FC2ブログ

VANDENBERG "2020" が5月22日(金)国内盤発売

vandenberg04.jpg

「ネザーランドの神話」、エイドリアン・ヴァンデンバーグ(G)率いるVANDENBERGの、"ALIBI"(1985)以来となる復活アルバム"2020"が5月22日(金)にワードレコーズから国内盤リリースされます。

復活作といっても、80年代当時のメンバーはエイドリアン本人のみなので、実質的にはMANIC EDENとかMOONKINGSなどと同じエイドリアン・ヴァンデンバーグのソロ・プロジェクトであり、今回たまたま本人の気分なのか、外からの入れ知恵なのか、VANDENBERG名義にしてみました、ということでしかなさそうです。

実際、『BURRN!』誌のレビューをはじめ、前評判を聞く限り、80年代のVANDENBERGがやっていたような欧州ならではの叙情メロディを持つオーセンティックなHR/HMをプレイしているわけではないようで、今一つテンションが上がりません(苦笑)。

しかし何故にヴォーカルがロニー・ロメロなのか。

いや、ロニー・ロメロは普通に上手いし、ダメではないのですが、再結成RAINBOWに、元々所属していたLORDS OF BLACKくらいはいいとして、マグナス・カールソンのTHE FERRYMENに、若井望のDESTINIA、レオ・レオーニ(GOTTHARD)のCORELEONI、そしてちょっとしたゲスト参加みたいなものまで加えたらここ数年で一番名前を目にするシンガーと言っても過言ではなく、正直その歌声というか、もはやその名前の文字面に食傷感が(苦笑)。

本人なのかマネージャーなのか、その売込み力は超一流ですね。

しかもこうして列挙してみると、ギタリスト中心のバンドにばかり起用されているような。なんかギタリスト的に使いたくなる歌声なんですかね?

せめてバート・ヒーリンクが復帰しました!ということであれば多少音楽性が変わっていても、「VANDENBERG復活」というフレーズに説得力が出たのですが、まあ完全に引退しているのでしょうね。

まあ、過度な期待をせずに聴いてみることにしようと思います…。




一番売れた曲(全米TOP40)なので、リメイクするならこれ、なのでしょうが、個人的には"This Is War"や"Waiting For The Night"をリメイクしてくれた方が個人的な期待値は上がりましたね。エイドリアンにとってその辺の曲は「若気の至り」だったのではないかという気もしますが…。

PRETTY MAIDS "MAID IN JAPAN" が5月22日(金)日本盤発売

prettymaids_live04.jpg

デンマークの古豪、PRETTY MAIDSが2018年11月にここ日本のクラブチッタで行なった、名盤2nd "FUTURE WORLD"30周年記念完全再現ライブを収録したライブ・アルバム"MAID IN JAPAN"が5月22日(金)にワードレコーズから国内盤リリースされます。

CD単体の他、DVDやBlu-rayとのセットになった仕様、そしてDVD、Blu-ray単体など、様々な形式で発売されます。

本作は『BURRN!』誌のレビューでは70点と、同誌においてはかなり厳しい評価で、本文を読む限り、その点数の理由は「CD単体より映像の方がいいから」ということのようです。

8年前にリリースされたライブ・アルバム"IT COMES ALIVE"でも実は、似たような理由で60点付けられてるんですよね、彼ら。

他のライブ・アルバムを出しているバンドがそこまで辛辣な評価を受けている印象はないので、何だか釈然としないものを感じます。

まして彼らの場合、「視覚的には良いけど、サウンドだけだとイマイチ」というタイプのアーティストではなく(むしろ逆…というのは、それはそれで失礼ですね/笑)、単純にいい曲がいい演奏で収められているライブ・アルバムとしてもう少しフェアに評価してもいんじゃないかという気がするんですよね。

しかもレビュー記事中でアルバム・タイトルも"MADE IN JAPAN"と誤植されてるし(苦笑)。

何より日本公演が収められているということで、それだけでも日本のメタル雑誌としてはプッシュしてもいい気がするんですけどね。

昨年、ヴォーカルのロニー・アトキンスが肺がんと診断され、手術を受けたという心配なニュースがありましたが、今年になって「がんの兆候は消えた」というめでたいニュースもありましたし、とりあえずこのライブに立ち会っていた方は快気祝いとして全員購入がマストなのではないでしょうか(笑)。







