「RHAPSODY」によるフェアウェル・ツアー?

rhapsody20thanniversarybanner_480.jpg

先日のRHAPSODY OF FIREからファビオ・リオーネ(Vo)とアレックス・ホルツヴァース(Dr)が立て続けに脱退するという衝撃のニュースはファンの記憶に新しい所だと思います。

そしてつい先日新ヴォーカリストとしてジャコモ・ヴォリなる人物の加入が発表され、(少なくとも日本では)無名の新人ながら、サンプルを聴く限りまずまずの歌唱力の持ち主だったので、胸を撫で下ろしたばかりでした。

そんな折に飛び込んできたのがこのニュース。

「RHAPSODYが"20th Anniversary Farewell Tour" を行なう」

20周年さよならツアー?

え、新ヴォーカリスト入れたばっかりなのにやめちゃうの?

と思ってよく読んでみたら、ファビオ・リオーネ(Vo)、ルカ・トゥリッリ(G)、ドミニク・ルアキン(G)、パトリス・ガース(B)、アレックス・ホルツヴァース(Dr)というメンバーで、『SYMPHONY OF ENCHANTED LANDS』リリース20周年ツアーを行なうのだという。

来年は2017年、20周年といえば1997年リリースの『LEGENDARY TALES』じゃないの、と一瞬思いつつ、リリース年から数えて20年目なのは1998年の『SYMPHONY OF ENCHANTED LANDS』だからこれでいいのだ。とはいえなぜデビュー20周年のタイミングである今年でなく来年なのだと思いつつ、そこはまあ大人の事情というか、20周年であることではなく、ファビオとルカが揃うことができるタイミングありきで決まったツアーだからなのでしょう。

そしてこれが「OF FIRE」ではないRHAPSODY名義でメンバーが集うのを観ることができる最後の機会なのだという。

公式Facebookの煽り文句によると「これはステージで一緒に演奏するバンドを見る唯一の最後のチャンスとなるだろう」とのことですが、RHAPSODY名義だった頃にはドミニク・ルアキンはいませんでしたよね?

いやまあ恐らく単に巻き込まれただけのドミニクには別に罪はないですが、そもそも明らかにオリジナルRHAPSODYの要の一つだったアレックス・スタロポリ(Key)がハブられてますよね?

これはどう考えてもファビオ・リオーネ(Vo)とアレックス・ホルツヴァース(Dr)がRHAPSODY OF FIREを脱退したことと無関係ではないと思われます。

このツアーを主催するという「TOP LINK MUSIC」なるブラジルのプロモーター/マネジメントにそそのかされた感が否めないですね。てかこの会社、ファビオが現在所属するANGRAのマネジメントですね。うーん、ろくでもないことを企画する会社の臭いが…。

ルカ・トゥリッリによると「Beyond the Gates of Infinity」や「Wings of Destiny」や「The Dark Tower of Abyss」といった、これまで演奏されたことがない曲がプレイされるとのことなのでそれはつまり『SYMPHONY OF ENCHANTED LANDS』を完全再現するということなのでしょう。

ルカ曰く「これは私の音楽活動の重要な一章の終わりを意味している。将来、私の新しいLuca Turilli's RHAPSODYや他の重要なプロジェクトに専念する」とのことですが、まあRHAPSODY OF FIREを脱退した時点で元々そういう話だと思っていたし、いつかは「アレックス・スタロポリとの和解(?)によるリユニオン」というカードも残っているよなー、なんて擦れた考えも浮かんでしまったり。

まあ、「ファビオとルカが一緒にプレイするのを観たい」とか「ファビオの歌う『Emerald Sword』を聴きたい」というニーズは確実に存在すると思うので、このツアーである程度の集客は見込めるのでしょう。

このツアーが日本にも来るのかどうかは定かではありませんが、どうもちょっと先日のHELLOWEENの次回ツアーの話のような「いい話」に聞こえないというのが正直な所です。

まあ、LOUD PARKに出るというならもちろん観ますけどね。
あらためてファビオもルカもアレックス・スタロポリも揃っていた彼らの初来日公演を観ることができた自分は勝ち組だったという確信を強めました(笑)。

しかしこの告知ビジュアルのドラゴンのデザインはひどくないですか。
実際にツアーが始まる頃には『シン・ゴジラ』みたいに進化するのでしょうか。

◆ニュースソース
http://www.blabbermouth.net/news/rhapsody-announces-20th-anniversary-farewell-tour/
スポンサーサイト

HELLOWEENの最新ツアーにマイケル・キスクとカイ・ハンセンが参加

pumpkins_united2017.jpg

それは、あまりに突然のニュースでした。

前触れは、正式な発表のわずか5時間ほど前に出された以下の思わせぶりなバナーのみ。

helloween_teaser.jpg

いやまあ、知ってる人は知っていたのでしょうが、私にとってはまさしく寝耳に水でした。

「HELLOWEENのツアーにカイ・ハンセンとマイケル・キスクが参加する」

!?!?!?!?

