DRAGONFORCEが海外CMに出演

DRAGONFORCE(正確にはそのギタリスト2人)が、アメリカの金融サービス会社「Capital One」のスマートフォン・アプリのCMに出演しているそうです。

◆CM映像はこちら「Mobile Banking With DRAGONFORCE」 [YouTube]


片方のギタリストがソロを弾いている間にもう一方のギタリストは振込を済ますことができる、という企画コンセプトに加え、音楽自体でもスピード感が訴求できているという、いかにスピーディーにインターネットバンキングが行なえるアプリであるかがすぐに伝わる秀逸なCMだと思います。

そしてそれでいてDRAGONFORCEの世界観を大切にしている所も素晴らしい。

こんなチャラい(?)エントリーが1年を締めくくるラストのエントリーでいいのか、と、ちょっと考えましたが、辰年、Dragon Yearを締めくくるエントリーとしては案外悪くないんじゃないかと思うことにしました(笑)。

それでは皆様よいお年をお迎えください。

◆ニュースソース
http://www.blabbermouth.net/news.aspx?mode=Article&newsitemID=184190
スポンサーサイト

OZZFEST JAPAN 2013 第3弾アーティスト発表

メタル・ファンにとって2013年最大の関心事(?)、OZZFEST JAPAN 2013の第3弾アーティストが発表されました。

ただ、今回に関しては既に昨日の段階で第3弾のラインナップが記載されたポスターが貼り出されていたとのことで、その情報はTwitter等でネットに出回っていましたが。

今回追加になったのは国内のバンドで、以下の6組。

◆5月11日:マキシマム ザ ホルモン、MAN WITH A MISSION、Fear,and Loathing in Las Vegas

◆5月12日:DIR EN GREY、ANTHEM、coldrain

まあ、ANTHEMはともかくとして、この手のバンドも何気にこれまでLOUD PARKにもちょいちょい出ていましたし、それほど目くじら立てるようなものではないと思いますが、こうしてこの手のバンドばかりまとめて発表されると「あれ? なんかイベントの主旨がおかしくね?」みたいな違和感を覚える方もいるかと思います。

逆に言うと、これくらいまとめてこの手のバンドが追加されれば、自分には関係ないフェスだと思っていた人たちが興味を持つかもしれませんね。

まあ、元々「メタル・フェス」とは表現せず、「ロック、メタル、パンクを軸とした」イベントだと言われているので、まあこういう展開もなんとなく予感していました。

個人的には積極的に観たいというバンドではありませんが、別に嫌いなタイプのバンドというわけでもないので、この発表によってモチベーションが下がったりはしません。

ただ、もちろん特に上がることもなく(笑)。
というか、このブログを見ている人の大半にとってはだんだん「他人事」なフェスになっているような(苦笑)。

とりあえずまだ「and more!」となっているので、淡々と次の追加を待ちたいと思います。

◆OZZFEST JAPAN 2013公式サイト
http://ozzfestjapan.com/

クリストファー・アモットがARMAGEDDONを再始動

元ARCH ENEMYのギタリスト、クリストファー・アモットが、かつて日本を中心に作品をリリースしていた自身のソロ・プロジェクト、ARMAGEDDONの再始動を発表しました。

現在クリスはアメリカに移住し、ペンシルベニア州フィラデルフィア郊外のランズデールに住み、ARMAGEDDON用の楽曲を書いているそうです。

先日LOUD PARK 12で来日した際には、渋めのブルージーなロックをプレイしていて、今後はそういうアダルトな世界に行ってしまうのかな、と思っていましたが、どうやら新生ARMAGEDDONでは、速弾きが満載で複雑な構成を持つ、100%メタル然とした音楽をプレイするつもりのようです。

メンバーとして発表されているのも、GOD FORBIDやHIMSAなどの活動で知られるマシュー・ウィックルンド(G)と、元NEVERMOREのヴァン・ウィリアムス(Dr)というかなりコワモテなメンツなので、メタル路線であることはほぼ間違いないでしょう。

ヴォーカリストとベーシストはまだ明らかにできないとのことですが、自分で歌うことはないだろうとも言っており、これはことによるとデス系のスクリーマーが加入してモロにARCH ENEMYと競合するサウンドで勝負してくる可能性もあるかもしれません。

