fc2ブログ

TREAT "World Of Promises"のMV

先日リリースされたTREATの最新アルバム"THE ENDGAME"がとても良かったので、現在私個人限定でプチ・TREATブームが起きています(笑)。

そんなわけでTREATのライブにおけるアンコールラスト曲の定番である代表曲、"World Of Promises"を取り上げます。

先に言っておくと、このMVは、楽曲の世界観を描き出すものとしてはダメダメです(笑)。80年代にありがちな、無駄なセクシーお姉ちゃん登場MVの典型で、この哀愁溢れる楽曲とは無関係な映像になっています。

無駄といいつつ、ついつい見えそうで見えないものを目で追ってしまう自分が情けなく、そう考えると「映像に注目させる」という意味では効果的に機能しているMVなわけですが(苦笑)。40歳になったら不惑とか絶対ウソですよね。

まあ、レコード会社としてはこのバンドをMOTLEY CRUEとかRATTのようなバンドとして売り出したかったんでしょうねえ。バンドのビジュアル戦略もそんな感じだし。

それとも、もしかするとスウェーデン人にとってはこの曲でさえ「明るい曲」と解釈されるのでしょうか。だとしたら普段どれだけ暗い曲ばかり聴いているのか、という感じですが(笑)、メンバーのニコニコした表情やノリノリのパフォーマンスを見ると、そんな疑惑さえ浮かんできます。

印象的なイントロのリード・ギター、およびサビのメロディは今月号の『BURRN!』のインタビューで「ケルトからの影響なのかな。フォークっぽい感じがする」「祖父がスウェーデンでフォーク・ミュージックのヴァイオリン奏者だった。僕にもフォークの血が流れているんだよ」と作曲者であるアンダース・ヴィクストロム(G)自身が語っています。

ちなみにこの曲はIN FLAMESもカヴァーしていたのですが、当時IN FLAMESのメイン・ソングライターと目されていたイェスパー・ストロムブラード(G:現在は脱退)もフォーク・ミュージック奏者の家系で、自身も4歳から12歳までヴァイオリンを弾いていたそうです。

そういう意味では、やはり何か共鳴するところがあってこの曲をカヴァーした、ということなんでしょうかね。

曲全体が大好きですが、個人的な絶頂ポイントは2分10秒あたりからの、ギター・ソロの前のパートです。2分30秒からのシンセ・サウンドなんてたまりませんね。映像のお姉ちゃん的にもハイライトを迎えているので、そういう意味では映像の監督もこの曲のこのパートが「見せ場」だと認識していたということなのでしょう(?)。



▼IN FLAMESによるカバー音源


スポンサーサイト



DEF LEPPARD "HYSTERIA"のMV

ここ1、2週間ほどなぜか脳内リピートされているのがこの曲。

当時全世界で1,500万枚以上を売り上げた(たぶん今はもっとこの数字は積み上がってますが)DEF LEPPARDのメガ・ヒット・アルバム、"HYSTERIA"(1987)のタイトル曲で、同作からカットされた7枚のシングル(収録曲の半分以上!)のうちの1曲。

この曲自体も全米10位とかなりのヒットを記録していますが、同アルバムからの曲というと、ロックした曲では"Pour Some Sugar On Me"(全米2位)、バラードでは"Love Bites"(全米1位)が代表曲とされることが多く、日本では「空耳アワー」の海女ネタで有名になった"Armageddon It"(全米3位)が人気曲だと思われ(?)、あまりフォーカスされることが少ない曲のような気がします。

人によってはバラードと解釈される(個人的にはミドルテンポの曲と思ってます)その穏やかな曲調のせいもあって、HR/HMファンの間では地味なスルメ曲、などと評価されることも少なくないですが、HR/HM的な刺激や盛り上がりには乏しいとはいえ、その穏やかさがなんともハートウォーミングで素敵なポップソングに仕上がっています。

THE POLICEの大ヒット曲"Every Breath You Take"(邦題:「見つめていたい」)を思わせるアルペジオのイントロから印象的ですが、やはりサビのなんとも80年代的な(というかもはや「DEF LEPPARD的な」と形容すべきものですが)コーラスが素晴らしい。

このプロデューサーのロバート・ジョン“マット”ラングによる「DEF LEPPARD的な」サウンド・プロダクションは時に「オーバープロデュース」と批判もありますが、この曲に限らず、このアルバムの楽曲はこのサウンド・プロダクションだからこそのマジックがあると思います。

きっと、この曲は現代ロック風な音で再録したり、アコースティック・アレンジにすると原曲の持つマジックは失われるでしょうね。メロディ自体が良い曲なので、普通に良い曲として聴けるとは思いますが。

