レミー(MOTORHEAD)が死去

2015年も暮れようかというタイミングでとんでもないニュースが飛び込んできましたね。

MOTORHEADのレミー・キルミスター(Vo, B)が12月28日、亡くなったそうです。26日に進行性の癌が発見されたばかりだったそうです。

今年何度か体調が悪くて公演をいくつかキャンセルした、という話は聞いていましたが、「まあ、歳だし、体調悪い日もそりゃあるよね」くらいに軽く受け止めており、レミーが死ぬわけない、くらいに考えていたのですが…。

レミーが死ぬくらいならむしろ先月入院が報じられたギタリストのフィル・キャンベルの方が先に逝くんじゃないかとさえ思っていました(不謹慎)。

実際レミー本人も今月「明日もう死ぬんですか的な質問にはうんざりだ」てなことを言っているんですよ。

そう、MOTORHEADが今年リリースしたアルバム「BAD MAGIC」は久しぶりに本国イギリスでTOP10入り、ドイツやフィンランドといったメタルが強い国では1位を獲っていますし、日本にもフジロック '15で来日してますし、現役バリバリですよ。今月だって北欧とドイツで6本ライブをやっていますし、1月のライブだって決まっていたんです。

今年レミーは「ツアー中に死ぬだろう」みたいなことを言っていましたが、その予言が現実のものになってしまいました。

まあ、引退して10年とか20年とか経って老人ホームみたいな所で安らかに亡くなって、「そういえばそんな人もいたねぇ。むしろまだ生きてたんだ?」などと言われるような死に様なんてそれこそ想像できなかったし、いつ死んでもおかしくないくらい酒を飲んでいたようなので、そういう意味で「納得いかない」感じはあまりないのですが。

しかし今年でバンド活動40周年で、しかもレミーは柄でもなく(?)クリスマス・イブの12月24日生まれなので70歳になったばかり。キリが良すぎるでしょ…。

先月11月11日にはオリジナル・ドラマーだったフィルシー“アニマル”テイラーことフィル・テイラーが61歳で亡くなったばかり。今年は紛うことなくMOTORHEADファンにとって最悪の厄年となってしまいました(まあ、もうすぐ2015年は終わりますが…)。

私にとってのMOTORHEAD(すなわちレミー)との出会いは、ティーンの頃にベーシストでもないのにたまたま読んだ『BASS MAGAZINE』誌上で、これまた今は亡き諸田コウ氏(DOOM)が影響を受けたアルバムとしてMOTORHEADの「極悪ライヴ(当時の「NO SLEEP 'TIL HAMMERSMITH」の邦題)が「速い、うるさい、恐ろしい」の三拍子揃った名演として紹介されていたことに遡ります。

同時期に伊藤政則氏のラジオか和田誠氏のラジオ(たぶん前者でしょう)でMOTORHEADの「Overkill」がオンエアされ、その「終わりそうで終わらないエンディング」に興奮したことを憶えています。

実際に初めてアルバムを買って聴いたのは以前このブログで紹介した「BASTARDS」でした。

その後、LOUD PARK10で彼らのライブを観る機会にも恵まれ、レミーのドキュメンタリー映画『極悪レミー』もちゃんと映画館で観るなど、どう考えてもメロディック・メタル派である私の嗜好にはマッチしない音楽であるにもかかわらず、レミーの、MOTORHEADの存在感にはなんとも惹かれるものを感じていました。

うろ覚えながら、かつて映画『ウェインズ・ワールド』で「神様とレミー、戦ったらどっちが強い?」というなぞなぞに、「答えは神様=レミーなんだから戦えない」みたいなくだりがあったと記憶していますが、本当に神様になってしまいました。

HR/HMは、また一人偉大なカリスマを失ってしまった。

◆今年の「ROCK AM RING FESTIVAL」での「Overkill」


◆最新作「BAD MAGIC」より「Thunder & Lightning」のオフィシャル・ファン・ビデオ




スポンサーサイト

GAMMA RAYにセカンド・ヴォーカリストが加入

GAMMA RAYにセカンド・シンガーとしてフランク・ベックなるヴォーカリストが加入したそうです。

かつてラルフ・シーパースという稀有な実力を持つヴォーカリストを切ってまで自分で歌うことにこだわったカイ・ハンセンがまさか再びヴォーカリストを加入させるとは個人的には意外で、晴天の霹靂、という感じでしたが、どうやら既にヨーロッパで行なわれたライブでは何度かゲストで歌っていたようです。

楽器を演奏しないという意味での専任シンガーが加入したからといって、カイ・ハンセンが歌うのをやめるというわけではなく、二人ヴォーカリスト体制でやっていくとのこと。

彼を加入させた要因のひとつとして、近年カイ・ハンセンが年齢的・体力的に、ライブを一人で歌い切ることがかなりの負担となっており、特に長期のツアーにおけるヘッドライナーとしてのフルセットのショウでは100%の力を出し切れなくなっているという事情があるようです。

そう言われるとなんだか寂しい話ですが、フランクが加入することによって、カイ・ハンセンがライブ中もっと動き回ることができるようになり、ギターももっと自由にプレイできるということで、その点については期待が持てそうです。

