FC2ブログ

Evoken Fest 2019に行こう!

今週末はパワー・メタルの祭典、Evoken Fest 2019があります。このブログを読んでいる人の7割以上はパワー・メタルのファンだと思いますので(?)、ぜひ足を運びましょう!

…などと柄にもないことを言ってみました。このブログでは個人的なおすすめはしても、「買え!」とか「行け!」といった強めな物言いはなるべくしないようにしているのですが、プロモーターであるEvoken de Valhall Productionの代表、YamaDB氏の下記ツイートを見て、つい訴えかけてみたくなりました。



私が観に行ったEVOKEN FEST 2018の集客が2017の半分だったというのがまず衝撃。

2017のヘッドライナーであるFREEDOM CALLより2018年のヘッドライナーだったNOCTURNAL RITESの方が集客力があると思っていたのですが…。

そしてその2018は1000人も入らない恵比寿リキッドルームがソールドアウトせず当日券が出ていたのですが、その半分となると相当に寂しい集客なのでは…という気がします。

実際の所、上記のツイートは20日くらい前のものなので、その後、当日のスケジュールが見えてきた人が買って(私もそうです)チケットも多少売れてきていると思うのですが、前日である今「ぴあ」を見ても土曜日の公演が「余裕あり」の二重丸。

会場である渋谷ストリームホールは700人収容と謳っているので、まあいいとこ500人くらい、下手すると400人もいかない状況かもしれません。

今年のヘッドライナーはALESTORM。欧米での人気はFREEDOM CALLやNOCTURNAL RITESを大きく上回りますが、日本での知名度は一番低いかもしれず、その辺がやはり苦戦の原因なのかも。

日本のメタル・ファンにとっての知名度だけで言ったら23年ぶりの来日となるGRAVE DIGGERの方が上だと思うのですが、フェスのイメージ上、GRAVE DIGGERよりALESTORMの方がヘッドライナーとして適切と思われたのでしょう。

昨年も一昨年も出演しているDERDIANはともかくとして(?)、BLOODBOUND、NORTHTALE、VICTORIUS、MANTICORAといったバンドは個人的にはYamaDB氏の言う通り「悪いラインナップではない」。

というか、まさかこのクラスのバンドのライブを日本で観ることができるとは…と感涙にむせんでもいい。マニア的には。

ただまあ、このクラスのバンドをライブで観たい、という人はやはりマニアでしかないというのも事実。この面子でビジネスができると考える感覚はちょっと危険と言わざるを得ない(苦笑)。

しかも、クラウドファンディング出資者のリクエストによるというロシアのEPIDEMIAの招聘なんて、マジで狂気の沙汰(褒め言葉)ですよ。現地ロシアでは一公演に千人単位のオーディエンスを動員できる人気バンドながら、日本では完全に無名なだけに…。

▼EPIDEMIAによるHELLOWEEN "I Want Out"カバー動画


先日、このブログでも触れたとおり、Evoken de Valhall Productionは2,000万円という生々しい負債額を公表してプロモーター事業の休止を宣言。このイベントも今年が最後と言われています。

たとえ復活することがあるにせよ、恐らくここまで濃い形での復活はさすがにビジネス的にありえないと思いますので、パワー・メタルのファンを自認する方であれば一生の思い出として足を運ばれてはいかがでしょうか。LOUD PARKもないことですし(苦笑)。

Evoken Fest 2019特設サイト

evokenfest2019timetable.jpg
スポンサーサイト



#(ハッシュタグ)「今日見かけたメタT」1年間の結果報告

ここ1年以上このブログをコンスタントにご覧になっている方、そして私のTwitterをフォローしている方は、私が街でメタルTシャツを着ている人を見かける都度(必ずしもリアルタイムではありませんが)、#(ハッシュタグ)「今日見かけたメタT」と共に、見かけたTシャツのバンド名をツイートする、という一人遊びをしていることをご存知かもしれません。

まあ、これは本当に自己満足というか、特に何か目的があって始めたわけではなく、ただやりたいからやってみただけの「戯れ」と言っていい行為です。

とはいえ、一応このブログでわざわざ宣言して始めた以上、このブログで何らかのフィードバックをするのが責任あるオトナの行ないというものなのではないかと思いました(?)。

