最近気になったニュースなど

わざわざ単体で記事にするまでもないけど、ちょっと気になるニュースが最近多かったのでまとめてメモしておきます。

DIVINEFIREが来春に復活アルバムを発表
http://www.roadrunnerrecords.com/blabbermouth.net/news.aspx?mode=Article&newsitemID=151385

クリスチャン・リレグレン(Vo)率いるDIVINEFIREが、「EYE OF THE STORM」と題されたニュー・アルバムで「復活」するそうです。

「Farewell」したのはほんの2、3年前なのでかなり早い「復活」ですが…ここ最近AUDIOVISIONにGOLDEN RESURRECTIONと、ずいぶん働きすぎじゃないですか?>クリスチャン

日本先行発売で、来年3月下旬にキングレコードから。その他の地域は4月に発売されるそうです。


TYTANが復活
http://www.roadrunnerrecords.com/blabbermouth.net/news.aspx?mode=Article&newsitemID=151470

NWOBHM後期に登場し、名盤「ROUGH JUSTICE」1枚を遺して解散したTYTANが2012年、ドイツの「KEEP IT TRUE FESTIVAL」で復活ライヴをやるそうです。

再結成メンバーは以下の通り。

Vo:カル・スワン(元LION, BAD MOON RIGING)
G:スティーヴ・マン(元M.S.G.)
G:スティーヴ・ギブス
B:ケヴィン・リドルズ(元ANGEL WITCH, SAMSON)
Dr:サイモン・ライト(元AC/DC, DIO)

うおー、カル・スワンだって。懐かしい。BMR解散後引退したと聞いていたけど…。
一夜限りの企画なんでしょうか? ちょっと観たいかも。

どうでもいいけどBAD MOON RIGINGを「バムライ」と略していたのは私の周りだけですかね?(笑)


ANVILの「Metal On Metal」がスウェーデンのチャートで4位に
http://www.roadrunnerrecords.com/blabbermouth.net/news.aspx?mode=Article&newsitemID=151487

映画で有名になったANVILの代表曲である「Metal On Metal」が先週、クリスマス週のスウェーデンのシングル・チャートで(シングル化されていないにもかかわらず)4位に輝いたそうです。デジタル配信チャートでは1位でした(つまりデジタルダウンロード販売のみでチャートインしたということですね)。

なんでも、Facebook上で行なわれた「ANVILを助けよう」キャンペーンの結果こういう事態が起きたそうで、ネット上の呼びかけでここまで「成果」が出るのだから「時代」を感じますね。


THAURORODにミケーレ・ルッピが加入
http://www.roadrunnerrecords.com/blabbermouth.net/news.aspx?mode=Article&newsitemID=151397

AMBERIAN DAWNから脱退したメンバーが中心となって結成され、この10月にデビュー・アルバムが日本発売されたばかりのフィンランドのフォーク/メロディック・パワー・メタル・バンドTHAURORODからVoが脱退し、後任にイタリア人シンガーであるミケーレ・ルッピ(元VISION DIVINE)が加入したそうです。

BURRN!のレビューでも「Voがやや野暮ったい」と評されており、私もこのVoがダメで購入を見送ったのですが、ミケーレが歌うなら次作は要チェックですね。

※THAURORODのMySpace
http://www.myspace.com/thaurorodtheband
スポンサーサイト

KAMELOTのツアーにファビオ・リオネが参加

先日、ロイ・カーン(Vo)の健康上の問題(噂によると「燃え尽き症候群」)が解決するまでツアーの延期を表明していたKAMELOTが、カーンの問題が解決しないため、RHAPSODY OF FIREのファビオ・リオネを代役に迎えて最新作、「POETRY FOR THE POISONED」のツアーを行なうことを表明しました。

まあ、さすがにいつ回復するかわからないとなるとアルバム販促になるタイミングを逸してしまいますし、無理矢理カーンをツアーに引っ張り出して症状を悪化させるわけにもいかないので、「ビジネス上の決断」というやつなのでしょう。

カーンの容態は心配ですが、ファビオ・リオネが歌うKAMELOT…ちょっと、いや、かなり観てみたいかも。
そのままぜひ日本までお願いします。

なお、このツアーにはファビオのほか、ゲスト・シンガーとして(KAMELOTのKeyであるオリヴァー・パロタイの恋人である)EPICAのシモーネ・シモンズ、SEVENTH WONDERのトミー・カレヴィックなど、多くのサプライズゲストが参加する予定とのこと。

しかし当初はカーンの代役はCIRCUS MAXIMUSのマイケル・エリクセンという話だったのに…。
やはり知名度と華が足りなかったか? それはそれで聴きたかった/観たかったのですが(笑)。

いや、今はCIRCUS MAXIMUSのアルバム制作が忙しいのだと信じよう(笑)。

◆ファビオを迎えたライヴ映像その1 [YouTube]


◆ファビオを迎えたライヴ映像その2 [YouTube]


◆ニュースソース
http://www.roadrunnerrecords.com/blabbermouth.net/news.aspx?mode=Article&newsitemID=151030

AVENGED SEVENFOLDがマイク・ポートノイとの活動に終止符

AVENGED SEVENFOLDが、オリジナル・ドラマーだったジミー“レヴ”サリヴァンの急死後、バンドをサポートしてきたマイク・ポートノイ(元DREAM THEATER)との活動を「当初の予定通り」2010年いっぱいで終了することを発表しました。

