レミー(MOTORHEAD)が死去

2015年も暮れようかというタイミングでとんでもないニュースが飛び込んできましたね。

MOTORHEADのレミー・キルミスター(Vo, B)が12月28日、亡くなったそうです。26日に進行性の癌が発見されたばかりだったそうです。

今年何度か体調が悪くて公演をいくつかキャンセルした、という話は聞いていましたが、「まあ、歳だし、体調悪い日もそりゃあるよね」くらいに軽く受け止めており、レミーが死ぬわけない、くらいに考えていたのですが…。

レミーが死ぬくらいならむしろ先月入院が報じられたギタリストのフィル・キャンベルの方が先に逝くんじゃないかとさえ思っていました(不謹慎)。

実際レミー本人も今月「明日もう死ぬんですか的な質問にはうんざりだ」てなことを言っているんですよ。

そう、MOTORHEADが今年リリースしたアルバム「BAD MAGIC」は久しぶりに本国イギリスでTOP10入り、ドイツやフィンランドといったメタルが強い国では1位を獲っていますし、日本にもフジロック '15で来日してますし、現役バリバリですよ。今月だって北欧とドイツで6本ライブをやっていますし、1月のライブだって決まっていたんです。

今年レミーは「ツアー中に死ぬだろう」みたいなことを言っていましたが、その予言が現実のものになってしまいました。

まあ、引退して10年とか20年とか経って老人ホームみたいな所で安らかに亡くなって、「そういえばそんな人もいたねぇ。むしろまだ生きてたんだ?」などと言われるような死に様なんてそれこそ想像できなかったし、いつ死んでもおかしくないくらい酒を飲んでいたようなので、そういう意味で「納得いかない」感じはあまりないのですが。

しかし今年でバンド活動40周年で、しかもレミーは柄でもなく(?)クリスマス・イブの12月24日生まれなので70歳になったばかり。キリが良すぎるでしょ…。

先月11月11日にはオリジナル・ドラマーだったフィルシー“アニマル”テイラーことフィル・テイラーが61歳で亡くなったばかり。今年は紛うことなくMOTORHEADファンにとって最悪の厄年となってしまいました(まあ、もうすぐ2015年は終わりますが…)。

私にとってのMOTORHEAD(すなわちレミー)との出会いは、ティーンの頃にベーシストでもないのにたまたま読んだ『BASS MAGAZINE』誌上で、これまた今は亡き諸田コウ氏(DOOM)が影響を受けたアルバムとしてMOTORHEADの「極悪ライヴ(当時の「NO SLEEP 'TIL HAMMERSMITH」の邦題)が「速い、うるさい、恐ろしい」の三拍子揃った名演として紹介されていたことに遡ります。

同時期に伊藤政則氏のラジオか和田誠氏のラジオ(たぶん前者でしょう)でMOTORHEADの「Overkill」がオンエアされ、その「終わりそうで終わらないエンディング」に興奮したことを憶えています。

実際に初めてアルバムを買って聴いたのは以前このブログで紹介した「BASTARDS」でした。

その後、LOUD PARK10で彼らのライブを観る機会にも恵まれ、レミーのドキュメンタリー映画『極悪レミー』もちゃんと映画館で観るなど、どう考えてもメロディック・メタル派である私の嗜好にはマッチしない音楽であるにもかかわらず、レミーの、MOTORHEADの存在感にはなんとも惹かれるものを感じていました。

うろ覚えながら、かつて映画『ウェインズ・ワールド』で「神様とレミー、戦ったらどっちが強い?」というなぞなぞに、「答えは神様=レミーなんだから戦えない」みたいなくだりがあったと記憶していますが、本当に神様になってしまいました。

HR/HMは、また一人偉大なカリスマを失ってしまった。

◆今年の「ROCK AM RING FESTIVAL」での「Overkill」


◆最新作「BAD MAGIC」より「Thunder & Lightning」のオフィシャル・ファン・ビデオ




スポンサーサイト

GAMMA RAYにセカンド・ヴォーカリストが加入

GAMMA RAYにセカンド・シンガーとしてフランク・ベックなるヴォーカリストが加入したそうです。

かつてラルフ・シーパースという稀有な実力を持つヴォーカリストを切ってまで自分で歌うことにこだわったカイ・ハンセンがまさか再びヴォーカリストを加入させるとは個人的には意外で、晴天の霹靂、という感じでしたが、どうやら既にヨーロッパで行なわれたライブでは何度かゲストで歌っていたようです。

楽器を演奏しないという意味での専任シンガーが加入したからといって、カイ・ハンセンが歌うのをやめるというわけではなく、二人ヴォーカリスト体制でやっていくとのこと。

彼を加入させた要因のひとつとして、近年カイ・ハンセンが年齢的・体力的に、ライブを一人で歌い切ることがかなりの負担となっており、特に長期のツアーにおけるヘッドライナーとしてのフルセットのショウでは100%の力を出し切れなくなっているという事情があるようです。