しかも、私以外の人も何人かこのハッシュタグを使ってくれていたりするので、これを「ただの一人遊び」というのはある意味失礼かもしれません。

そこで、昨年2018年の7月18日にこの企画(?)を開始し、ちょうど1年経ったので、どのバンドのTシャツを多く見かけたのか、集計してランキングを作ってみることにしました。

本日2019年7月18日時点においてTwitterのハッシュタグ検索で追える限りの集計ですが、このハッシュタグによって申告されたバンド(フェスTなど、バンドではないものも一部含む)の総数は133でした。

うち、私自身によるものが約半分の64で、残り69が他の方によるものでした。

寒い時期には当然街中では見かけないので(ライブ会場では見かけますが、ライブ会場で見かけたものをいちいちツイートしていたらキリがないので、それはしていません)、実質12ヶ月未満の期間で64回も見かけることができたのは、私が人の多い都心に住んでいて、都心で営業をしているサラリーマンだからでしょう。

前置きが長くなりましたが、以下がランキングになります。ベスト10にするほどのサンプル数ではないので、ベスト5で。

1位:METALLICA 14回

2位:GUNS N' ROSES, IRON MAIDEN 11回(同数)

4位:SLAYER 8回

5位:KISS, SLIPKNOT 6回(同数)

次点:HELLOWEEN 4回

まあ、案の定というかMETALLCAが1位でした。世界一有名で世界一売れているメタル・バンドですから、ある意味当然ですね。

ただですね、METALLICA、GUNS N' ROSES、KISSといったあたりは、ユニクロやG.U.という大量流通しているファストファッションチェーンでコラボTが販売されていたので、それが数を押し上げたのではないかと思われるわけですよ。

ランクインこそしませんでしたが、DEF LEPPARDが3回と、意外に(?)多かったのもそういう理由ではないかと。同じくコラボTが出ていたAEROSMITHはあまり目撃されていませんでしたが。

そういう意味では、純粋にメタルTシャツを買って着たいバンドとして支持が高かったのはIRON MAIDENとSLAYERだったと言っていいのではないかと考えます。

どちらも決してファッショナブルどころか日常の風景になじむことすら難しいメタルTシャツ以外の何物でもないデザインながら、これだけ目撃する機会が多かったというのは、「俺はメタラーだ」とわかりやすくアイデンティティを示したい人にとって最適なバンドだったのだと言えるでしょう。

AC/DCなんかはKISSと並んで普通にオシャレアイテムになり得るバンドなのでもっと目撃するかと思っていましたが、集計したら3回でそれほどでもなく、逆の意味で意外でした。

個人的に「こりゃーレアだね!」とインパクトを受けたのはやっぱりある意味この企画を始めるきっかけになったと言っても過言ではないVOW WOWと、FIGHTですね。どちらもかなりの年代物でした。

最後に私以外にこのハッシュタグを頻繁に(5回以上を「頻繁」と定義しています/笑)使ってくださっている方のアカウントを御礼の意味を込めて紹介してこの誰得なエントリーを締めたいと思います。

ゴンベさん(@furyroad_v8)

ラトルヘッドさん(@sgame_kaidanji)

ナッシュさん(@nush_HRHM)

Halldinさん(@GeierKultur)

ナミ子さん(@gyouninzaka)

凛ちゃんさん(@bakatenmaru0905)

(彼氏彼女の事情)有馬総一朗(なりたい)さん (@arimasou16)


こんな全く何も得をしない企画に乗っていただきありがとうございます。もし、本ブログでのこういう紹介がご迷惑になるようでしたら、お手数ですがコメント欄かTwitterのDMなどでご申告ください。

ちなみにこの企画はこの記事で終わるわけではなく、私が飽きるまで続きます(笑)。

2019年度のブログ運営方針

2018年度は自分なりに思う所あって、かつてないほどこのブログの更新頻度を上げてみました。

ここ数年ブログのPV数が右肩下がりだったのは更新頻度の問題だったのではないか、という仮説に対する検証だったわけですが、結果的には必ずしもそうではないということがわかりました。

いや、もちろん更新するとしない日より多少アクセス数が増えますが、それは週1くらいしか更新しなかった時期も同じだったので、残念ながらブログ自体のポテンシャルが底上げされたことは意味しないのだろうと思います。

