FC2ブログ

Eテレ 『ららら♪クラシック「メタル loves クラシック!?」』 感想

Eテレ(NHK教育)で1月15日(金)に放送された『ららら♪クラシック』を観ました。

というのも、「メタル loves クラシック!?」と題してクラシックとヘヴィメタルの関係性を探る内容になっていると聞いたからです。

作曲家・音楽博士の中村匡宏氏が中心となってメタルとは何か、クラシックとの共通点は何かを解説し、ギタリストのケリー・サイモンズ氏がメタル側の観点から補足説明したり、中村氏のピアノとケリー氏のギターで実演したりする内容。

冒頭に中村氏とケリー氏によるモーツァルトの「トルコ行進曲」、ラストはベートーベンの「悲愴」を演奏することが番組のレギュラー・ファンに対する「言い訳」となりつつ、意外とディープな所にも突っ込んでいて、思いの外楽しめました。

とにかく、Eテレで(フル尺ではないとはいえ)以下のような楽曲が流れたというのが痛快。

JUDAS PRIEST "Painkiller"
IRON MAIDEN "The Trooper"
METALLICA "For Whom The Bell Tolls"
聖飢魔Ⅱ "蝋人形の館"
NAPALM DEATH "You Suffer"
STRATOVARIUS "Black Diamond"
DEEP PURPLE "Burn"
ANGRA "Nova Era"
ANGRA "Spread Your Fire"
HELLOWEEN "Eagle Fly Free"

当然と言えば当然ながら、HR/HMにクラシックを持ち込んだ存在としてリッチー・ブラックモアとイングヴェイ・マルムスティーンの存在はフォーカスされ、イングヴェイのスウィープ奏法やハーモニック・マイナー・スケールの話にも踏み込んでいる。

ハイトーン・ヴォーカルとオペラ歌唱との共通点について触れる際には、オペラ歌手としても活躍するトーマス・ヴィクストロム(CANDLEMASS, STORMWIND, THERION)が出演するなど、妙にマニアックな所を掘り下げていたのは笑いました。

個人的な気持ちとしてはACCEPTの"Metal Heart"みたいなわかりやすい「引用」や、NIGHTWISHやRHAPSODY OF FIREみたいなバンドも紹介してほしかったし、STRATOVARIUSに触れるなら、ベーシストがシベリウスの曾孫であることも伝えて欲しかったが、まあ「クラシックっぽいメタル・バンドを紹介する」という企画ではないし、30分しか番組尺もないのでやむを得ないところか。

「メタルとクラシックに共通点がある」という言説は、メタルが音楽的に高尚であるということを主張したい手合いがよく口にすることではありますが、実際のところそういうアーティストは限られているので、あくまで低俗で非音楽的なものと蔑まれがちなメタルのファンのコンプレックスの裏返し的なものに過ぎないと思っています。

ただ、大衆の共感を求めない世界観や、横ノリの黒人的なグルーヴを重視しないジャストなリズム、楽器演奏パートでテクニカルな要素をひけらかすことが良しとされる点など、他のポップ・ミュージックに比べクラシックを取り入れやすい素地のある音楽であることもまた確かでしょう。

私自身、ピアノやバイオリンを習っていたというようなガチ勢ではないのですが、学校の音楽の授業で聴かされるクラシック音楽が(退屈している生徒も多い中)割と好きだったというタイプで、そういう所もメタルを好きになる素地だったのかな、などと思っています。

実際、ピアノなどをやっていた友人は比較的メタルを気に入る確率が高かったというのが高校・大学時代、周囲の友人たちに「布教活動」を行なっていた私の実感でもあります(笑)。

1月21日(木) 午前10:25〜午前10:55に再放送もあるようなので、見逃した方はぜひ。

※ららら♪クラシック「メタル loves クラシック!?」番組ページ

スポンサーサイト



TBSラジオ『ACTION』に伊藤政則氏が出演(8/26)

本日、Radikoでラジオを聴くのが趣味の上司に「昨日、TBSラジオの『ACTION』て番組のゲストに伊藤政則が出てメタルについて語ってたぞ」という話を聞き、私もRadikoでタイムフリー聴取してみました。