ええ、HELLISH ROCKツアーで、HELLOWEENとカイ・ハンセンの共演は観ましたよ。

そしてUNISONICのライブで、マイケル・キスクとカイ・ハンセンの共演によるHELLOWEENクラシックも聴きました。

でも、HELLOWEENの名の下にマイケル・キスク、カイ・ハンセン、マイケル・ヴァイカート、マーカス・グロスコフが一堂に会することはもはやないだろうと諦めていました。アンディをフィーチュアしたHELLOWEENの状態が良好に見えただけに。

いやもちろん、あらゆるリユニオンが実現しているこんなご時世ですから、いつかはこんなこともあるんじゃないかとは思っていました。しかしそれはもうHELLOWEENが衰えきって、過去の遺産にすがらざるを得なくなる遠い未来(20年後くらい?)のことだと思っていました。

それが、まだメンバーが充実した壮年期にあるこのタイミングで実現するとは…。
感無量です。

これはあくまで「スペシャルなツアー」という位置づけで、「再結成」ではない、ということですが、アンディの歌うHELLOWEENも好きで、リアルタイムという意味ではむしろアンディ派であると言ってもいい私としては、アンディをクビにしての強引な再結成というのは望むところではないので、これはこれでいい。

私が洋楽メタルにのめり込むきっかけとなった、名作『KEEPER OF THE SEVEN KEYS PT.I』の冒頭を飾る「I'm Alive」。
この曲をHELLOWEENの名の下に、マイケルの歌声とカイのギターで聴くことができたら、もはやメタラーとして思い残すことはありません。成仏できます。

現状、具体的な公演日程は2017年10月28日のブラジルはサンパウロ公演が発表されているのみですが、来年にかけて南米、ヨーロッパ、アジア、北米の選ばれた都市を回るということで、そこに日本が含まれることはほぼ間違いないことでしょう。

むしろひょっとすると、全世界に先駆けて日本のLOUD PARKで初演、なんてこともあり得るかもしれません(?)。

私にとって、人生の節目となる時が迫りつつあります。

◆特設サイト
http://pumpkins-united.helloween.org/jp/pumpkins-united.html

◆ビクター・エンタテインメントの告知
http://www.jvcmusic.co.jp/-/Information/A016944.html?article=news30#news30

◆本ツアーのプロモーション映像

RHAPSODY OF FIREからファビオ・リオーネ(Vo)が脱退

イタリアを、いや、シーンを代表するシンフォニック・メタル・バンド、RHAPSODY OF FIREからヴォーカリストであるファビオ・リオーネが脱退を表明しました。

詳しい脱退理由については説明されておらず、ファビオ・リオーネは自身のFacebook上でRHAPSODY OF FIREでの活動に誇りを感じていること、そしてメンバーたちへの感謝を表明しています。

…というと「きれいな別れ」のようですが、バンドは本来最新作『INTO THE LEGEND』に伴う欧州ツアーをこれから行なう予定になっており、そのスケジュールはいったん白紙になるということで、なぜこのタイミングで?という気もします。

つい先日「ETERNAL IDOL」なる新プロジェクトの発表がありましたが、割と地味な、言っては失礼ですがいかにもサイド・プロジェクトっぽい雰囲気のものなので、これをやることがRHAPSODY OF FIREという彼がかれこれ20年近くに渡って「メインのお仕事」にしてきたバンドを辞める理由にはならなそうです。

そうなると、彼が他に現在所属する(?)バンドがVISION DIVINEとANGRAであり、活動の規模(すなわち収入の額)から考えるとANGRAをメインにしていく、ということが考えられます。

ANGRAの最新作『SECRET GARDEN』ではゲスト・シンガー的な扱いでしたが、いよいよ正社員に登用されたのでしょうか?