まあ、記事数の水増し(いや、ただの水以上のフックは作るように心がけていたつもりですが)のためにネタにしていた新譜紹介やライブ告知なんてのは今やネット上あらゆる所で行なわれているわけで、別にこのブログでやる必要性が薄かったことは否めません。

更新頻度が高かった分、トータルのアクセス数は前年比で2割くらい増えましたが、掛けた手間は2倍くらいなので、全然割に合わなかったと言えるでしょう(苦笑)。

そこで原点に立ち返ると、別にアクセス数を増やすこと自体が目的だったわけではないので(結果として結構な数の読者に恵まれていますが)、今年度は自分の書きたいことを書くことに特化していこうかなと。

ぶっちゃけ、PV数が伸びるのは人気のあるバンドを取り上げた時であるという身も蓋もない現実があるわけですが、人気があるかどうかとか、新譜が出るタイミングであるかどうかとか、そういう打算的なことやTPOとかをあまり意識しないエントリーを不定期に上げていくスタイルをトライしてみようと思います。

ビジネスライクに(というかビジネスとして)音楽情報を発信しているサイトやSNSはいっぱいあるので、そこと差別化するのは個人でやっているからこその偏り、気まぐれといったもので、そういうスタイルがセレンディピティになれば価値になるのではないかと。

レビュー、ニュース、ライブレポの3つを核に記事を構成するメタル系個人ブログの基本フォーマットみたいなものはこのブログが最初に確立したという自負はありますが、そのフォーマットを粛々と踏襲しているだけだとルーティンになってしまって10年以上もやっているとさすがに飽きるので、今年はそんな感じでやっていこうかなと。

単純に今年度は仕事が忙しくなりそうなので、昨年と同じペースでは更新できそうにないぞ、という事情もあるんですけどね(苦笑)。

まあ、読者の方にとってはどうでもいい話ですが、なんだか急にブログの毛色が変わったぞ? という戸惑いを与えるといけないので一応告知してみました。

2019年 新年ご挨拶

新年あけましておめでとうございます。

昨年は高品質なメロディック・メタル作品が次々とリリースされ、その前年に引き続き個人的には豊作の年でした。もはや世の中的に高品質なメタル作品を作るための公式やセオリーみたいなものが確立されたのではないかと思ってしまうほどです。

一方で音楽シーン全体で見ると、多少なりとも話題になったメタル作品と呼べるものはせいぜいJUDAS PRIESTとGHOSTくらいのもので、門外漢な人にとってはもはやメタルがジャンルとして存在しているのかどうかさえわからないような状況なのではないかと思います。

音楽ビジネスのメインストリームはもうすっかりイベント(ライブ以外も含む)とグッズで稼ぐという、熱心なマニア向けのビジネスモデルになってしまっていて、私のようにあくまでも日常生活を豊かにするための手段として音楽を求めているタイプの人間には、極論すれば定額聞き放題のサブスクリプションサービスさえあればもはやそれ以上のお金を払う必要はなくなってしまったと言っても過言ではありません。

そういう流れに完全に逆行するビジネスモデルを展開しているのがイタリアの『Frontiers Music』で、ここは完全に実力のあるミュージシャン、優秀なプロデューサーとソングライティング・チームを集めてレコーディング作品で勝負するというスタイルで、そういう音楽の作り方が「ロック」かどうかは疑問ですが、近年リリースされる作品のクオリティの底上げには確実に寄与しています(そしてそもそもグッズとミート&グリートで稼ぐというビジネスモデルもまた「ロック」からは程遠いと思っております)。

現在のような音楽ビジネスの在り方がどこまでサスティナブルなものなのかわかりませんが、とりあえず今年のように「世の中的に話題になる作品はなくても、個人的に楽しめるアルバムは沢山リリースされている」という状況は、その逆よりも私にとってはありがたい状況といえます。

あと、日本のメタル・ファンにとって最大のニュースは2006年以来、リーマンショックや震災の年でさえ続いてきたLOUD PARKが開催されなかったという出来事(というか、出来なかった事?)でしょう。

残念ながらとても儲かっているとは思えない、良くてトントン、下手するとイベント単体では赤字の年もあったんじゃないかというフェスだけに、客を呼べるトリがちょうどいいタイミングで呼べないとキツいであろうことは素人目にも想像がつき、そこにDownload Festivalというクリエイティブマンが単体でリスクを負わずに開催できるメタル・フェスの話もあったので、興行バランスの視点から中止になったと推察しています。