『ヘドバン!』にも原稿を書いている武田砂鉄さんというライター/作家の方が、本来の水曜パーソナリティであるDJ松永さんの代打で出演した関係で、伊藤政則氏をゲストに招いたそう(武田砂鉄氏がパーソナリティーを務める金曜日は、伊藤政則氏が大阪でラジオをやっている関係でゲストに呼べなかったとか)。ゲストと言っても、時節柄リモートでの出演でしたが。

伊藤政則氏登場の前フリとして(?)METALLICAの新作、"S&M2"から"For Whom The Bell Tolls"がオンエアされました。平日水曜の午後にAMラジオでMETALLICA。それも割と渋めの曲。シュール。

伊藤政則氏の登場時間は意外なほど長尺で、結構じっくり話が聞けました。もちろん『Power Rock Today』みたいな専門番組でするようなマニアックな話ではなく、伊藤政則氏をある程度知る人(つまり長年『BURRN!』を読んできたような人)ならなんとなく聞いたことがあるような話が中心ながら、武田砂鉄氏にちゃんとメタルの素養と伊藤政則氏へのリスペクトがあり、バランス感覚のあるトークで伊藤政則氏の話を引き出したおかげで、なかなか聴き応えのある内容になっていました。

話の途中で、「日本のメタル・ファンの気質(真面目でこだわりが強く、自分の好きなものを熱く語りがち)を作ったのは伊藤政則さんだと思うんですよ」というようなことを武田砂鉄氏が言っており、それは確かにそうかもしれないなあと、必ずしも伊藤政則氏に対して肯定的な見方をしていない私でさえそう思いました。

まあ、真面目でこだわりの強い、世の中的に言うとちょっと不器用な人の感性にメタルという音楽や伊藤政則氏の妙に熱い物言いがたまたまハマったということかもしれず、どっちが鶏でどっちが卵かという話なのかもしれませんが。

ちなみに武田砂鉄氏の「METALLICAに代わるような存在って今後現れるんですかね?」という問いに対し、伊藤政則氏は「出ません」と断言されていらっしゃいました。今やっているトークイベントのタイトルが「遺言」であるというのも、単に自分の年齢的なものというより、そういう意識に基づくものなのでしょう。

全内容を文字起こしするにはかなりボリューミーなので、ご興味がある方はぜひRadikoでどうぞ。

伊藤政則×武田砂鉄、ハードロック・ヘヴィメタル熱量対談(TBSラジオホームページ)





『タモリ倶楽部』「アフリカ大陸で発見!こんなところにデスメタル!?」 

 4月22日(金)深夜放送の『タモリ倶楽部』で放送された「アフリカ大陸で発見!こんなところにデスメタル!?」 、HDDに録画していたのを観ました。

昨年『デスメタルアフリカ: 暗黒大陸の暗黒音楽』という本が出版され、一部で話題になっていたのは認識していました。

なかなか興味深いと思いつつ、手を出せずにいるのですが、恐らくその本がネタ元だろうと思っていたら案の定でした。

アフリカ出身といえば、先日チュニジアのMYRATHという、欧米のバンドと比べても遜色ないどころか、下手すると今年のベストかもと思ってしまうほど素晴らしいアルバムを出したバンドによって関心が増していたこともあって、わざわざ録画して観てみました。

実際観てみると、ベスト10形式で紹介されているにもかかわらず、10位のバンドに多くの時間が割かれ、むしろ5位以上のバンドはサラッと流されてしまう不思議な構成で、しかもそもそも我々日本のメタル・ファンの感覚でデス・メタルと呼べるバンドは6位の「サーコトロフィア」と3位の「オーバースラスト」の2つしか出てきませんでしたが、結構楽しめました。

いや、恐らく一般的な視聴者は一種のゲテモノ趣味で楽しむのでしょうけど、私は普通に「結構いいバンドばかりじゃん」と思いました。

もちろん欧米や日本の一線級のバンドとは比べられるようなレベルではなさそうなのですが、インディーズのバンドと考えれば充分楽しめるレベルに達しているバンドが多かったです(もちろんある程度オンエアに耐えるバンドを選んでいるからでしょうが)。

