一般的にはSLIPKNOT、ジャンルとしてのメタルにこだわりのない人にはTOOLとBRING ME THE HORIZONの新作、『BURRN!』誌読者的にはDREAM THEATERあたりが年間ベストになりそうな雰囲気ですが、私はそういった世評とは関係なく以下のようなセレクトとなりました。

掲載順は、厳密に順位というつもりではないですが、思いついた順なので実質的には本日の気分における順位のようなものかもしれません。アートワーク画像はAmazonへのリンクになっています。


AVANTASIA "MOONGLOW"
トビアス・サメットの底知れぬ才能に脱帽させられる欧州メタルの魅力を凝縮した名盤。
レビューはこちら



BEAST IN BLACK "FROM HELL WITH LOVE"
やっぱり曲の良さがズバ抜けている。来日公演のパフォーマンスも今年1番でした。
レビューはこちら



CYHRA “NO HALOS IN HELL”
「メタルはまだまだイケている」と錯覚(?)させてくれる、モダンな魅力に溢れたサウンド。こちらもとにかく曲がいい。
レビューはこちら



WITHIN TEMPTATION “RESIST”
そんなに評判がいい感じではないですが、やはりこのスケールの大きさはそんじょそこらのバンドには出せませんよ。
レビューはこちら



GALNERYUS “INTO THE PURGATORY”
もはやジャパニーズ・メタルの王者の風格を感じる、貫禄の1枚。
レビューはこちら



AS I LAY DYING “SHAPED BY FIRE”
KILLSWITCH ENGAGEの新譜も悪くなかったですが、個人的にはメタルコア系ではやはりこれが一番。
レビューはこちら



MAJESTICA “ABOVE THE SKY”
今年のメロスピ部門1等賞。ついにトミー・ヨハンソン(Vo, G)がその才能を完全開花させた感じです。
レビューはこちら



THE DARK ELEMENT “SONG OF THE NIGHT SINGS”
埋もれるべきでない才能を2人まとめて救い上げたという点で、このプロジェクトは意義深い。
レビューはこちら



GYZE "ASIAN CHAOS"
メロデス系だと他にNIGHTRAGEやINSOMNIUMあたりが良かったですが、やはり日本人である私の琴線に一番触れてきたのがこのバンドでした。
レビューはこちら



NORTHTALE “WELCOME TO PARADISE”
STRATOVARIUS直系のキレイめメタル。今年の私的ブライテスト・ホープですね。
レビューはこちら


2019年の印象としては、ここ数年の傾向ではあるのですが、病気で活動を休止したり、亡くなったりするミュージシャンが急増したな、というのがあります。HR/HM第一世代のミュージシャンたちがいよいよ限界を迎えつつあることを感じさせられました。

そして長らくCD大国だった日本でもついにサブスクリプション型の配信サービスが完全に主流となった感があり、『ROCKIN'ON 』がWebでは普通にJUDAS PRIESTやIRON MAIDENなどのクラシックなメタルも扱うようになるなど、長らくメタルを聴いてきた身としては2010年代の終わりに来て、音楽シーンや音楽メディアの在り方が大きく変わったことを痛感させられます。

上記の10選に日本のバンドからはGALNERYUSとGYZEをセレクトしましたが、世間一般的には米ビルボードで13位という日本国籍のアーティストとして史上最高の成績を収めたBABYMETALの活躍、そして近年じわじわと再注目されていた人間椅子が、今年いよいよ「イカ天」時代を超える全盛期ともいえる状況を迎えるなど、欧米のメタル・シーンとは無関係な、日本独自のコンテクストを持つアーティストの活躍が目立ったように思います。

などなど、世の中の変化が加速していることを感じつつ、一人の人間の音楽の趣味というのはそうそう変わらないもので、その結果こういうセレクトになっています(笑)。サウンドはともかく、アーティストとしては意外と新しいものも選んでいるな、という気もしているんですけどね。

