TRIVIUM 「VENGEANCE FALLS」のチャート成績

先日のLOUD PARK 13でも、今年唯一の前方アリーナ入場規制となるなど、高い人気を見せつけて大いに盛り上がったTRIVIUMの新作「VENGEANCE FALLS」のチャート・アクションは以下の通り。

オーストラリア:8位
ドイツ:10位
オーストリア:10位
フィンランド:11位
アメリカ:15位
日本:18位
イギリス:23位
ニュージーランド:25位
スイス:27位
アイルランド:39位
フランス:78位

なぜかオーストラリアで強いのは相変わらず。
日本では総合チャートでは18位ながら、洋楽チャートでは2位と健闘しています。

アメリカでは前作の13位から15位へ、イギリスでは前作の16位から23位へ、ドイツでは前作の8位から10位へと、欧米主要国で軒並み前作以下の数字しか残せていないのが気になるところですが、まあいずれも誤差の範囲で、彼らの人気が安定期に入ったことを示すチャート・アクションと言っていいでしょう。

願わくば全米TOP10に入る所まで伸びてほしいのですが、そこまで行くにはちょっと曲がメタルとしてストイック過ぎるかなぁ…。

このままいい中堅バンドで終わってしまうのか、ここからもうひと皮むけるのか、日本のメタル・ファンであればこれからもキイチ君から目が離せませんね。

◆ニュースソース
http://www.blabbermouth.net/news/trivium-more-vengeance-falls-chart-positions-revealed/
ほか、Wikipediaやオリコンのサイトなど。

◆本作収録「Strife」のPV [YouTube]



スポンサーサイト

LOUD PARK 13のタイムテーブルが発表に

LOUD PARK 13のタイムテーブルが例年通り1週間前という結構ギリギリなタイミングに発表されました。

とはいえ、今年は2ステージで、その気になれば全部のバンドを観られる状況なので、特に戦略的な立ち回りを世休されることもありません。

出演順も、ポスターのバンド名配置でだいたい見当がついていた通りで、特に驚きもなく。

個人的な話をすると前日はかなり忙しくなりそうで(下手すると徹夜かも…)、正直初日の早起きにはだいぶ自信がないのですが、最悪THERIONから観られればいいかなと。

いや、その前に出るバンドもそれなりに興味はあるのですけどね…。

初日はファビオ・リオーネが歌うANGRAを個人的ハイライトに、THERION、LORDIといったあたりは視覚的な部分も含めて楽しめそうだし、新譜が良かったCARCASSにも期待しています。

つい先日最後の追加アクトとして発表されたLYNCH MOBに関しては、前回LOUD PARKに出演したときも退屈で寝てしまったので、申し訳ありませんがメシタイムにさせていただきます。

実際、LYNCH MOBをこの時間帯で出すと、かつてTESLAやFASTWAY、KROKUSなどが辿ったのと同様の「休憩タイム」にされてしまうのは目に見えているような…。

初日のHR/HMファンにとって実質的なトリはEUROPEで、「Final Countdown」を最後に帰途につく人が多いであろうことは容易に想像がつきます。

STONE TEMPLE PILOTSは、正直アルバムはあまりピンと来ないのですが、チェスター・ベニントン(LINKIN PARK)の歌声はかなり好きなので、一応観てみようと思っております。

2日目はMETAL CLONE XにBABYMETALと、ピュア・メタラーの感覚では「イロモノ枠」が2つもありますが、個人的にはどちらも楽しみにしています。少なくともBABYMETALのライヴが楽しいことは既に体験済みなので。

BABYMETALにMETAL CLONE Xで出演するマーティ・フリードマンがゲストで飛び入り参加しないかな? などと期待していたりもします。

20日はホント、ラインナップに隙がなくてメシタイムをいつにするか迷いますね。あのジャンクなフェス飯も、もはやLOUD PARKの楽しみのひとつなので(?)。

STRATOVARIUSは確実に楽しめる安全パイで、個人的な2日目のハイライトですが、ENFORCERとLAST IN LINEにも何気に結構期待しています。

トリが日本のレコード会社と契約のないKING DIAMONDというのはなかなか冒険ですが、きっと全国3,000人のマニアが参集して盛り上げてくれることでしょう。半ば恐いもの見たさですが、私も楽しみにしています。

専任シンガーを帯同しないイングヴェイは、別な意味での「恐いもの見たさ」になりそうですが…。

ぶっちゃけチケットは過去最高に売れていない雰囲気が漂っていて、これは下手をすると最後のLOUD PARKになってしまうのではないかと危惧しているのですが、私がここで言いたいのは「今回はラインナップがイマイチだな…」と思ってパスしようとしている人も、行けば絶対楽しいので、もし当日スケジュールや経済的に行くことができるのであれば、ぜひ会場に足を運んでもらいたい、ということです。

なんだかクリエイティブマンの回し者みたいですが、やっぱりあのメタル漬けな2日間というのはメタラーであれば年に一度身を投じるに値するイベントだと思います。

ぶっちゃけ、私は19日にも20日にも仕事が入っていたのですが、「これだけはライフワークで譲れません」と上司に掛け合ってこの場に馳せ参じる所存です(念のために言っておくと、私は夏休みを毎年1日も取れないほどの社畜ぶりなので、上司も大目に見てくれるのです)。

それでは皆さん、会場でお会いしましょう!