以前私はこのブログ上で「HR/HMが今後飛躍的に発展する可能性というのは、現在の発展途上国エリア以外には見出せない」ということを書きましたが、「キャッチーなハード・ロックをプレイしているのにブラックメタルのメイクをして、デスメタルを名乗る」みたいな破天荒なバンドは、「メタルのお作法」が確立してしまった欧米よりからは出てこないと思います。

BABYMETALも「アイドル×メタル」という欧米人にはなかなか思いつかないサウンドで話題になっているわけですが、そういう「予想を裏切る新しいサウンド」みたいなのは、むしろメタルの歴史が浅いエリアの方が生まれやすい気がします。

まあ、私は辺境メタル・マニアではないし、別に今の様式化した欧米のメタルに不満があるというわけでもないので積極的にアフリカのバンドを発掘していこうというつもりはありませんが、先日のMYRATHのような例もありますし、アフリカのメタルに対してもオープンな気持ちで向き合っていきたいな、と思います。

◆ALLKINIAH 「Setrin'ny Fahotana」のMV

個人的な趣味的にはやはりメロディック・パワー・メタルをプレイしているこのバンドがツボでした。
マダガスカル出身でまだ20代前半の若いバンドのようですが、結構レベル高いです。
見た目はアマチュアっぽいですが、現地の感覚ではイケメン揃いらしく、女性ファン(グルーピー?)が多いとか。この手の音楽をやってモテるとは素晴らしいですね(笑)。

◆ARKA'N 「 As I can breathe (feat H.WEAPONS)」

トーゴのバンドで、番組中でマーティ・フリードマンに唯一褒められ、タモリに「アフリカっぽい」と評価されていました。
個人的にはアメリカの黒人音楽の要素が強いことを果たして「アフリカっぽい」と言うべきなのかということについては疑問があるのですが、実際アフリカではロックよりヒップホップなどの人気が強いと聞きますし、少なくとも我々先進国の人間が「アフリカ出身」と聞いて納得しやすいのはこういうサウンドでしょうね。

◆AMPERUS ALEGOR「Ny devolinao」

1位に選ばれたのはこのバンド。音だけ聞いたら欧米のブラック・メタルと区別つかないくらいのクオリティがあります(見た目もかなり本格的)。これもマダガスカルのバンドらしく、マダガスカルはなかなかレベルが高そうです。


アメトーーク:GEININ OF HARD ROCK 感想

9月26日(木)、テレビ朝日の人気深夜バラエティ番組「アメトーーク!」でハード・ロック、ヘヴィ・メタルを扱うということで、「これは観なければ」と思っていました。

しかし、悲しいかな、日付が変わる前に仕事が終わることが少ない社畜人生を歩む身には23時に始まる番組をリアルタイムで視聴することはかなわず、それを見越してBD/HDDレコーダーに録画しておき、それを本日観ました。

この番組の名物である、共通の趣味を持った芸人による「くくりトーク」のテーマとして「ハード・ロック/ヘヴィ・メタル」が選ばれたわけである。誰かスタッフに好きな人がいたんでしょうかね。

ゲストとして出演した芸人はビビる大木、富澤たけし(サンドウィッチマン)、椿鬼奴、レイザーラモンRG、大地洋輔(ダイノジ)、大谷ノブ彦(ダイノジ)、藤井ペイジ(飛石連休)、さがね正裕(X-GUN)。

オープニングはDEEP PUEPLEの「BURN」に合わせて全員がエアバンドをやる、というこの番組には珍しいフォーマット。日本におけるDEEP PURPLE人気の根強さを感じさせる幕開けです。

ついでに言うと、「ハードロック芸人」ではなく「GEININ OF HARD ROCK」だと言い張るあたり、日本におけるHR/HMファンの洋楽偏重な姿勢を端的に表していますね(LOUDNESSについては多少触れましたが)。