そう言われるとなんだか寂しい話ですが、フランクが加入することによって、カイ・ハンセンがライブ中もっと動き回ることができるようになり、ギターももっと自由にプレイできるということで、その点については期待が持てそうです。

フランクの歌唱はYouTube上にいくつか上がっています。

※2014年4月23日ヘルシンキ(フィンランド)公演のオーディエンス・ショット


※本人が上げているGAMMA RAY「Demonseed」のカラオケ


※本人が上げているHELLOWEEN「How Many Tears」のカラオケ


ハッキリ言ってマイケル・キスクやラルフ・シーパースといったかつてカイと組んでいたヴォーカリストに比べると声域や歌唱力は平凡です。

まあ、カイ・ハンセンはあまりオペラティックなシンガーは好きじゃない、というようなことをかつてインタビューで語っていましたし、そもそも基本的にカイ・ハンセンの声域に合わせて作曲されているラルフ脱退後のGAMMA RAYの曲を歌うに当たってはマイケルやラルフのようなハイトーン・ヴォイスは宝の持ち腐れになってしまうことでしょう。

歌声(特にシャウト)はカイ・ハンセンにそっくりなので、そういう意味では現在のGAMMA RAYにフィットすることは間違いなく、個人的には嫌いじゃない声ですしとりあえずカイよりは安定(以下ry

ただ、ルックス的にあまり日本人にカッコいいと思われないタイプのような…。
どうせだったらDRAGONFORCEのように実力はそこそこでもルックスのいいフロントマンを入れればよかったのに、という気もします。

まあ、カイも引き続き歌うようなので、あくまで「フロントマン」はカイ・ハンセンなのでしょう。このバンドの場合。
そう考えるとこれくらい華のない感じの人(失礼)の方が「セカンド・ヴォーカリスト」としては適任なのかもしれません。

しかしアレですね、先日のLOUD PARKでのカイ・ハンセンのヴォーカルはボロボロだったとの評判ですが、いっそこの人連れてきてその場でお披露目したほうがよかったんじゃないですかね(笑)。

※ニュースソース
http://www.blabbermouth.net/news/gamma-ray-hires-frank-beck-as-its-new-lead-singer/

LOUD PARK15のタイムテーブル

LOUD PARK15もタイムテーブルが発表され、いよいよ本番間近ですね。

初日はBREAKING ARROWSがアメリカ人メンバーの脱退によって急遽DAITA BANDとしての出演になるそうでお気の毒様です。
しかもGALNERYUSの裏って、ファン層も被っていそうなので、結構酷な仕打ちのような気がします。

個人的にはANTHEMとALL THAT REMAINS、そしてHAMMERFALLとTESTAMENTの被りが痛いです。

てか、ROYAL HUNTとCHILDREN OF BODOMが微妙に被っていますが、この事態は以前私が危惧した通りの事態なんですけど(苦笑)。

とはいえこの日一番多くの人を悩ませるのはARCH ENEMYとGAMMA RAYの被りでしょうね。メロディック・デス・メタルとメロディック・パワー・メタル、どちらもメロディックを共通項にファン層は被っていそうです。私はどちらのライブも何度も観ており、どちらでより満足感が得られるか、自分の中で結論が出ているので迷いませんが…。

しかしこのタイムテーブルだと1日の大半をサブステであるKINGDOM STAGEで過ごすことになりそうです。
せっかく指定席を取っているのに…。

悔しいのでバチ当たりながらSLAYERは座って観る所存です。

2日目については、観たいバンドばかりだったので、ある程度観れないバンドが出てくることは覚悟していました。

幸い、私があまり積極的に聴かないエクストリーム系のバンドがサブステにまとめられたので、AT THE GATESとDARK TRANQUILLITYが観れそうもないのは残念ですが、それ以外の観たいバンドは頑張れば観れそうです。

ただ、いったいいつ食事をとれるのか、まったく見当がつきません(苦笑)。

◆LOUD PARK15タイムテーブル
http://www.loudpark.com/15/timetable/

LOUD PARK 15 第一弾アーティストの発表

LOUD PARK 15 の第一弾アーティストが発表されましたね。
先週発表されるという噂もあったので待ちくたびれました。

SLAYER
ANTHRAX
ARCH ENEMY
BACKYARD BABIES
CARCASS
CHILDREN OF BODOM
DARK TRANQUILLITY
DIZZY MIZZ LIZZY
GALNERYUS
GAMMA RAY
GOJIRA
浜田麻里
HAMMERFALL
HELLOWEEN
HOUSE OF LORDS
KAMELOT
NAPALM DEATH
OUTRAGE
ROYAL HUNT
SABATON

…やればできるじゃないですか。
同日に発表された「EVANESSENCEがOZZFEST JAPANに追加」というニュースがどうでもよくなりましたよ、個人的には。