マイク・ポートノイはA7Xとの活動終了を悲しみ、残念がっている一方で、A7XのVoであるM・シャドウズは「バンドとマイクの関係は悪化していた」と語っており、今回の別離が少なくともマイクにとって不本意なものであろうことを感じさせています。

やはり年齢も実力も離れた人物とバンドをやることに無理やストレスがあったのか、あるいはジャイアニズムで有名な(?)マイク・ポートノイの性格にA7Xのメンバーが辟易したのか、はたまたDREAM THEATERのファンに「ドラマー泥棒」呼ばわりされることに嫌気が差したのでしょうか。

いずれにせよ、マイクがプレイしたアルバム「NIGHTMARE」は全米No.1に輝きましたし、LOUD PARK 10で目撃した「マイク・ポートノイを擁するA7X」のライヴはかなり良かっただけに、必ずしも音楽やビジネスの面における問題が原因ではないような気がします。

AVENGED SEVENFOLDは来月1月から「Nightemare After Christmas」と題したツアーを開始するそうですので、恐らく後任のプレイヤーは(正式メンバーかどうかはともかく)既に決定していると思われます。

全米No.1バンドのドラマーがおいそれとテキトーに選ばれるはずはありませんから、バンド側はだいぶ前から「マイク脱退(解雇?)後」の準備はしていたのでしょう。

こうなると今月号のBURRN!のインタビューでマイク・ポートノイが語っていた「A7Xのメンバーにいつも言っているんだけど、俺がA7Xとあと7年間一緒に活動し、息子のマックスが18歳になった時にバトンタッチして俺がDTに戻る。面白いシナリオだと思わないか?!(笑)」というセリフはいささか滑稽ですね…。

JUDAS PRIESTが「最後のツアー」をアナウンス

JUDAS PRIESTが12月7日付で発表したプレスリリースにおいて、来年2011年6月9日にスウェーデンで行われるロック・フェス「Sweden Rock Festival」への出演を皮切りに「EPITAPH(墓碑銘)」と題するフェアウェル・ツアーを行なうことを発表しました。

フェアウェル(別れ)という名の通り、これがバンドにとって最後のワールド・ツアーになるとのこと。

このニュースを見て、「うーん、SCORPIONSに続いてついにJUDAS PRIESTも解散か…」と思いました。

思いますよね。普通。「Farewell」って「お別れ」だし。

しかしちょっとググってみると、妙な話が。

※TOWER RECORDのTwitter
http://twitter.com/TOWER_Recommend/status/12178020076888065

上記ツイートによると、大規模なワールドツアーは最後だが、バンドが終わるわけではない、って…。

つまりアレですか。ツアーはしないけど、アルバムを作ったり、単発のライヴをやったりする可能性はある、ってことですか?

まあ、たしかに長いツアーって体力的にキツそうだし、近年のJUDAS PRIEST(特にロブ・ハルフォードとイアン・ヒル)は私が見たことがあるミュージシャンの中で一番ライヴがしんどそうでした(次点はラーズ・ウルリッヒ)。

しかしそれで「フェアウェル」って、何か微妙に釈然としないような…。

ただまあ、ひょっとしたら今後来日はなくなるかもしれませんね。

現状発表されているツアー・スケジュールは以下の通り。

6月9日(木) スウェーデン 「Sweden Rock Festival」
6月11日(土) フィンランド 「Sauna Festival」
6月17日(金) デンマーク 「Copenhell Festival」
6月19日(日) フランス 「Hellfest」
6月22日(水) イタリア 「Gods Of Metal Festival」
6月25日(土) ベルギー 「Graspop Festival」
7月23日(土) UK 「High Voltage Festival」
8月5日(金) ドイツ 「Wacken Open Air」

フェスばっかりですな。

この分だと日本に来るとしたらLOUD PARKですかね?
去年出演したばかりですが…。しかも今年HALFORDが出てるし。

なんかこう、解散を望むわけじゃないけど、どうせ終わるなら美しく終わってほしいですね。有終の美ってやつですか。
誇り高きメタル・ゴッドがKISSのような「解散するする詐欺バンド」になってしまうのだけはご勘弁(苦笑)。

◆ニュースソース
http://www.roadrunnerrecords.com/blabbermouth.net/news.aspx?mode=Article&newsitemID=150501

◆英語が苦手な方はこちらのTOWER RECORDのサイトをどうぞ
http://tower.jp/article/news/72755

HELLOWEEN/7SINNERSのチャート成績

バンド史上最もハードかもしれない作風で、ここ日本では賛否両論ぎみなHELLOWEENのニュー・アルバム「7 SINNERS」の各国のチャートアクションは以下の通り。

チェコ:9位
ギリシャ:10位
フィンランド:16位
日本:18位(洋楽チャート6位)
ドイツ:25位
スイス:38位
スウェーデン:40位
スペイン;51位
オーストリア:57位
フランス:65位

※11/20チャートデータ追記

正直これまでと大差ない成績で、これなら特に今後この路線にこだわることもなさそう。
個人的にはある意味ひと安心です(笑)。

◆ニュースソース
http://www.roadrunnerrecords.com/blabbermouth.net/news.aspx?mode=Article&newsitemID=149700