FC2ブログ

MANILLA ROADのリーダー、マーク “ザ・シャーク” シェルトンが死去

アメリカのヘヴィ・メタル・バンド、MANILLA ROADの創設者であるギタリスト、マーク “ザ・シャーク” シェルトンが7月27日午前、『Headbangers Open Air』(我らが日本のLOUDNESSも出演していました)出演のために滞在していたドイツで死去したことが、バンドのヴォーカリストであるブライアン・パトリックのFacebookページで告知されました。

MANILLA ROADは日本では(恐らく日本に限りませんが)有名とは言い難いので、こういうほぼメタルのことしか書いていないブログの読者の方でさえ「誰?」という方が大半なのではないかと思います。

しかし、彼らはその筋ではカルト的な支持を誇るバンドで、どの筋かというと「エピック・メタル」と呼ばれる音楽の界隈で、MANILLA ROADはこのジャンル(?)におけるパイオニア的な存在としてマニアには高く評価されています。

…ということは、私も一時期「エピック・メタル」について掘り下げていた時期に初めて知ったことですが。

エピック・メタルというのは、訳すと「壮大な・叙事詩的メタル」ということで、日本で比較的よく知られたバンドでいうとMANOWAR、BLIND GUARDIANやRHAPSODY OF FIRE、KAMELOTあたりの音楽はこのジャンルに属するものとみなされています。この辺のバンドはこのブログの読者の方にはファンだという方も多いのではないでしょうか。

MANILLA ROADは1977年(私が生まれた年!)にカンザス州ウィチタでマーク “ザ・シャーク” シェルトンとそのハイスクールの友人を中心に結成され、1980年にデビュー・アルバム『INVASION』をリリース。

デビュー・アルバムの時点のサウンドはまだヘヴィ・メタルとは言い切れない(しかし、ヘヴィ・メタルでないとも言い切れない)、サイケデリック・ロック的な要素のあるハード・ロック・サウンドを鳴らしていたが、この時点でアルバムのアートワークにエピック・ファンタジーの象徴ともいえる「剣」が描かれており、13分超えの「The Empire」を筆頭に、長めの楽曲をプレイするという、後のエピック・メタルに通じる要素が確実に存在していた。

1982年にリリースされたセカンド・アルバムのタイトルが『METAL』であることから、当時イギリスからアメリカに伝わり、浸透しつつあったNWOBHMの影響を受け、己が取り組むべき音楽がヘヴィ・メタルであることを自覚していたと思われる。

サード・アルバム(1983)『CRYSTAL LOGIC』はエピック・メタルにおけるクラシックとして評価されている名盤で、近年のライブでもセットリストのハイライトとなっていたのは本作からの楽曲だった。

その後、80年代のHR/HMブームのさなかにあっても全く売れない、フォー・マニアック・オンリーな作品群をリリースし続けたものの、メタル暗黒期である1990年代に入り解散。その後、伝統的なメタルが復興した欧州で巻き起こっていた再評価の声に応えるかのように2001年に再結成、80年代当時と大きく変わらぬ作品群をリリースし、細々と活動を続けていた。

2015年のインタビューでマーク “ザ・シャーク” シェルトンは「私は死ぬまでこれをやるよ」と語っていたそうですが、その言葉通り、ライブのステージを行なったその翌日に亡くなりました。死因の詳細は発表されてはいませんが、心臓発作を起こしていたようです。

こんな文章を書いておきながら、私がこのバンドの音楽のファンだったかというと、とてもそうは言えないというのが正直な所で、先述のエピック・メタルを掘り下げていた時期にお勉強感覚で彼らのアルバムに耳を通しましたが、実際の所それはかなりの忍耐を伴う経験でした。

もちろんその音楽のムードは私の嫌いなものではありませんでしたし、楽曲単位ではいくつか楽しめるものもありましたが、彼らのシケシケなC級メタル・サウンドは、基本的には(上手い演奏、良好なサウンド・プロダクション、わかりやすいメロディを好むという意味で)メジャー志向である私にはかなり厳しいものがありました。

エピック・メタルの元祖的存在とはいえ、彼らがいなかったらBLIND GUARDIANやRHAPSODY OF FIREが存在しなかったか? と問われると多分そんなことはなかったと思われ、後続に影響を残さなかった先駆者に歴史的な意義があるかというと微妙な所ではあります。

しかし(恐らくは単なるマーク “ザ・シャーク” シェルトンの個人的趣味であった、ヒッピー・カルチャーの一環としての幻想文学ジャンルのひとつである)「剣と魔法」のファンタジーと、ヘヴィ・メタルの相性の良さを発見し、それをほぼ商業的成功には目もくれず生涯に渡って追求したという事実は、一人のアーティストの生き様としては尊敬に値すると思ったので、このブログで取り上げてみました。

