FC2ブログ

SWEET OBLIVION Feat. GEOFF TATE "RELENTLESS"が4月9日(金)国内盤発売

sweetoblivion02.jpg

『Frontiers Music』による、「ジェフ・テイト(元QUEENSRYCHE、現OPERATION MINDCRIME)にメロディックな曲を歌わせる」プロジェクト、SWEET OBLIVIONのセカンド・アルバム"RELENTLESS"が4月9日(金)にマーキー・インコーポレイティドから日本盤リリースされます。

セカンド・アルバムと言っても、ジェフ・テイト以外の参加メンバーは前作から全員入れ替わっており、前作はDGMのシモーネ・ムラローニ(G)を中心に制作されていましたが、本作ではSECRET SPHEREのアルド・ロノビレ(G)が中心となって制作されています。

前作のキーボードはこれまたDGMのエマニュエーレ・カサーリで、さながら「DGMをバックにジェフ・テイトが歌ってる」という状態でしたが、本作のキーボードはSECRET SPHEREの現キーボーディストではなく、前キーボーディストであるアントニオ・アガテがプレイしており、個人的には初期SECRET SPHEREのKeyアレンジが大好きだったので、本作のラインナップはなかなか魅力的(リズム隊はSECRET SPHEREではなく、他のイタリアのプログレッシヴ・メタル系バンドのメンバーです)。

制作スタッフが変わったとはいえ、先行公開されているMVなどを視聴する限りサウンドに全く影響はなく、"OPERATION : MINDCRIME"から"EMPIRE"にかけての時期におけるQUEENSRYCHEの雰囲気を持ったメロディック・メタル・サウンドで、言われなければきっとメンバーが変わっていたことに気付かなかったことでしょう(苦笑)。

作り手が変わっても方向性やクオリティは維持できるという辺りが『Frontiers Music』の安定感ですね。それはまるで工業生産品のような話で、音楽がそれでいいのかという気はしなくもないのですが、『Frontiers Music』はトラディショナルなメタル・ファンのストライクゾーンの狭さをちゃんと理解し、そこにある意味誠実に応えているということなのでしょう。

きっとレーベル・オーナーのセラフィノ・ペルジーノ氏は、前作を手掛けたシモーネ・ムラローニにも、本作を手掛けたアルド・ロノビレにも、"EMPIRE"の次にQUEENSRYCHEが作るべきだった作品を作れ、とディレクションしているに違いありません(笑)。





スポンサーサイト



ARION "VULTURES DIE ALONE"が4月7日(水)国内盤発売

arion03.jpg

STRATOVARIUSのマティアス・クピアイネン(G)の実弟、トピアス・クピアイネン(Dr)が在籍していることで知られる…という枕詞はもはや不要かもしれない、フィンランドの新世代メロディック・パワー・メタル・バンド、ARIONのセカンド・アルバム"VULTURES DIE ALONE"の日本盤が4月7日(水)にマーキー・インコーポレイティドからリリースされます。

デビュー・アルバムの時点ではよくあるフィンランド型メロディック・パワー・メタル・バンドという感じでしたが、ヴォーカリストを変えた前作"LIFE IS NOT BEAUTIFUL"(2018)で一気にクオリティを上げてきました。

フィンランドらしいメロディック・パワー・メタルのスタイルをベースとしつつも、適度にモダンな要素が導入され、イマドキっぽいエモさもあって、ポピュラリティの高さを感じます。

単純に曲もいいし、このバンドはもっと人気が出てもいい。

本作ではゲストに母国フィンランドの人気メタル・バンド、BATTLE BEASTのノーラ・ロウヒモの他、同国で最近注目を集めているというオルタナティブ・ロック・バンド、CYAN KICKSのスザンナ・アレクサンドラ(Vo)が参加、2人ともMVに参加しているわけですが、ノーラ・ロウヒモはともかく、オルタナティブ・ロックにカテゴライズされているバンドとも共演できてしまうのがこのバンドの新世代たる所以と言えそうですね。

まあ、オルタナティブ・ロックとメタルが水と油状態だった1990年代から四半世紀が経ち、もはや境界線がなくなったということなのかもしれませんが。







OUT OF THIS WORLD "OUT OF THIS WORLD"が4月2日(金)国内盤発売

outofthisworld01.jpg

元EUROPEのキー・マルセロ(G)と、FAIR WARNINGのトミー・ハート(Vo)によるプロジェクト(バンド?)、OUT OF THIS WORLDの、セルフ・タイトルのデビュー・アルバムが4月2日(金)にビクター・エンタテインメントから日本盤リリースされます。

