「さくら学院重音部 BABYMETAL」に世界が注目?

AKB48の大ブームのおかげで今の日本は女子アイドルグループ花盛り。

各芸能事務所がこぞって年端も行かぬ女の子を集めて次々と売り出しているわけですが、J-CASTニュースによると大手芸能プロダクションのアミューズに所属し、トイズファクトリーからデビューしたアイドルグループ「さくら学院」の1ユニット、「さくら学院重音部 BABYMETAL」が海外で注目を集めているそうです。

10月にYouTubeで公開された「ド・キ・ド・キ☆モーニング」という楽曲のPVに寄せられたコメントは、日本のアイドルグループとしては異例なことに1300に及ぶコメントの大半が英語なのだという。

ニュースによると、YouTubeのPVは「12月16日現在約38万回再生されていて、統計情報によると日本以外では北米やロシア、スウェーデン、フィンランドでよく視聴されているようだ」とのこと。

北米は別格として、スウェーデン、フィンランドといえばメタルが盛んなことで知られる国々で、さすがというべきか(ロシアはどうか知りませんが)。
私のCDラックにもその2国出身のアーティストのアルバムがいっぱいです。

そしてアメリカのメタル情報サイト「METAL INJECTION」に12月8日に掲載された「2011年に話題になったメタル関連動画 Top15(The Top 15 Metal Viral Videos of the Year)」にもこの動画が9位にランクインしている(しょうもない動画ばかりのランキングですが/笑)。

そういえば私がいつもチェックしているBLABBERMOUTH.NETでもこのPVに関するニュースが取り上げられていたのを思い出しました。

図らずもメタルという音楽がインターナショナルな音楽であるということが証明されたわけですが、相変わらず日本で話題になる「ヘビメタ」というのはメタル・ファンにとっては微妙な代物ばかりですなあ(苦笑)。

いやまあ、どんなジャンルの文化・芸能でもマスコミに取り上げられたり、門外漢の間で話題になるものというのが必ずしもその文化・芸能の本質を表していたり、ベストなものであったりするわけではないということは重々承知しているんですけどね。

個人的にこの曲は教科書的な意味での「メタル」からは逸脱したサウンドだと思いますが、ニュース中で発売元のトイズファクトリーによると、BABYMETALには今回話題になった「ドキ☆モニ」の他に、「イジメ、ダメ、ぜったい」という曲があり、こちらはアップテンポな「メロディック・スピード・メタル」だという、と報じられています。

その曲は未聴なので真偽のほどは不明ですが、この手の一般ニュースサイトで「メロディック・スピード・メタル」というワードを目にしたこと自体に思わず感銘を覚えてしまったり。

00年代を通じて(90年代後半くらいからですかね?)、日本ではメタル・ファンとアニメやゲームを愛好するいわゆる「オタク」との親和性が高いと言われてきました。

そして女子アイドルグループの熱心なファンというのも一般にオタク的な人々と認識されているだけに、日本におけるメタルはさらにオタク的なイメージを強めていくことになるのでしょうか。

まあ、「メタラー=オタク」だと思われるのは100歩譲って許容するとしても、この子たちは12~13歳と相当に若い(幼い?)だけに、彼女らがさらに有名になって、ここ日本で「メタラー=ロリコン」と思われるようになったらいささか肩身が狭いですなあ(苦笑)。

◆ニュースソース
http://www.j-cast.com/2011/12/16116731.html

◆さくら学院重音部 BABYMETAL 公式サイト
http://www.babymetal.jp/

◆「ド・キ・ド・キ☆モーニング」のPV [YouTube]

人差し指と小指を立てているのは、本人いわく「キツネさんのポーズ」のつもりだそうな。


スポンサーサイト

元/現DOKKENのメンバーによる新バンド?