そう、ドラマティックなヘヴィ・メタルにはファンタジーな歌詞が合うのです。たとえ幼稚と言われようとも。

だって劇的な盛り上がりの中、力強いハイトーンで歌い上げられる歌詞が「君と出会った夏のあの日、僕は運命の恋に落ちたのさ」とか「コーヒーを飲んだら、また歩き出そう。前を向いて、躓いてもいいから」みたいな歌詞(今私がアドリブで創作したもので、実在のアーティストの歌詞に似たものがあったとしてもそれは単なる偶然です)だと、例え英語でも脱力してしまいそうですからね(笑)。

話が逸れましたが、孤高のエピック・メタル・レジェンド、マーク “ザ・シャーク” シェルトンに黙祷を。

MANILLA ROADのオフィシャル・サイト

MANILLA ROADのYouTube公式チャンネル

※昨年のライブ映像(フル・コンサート)



manillaroad_mark_rip.jpg
スポンサーサイト

Edu Falaschi & THE DARK ELEMENT来日公演が決定

最初は日本のメタル・バンドマンによる片手間のプロモーターごっこかと思いきや、今や欧州系メタル・ファンにとって一番信頼できるプロモーターになってしまったEvoken de ValhallのTwitterアカウントで、エドゥ・ファラスキ(Vo : ALMAH、元ANGRA)によるANGRAの『REBIRTH』と『TEMPLE OF SHADOWS』の楽曲再現ツアー"REBIRTH OF SHADOWS"の来日公演が告知されました。

公演日程は以下の通り。

◆10月6日(土) 新宿BLAZE(東京)

◆10月7日(日) ESAKA MUSE(大阪)

来日メンバーはALMAHのラファエル・ダフラス(B)とディオゴ・マフラ(G)、HANGERのファビオ・ラグーナ(Key)、そして元ANGRAのアキレス・プリースター(Dr)に、ブラジルではギター講師やプロデューサーとしてそこそこ知られた存在らしいロベルト・バロス(G)なる人物。

エドゥ・ファラスキが歌い、アキレス・プリースターが叩くANGRAの名曲を聴きたいというニーズは存在するでしょう。需要ある所に供給するというのはビジネスとして至極真っ当です。

とはいえ、バンドというのは単なるビジネス組織ではないというか、むしろビジネスの臭いを感じさせない方がカッコいいという風潮さえあるわけで、そういう価値観に照らすとこのプロジェクトは相当にビジネス臭い(苦笑)。

ただまあ、今のALMAHの人気じゃ単独での来日は厳しいだろうし、かつてCDがバカスカ売れていた頃のようにレコーディング音源で大儲けすることが難しいこのご時世だと、こういう「企画ツアー」で稼がないと生計を立てられないというのもまた事実なのでしょう。

ひと昔前であればレコーディング・プロジェクトとか、トリビュート・アルバムみたいなもので小遣い稼ぎができたのが、今だとこうして実際にツアーでライブしないと稼げないのだとしたら、体はひとつしかないわけですから、ミュージシャンにとっては効率的に稼ぐことが難しい、厳しい時代になったと言わざるを得ません。

このツアーについて聞いた時に感じたちょっとモヤっとした気持ちには既視感がある、と思ったら、昨年来日したRHAPSODYのリユニオン・フェアウェル・ツアーですね(苦笑)。

まあ、QUEENSRYCHEとジェフ・テイトのように楽曲の演奏権を巡っての訴訟沙汰などになっていないだけマシなのでしょうけど。

しかし一緒に来日するのが元NIGHTWISHのアネット・オルゾンと元SONATA ARCTICAのヤニ・リマタイネン(G)によるTHE DARK ELEMENTというのがまた何とも(苦笑)。

2000年代のメロディック・パワー・メタル・ブームを牽引したバンドのメンバーたちが揃う、当時あの手のサウンドに心酔していた私のような人間には、モヤっとした感情がありつつも行きたくなってしまう絶妙な企画だと思います(笑)。

私は幸いにもターヤのいるNIGHTWISHが前座でプレイしたANGRAの『TEMPLE OF SHADOWS』来日ツアーという、今となっては奇跡のような公演を観ることができた人間なのですが、当時リアルタイムで体験できなかった人たちが追体験(疑似体験?)するには絶好の機会なのかもしれません。