もちろんどちらのバンドも大好きですが、個人的にはANGRAよりはRHAPSODY OF FIREの音楽性のほうがファビオのスタイルには合っていたと思うだけに、ANGRAへの正式加入が脱退理由だとしたら諸手を上げて喜ぶことはできません。てかむしろANGRAのことがちょっと嫌いになってしまいそうです(苦笑)。

個人的な感覚では、ANGRAでやっていくくらいならまだルカ・トゥリッリのRHAPSODYに合流してくれるほうがまだ納得感と期待感がありますよ。

いやマジでRHAPSODYというバンドが描いてきた勇壮なシンフォニック・メタルにファビオ・リオーネの歌声は完璧にマッチしていたと思うんですよ。「Emerald Sword」が神曲たりえたのは彼が歌っていたからこそだと思います。

張りと艶があり、力強さと色気を兼ね備えたその声はまさに「勇者の声」であり、凡百のメタル・シンガーのようにシャウトに逃げず、朗々とドラマを歌い上げることができる卓越した人材でした。もし私が誰かのように歌えるのであればファビオのように歌いたいと思っていましたし、男性Voによるシンフォニック・メタルを志す人であれば皆「ファビオ・リオーネのように歌えるヴォーカリストを迎えたい」と思うのではないでしょうか。

いやまあ、本人は何しろRHAPSODYで最初にリハーサルをした際に「こんな歌は完全なるクソだ!」とマイクを床に叩きつけたという逸話もあるし、ユーロビート歌手のバイトをしていた過去もあるくらいなので、そこまでこのスタイルにこだわりはないのかもしれませんが…。

しかしどうなっちゃうんでしょうねえ、RHAPSODY OF FIRE。かつてルカ・トゥリッリ(G)が脱退し、ルカ、アレックス・スタロポリ(Key)、ファビオ・リオーネ(Vo)の「三頭政治」が崩れたときでさえショックでしたが、この上ファビオまで欠くことになってはちょっと将来を悲観せざるをえません。

まあ、ロイ・カーンという個性・実力を兼ね備えたシンガーを失ったKAMELOTでさえ何とかなったのですから、ひょっとしたら逸材が見つかるのかもしれませんが…。

◆ニュースソース
http://www.blabbermouth.net/news/singer-fabio-lione-exits-rhapsody-of-fire/


正直、ファビオ以外の歌手がラプソの名の下にエメソを歌うイメージが持てません。そしてANGRAがエメソをプレイするはずもないので、もうファビオが歌うエメソが聴けないと思うと、世界から大切なものが失われてしまったような気分にさえなります(大袈裟?)。

LOUD PARK 16 第1弾ラインナップの発表

LOUD PARK 16の第一弾ラインナップが発表されましたね。

・SCORPIONS
・AMORPHIS
・ARMORED SAINT
・BLIND GUARDIAN
・CAIN'S OFFERING
・CANDLEMASS
・CHILDREN OF BODOM
・DANGER DANGER
・DARK FUNERAL
・THE DEAD DAISIES
・ENSLAVED
・KILLSWITCH ENGAGE
・KUNI
・LORDS OF BLACK
・METAL CHURCH
・QUEENSRŸCHE
・SHINEDOWN
・SIXX:A.M.
・SONS OF TEXAS
・SYMPHONY X
・ULI JON ROTH
・ZARDONIC

まずは、トリのSCORPIONSが嬉しい。一度は引退宣言もあって諦めかけていましたが、こうして観ることができるということにまずは乾杯。

私の「一度は観てみたいHR/HM大御所バンドリスト」が着々とコンプリートに向かっております。これも一重にLOUD PARKのおかげです(いや、BLACK SABBATHはOZZFESTで観ましたが)。

しかもULI JON ROTH仙人も出るとなると、これは共演しないはずがない!? 夢が広がりんぐですね。

あとはARMOURED SAINTにCANDLEMASSあたりが渋くも熱いですね。これはなかなかレアだと思いますよ。

そして毎年一組くらいは呼ばれていたブラック・メタル勢がDARK FUNERALにENSLAVEDとは、これはまたどちらもかなりの上級悪魔を召喚しましたね。これはブラック・メタル・ファンにとってもたまらないイベントになりそうです。

CAIN’S OFFERINGはまさかの高速再来日。ティモ・コティペルトとイェンス・ヨハンソンは今年だけで3回目の来日ということになりますね。先日のライブもとてもよかったし、もっと多くの人に観てもらいたいライブではありました。

先日このブログ上でレビューしたLORDS OF BLACKも来るんですね。新生RAINBOWのヴォーカリストであるロニー・ロメロがいて、同じく新生RAINBOWのキーボーディストであるイェンス・ヨハンソンも日本にいる…これまた夢が広がりんぐですね!(笑)

CHILDREN OF BODOMは去年も来ませんでしたっけ? てか、今年はまだ「アモット枠」が埋まっていませんが、今後はアモットからアレキシに切り替えですか?