AXEL RUDI PELL "SIGN OF THE TIMES" 紹介

axelrudipell19.jpg

ドイツのベテラン・ギタリスト、アクセル・ルディ・ペルの最新アルバム、"SIGN OF THE TIMES"が5月8日にCDリリースされました(デジタル・リリースは4月24日)。

日本ではもうかれこれ15年以上国内盤がリリースされておらず、熱心なマニアを除くとほとんど話題にも上らなくなってしまっていますが、本作はドイツのナショナル・チャートで5位を記録しており、もはや日本の購買層の支持など必要としない存在となっています。

日本盤が出なくなってからのアルバムも、YouTubeやサブスクでいくつか聴いた限りどれも悪くないというか、むしろ日本盤が出ていた時よりもクオリティが安定していて楽しめる感じですが、まあ本質的には昔から何も変わらない人ですね。「リッチー・ブラックモアのメタル的解釈」一筋で30年以上やっているという感じです。

あまりにもリッチーからの影響があからさまなので、その点のオリジナリティの無さを批判する向きもかつてはあったように思いますが、それで30年続いて、それなりのクオリティの曲をリリースし続けられているということは、それはもはやひとつの「道」であり、その「リッチー道」の求道者として、ある種レジェンド化している観があります。継続は力なり。

なぜこれまで特にこのブログでは扱ってこなかった(本サイトでは日本盤が出ていた頃の作品をレビューしていますが)AXEL RUDI PELLを今回取り上げたかというと、YouTubeの「あなたへのおすすめ」で本作収録の"Gunfire"のリリック・ビデオが出てきて、「あ、新作出たんだ?」と気軽な気持ちでクリックしてみたところ、開始30秒ほどで笑かされてしまったためです(笑)。

なぜ笑ってしまったのか理解できない人は、前エントリーで紹介したRAINBOWの"Kill The KIng"のオフィシャル・オーディオ動画を聴いてみてください(ライブ・バージョンを聴いてもらった方がわかりやすいと思いますが)。

まあ、これ一筋で30年やってるなら、これはもう愛の発露、生き様としか言えませんね(笑)。

ぶっちゃけ再結成RAINBOWはYouTubeに上がっているライブ映像を観る限りもはや枯れ切ってしまっている感じなので(苦笑)、今でもハードなリッチーの幻影を求めるならむしろAXEL RUDI PELLを聴いた方が楽しめるんじゃないかって気がします。マジで。



ONE DESIRE "MIDNIGHT EMPIRE"が5月20日(水)日本盤発売

onedesire02.jpg

2017年にデビュー・アルバムをリリースした、80年代型北欧メロディアス・ハード・プロジェクト、ONE DESIREのセカンド・アルバム"MIDNIGHT EMPIRE"が5月20日(水)にマーキー・インコーポレイティドから日本盤リリースされます。

前作収録のリーダー・トラック"Hurt"は10年に1曲クラスの北欧メロハー名曲で、アルバムも全編に渡って過剰なまでに甘く切ない北欧メロディアス・ハードが満載の名盤でしたが、本作も先行公開されているMV曲を聴く限り、外されることはなさそうです。





FM "SYNCHRONIZED"が5月20日(水)日本盤発売

fm12.jpg

ポール・ロジャース(元FREE, BAD COMPANY)タイプの名シンガー、スティーヴ・オーヴァーランド率いる英国産メロディアス・ハードの良心FMの、再結成後7作目、通算12作目となるスタジオ・アルバム"SYNCHRONIZED"が5月20日(水)にマーキー・インコーポレイティドから日本盤リリースされます。

もはやハード・ロックと呼ぶのも憚られるほどに落ち着いたサウンドゆえか、あまり日本のメロハー・ファンの間でも大きく取り沙汰されることのないバンドですが、常に良質な音楽を作り続けている、当たり外れの少ないバンドだと思います。

80年代は当時トレンドだったハード・ポップ路線でデビューし、90年代に入るとブルージーな色を強めたわけですが、現在はその2つの方向性を程よくブレンドし、キャリア相応の円熟を加えたAORとして、もはや職人の境地に達しています。

派手さには欠けますが、抑制の効いた「オトナのメロディアス・ハード」と呼べる音楽ですね。

今回MVが3本も作られており、ちょっと力が入っている気がします。