◆プロモーターが公開している昨年12月のコンサートフル映像

やはりエドゥの歌声には不安が残る…。

rebirthofshadows.jpg

ヴィニー・ポールが死去

PANTERA、DAMAGEPLAN、HELLYEAHのドラマーとして知られるヴィニー・ポールが6月22日に亡くなったそうです。54歳でした。

何の前触れもなかっただけに、最初「死んだ」という情報だけ目にした時には事故か、あるいは弟だったダイムバッグ・ダレル同様、殺人事件でも起きたのかと思ってしまいましたが、「就寝中に亡くなった」という情報だけで死因は明らかにされていないので、少なくとも事件性のある死に方ではなかったのでしょう。

まあ、80年代からロックン・ロール・ライフを送ってきた人だし、体型を見てもヘルシーな生活を送っていたとは思えないので、何の理由もないってことはないのでしょうが…。

いずれにせよ、還暦どころか70歳を迎えても現役でやっている人がいる中で、早すぎる死であったことは間違いありません。

私自身が彼の熱心なファンだったとは言い難いですが、LOUD PARK 10に出演したHELLYEAHを観た時にはやはり凄いドラマーだと思いましたし、世代だけにPANTERAはけっこう聴いていたので、HR/HMシーンを代表するドラマーの一人であるという認識は持っていました。

しかしエディとアレックスのヴァン・ヘイレン兄弟と並ぶ、最高のミュージシャン兄弟がもう二人ともこの世にいないとは。何だか今一つリアリティが持てません。

どうでもいいですが、ヴァン・ヘイレン兄弟といい、このダレルとヴィニーのアボット兄弟といい、STRYPERのマイケル&ロバートのスウィート兄弟といい、兄がドラムで弟がギター、というケースが多いあたりに兄弟という関係のメンタリティの在り方が窺われますね。

イェンスとアンダースのヨハンソン兄弟も弟がメロディ楽器、兄がリズム楽器という点で通じますし(GYZEの篠本兄弟は逆ですが)。

ヴィニーの死については、凶弾に倒れた弟に早く会いに行きたかったんだろう、と考えるのが一番美しい受け止め方なんでしょうね。ご冥福をお祈り申し上げます。

◆『Rolling Stone』の追悼記事
パンテラの結成メンバー、故ヴィニー・ポールがヘヴィメタル史に残した功績

◆ミュージシャンの追悼コメントまとめ(amass)
http://amass.jp/106895/

私が初めてヴィニーのプレイに触れたPANTERAの"Mouth For War"のMV


米Loudwire「ヴィニー・ポールの忘れられない瞬間 10選」

LOUD PARK 2018 開催見送り

まあ、だいぶ前から薄々そうなんじゃないかと思っていましたし、GW明けに何の発表もなかった時点でもはや確信していましたが、今年、LOUD PARKは開催されないそうです。

「お客様に満足いただける内容を提供することが困難と判断」した結果だそうですが、それはアーティストのスケジュール面の問題だったのか、予算的な問題だったのか、会場的な問題だったのか、詳細な理由は関係者のみぞ知る、という感じです。

個人的には、目玉となるヘッドライナーが見つからなったとか、Evoken de Valhall ProductionやAliveといった新興の呼び屋にアーティストを取られて、駒が揃わなかったとか、その辺の事情ではないかと推測しています。

年に一度のメタラーの祭典がなくなる。これはですね、「興味がなかったバンドの魅力に気付く機会がなくなる」「自分の周りにはあまりいないメタル好きがたくさんいることを実感する機会がなくなる」という、単に1イベントが行なわれない、という以上に、メタル・マーケットにとって痛い出来事です。

好きなバンドでも、単独公演のために上京するのはちょっと…という地方の方でも、LOUD PARKのようにたくさんのバンドを一度に観られるなら行こうかな、という気になる人もいたことでしょう。

実際にライブを体験することでよりメタルが好きになる、ライブを観たことで(自分にとって)新しいバンド、新しい音楽に興味を持つ人もいたと思われるだけに、つくづく残念です。

個人的には、近年のLOUD PARKはちょっと『BURRN! FESTIVAL』みたいな感じになっていたので、もっと新旧洋邦取り交ぜたラインナップにしてもよかったんじゃないかと思ってます。

そういうバラエティに富んだメンツにするとWeb上でガタガタ言う保守的というか心の狭い人たちがいますが、そういう人はそもそも行かないか、「不満だったけど行ったら楽しめた」となる人なので無視すればいいのです。

実際の所、興味ないバンドが適度にある方が休憩/メシタイムが取りやすいですしね(笑)。

元々『METAL PARK』ではなく『LOUD PARK』という名前である所以は、そういう狭い意味での「メタル」にとらわれず、幅広いうるさい音のバンドが集えるような場というニュアンスだったんじゃないかと思うんですよね。響きとしてはだいぶカッコ悪いと個人的には思っていますが。