などと言って普通に第2弾で先月新譜をリリースしたSPIRITUAL BEGGERSが発表されそうですが、昨年のDRAGONFORCEのように、単独公演が終わったタイミングでしれっとBLACK EARTHが追加になったりした日にはBLACK EARTH単独公演に行く予定の身としては暴れるしかありません。

SHINEDOWNはアメリカのモダンなバンドの中では結構好きな方だし、話題のメタルEDMアーティスト、ZARDONICも個人的には楽しみです。

しかし一番驚いたのは、恐らく歴代ワースト・アクトの有力候補であろうKUNIさんの再登場。これはクリエイティブマンに何か大きな力が働いたとしか思えませんね。まあ、この充実したメンツにおいては貴重なメシタイムになるかもしれません…と言いつつ、きっと皆同じことを考えてこの時間帯に屋台が大混雑しそうな気がします(苦笑)。

そして、まあ、このサイト/ブログの悲願であることのSYMPHONY Xの名前が刻まれているわけなのですが…。なにぶん前回「レコーディングのため」という、「それ、その日にやらないとダメなん?」と訊きたくなってしまうような理由でキャンセルになった苦い思い出があるだけに、どうも手放しで喜ぶことができません(苦笑)。

前回ものすごくコメント欄で祝福していただいただけに虚しさもひとしお。実際に当日そのステージを観るまでは油断しないでおきたいと思います。

全体的にはかなり観たいバンドの多い充実したラインナップだと思うのですが、昨年に比べるとちょっと通受けで、若者へのアピールは弱めな顔ぶれかもしれません。まあその辺は今後の追加に期待していきましょう。

あ、昨日ひそかに書きましたが、今年私が観たいのはMYRATH、DYNAZTY、H.E.A.T、THOUSAND EYESです。よろしくお願いします(誰に言っているんだ)。

◆LOUD PARK 16公式サイト
http://www.loudpark.com/16/

続きを読む

AC/DCのツアーにアクセル・ローズが参加

以前から噂になっていましたが、AC/DCの最新作「ROCK OR BUST」ツアーのゲスト・シンガーをGUNS 'N ROSESのアクセル・ローズが務めることが正式に発表されました。

先月、AC/DCのシンガーであるブライアン・ジョンソンは医師から「ただちにツアーをやめないと完全な聴力損失の危険性がある」と診断され、ツアーの延期が発表されていました。

バンドのオフィシャル・サイトでは「ゲスト・ヴォーカリストを迎えて続行することになるだろう」という、という話が出ており、そのゲスト・ヴォーカリストの候補として噂にのぼっていたのがアクセル・ローズでした。

アクセルはここ最近、スラッシュ(G)とダフ・マッケイガン(B)を復帰させたGUNS 'N ROSESとして北米ツアーを発表し、ラスベガスでライブを行なうなど話題を振りまいていましたが、AC/DCのツアーに参加するということになると、その復活(と言っていいのか?)GUNS 'N ROSESのアルバム制作やワールド・ツアーといった本格的な活動再開はしばらくお預けでしょうか。

まあ、AC/DCという世界屈指のモンスター・バンドとしては中途半端なゲスト・シンガーを迎えるわけにはいかないし、アクセル・ローズというのは現実的に可能な中でベストなチョイスと言えるかもしれません。

何しろ私は世代的にAC/DCより先にGUNS 'N ROSESを聴いていたのですが、AC/DCを聴いて、「アクセルの個性的な歌い方はこの人の真似をしているんだな」と思いましたし(事実かどうかはわかりません)、実際私が学生時代CDショップでバイトしていた際に、当時リリースされたAC/DCの「STIFF UPPER LIP」を店頭でオンエアしていたら「これ、もしかしてガンズの新作ですか?」とカウンターに訊きに来たお客さんがいたくらいなので、たぶん、サウンド的にも違和感は少ないと思います。

先日アクセルは足を骨折し、先日のライブでは同じく骨折実績のあるFOO FIGHTERSのデイヴ・グロールから特注の車椅子を借りてショウをこなしていました。しかし、さすがに自分が主人公と言い切れないAC/DCのツアーにそんなトリッキーなもので登場するわけにもいかないと思うのですが、ツアー再開のタイミングはどうするのでしょうか。

ブライアン・ジョンソンが「お払い箱になった気分だ」と落ち込んでいる、というのはちょっとお気の毒ですが…。

というわけで非常に話題性の高いツアーになるわけですが、個人的には認知症で脱退したマルコム・ヤング、そして犯罪容疑で解雇されたフィル・ラッドがいるラインナップでの前回の来日公演を観ておいてよかった、と思っております。

あ、例えタイミングが合ったとしてもLOUD PARKなんかに呼ばないでくださいね! これ目当ての人だけでチケットが完売してしまうので。
STONE TEMPLE PILOTSにチェスター・ベニントンが参加したときとはワケが違うんですよ!(笑)

※ニュースソース
http://www.barks.jp/news/?id=1000126283

◆AC/DC「Rock Or Bust」のMV


◆再結成(?)GUNS 'N ROSESのライブ映像


続きを読む