FC2ブログ

MYRATH "LIVE IN CARTHAGE"が6月26日(金)国内盤発売

myrath_live01.jpg

チュニジアのプログレッシヴ・メタル・バンド、MYRATHのライブ作品、"LIVE IN CARTHAGE"が6月26日(金)にワードレコーズから日本盤リリースされました。

カルタゴ、なんて紀元前にチュニジアで繁栄し、ローマ帝国に滅ぼされた都市の名前をタイトルに使うあたりに歴史ロマンを感じられます。

チュニジアの人口は1000万人くらいと、日本の1/10くらいのはずですが、結構大きな会場でやってますね。ステージセットもなかなか豪華だし、日本だったら横浜アリーナとかさいたまスーパーアリーナでやっているくらいの感覚かもしれません。

オーディエンスもいかにもメタル・マニアばかりという感じでもなく、若い人や女性も多く見受けられて、彼らの現地での人気が広範なものであることが窺い知れます。

音楽がいいのはもちろん、演奏やパフォーマンスも素晴らしいし、ザヘル(Vo)の人懐こい笑顔も素敵なので、我々日本人と違って彼らのアラビアンなメロディにより親しみを覚えるであろう現地で人気が高いのは納得がいきますね。

来日公演の際もベリーダンサーがいたものの、1人だけだったのはステージが狭いからかと思っていましたが、ステージが広くても1人なんですね。

複数人いた方がよりゴージャスなステージになりそうですが、さすがに演奏しているメンバーが動く際に邪魔になるということなのでしょうか(笑)。







スポンサーサイト



HOUSE OF LORDS "NEW WORLD - NEW EYES"が6月24日(水)国内盤発売

houseoflords12.jpg

HOUSE OF LORDSの通算12作目となるオリジナル・アルバム、"NEW WORLD - NEW EYES"の日本盤が6月24日(水)にキングレコードから日本盤リリースされます。

バンドの創設者、グレッグ・ジェフリアが去って以降、基本的にはジェイムズ・クリスチャン(Vo)のバンドという色彩が強いこのバンドは、アメリカのバンドにもかかわらず、バンド名といい、アルバムのアートワークといい、どこか欧州風の雰囲気を漂わせていて、欧州派(なんだそりゃ)である私にとって毎回「ちょっと聴きたい気持ちにさせられる」バンドです。

しかし実際に聴いてみると、毎回良質なメロディアス・ハード作ではあるものの、やはり良くも悪くもアメリカのバンドらしいフィーリングが支配的で(欧州風味が全くないわけではないのだが)、「うーん、80点台前半だなあ…」という、ツボの2センチ脇を押されているような気分になるバンドでした。

いや、好きか嫌いかで言えば間違いなく好きなタイプのバンドなんですけどね。ジミ・ベルなるギタリストのギター・ソロもかなり耳を引き付けられるし。

そんな彼らの新作、やはり今回もちょっと気になるわけですが、この発売直前のタイミングで公開されたMV曲、"The Both Of Us"が、蒸し暑くなるこれからの時期にピッタリな爽やかメロハー曲で好印象。なんだかんだで今回もチェックしちゃうんだろうな。



FIREWIND "FIREWIND"が6月24日(水)国内盤発売

firewind09.jpg

ギター・ヒーロー、ガス・G率いるギリシャのヘヴィ・メタル・バンド、FIREWINDの、前作"IMMORTALS"(2017)から約3年ぶり、9作目となるアルバム、"FIREWIND"が6月24日(水)にキングレコードから日本盤リリースされます。

9作目にしてセルフ・タイトルというのは、3rd "FORGED BY FIRE"(2004)以来、長年所属してきた『Century Media』から今回『AFM』に移籍したので、心機一転、ということでしょうか。

心機一転は所属レーベルだけではなくヴォーカリストもで、前作から加入したヘニング・バッセ(元METALLIUM)はわずか1枚で脱退、後任にヘニングと同じドイツ人のハービー・ランガンス(元SEVENTH AVENUE, SINBREED)を迎えています。

割と何でも歌える器用なシンガーだったアポロ・パパサナシオ脱退後に迎えられたヘニングとハービーはどちらも割と不器用な「パワー・メタル専門型」というヴォーカリストで、その辺はガス・Gの好みなり、バンドの目指す方向性なりを表しているのでしょう。

前作はこのバンドのカタログでは珍しい「メロスピ」色の強い作風でしたが、本作から先行公開されている曲を聴く限り、前作よりもクサさは控えめで、より剛直な正統的パワー・メタルを志向しているような雰囲気が感じられます。





BEYOND THE BLACK "HORIZONS"が6月17日(水)国内盤発売

beyondtheblack04.jpg

ガールズ・ポップ・ロック・バンド出身のフロントマン、ジェニファー・ハーベンを中心に結成され、2015年にデビューするや否や母国ドイツでは注目を集め、前作、前々作と2作続けてドイツのナショナル・チャートでTOP5入りを記録している人気バンド、BEYOND THE BLACKの4作目のフル・アルバム"HORIZONS"が6月17日(水)にマーキー・インコーポレイティドから日本盤リリースされます。

本作から先行公開された楽曲がだいぶEDM寄りというか、メタル色を大幅に後退させた作風だったため、かなりの賛否両論が渦巻いている感じですが、まあ、こんなの売れれば(≒元のファンより多くの人に支持されれば)勝ちだし、売れなかったら元のスタイルに「原点回帰」するだけでしょ、というのが長年色々なバンドの音楽性の変遷を見てきた人間の冷めた目線です(笑)。

ただ、私は別にスタイルとしてのメタルに固執するタイプではありませんが、単純に楽曲のクオリティが過去に及んでいないような? アルバムを通しで聴き込めば印象は変わるのでしょうか。





MOONLIGHT HAZE "LUNARIS"が6月17日(水)国内盤発売

moonlighthaze02.jpg

元TEMPERANCEのVoとDrによるバンド、MOONLIGHT HAZEのセカンド・アルバム "LUNARIS"が6月17日(水)にマーキー・インコーポレイティドから日本盤リリースされます。

このバンド、モダンな要素もフォーキッシュな要素もある女性Voのシンフォニック・メタルという、音楽性も完全にTEMPERANCEそのもので、分裂の理由が「音楽性の違い」によるものではなかったことだけは確かです(笑)。

本作には"The Rabbit of the Moon(月の兎)"などという親日アピールな(?)楽曲も収録されているし(日本盤のボーナス・トラックはその曲の日本語バージョン)、何よりジャケットのアートワークが私のオタク的琴線に触れたので、非常に興味を持っています。

TEMPERANCEの最新作もとても良かったですが、これで本作も良ければ、完全に「BATTLE BEASTとBEAST IN BLACK」的な構図が私の中で成り立ちます(笑)。