FC2ブログ

SCORPIONSの『モスクワ・ミュージック・ピース・フェスティバル 1989』オフィシャル・ライブ映像

1989年にソビエト連邦(当時)の首都モスクワのレニングラード・スタジアム(現ルジニキ・スタジアム)を中心に開催され、10万人以上のオーディエンスを集めた伝説的ロック・フェスティバル、"Moscow Music Peace Festival 1989"。

このフェスティバルにおけるSCORPIONSのライブ・パフォーマンス映像がなぜか最近になって彼らの公式YouTubeチャンネルで公開されていました。

このフェスティバルの模様は映像商品化されているという意味では別にレアなものではありませんが、今現在入手しやすいかというと決してそうではないので、ありがたい公開です。

このフェスティバルはソ連において観客が立ち上がって観ることができた最初のコンサートで、ソ連政府はこの日のために天候を晴れにするロケット(そんなものあるんですね)を打ち上げたという話があるので、凄いイベントであることは間違いありません。

ちなみにこの歴史的なフェスティバルに出演していたのはBON JOVI、OZZY OSBOURNE、SCORPIONS、MOTLEY CRUE、CINDERELLAにSKID ROWというHR/HMバンドばかり。

たまたまその時期欧米で人気があるポップ・ミュージックのジャンルがHR/HMだったから、と言われてしまえばそれまでですが、HR/HMってこういう歴史的な貢献のようなものもしているのにあまりその辺も評価されていない気がします。

ヘッドライナーはBON JOVIでしたが、SCORPIONSはその前年1988年に単独公演も行なっていたので、既にファンベースもあり、ただでさえロックに植えていたソ連の若者の盛り上がりはかなりのものです。

1988年の初公演の時と、1989年のこの公演におけるソビエト連邦における「空気の変化」をSCORPIONSのメンバーが感じ取った結果、HR/HM史上最もワールドワイドで売れたシングルとなった名曲"Wind Of Change"が生まれたそうです。

2019年12月4日現在公開されているのは以下の5曲。80年代、最もエネルギッシュなライブをするバンドとしての評価をほしいままにしていた彼らならではのキレキレなパフォーマンスが楽しめます。










スポンサーサイト



GALNERYUSのYAMA-B時代のMVが公式チャンネルでHD公開

NEWアルバム“INTO THE PURGATORY”も素晴らしかったGALNERYUSの公式YouTubeチャンネルで、前任ヴォーカリストであるYAMA-B時代のMVがバンドのオフィシャルYouTubeチャンネルで公開されていました。

小野正利加入後に飛躍的にメジャー感を増し、人気もひと回り高まった観があるわけですが、デビュー以来のファンとしてはこれらの楽曲、特に最初期のものには強い思い入れがあります。

デビュー作収録の"Struggle For The Freedom Flag"の衣装などは今観ると本人たちには気恥ずかしさもあるでしょうし(この衣装でのライブを観たことがあることは、今となってはちょっとした自慢です/笑)、VoとGのデュオ形態だったことも含め、新しいファンには奇異に映るかもしれませんが、それはそれで「人に歴史あり」という感じで、味わい深いですね。













NORTHTALE "Everyone's A Star"のMV

良質なアルバムを発表し、Evoken Festにおける素晴らしいパフォーマンスを見せてくれた個人的には今年のブライテスト・ホープ認定確実なスウェーデンのメロディック・パワー・メタル・バンド、NORTHTALEのデビュー・アルバム"WELCOME TO PARADISE"から"Everyone's A Star"のMVが公開されています。

ちなみに"Everyone's A Star"と言ってもTNTのカヴァーではありません(笑)。

メロディック・パワー・メタルのファンの方であればお聴きになれば、この曲のネタ元がEDGUYであることはすぐに察しがつくことでしょう(笑)。

前述のEvoken Fest 2019における来日時に撮影した映像のようで、東京の風景がこれでもかとフィーチュアされています。

とても日本人好みなバンドだと思いますし、これをきっかけにうまく相思相愛の関係が築けるといいですね。



AMON AMARTH "Shield Wall"のMV

前作"JOMSVIKING"に続き、欧州のメイン・マーケットであるドイツのチャートでNo.1に輝いた最新作"BERSERKER"からの4本目のミュージック・ビデオ。

前作もそうでしたが、1枚のアルバムから4本もMV(しかもいわゆるリリック・ビデオではない)を制作できるあたりが人気バンドを感じさせますね。

これまでにリリースした"Raven's Flight"、"Crack the Sky"、"Mjölner, Hammer of Thor"はかなり(このバンドにしては)キャッチーで、ひと昔前の「シングル曲」感覚の曲だったが、この曲は彼らのパブリック・イメージであるヴァイキング路線をストレートに行った曲で、"Deceiver of the Gods"や"At Dawn's First Light"といった曲のMVの系譜にある映像で、私好みのMV。

欧州では人気が高いとはいえ、100万枚売れる、みたいなバンドではないのにここまでシネマティックなMVが作れるとは、凄い時代になったなと感じますね。




続きを読む

MOTLEY CRUE "Live Wire"のMV

なぜ今MOTLEY CRUEのこの曲なのか。

単にここ最近、どういうアルゴリズムによるものか全く見当がつきませんが、YouTubeの「あなたへのおすすめ」や「次の動画」にやたらとこのMVが出てくるから、ですね。

何を隠そう、私が人生で一番最初に観た洋楽HR/HMのMVというのがこのMVで、私の考える「メタルのMVかくあるべし」という価値観にも大きく影響を与えている(であろう)MVなので、いい機会だと思いこのエントリーで取り上げてみました。



いや~、多少時代は感じますが、今観ても普遍的なカッコよさがありますね。

特にヴィンス・ニール(Vo)のこのアクション、これは世の凡百のフロントマンは研究の余地がありますよ。

キメポーズみたいなもののカッコよさはもちろん、1:28あたりの、アドリブ(というか無意識の動き)と思われる反対側の手で自分の頬を掻く、みたいな何気ない仕草までセクシーなカッコよさが満載です。

この曲、めっちゃカッコいいのにギターソロらしいソロもなく、シンプルな感じなので、当時(25年くらい前ですね…)ギター初心者だった私はコピーできたぜ、と一人悦に入っていたのですが、キメが多いので、同じく初心者のベース、ドラムと合わせてみたら見事にバラバラになりました(笑)。