このキー・マルセロとトミー・ハートの組み合わせは、2018年に『Frontiers Music』からリリースされたKEE OF HEARTSというプロジェクトで実現していたものですが、ここに来て改名しての再デビューみたいな形になったのは、本作のリリース元がその『Frontiers Music』ではないことと関係しているのでしょうか。

先行公開されているサンプル音源を聴くと、FAIR WARNINGを彷彿させる叙情ハード・ロックを聴かせたKEE OF HEARTSに比べると随分とアメリカンなタッチで、これはソングライターが違うからなのでしょうね(キー・マルセロが書いたのでしょうか?)。

そういう意味では、バンド名をキー・マルセロのEUROPE加入第1作となったアルバム・タイトルに変更したのは音楽的にも違うことをやっているということを示そうということなのかもしれません。

ちなみに本作のプロデューサーはそのEUROPEの"OUT OF THIS WORLD"(1988)をプロデュースしたロン・ネヴィソンだそうで。まだ現役だったんですね。

キー・マルセロらしいギター・ワークがフィーチュアされている感じだし、こういう80年代然とした音楽も嫌いではない(というかむしろ好き)なのでこれはこれでいいのですが、レコード会社やショップサイトの売り文句が限定盤2枚組仕様のオマケであるライブ・アルバム(EUROPEやFAIR WARNINGの曲をプレイしている)で釣ろうとしているようにも見えてしまうのがなんだかなぁ、という感じですね(苦笑)。



MARCO GARAU'S MAGIC OPERA "THE GOLDEN PENTACLE"が3月31日(水)国内盤発売

magicopera01.jpg

ここ日本でカルト的な人気を持つイタリアのシンフォニック・パワー・メタル・バンド、DERDIANのキーボーディスト、マルコ・ガラウによるプロジェクト、MARCO GARAU'S MAGIC OPERAのデビュー・アルバム"THE GOLDEN PENTACLE"が3月31日(水)にルビコン・ミュージックから日本盤リリースされます。

マルコ・ガラウは元々DARDIANでも音楽的には中心的な位置にいる人物だけに、本作のサウンドもDERDIANと同様のシンフォニック・パワー・メタル路線で、ベースとドラムのリズム隊もDERDIIANのメンバーということもあり、なぜわざわざ別名義にする必要があったのかは傍目にはよくわかりませんが、自分の名前を打ち出したかったとか、いつもと違うメンバーと組んでみたかったとかそういうことなのでしょうか。

リズム隊以外のメンバーはWINGS OF DESTINYのアントン・ダルーソ(Vo)、SEVEN THORNSのガブリエル・タクセン(G)と、SHADOW STRIKEのシンガーであるマット・クライス(G)がギタリストとして参加しており、日本盤がリリースされているバンドのメンバーだったりするので、マニアの方にとってはピンと来るかもしれません。

前述の通り音楽的にはDERDIANと同じ方向を向いており、とてもクサいです(笑)。クサメロというのはある種「若気の至り」の発露だったりするので、この路線をデビュー以来貫いているこのマルコ・ガラウという人はある意味凄い人かもしれません。





METALITE "A VIRTUAL WORLD"3月24日(水)国内盤発売

metalite03.jpg

初期AMARANTHEから男性Voを抜いたようなキャッチーなEDMテイストのメロディック・メタル・サウンドが特徴のスウェーデンのバンド、METALITEの3rdアルバム"A VIRTUAL WORLD"が3月24日(水)にマーキー・インコーポレイティドから日本盤リリースされます。

正直バンド名がダサい(ダンス・ユニット風のミニマルな感じを狙ったのかも)し、アルバムのアートワークも毎回ダサいし、音楽性もまあダサいと言われても仕方のないものですが、その分キャッチーだし、このわかりやすさはもっと評価されていい気がします。

先行公開されているMVの曲もキャッチーかつ勢いのある何も考えず楽しめる曲に仕上がっていて、ちょっと考えすぎな感のあるAMARANTHEより個人的には素直に楽しめるサウンドです。