まあ、いちメタル・ファンとしては、とにかく来年以降の復活とコンスタントな開催を願うしかありません。

とりあえず、今年来日する(した)メタル・バンドを並べて、自分だけの「妄想LOUD PARK 2018」を考えて終わりたいと思います。

ヘッドライナーについては、今年の来日予定はありませんが、新作を発表したJUDAS PRIESTと、「最後のツアー」を発表したSLAYERを想定しておきます。

【1日目】

JUDAS PRIEST
MASTODON
ANGRA
MACHINE HEAD
SONS OF APOLLO
SEPULTURA
TREAT
THE CROWN
THE DEAD DAISIES
THE AGONIST
BEAST IN BLACK
LOVEBITES

◆EXTREME STAGE

DIMMU BORGIR
SATRYCON
MARDUK
DARK FUNERAL
TAAKE
NAGLFAR


【2日目】

SLAYER
ARCH ENEMY
KAMELOT
AMORPHIS
THE POODLES
AT THE GATES
RAGE
DEATH ANGEL
STRYPER
H.E.A.T
ELUVEITIE
THOUSAND EYES

◆KINGDOM STAGE

RIOT
NOCTURNAL RITES
DESTINIA
DRAGONLAND
CIVIL WAR
ORDEN ORGAN

完全に『BURRN! FESTIVAL』になってしまいました(笑)。

自分で考えておいて「これは観たいアーティスト被り」が生まれる悲しいラインナップだなあ…と思います(笑)。
しかし、そういう経験を経て人は「決断力」という人生にとって大切なものを身に着けていくのです(?)。


※クリエイティブマン LOUD PARK事務局からのお知らせページ

◆LOUD PARKを偲ぶ映像

続きを読む

CONCEPTIONがロイ・カーン(Vo : 元KAMELOT)を含むラインナップで再結成

元KAMELOTのロイ・カーンが在籍していたことで知られるノルウェーのプログレッシヴ・メタル・バンド、CONCEPTIONが再結成し、この秋にシングルEPを発表すべく、PLEDGE MUSICでクラウドファンディングを募っています。

PLEDGE MUSICのCONCEPTIONキャンペーンページ

先日、ロイ・カーンがYouTube上でソロ楽曲を発表していましたが、まさかCONCEPTION再結成が実現するとは…。

上記クラウドファンディングページの映像で「みんなで戻って来れて嬉しいよ。僕らの強固な絆が創造性の基盤につながっている。進化した、でもCONCEPTION印がちゃんと保たれた新しい音楽を提示することが待ちきれない」と、ロイ・カーンがトゥーレ・オストビー(ARK)と共に語っていますが、いたってヘルシーな感じで、KAMELOT脱退の原因となったと言われる燃え尽き症候群からは完全に回復したことを感じさせます。

教会で働いていたと聞いていたので、てっきり「出家」状態というか、下手すると洗脳されてた頃のX JAPANのToshiみたいになっているんじゃないかとさえ思っていましたが、こうして元気そうな姿を見られるのは久しぶりに懐かしい友人に会えたみたいで嬉しいですね。

個人的にはトゥーレ・オストビー(G)の才能もこのままシーンから消えてしまうには惜しいと思っていたので、彼の復帰も嬉しいですね。

最後に彼の名前を見たのは元DA VINCHIのビヨーン・ボルグ(Vo, B)率いるSTREET LEGALの2nd『BITE THE BULLET』(2009)にメンバーとしてクレジットされていたのが最後でしょうか。ほぼ10年ぶりのシーン復帰ですね。

CONCEPTIONは、1998年の解散後の欧州におけるプログレッシヴ・メタル人気を思うと、明らかに「10年早かった」バンドで、21世紀にデビューしていたらもっと成功していたのではないかと思います。

ただそうなった場合はあのKAMELOTの名作群は生まれなかったわけで、そう考えると痛し痒しなわけですが(苦笑)。

新EPは今年の秋のリリースを目指しているそうです。

※ニュースソース
http://www.blabbermouth.net/news/former-kamelot-singer-roy-khan-is-back-with-reunited-conception-new-ep-due-this-fall/

◆来日公演時の映像




これは1996年にGAMMA RAYの前座として来日した時の日比谷公会堂公演ですね。このVHS起こしと思われる劣悪な映像でも演奏の上手さは伝わってきます。ロイ・カーンの服装はどちらも別ベクトルで若気の至り感が否めませんが(笑)。

◆「Roll The Fire」のMV

さすがYouTube、すごいもんが上がってますね。画質はこれも劣悪ですが。