ゲストとして登場した芸人たちは皆HR/HM界の有名人のコスプレをしており、その配役は以下の通り。

ビビる大木→イングヴェイ・マルムスティーン
富澤たけし→ジェイムズ・ヘットフィールド(METALLICA)
椿鬼奴→スティーヴン・タイラー(AEROSMITH)
レイザーラモンRG→アクセル・ローズ(GUNS N' ROSES)
大地洋輔→スラッシュ(元GUNS N' ROSES)
大谷ノブ彦→アンガス・ヤング(AC/DC)
藤井ペイジ→ジミー・ペイジ(LED ZEPPELIN)
さがね正裕→リッチー・ブラックモア(元DEEP PURPLE/RAINBOW)

スティーヴン・タイラーに対して「リヴ・タイラーのお父さん」と表現されていたが、さすがにリヴ・タイラーよりはスティーヴン本人の方が有名なのでは…。

ロブ・ハルフォードがいなかったのはやっぱりちょっと変態っぽくなってしまうからですかね(笑)。JUDAS PRIESTがほとんど触れられなかったのも、一般人にとってエッジの立ったネタというとどうしてもロブの同性愛ネタになってしまいそうだから自粛したのでしょうか。

とりあえず番組の構成としては以下の通り。

◆基本情報オブHARD ROCK
◆衝撃映像オブHARD ROCK
◆あるあるオブHARD ROCK
◆思い出オブHARD ROCK
◆伝説オブHARD ROCK

しかし、やはり一般人(雨上がり決死隊の二人が一般人と言えるかかどうかはわかりませんが)はオジー・オズボーンを知らないのはともかくとして、VAN HALENと聞いて映画「ヴァン・ヘルシング」と間違うレベルなのかと思うと愕然としますね。

MOTLEY CRUEさえ知らない風だったので、「80年代に売れていたバンドであれば、30代半ば以上の人であれば名前くらいは知っているだろう」という私の思い込みさえ完全否定された気分です。

エディ・ヴァン・ヘイレンのライトハンド奏法やら、イングヴェイ・マルムスティーンの速弾きといった派手なギター演奏はHR/HMの華なので取り上げられて不思議はないとしても(とはいえクリス・インペリテリまで登場したのは少々意外でしたが)、まさかCINDERELLAのエリック・ブリッティンガムのベース回しなんて微妙な技(?)なんてのまで出てくるとは予想外でした(トミー・リーの回転ドラムは想定の範囲内でしたが)。

AC/DCの「BACK IN BLACK」が世界で2番目に売れたアルバムであるとか、NAPALM DEATHの「You Suffer」やアンジェラ・ゴソウ(ARCH ENEMY)のデス声など、一般人にとってインパクトのありそうなネタを中心に構成されているのは、HR/HMファンではない人を対象にしているメディアの常。

ただ、「あるある」や「思い出」など、トーク中心のパートは正直HR/HMファンとしても、単純なお笑いトークとしても微妙だったような…。

椿鬼奴の「ジミー・ペイジにインタビューをしたことがある」という話はまだしも、ビビる大木のCOVERDALE PAGEのコンサートで警備員のバイトしたことがある、なんてオチも何もない話、そこらの一般人の話かっての(笑)。

最後は「シャウト IN アメトーク」と題してレイザーラモンRGと椿鬼奴がGUNS N' ROSESの「Welcome To The Jungle」をカラオケで歌う(短縮編集バージョン)。

「ヘビメタと言われるとイラっとする」とか、ライトハンド奏法を見た宮迫が「夜の営みに使えそう」的な下ネタを口にすると「そういう風に扱って欲しくない」とか「茶化さないでください」と抗議するなど、メタル・ファンにありがちな妙な潔癖さを露わにするなど、そういう良く言えば真面目、悪く言えば偏狭なメンタリティは、HR/HMを聴かない人にとっては不気味なんじゃないかなあと思っています。

あと、一番残念だったのはやはり90年代以降のHR/HMについてはRAGE AGAINST THE MACHINE、MARILYN MANSON、SLIPKNOTの3バンドが挙げられているのみにとどまったことかな。