まあ、きっとこれからは「いいタイミングでいいタマが集められそうな年」だけ開催される不定期開催フェスになっていくのではないでしょうか。その方が「来年もあるかどうかわからない」というありがたみが出て集客も良くなりそうな気がしますし。

個人的には昨年はHELLOWEENにカイ・ハンセンとマイケル・キスクの復帰公演『PUMPKINS UNITED』という、私のメタル原体験をダイレクトにリマインドさせるビッグイベントがあったのでLOUD PARK中止とはいい塩梅に(?)トレードオフが成立したのですが、果たして今年の『Download Festival』はその埋め合わせになる体験になるのでしょうか。

そして、『PUMPKINS UNITED』によって電子レンジのように再び温めなおされたメタル熱に任せて、昨年はブログの更新頻度をここ数年比で大幅に上げてみました。

基本は「メタルについて語りたい欲」の発散でありつつ、半分は「更新頻度を上げることで何か変わるのか」ということを検証する実験でもあったわけですが、結論から言うとほとんど何も変わりませんでした。

ここ数年ブログのアクセス数が減少傾向にあったのは、更新頻度が下がっていたからかと思っていましたが、FC2ブログにおけるランキングなどがほとんど変わっていないことを踏まえると、単純にブログという表現形態自体がダウントレンドということなのでしょう。

なぜブログがダウントレンドになってしまったかと原因を考えると、それはSNSおよび動画サイトに時間を奪われていることを意味しているということかと思われます。

例えばYouTuberの動画などは、かつてブロガーがやっていたことを動画でやっているに他ならないわけで、見る側としては文章を主体的に読むよりも動画を受動的に観ていることの方がラクである以上、無理からぬことと思われます。

私がやっている、やりたいと思っていることというのは動画でやるのは色々な意味で難しいので、私がユーチューバーになることはまず考えられないわけですが(笑)、時代に合わせてネット上での発信・表現の在り方というのは変えていかなくてはいけないなあ、と思っています。今年はその変化を作れたらいいな、というのが個人的な目標です。

とはいえ今年は仕事でちょっと大きなプロジェクトが動き出すのでどれだけ時間が取れるかわからないのですが。

単純にいちリスナーとしては、見えている所では2月にリリース予定のBEAST IN BLACKとAVANTASIAの新譜を期待の筆頭にしつつ、同じ2月のDREAM THEATERとRHAPSODY OF FIRE、そしてIN FLAMES、CHILDREN OF BODOM、SOILWORKといった北欧メロデスの第一人者たちがこぞってアルバムを出しそうなのも楽しみです。

あとはキコ・ルーレイロ(G)がソングライティングに関わるMEGADETHの新譜なんかも楽しみですが、やはり一番期待するのは今年のように「期待していなかった所から傑作が届けられる」ことですね(笑)。

それでは今年も皆さんにとって良いメタルに出会える年になりますように。

カテゴリを整理しました

近年は追加するばかりだった当ブログの記事カテゴリーを久しぶりに整理しました。

まあ、読者の方がどこまでカテゴリー分けに対して気にしているかというと、コンスタントに訪問していただいている方は最新のエントリーにしか興味がないでしょうし、検索ワードで飛んできた人は、対象のエントリーにしか興味がないと思いますので、実際は管理人の自己満足なんじゃないかという気もするのですが。

とりあえず、過去のニュースって需要ないだろうという考えのもとに、年別に分けていたニュースの感想をひとつにまとめました。

そして、一時期ネタが満載だったのと、個人的に好きなバンドだということで独立させていたSTRATOVARIUSに関するカテゴリーを廃止しました。

いやもちろん今でも大好きなバンドですが、最近は状況が安定していて、今後、かつてティモ・トルキと揉めていた時のように香ばしいネタが増えるとも思えなかったので。

しかしティモ・トルキ氏は最近全く音沙汰ないですが、どうしてるんでしょうかね。

最後に名前を見たのは2015年にリリースされたCHAOS MAGICというWITHIN TEMPTATIONの二番煎じみたいなプロジェクトが最後なので、3年くらい沈黙しているわけですが…。

鬱で引き籠っているとかではなく、音楽から離れて心安らかな日々を過ごしているということであればそれはそれでいいのではないかとも思うのですが。