それでは皆さん良い年をお迎えください。

「もしも"Enter Sandman"が"...AND JUSTICE FOR ALL"用に書かれた曲だったら」

最近は「ユーチューバー」という職業(?)もだいぶ市民権を確立し、いろいろ細かい専門性を持つユーチューバーが登場しているわけですが、海外ではぼちぼち「メタル系ユーチューバー」というものが存在しています(日本にもいるんですかね?)。

単にコピー曲として「演奏してみた」、というのはもう掃いて捨てるほどいるわけですが、世の中には器用な人がいるもので、ある曲を他のバンド風に…と抽象的に書くとわかりにくいですが、例えば「DRAGONFORCEのスタイルでテイラー・スウィフトの曲をプレイする」みたいなことをそれらしくやってのけるユーチューバーなどもいて、それはそれで楽しめたりします。

しかし人間はそういう刺激的な趣向にもすぐに慣れるもので、そういう企画芸にもさほど目新しさを感じなくなった最近、ちょっと笑ってしまったのがこの動画。

"What If Enter Sandman was on ...And Justice For All"、つまり、「もしも"Enter Sandman"が"...AND JUSTICE FOR ALL"用に書かれた曲だったら"」というタイトルですが、まあ、METALLICAをある程度ちゃんと聴いたことがある人なら「あ、やっぱり」というサウンドが飛び出してきます。



リードギターのメロディなんかもジャスティスな感じで、よくできてるなーと。

この動画をアップしているStateOfMercuryというアカウントでは他にも「もしも"Battery"が"BLACK ALBUM"用に書かれた曲だったら」とか、METALLICAのアルバムごとのサウンド・スタイルの振れ幅の大きさを利用した動画がアップされていて、ただならぬMETALLICA愛を感じます。

と、その動画を観ていたら関連動画に「"One"をもしジェイソン・ニューステッドがミックスしたら」なんて動画が上がってきて、もうひと笑いできました。



"...AND JUSTICE FOR ALL"というアルバムはたぶんメタル史上で最もサウンド・プロダクションについて物議を醸したアルバムで、Ultimate Guitarの読者が選ぶ「再録音した方がいいアルバム TOP20」でも堂々の1位に輝いていますが、もはやこれはこれでネタというか味というか「独特な個性を持ったサウンド」として愛でるべきプロダクションのような気がしています。

X "BLUE BLOOD" リリース30周年に寄せて

X_blueblood.jpg

X(現X JAPAN)のメジャー・デビュー作となった、オリジナル・フル・アルバムとしては2作目となる"BLUE BLOOD"がリリースされてから、本日2019年4月21日が30周年の記念日となるそうです。



せっかくの機会なので、あらためてアルバムを通しで最初から最後まで聴いてみました。

楽曲単位では近年でもコンスタントに聴いていますし、移動時間などにiPodで(いまだに)アルバムをチョイスすることもありますが、アルバム通しで最初から最後まで聴くのは数年ぶりかもしれません。

こうしてあらためて聴いてみると、やはりもうこの曲順含めて脳に、身体に、心に、DNAレベルで沁み込んでしまっており、全ての歌詞が(掛け声みたいなコーラスや「語り」を含めて)口をついて出てきて、いたいけな(?)中学生だった当時の気持ちが一気にフラッシュバックしてきました。

こういう「うるさい音楽」というのはきっと若い時期にしか聴かないものだろう、と当時は思っていましたが、今となっては間違いなく一生聴き続けることになると確信していますし、何なら人生で最後に聴くアルバムはこれでありたい、とすら思っています。

サイトのプロフィールにもある通り、私が「メタル」にカテゴライズされる音楽を(少なくとも意識的に)初めて聴いたのは、当時普通にオリコンチャート上位に入り、歌番組にも出る存在だったこのXで、私と同世代のアラフォーな人ならそういう人も結構多かったのではないかと思います。

私はどちらかというと真面目な優等生タイプだったので、当初は彼らのヴィジュアルショックな見た目で「自分たちには縁のない人たち/音楽」だと思っていましたが、一方で「怖いもの見たさ」というか中学生ならではの「イキがりたい気持ち」もあって、友達からCDを借りてみた所、見事にハマってしまいました。