クリスによると、ここ10年ほどアルバム制作にエキサイトできなかった、とのことで、ARCH ENEMYのファンにとってはややショッキングな発言ですが、ARCH ENEMYはクリスにとって必ずしも居心地のいい場所ではなかったようです。

まあ確かに身内とバンドをやる、ってのも意外とやりにくいものかもしれませんし、ましてや兄嫁がバンドを仕切っている、という状態は仕事をする環境としては結構微妙かもしれませんね。

2013年の夏に発表される予定という新生ARMAGEDDONのサウンドにちょっと期待です。

なお、余談ですがクリスはBABYMETALが1月9日に発売するメジャー・デビュー・シングル「イジメ、ダメ、ゼッタイ」のカップリング曲「イジメ、ダメ、ゼッタイ-Nemesis ver.-」にゲスト参加しているそうです。

◆ニュースソース
http://www.blabbermouth.net/news.aspx?mode=Article&newsitemID=183919

OZZFEST JAPAN 2013 第2弾アーティストが発表に

OZZFEST JAPAN 2013の第2弾アーティストが発表になりました。

5月11日:SLASH, DEFTONES
5月12日:TOOL, STONE SOUR

んー、このサイト/ブログを見ているような人にとってはあまりソソられないメンツかなぁ…?
少なくとも書いている人はあんまりソソられてません(笑)。

SLASH、STONE SOURはアリだけど、TOOLやDEFTONESはキツい、ってのがBURRN!的なHR/HMで育った人たちの本音じゃないですかね。

てか、コリィ・テイラーは初日はSLIPKNOTで出演するから、2日連続出演ですね。
彼のファンにとってはなかなかたまらない二日間になりそうです。

STONE SOURとしてはLOUD PARKに出られなかったリベンジが割とすぐに決まった感じでしょうか。

POWER ROCK TODAYでの伊藤政則氏の発言によると各日10バンドは出る、ということだったのでまだ何とも言えませんが、なんとなくフェスの方向性は見えてきたような気も。

いずれにせよBLACK SABBATHは観ておきたいので少なくとも二日目は行きますが、初日行くかどうかは今後の追加バンド次第かなぁ、というのが個人的な感想です。

◆OZZFEST JAPAN 2013 オフィシャルサイト
http://www.ozzfestjapan.com/
やっとマトモなサイトになった感じ。

KAMELOT "SILVERTHORN" のチャート成績

ニュー・シンガー、トミー・カレヴィックを迎えた新生KAMELOTの最初のアルバムとなる「SILVERTHORN」のチャート・アクションは以下の通り。

ノルウェー:17位
スウェーデン:20位
フィンランド:28位
ドイツ:36位
オランダ:54位
スイス:55位
日本:65位
オーストリア:70位
アメリカ:79位
カナダ:86位
スペイン:89位
フランス:89位
イギリス:168位

新ヴォーカリストであるトミー・カレヴィックの生国であるスウェーデンの順位が若干好転しているほかは、いずれも前作以下の成績。

やはりロイ・カーンの脱退はダメージだった、ということもできますが、一方で実売枚数においてはそれほど大きな違いがあったとは思えない程度のランクダウンで、カリスマ・シンガーを失ってなお踏ん張った、と見ることもできます。

個人的にはトミーは健闘していると思いましたが、なまじカーンの歌唱を意識してしまったがために、カーン時代を超えるインパクトやカーン時代とは違う新鮮味は作れなかったかな、と。

SEVENTH WONDERでの歌唱を聴く限り、元々それほど強い個性の持ち主ではないと思われるのですが、シンガーの個性が薄いなら薄いなりのソングライティングの仕方もある、と個人的には思っているので、ぜひ彼らには下降線を辿るのではなく、第二の黄金時代を築いてもらいたいと思っています。

◆本作のリーダー・トラック「Sacrimony(Angel Of Afterlife)」のPV [YouTube]

なんとなくアクションまでカーンを真似ている感じ。そこまでしなくても…。
とりあえずカーンだったら「ネ~ビュラ~」の所でもっと無駄な色気が出ていたはず(笑)。

◆ニュースソース
http://www.blabbermouth.net/news.aspx?mode=Article&newsitemID=182117