◆LOUD PARK 13 公式サイト
http://www.loudpark.com/13/

DREAM THEATERの新作「DREAM THEATER」のチャート成績

前作が成功を収め、渾身のセルフタイトル作となったDREAM THEATERの新作「DREAM THEATER」のチャート・アクションは以下の通り。

フィンランド:2位
オランダ:4位
ドイツ:4位
ノルウェー:4位
スウェーデン:5位
スイス:5位
イタリア:3位
アメリカ:7位
日本:10位
イギリス:15位
フランス:18位

日本では10位止まりながら、洋楽チャートでは1位に輝き、オフィシャルFacebookにも取り上げてもらったりしていました。

本国アメリカでは7位と、前作で記録した8位以上、前々作で記録した6位以下でしたが、もはや誤差のレベルなので「このくらいのチャート順位に来るアーティストとして定着した」と考えていいでしょう。

初週の売上枚数(34,000枚)も前作(36,000枚)を下回っていますが、これも前作同様、CDというメディアの衰退に伴うものと考えるべきでしょう。

私自身はまだじっくり聴き込めていないのですが、前作よりも一聴時の印象は良かったです。
とはいえ彼らの音楽の評価はそれなりの回数を聴き込まないと定められないことが多いのですが。


AVANGED SEVENFOLD 「HAIL TO THE KING」のチャート成績

AVENGED SEVENFOLDの新作「HAIL TO THE KING」の各国におけるチャート・アクションは以下の通り。

アメリカ:1位
イギリス:1位
カナダ:1位
アイルランド:1位
メキシコ:1位
ブラジル:1位
オーストラリア:2位
フィンランド:2位
ニュージーランド:3位
ドイツ:5位
オランダ:6位
イタリア:8位
日本:15位

英米両方で1位というのはかなりの快挙ですね。
南半球から欧州まで、汎世界的に好調なセールスを記録しています。

日本ではBURRN!でのレビューが冴えなかったせいか、前作、前々作(ともに12位)に比べてやや下降していますが…。

もともと新世代メタルの旗手として注目されていましたが、もはや新世代などという枠を超えて、HR/HMシーンのトップを走るバンドと言ってしまっていいでしょう。
同じく新世代メタルの代表格とされるBULLET FOR MY VALENTINEやTRIVIUMがこのポジションに来ることは恐らく難しいのではないかと思います。

「王に挨拶せよ」というタイトルの「王」とは、やはり彼ら自身のことなのでしょうか。
そう思わせるだけの存在になりつつありますね。

◆ニュースソース
http://www.blabbermouth.net/news/avenged-sevenfold-more-hail-to-the-king-first-week-chart-positions-revealed/



LOUD PARK 13のアーティスト出演日程が発表に

私がROCK IN JAPAN FES.2013で浮かれている(?)間に、伊藤政則先生のラジオ、「POWER ROCK TODAY」内でLOUD PARK 13出演アーティストの日割り配分が発表になっていましたね。

◆10月19日 (土)

STONE TEMPLE PILOTS with Chester Bennington
EUROPE
ANGRA
BEHEMOTH
LORDI
THERION
DEVIN TOWNSEND PROJECT
BRING ME THE HORIZON
CROSSFAITH
LOST SOCIETY


◆10月20日 (日)

KING DIAMOND
YNGWIE MALMSTEEN
STRATOVARIUS
LAST IN LINE
TRIVIUM
SPIRITUAL BEGGARS
AMORPHIS
MOKOMA
ENFORCER
BREAKING ARROWS

公式サイトの書き方を見る限り、やはりKING DIAMONDが2日目のトリなのか…。

近作はろくに国内盤すら出ていない日本の状況でそれは厳しい気もしますが、どうやらクリエイティブマン社員のアツい想いで実現したブッキングらしいのであえて何も言うまい。こんな商売数字がどうこうと言う以前に情熱がないとやってられないでしょうから。

上記は必ずしも出演順ではないとのことですが、まあほぼこんな感じの順番になるんだろうな、という並びですね。

うーん今年は飯タイムの確保が難しそうだ…。残り4バンドに飯タイムに充てられるような(私にとって)どうでもいいバンドがいい頃合で入っているといいのですが、というのはあまりに本末転倒ですかね(苦笑)。

◆LOUD PARK 13公式サイト
http://www.loudpark.com/13/