ジョージ・リンチ(G)、ジェフ・ピルソン(B)、ミック・ブラウン(Dr)が、TOOTH AND NAILという新しいバンドを結成、DOKKENの過去の名曲のリメイクと新曲によるアルバムをレコーディング中、来年の早い時期にリリースするそうです。

TOOTH AND NAILといえば、DOKKENの名盤として知られるセカンド・アルバムのタイトルとしてファンにはおなじみの響き。
このメンバーで、この名前、これはもう確信犯ですね。

てかミックは今でもDOKKENのメンバーでしょ? いいの? クビ覚悟ってやつですか?(笑)

現在シンガーの名前は明かされていませんが、DOKKENの名バラード「Alone Again」のリメイクではセバスチャン・バック(元SKID ROW)がゲスト・ヴォーカルとして参加しているそうです。

ハブにされたドン・ドッケンのコメント/インタビューが今からとても楽しみです(笑)。
LOUD PARK 09でのあの惨状を目にしてしまうとハブにしたくなる気持ちはよくわかりますが(笑)。

◆ニュースソース
http://www.roadrunnerrecords.com/blabbermouth.net/news.aspx?mode=Article&newsitemID=167310


レブ・ビーチ在籍時のしかマトモな映像がありませんでした。LOUD PARK 09のときにもせめてこれくらい歌えていれば…。
レブはWHITESNAKEのときより輝いてる。


久々にイングヴェイの「名言」が

イングヴェイ・マルムスティーンといえば「名言(迷言?)」の多い人物として知られていますが、久々にその「マルムスティーン語録」に新たな言葉が追加されました。

「RELENTLESS TOUR」中のイングヴェイに去る10月21日、ギター情報サイト「Premier Guitar」の記者がイリノイ州でイングヴェイに対して行なったインタビューの中の一言。

「もし君が宇宙船に乗って宇宙に行ったら、宇宙からはきっと2つの人工物を見ることができるだろう。
ひとつは中国にある万里の長城、もうひとつはイングヴェイ・マルムスティーンのマーシャル・アンプの壁さ」


イングヴェイの「名言」は大きく分けて「俺ってこんなに凄いんだぜ」という自画自賛系と、元メンバーや他のミュージシャンなど他人を貶める罵詈雑言系の2つに大別されますが、これは前者ですね。「俺はバッハ以降で初めて作曲をした男だ」みたいな発言の流れにあるものです。

個人的にはマーシャルの壁を作るより、良い楽曲を作ることに邁進していただきたいのですが。

まあ、とりあえずこの発言だけでBLABBERMOUTH.NETの記事になるくらいにマルムスティーン伯爵閣下が健在だと確認することができました(笑)。

最新作を聴く限り「もうダメかも」と思いつつ、新しいシンガーを迎えてニュー・アルバムを作ると言われたら、きっとまた興味を持ってしまうんだろうなあ…。

◆そのインタビューの映像 [YouTube]



GOTTHARDのニュー・シンガーが決定

スイスを代表するハード・ロック・バンド・GOTTHARDが、昨年事故死したヴォーカリストのスティーヴ・リーの後任となる新ヴォーカリストを発表しました。

新しくヴォーカリストとして迎え入れられたのはNic Maederなるスイスのローザンヌに生まれ、現在はオーストラリアのメルボルンに住んでいるという1971年生まれの人物。ヴォーカルはもちろん、ギターやピアノもプレイできるという。

世界中から数多くの応募があった中、長い選考を経て、最終的にはメンバー全員一致で選ばれたとのこと。

個人的な印象としてはスティーヴ・リーはバンドの魅力の8割がたを担っていた観があり、特に非業の死を遂げたことでファンの間では伝説というか神格化されてしまっていることは想像に難くなく、彼の後任というのはいかなる人物であろうともなかなか困難なポジションだと思います。

GOTTHARDが現在のSKID ROWみたいになってしまうのを見るのはいささか忍びないものがありますが、バンドいわく、「色々言われることはわかっているけど、まずは彼が歌っているのを聴いてみてくれ」とのこと。

◆新曲「Remember Its Me」のPV [YouTube]