フランクの歌唱はYouTube上にいくつか上がっています。

※2014年4月23日ヘルシンキ(フィンランド)公演のオーディエンス・ショット


※本人が上げているGAMMA RAY「Demonseed」のカラオケ


※本人が上げているHELLOWEEN「How Many Tears」のカラオケ


ハッキリ言ってマイケル・キスクやラルフ・シーパースといったかつてカイと組んでいたヴォーカリストに比べると声域や歌唱力は平凡です。

まあ、カイ・ハンセンはあまりオペラティックなシンガーは好きじゃない、というようなことをかつてインタビューで語っていましたし、そもそも基本的にカイ・ハンセンの声域に合わせて作曲されているラルフ脱退後のGAMMA RAYの曲を歌うに当たってはマイケルやラルフのようなハイトーン・ヴォイスは宝の持ち腐れになってしまうことでしょう。

歌声(特にシャウト)はカイ・ハンセンにそっくりなので、そういう意味では現在のGAMMA RAYにフィットすることは間違いなく、個人的には嫌いじゃない声ですしとりあえずカイよりは安定(以下ry

ただ、ルックス的にあまり日本人にカッコいいと思われないタイプのような…。
どうせだったらDRAGONFORCEのように実力はそこそこでもルックスのいいフロントマンを入れればよかったのに、という気もします。

まあ、カイも引き続き歌うようなので、あくまで「フロントマン」はカイ・ハンセンなのでしょう。このバンドの場合。
そう考えるとこれくらい華のない感じの人(失礼)の方が「セカンド・ヴォーカリスト」としては適任なのかもしれません。

しかしアレですね、先日のLOUD PARKでのカイ・ハンセンのヴォーカルはボロボロだったとの評判ですが、いっそこの人連れてきてその場でお披露目したほうがよかったんじゃないですかね(笑)。

※ニュースソース
http://www.blabbermouth.net/news/gamma-ray-hires-frank-beck-as-its-new-lead-singer/

MEGADETHにキコ・ルーレイロが正式加入

本日MEGADETHにキコ・ルーレイロ(ANGRA)が加入したというニュースをWeb上で目にしたときは、時差によるエイプリルフールネタかと思いましたが、さすがに時差ありすぎですね(笑)。

キコ・ルーレイロがMEGADETH…。実力的にはもちろん勤まるのでしょうが、やはりANGRAにおけるメロディックなアプローチの印象が強い人だけに、今ひとつ実感がわかないというのが正直な所。

キコは正式加入とはいってもANGRAでの活動は続けるそうで、先日、ドラマーにはLAMB OF GODのクリス・アドラーが参加することが発表されましたが、こちらは単なるゲスト参加となると、ムステインとエレフソンの両デイヴがいるとはいえ、もはやバンドと言っていいのかどうか。

しかし、これまで長年メタル・シーンを見てきましたが、欧州や南米のメロディック・パワー・メタル畑のミュージシャンが、アメリカのメジャー系メタル・バンドに加入するという事例にはほとんど憶えがなく、ある種それはメジャー・リーグとマイナー・リーグの越えられない壁のようなものと思っていましたが、遂にその辺もボーダーレスになる時代になったということでしょうか。

2人の出会いは約8年前、LOUD PARK 06で両者が来日した際の『BURRN!』の表紙用フォトセッションだったそうですが、さすがにその時点で加入の可能性が生まれたとは考えにくく、その後どういう経緯を経て加入に至ったか、久々に『BURRN!』のインタビューが楽しみです(笑)。

デイヴ・ムステインとキコ・ルーレイロのコラボレーションがどのようなサウンドに結実するか、ということ自体は興味深い一方で、これによってANGRAの活動がスローダウンするであろうこともまた確実と思われ、その点についてはいささか複雑な気持ちになってしまうのがANGRAファンとしての偽らざる心境だったり(苦笑)。

◆ニュースソース
http://www.barks.jp/news/?id=1000114289

http://amass.jp/54510/

http://www.blabbermouth.net/news/its-official-kiko-loureiro-is-the-new-megadeth-guitarist/

RAGEが現行ラインナップの活動を終了

RAGEが現行ラインナップでの活動終了を発表しましたね。

音楽的、個人的な変化が原因によるピーター”ピーヴィ”ワグナー(Vo, B)とヴィクター・スモールスキ(G)が「慎重に熟考した結果」としての決断だそうですが、なぜかドラマーのアンドレ・ヒルジャースまでRAGEを離れることになったそうで、これは実質的に「解散」ですね。

とはいえ、RAGEはこれまでにも二度ほど、実質解散に近いラインナップの総入れ替えを経ているバンドなので、ピーター”ピーヴィ”ワグナーがいればRAGEを名乗ることは問題ないのだろうと思いますが…。

じゃあ、ヴィクターと一緒によりクラシカルでシンフォニックな取り組みをするために結成したLINGUA MORTIS ORCHESTRAはどうなっちゃうの、とか。

こうなると昨年末に「フェスティバルに出演するため」という名目で結成された、マンニ・シュミット(G)にクリス・エフティミアデス(Dr)という過去のメンバーとのプロジェクト"REFUGE"がRAGEになってしまうの? とか。

ファンとしては色々と気になってしまうわけですが、とりあえず現行の強力なラインナップによるライブを昨年のLOUD PARKで観ることができてよかったなー、と思ってます。

ピーター”ピーヴィ”ワグナー、つまりRAGEの今後についてももちろん気になりますが、個人的にはメタル界でも屈指の才人であるヴィクター・スモールスキがどのような活動を始めるのか、が一番気になってます。

◆ニュースソース
http://www.blabbermouth.net/news/rages-most-recent-lineup-calls-it-quits/