そして「他にXみたいな音楽はないのか」と探し求めた結果、HELLOWEENに出会い、あとは芋づる式にHR/HMにハマっていったわけですが、原点がこのアルバムだったことは間違いありません。

ここに収められた楽曲についてはもう様々な所で語り尽くされているので、あえてここで「全曲レビュー」みたいな野暮なことはしません。

ただ、私にとって重要なのは、このアルバムについて、リアルタイムと現在では異なる評価をし、異なる価値を見出し、その上でかけがえのないアルバムになっている、ということなのです。

中学生当時は、まず理屈なしで好きでした。この音を身体が求めていました。思春期ならではのフラストレーションやこじらせた思いを全て受け止めてくれる音がこれだったのです。激しいサウンド、哀しみをたたえた美しいメロディ、自己陶酔的な歌詞、全てが当時の私にハマっていたのです。

当時から理屈っぽいタイプだったので、「クラシックの影響が」とか「様々な音楽性が」みたいな聴きかじったような言葉で、このアルバムの素晴らしさを自分なりに理論武装して理解しようとしていたような気がしますが、実際の所はもはやジャンキーが薬物に溺れるようにこのアルバムをただ聴き狂っていました。

ただ、自分も成長し、様々な音楽、アーティストに触れて知識を付け、冷静にこのアルバムを聴き返すと、音質、演奏力、歌唱力といったわかりやすい所から、楽曲やアレンジの過剰さ、洗練されなさなど、客観的な視点での粗が色々と見えてくるようになりました。

しかし、そうしてあらためて思ったのは、そういう欠点を含めて、このアルバムは自分にとって最高であり、特別である、ということでした。

私は元々完璧主義的なところがあり、欠点のないものを好む人間で、『ドラえもん』の登場人物で誰かになれるなら出木杉君になりたい、というタイプでしたが、20歳を過ぎてこのアルバムを聴き、その欠点を含めて、いや、時にはその欠点こそが魅力になっていることを理解して、その完璧主義的な理想の持ち方というものが、人生というものをわかっていないコドモな価値観だったということを思い知らされたのです。

このアルバムは、完璧ではないからこそ、過剰であるからこそ、最高なのです。そして、この音楽が一番「響く」時期に出会い、何百回、ひょっとすると千回単位で聴いたからこそ、かけがえのない音楽になったのです。「最高の音楽」というのは、「ここではないどこかにあるもの」ではなく、自分の体験と記憶で作っていくものなのです。それは家族や友人のような人間関係と同じものと言えるでしょう。

このアルバムが、今の若い人にとって、私が感じたような感動を提供してくれるものなのかどうかということはわかりません。

というか、むしろそうである方が例外的で、それぞれの人にそれぞれの、私にとっての本作のような音楽があるのでしょう。

彼らに思い入れのないメタル・ファンには、正統派メタルも、スラッシュ・メタルも、アメリカン・ハードロックも混在する本作の音楽性を散漫と感じられるかもしれませんし、音質が悪くて古臭いと思うかもしれません。

そもそも、若い人にはもはや「アルバム単位で音楽を楽しむ」という習慣自体が薄れていると思うので、先ほど私が約1時間に渡って浸っていたような「体験」自体、滅びゆく体験価値なのではないかと思います。

私はそれほど頭の固いタイプではない、少なくともそうなりたくはないと思っているので、「アルバム単位で聴かなきゃダメだ」みたいなことを言うつもりはありませんし、「最近の若い者は…」みたいなことを言うつもりはありません。最近の若い人は若い人なりの「特別な体験」をするのでしょう。

ただ、自分にとって、思春期に入るタイミングでこのアルバムに出会えたことは「奇跡」だったと思っていますし、欠点を含めて心から最高だと思い、愛することができるものを持つことができたことは、人生を豊かにしてくれたと思っています。

まだまだ語りたいことはありますが(実際あれこれ書きましたが、蛇足っぽい感じになったので消しました)、もはや言うべきことはことは「ありがとう、X。ありがとう、"BLUE BLOOD"」という感謝の言葉だけで充分だと思います。