公式サイトでは上記の新曲を無料でダウンロード配布しています。

まあ、ルックスも悪くないし、ハスキーでブルージーな歌声も様になっているけど、少なくともこのPVを観る限りスティーヴ・リーの幻影をかき消すほどの傑出した個性やカリスマ性は感じられませんでした。

なんていうか、80年代末から90年代初頭、「ブルージーなハード・ロック」が流行っていた時期にこんな感じのヴォーカリストがいっぱいいたような…。

こういうヴォーカリストが加入すると、GOTTHARDからさらにメロディアス・ハードの要素が薄れて、私のあまり得意としないアーシーでブルージーな渋めの路線に行ってしまいそうな気がするのがちょっと心配。

まあ、それはそれでバンドの選択なので私がとやかく言うことではありませんが。

とりあえず、来年の春に発売予定というこの新ヴォーカルをフィーチュアしたニューアルバムは話題性や同情票みたいなものもあって売れると思いますが、その後のツアーなどを通じてこの新Voが「本物」かどうかが問われていくことでしょうね。

◆ニュースソース
http://www.roadrunnerrecords.com/blabbermouth.net/news.aspx?mode=Article&newsitemID=166342

BLACK SABBATHがオリジナル・メンバーで再結成

先のエントリーに書いた通り、11年11月11日は「メタルの日」だったわけですが、それに相応しいビッグ・ニュースがありました。

その11年11月11日11時11分(太平洋標準時間)に、41年前(!)に彼らがLAでのライヴ・デビューを飾ったWhisky A Go-Goで開かれた記者会見においてオジー・オズボーン(Vo)、トニー・アイオミ(G)、ギーザー・バトラー(B)、ビル・ワード(Dr)というオリジナル・ラインナップによるBLACK SABBATHの再結成が発表されたのです。

この再結成は今年になってから噂レベルではずっと囁かれてきた話で、一度トニー・アイオミはその噂を否定していたため、ガセ説も流れていましたが、ついに正式に発表されました。

単発のイベント出演などではなく、33年ぶりとなるオリジナル・メンバーによるアルバム制作や、ワールド・ツアーも予定されているそうです。

来年秋に予定されているというアルバムのプロデューサーはSLAYERの名作やMETALLICAの最新作を手掛けたリック・ルービン。
新曲は「Old SABBATH Style」になるそうで、既に7、8曲が書き上げられているという。

現時点で決定しているライヴは2012年6月に開催されるイギリスの「Download Festival」だけですが、今後順次新たな日程が発表されていく見込み。

来年の「Download Festival」では既にMETALLICAの「ブラック・アルバム完全再現」が行なわれることも発表されているので、これはメタル・ファンにとって凄いイベントになりそうですね。長い休みが取れるなら現地に行きたいくらいです。

果たしてオジー・サバスの人気が高かったとは言いがたいここ日本でのライヴは実現するのでしょうか。

普通に(?)考えるとLOUD PARKでどうですか、という期待がかかるのですが…。
全ては金とスケジュール次第、なんでしょうね。

オジー時代の代表曲なども一通り聴いていますが、個人的にBLACK SABBATHで一番好きなアルバムは「HEADLESS CROSS」だったりするので、オジー・オズボーンのいるBLACK SABBATHにそれほど思い入れはありません。

むしろガス・Gがソング・ライティングに関わるOZZY OSBOURNEの新作を早く聴きたい、という思いすらあったりはするのですが、それでも恐らくこれがHR/HMの世界において残された最大の「再結成」イベントであることは充分に理解していますし、メンバーの年齢を考えるとこれがラスト・チャンスであることも確実と思われます。

ヘヴィ・メタルという音楽の「始まりの終わり」を見届けるという意味でも、もしこれが日本で観られるというのであればいちメタラーとして馳せ参じねばなるまい、と思っています。

◆再結成BLACK SABBATH公式サイト
http://www.black-sabbath.com/

◆ニュースソース
http://www.roadrunnerrecords.com/blabbermouth.net/news.aspx?mode=Article&newsitemID=165997