もう「これで全部です」と言われても納得のラインナップですね。ヘッドライナーが一組しか発表されていないことを除けば。

まあ昨年の時点で10回目の開催となる今年のブッキングはアツいものになる、とクリエイティブマンの人が言っていましたが、熱いかどうかはともかく厚いラインナップです。

「アツいブッキング」というならまず初日のトリにIRON MAIDEN、二日目のトリにMETALLICAくらい揃えてくれよ、という気もしますが、それだとさいたまスーパーアリーナじゃ収まらないですね(笑)。

もう一方のトリにはSCORIPONSを期待したい所だったのですが、前日の10月9日までアメリカでツアーをしているようなので厳しいんですかね。『BURRN!』のインタビューでは「LOUD PARKに出る」と明言していたのですが…。

そして隙のないラインナップとある意味矛盾をきたしてくるのが3ステージ制。
個人的にはフェス感があって3ステージ制の方が好きなのですが、そうなると当然断食しても観られないアーティストが出てくるのが3ステージ制の宿命(しゅくめい、ではなく、さだめ、と読みます)。

クリエイティブマンがその気になれば、「HELLOWEENの裏でGAMMA RAY」とか「ARCH ENEMYの裏でCARCASS」みたいな鬼畜の所業だって出来てしまうわけです。まさに我々メタラーの運命は今まさにクリエイティブマンに握られていると言っても過言ではないでしょう(?)。

まあ、実際にはその辺は多少配慮されるとは思いますが、その「配慮」とはせいぜい「ヘヴィなバンドの裏でメロディアスなヤツを演らしておけばいいんだろ」という程度のものだと思われます。

しかし私のようにメロディアスであればメロデスも、パワー・メタルも、メロハーも好き、みたいなオーディエンスって結構いると思うんですよね。そういう人にとっては「CHILDREN OF BODOMの裏でROYAL HUNT」みたいな事態も結構痛かったりするわけで。

とはいえ私は長年観ているので、ここに出ているバンドも半分以上は観たことがあり、観たことがないバンドを優先的に観ていく、という基準のもとに当日行動すればそれほど迷わないだろうとも思っていますが。

一番恐れているのは3ステージ制が「ジャパメタ隔離」に使われることですね。特に浜田麻里とGALNERYUSにはメイン・ステージに立ってもらいたいです。

個人的に現状のラインナップで一番観たいのはSABATONですね。欧州では大人気、日本ではさっぱり、のこのバンドを観られる機会はLOUD PARKしかないでしょう。レビューを書いた際に祈願した甲斐がありました(?)。

一発目でこれだけ分厚い内容なので、これからさらに大物がドカドカ追加されてくるということはさすがにないと思いますが、もう一方のヘッドライナーに期待しつつ、「おっ」と唸らされるようなバンドをブッキングしてくれることを希望します。

なお、SYMPHONY Xは当日OVERKILLとのアメリカ・ツアー日程が組まれている模様。

◆LOUD PARK 15 公式サイト
http://www.loudpark.com/15/

MEGADETHにキコ・ルーレイロが正式加入

本日MEGADETHにキコ・ルーレイロ(ANGRA)が加入したというニュースをWeb上で目にしたときは、時差によるエイプリルフールネタかと思いましたが、さすがに時差ありすぎですね(笑)。

キコ・ルーレイロがMEGADETH…。実力的にはもちろん勤まるのでしょうが、やはりANGRAにおけるメロディックなアプローチの印象が強い人だけに、今ひとつ実感がわかないというのが正直な所。

キコは正式加入とはいってもANGRAでの活動は続けるそうで、先日、ドラマーにはLAMB OF GODのクリス・アドラーが参加することが発表されましたが、こちらは単なるゲスト参加となると、ムステインとエレフソンの両デイヴがいるとはいえ、もはやバンドと言っていいのかどうか。

しかし、これまで長年メタル・シーンを見てきましたが、欧州や南米のメロディック・パワー・メタル畑のミュージシャンが、アメリカのメジャー系メタル・バンドに加入するという事例にはほとんど憶えがなく、ある種それはメジャー・リーグとマイナー・リーグの越えられない壁のようなものと思っていましたが、遂にその辺もボーダーレスになる時代になったということでしょうか。

2人の出会いは約8年前、LOUD PARK 06で両者が来日した際の『BURRN!』の表紙用フォトセッションだったそうですが、さすがにその時点で加入の可能性が生まれたとは考えにくく、その後どういう経緯を経て加入に至ったか、久々に『BURRN!』のインタビューが楽しみです(笑)。

デイヴ・ムステインとキコ・ルーレイロのコラボレーションがどのようなサウンドに結実するか、ということ自体は興味深い一方で、これによってANGRAの活動がスローダウンするであろうこともまた確実と思われ、その点についてはいささか複雑な気持ちになってしまうのがANGRAファンとしての偽らざる心境だったり(苦笑)。

◆ニュースソース
http://www.barks.jp/news/?id=1000114289

http://amass.jp/54510/

http://www.blabbermouth.net/news/its-official-kiko-loureiro-is-the-new-megadeth-guitarist/