それらのバンドも「一般人には知られていない」という点では、いわゆるBURRN!読者がイメージする「正統的な」HR/HMとなんら変わらないわけですがメロデスでもメロスピでもメタルコアでもいいから、もうちょっと自分の好きなバンドに触れてほしかったというのが正直な所です。

まあ、番組トータルとしてはさすが人気番組、それなりにバランス良くまとめてきたなという印象ではありますが、番組のファンにとってはどちらかというと「外れ回」だったのではないかという気が…。

週明け出社したら視聴率を調べてみようかな…(昨日はロケがあったので会社には行きませんでした)。

続きを読む

『週刊朝日』にフィンランドのメタル・バンドが登場

weekly_asahi130405.jpg

VICTOR ROCKSさんのツイートで、今週売りの『週刊朝日』にTURISASが登場していることは認知していました。

が、「ケッ、どうせイロモノ・バンドとしてネタにされてんだろ」と被害妄想を働かせ、スルーしていました。

しかし今日、会社のビルに入っているコンビニで夕食のパスタを温めてもらっている間、フラッと雑誌コーナーに来てみると、その『週刊朝日』が置いてある。

「べっ、別に見たいわけじゃないんだからね! ただ、今ちょっと手持ち無沙汰だから、10秒くらいなら見てあげてもいいかな…なんて、ホントにただそれだけなんだから!」と心の中で呟きつつ、ページをめくる。

w_asahi_01.jpg

「バ…BATTLELOREがカラー扉…だと…。BURRN!でもモノクロ扱いでしか登場したことがないのに…」

(30秒後)

「すみません、これも下さい。Suicaで払います」

w_asahi_02.jpg

扉ページ合わせてカラー5ページの露出。まさかここまでボリュームのある記事として扱われているとは正直予想外でした。

まあ、実際の所、私が危惧していた「イロモノ扱い」的なニュアンスはあって、取り上げられているのは冒頭のBATTLELOREや、TURISASの他、KORPIKLAANIやMOONSORROW、ENSIFERUMといったフォーク/ヴァイキング系のコスプレみたいなバンドや、LORDIやHEVISAURUSといった着ぐるみ系のバンドのような、見た目のインパクトが強いバンドばかり。

フィンランドのメタル人気の立役者というべきSTRATOVARIUSや、アメリカでゴールド・ディスクを獲得するほどの人気を誇るHIM、欧州を代表する人気バンドに育ったNIGHTWISH、エクストリーム・メタル・シーンで強い影響力を持つCHILDREN OF BODOMといった、いわゆるメタル・ファンがフィンランドのメタルと聞いて思い浮かべるようなバンドには全く触れられていない。

フィンランドの民族叙事詩「カレワラ」について記事中で触れつつ、これまで一貫してその「カレワラ」をテーマにした曲をプレイし続けてきたAMORPHISにはノータッチ。

そういう意味ではやはり生粋のメタラーにとって満足できる内容とは言い難いのですが、「10代のみならず、40代、50代の大人も愛聴し、ラジオからは日常的にヘヴィ・メタルが流れ、カフェでも当たり前のように流れている」という状況や、国が「ヘヴィ・メタルのバンドが国外ツアーを行なうときに旅費を出すことも珍しくありません」といった「フィンランド事情」の話はなかなかに興味深い。

LORDIの紹介文には「着ぐるみは当初、女性メンバーの手縫いだった」という、心温まるちょっとした小ネタも。

LORDIの写真は来日時のものですが、その写真を提供した人のブログを発見。
「撮って皆ですぐ逃げた」に笑いました。明らかに器物損壊。

まあ、飯を食いながら眺める暇つぶしとしては悪くない記事でした。
次回は(あるのか?)もっと突っ込んだ続編記事を希望します。

ちなみに、コレを会社の席で読んでいるとき覗き込んできた後輩の言葉は、
「なんスか、このオンラインゲームみたいな人たちは?」でした…。

w_asahi_03.jpg

◆この記事を担当した和田靜香氏のHP(2013年3月26日にこの記事についての文章あり)
http://homepage3.nifty.com/hypochon/