MVの映像自体も、予算があるバンドの作品だな、という気がする上質な映像作品です。



WHITESNAKE "Fool For Your Loving"のMV

ここ1ヶ月以上、なぜかWHITESNAKEの"Fool For Your Loving"がずっと脳内リピートしています。

こういう、「昔聴いた曲が脳内リピートする」という現象自体は珍しくないのですが、こんなに長期間に渡ってリピートしているのは珍しいので、ちょっとここに記録しておこうと思いました。

"Fool For Your Loving"のオリジナルは1980年にリリースされ、WHITESNAKEにとって母国イギリスにおける初のヒット曲となった初期の代表曲です。

そしてこの曲はWHITESNAKEが"WHITESNAKE"(邦題『サーペンス・アルバス~白蛇の紋章』)(1987)でアメリカをはじめ全世界でビッグ・ヒットを飛ばした後にリリースされた"SLIP OF THE TONGUE"(1989)でもリメイクされ、MVが作られています。

大成功を収めた前作で、過去曲のリメイクである"Here I Go Again"と"Crying In The Rain"が大ヒット(前者は全米No.1シングル)したので、柳の下のドジョウを狙ったのでしょうね。

ただ、リアルタイムで『BURRN!』などを読んでいた世代の方であればご存知の通り、このリメイクは原曲の持つブルージーな味わいをスティーヴ・ヴァイのフラッシーなギターが台無しにしてしまった、と非常に不評でした。

しかし、2021年末現在、この2つのバージョンのYouTubeにおける再生回数を比べてみると、オリジナルが120万回程度なのに対し、リメイク・バージョンは1000万回以上と、公開時期のズレの差を考慮しても圧倒的な差がついています。

コメント欄を見てもリメイクに対するネガティブな声はほとんど目立たず、リリース当時の不評というのは、オリジナルを知っている人の「自分が知っているものが変わってしまったこと自体に対する違和感」、あるいは日本の偏屈なマニアだけの感覚でしかなかったということなのかもしれません。

実際、後追い世代である私としては、リメイクバージョンもこれはこれでカッコいい、と感じています。

ただ、私自身は大学時代に買ったイギリスで80年代にヒットしたロック・ソングを集めたオムニバスCD(輸入盤のみ。イギリスでヒットした、というだけでアメリカのバンドのものも収録されていますし、HR/HM以外のバンドも、というかむしろそれ以外のバンドの曲が多い内容でした)でオリジナルを先に聴いていたこともあってか、脳内リピートされ、シャワーを浴びながら口ずさんだりしているのはオリジナル・バージョンです(笑)。

▼オリジナル・バージョンのMV


▼リメイク・バージョンのMV


MAJESTICA "Metal United"のMV

SABATONのメンバーとしても活動しているトミー・ヨハンソン(Vo, G)のメイン・バンド、MAJESTICAの新曲タイトルが、"Metal United"というものになっています。

以前もここにそんなようなことを書いた記憶がありますが、私は曲名に「Metal」と付くとそれだけでなんだか「名曲感」を感じてしまいがちで(笑)、今回もその例に漏れません。

楽曲自体はそれほどゴリゴリにメタメタしいものではなく、明らかにGARY MOOREの"Over The Hills And Far Away"のオマージュ的なアイリッシュ風味のメタル・チューンで、キャッチーな響きに仕上がっています。

そしてもちろん曲も魅力的ではあるのですが、今回印象に残ったのはMVの映像でした。

WACKEN OPEN AIR、RESURECTION FEST、GRASPOP METAL MEETINGといった、恐らく彼らが出演したことがあるのであろうメタル・フェスの映像、それもいわゆるライブ風景でなく、ファンがフェスを楽しんでいる様子の映像が数多く挿入されており、かつてフェスが普通に行なわれていた日の記憶を呼び起こすものになっています。

いや、日本ではこういうアウトドア型の大規模メタル・フェスは行なわれたことがないのですが、そこはかつてROCK IN JAPANやフジロックに参加した時の思い出とオーバーラップさせています。個人的には。

MVでバンドがパフォーマンスする、ソーシャルディスタンスになっているんだかいないんだかよくわからない水上シチュエーションという、ニューノーマルとも言い難い特殊なシチュエーションとの対比がまた「在りし日の普通」とのコントラストになっています。

もちろん今でも家ではメタルを聴きますし、なんならYouTubeやサブスクの発達で、かつてより家で視聴できるメタル・コンテンツというのは充実しているのですが、やはりライブやフェスがないと、メタル愛を共有し、高揚させることで確認する機会がなく、今一つアガらないというか。

本来音楽というのはパーソナルなものでもあるので、別にそんな機会いらない、という人もいらっしゃるかとは思いますが、それを体験してしまった人にとってはなかなか忘れられない魅力があったりして、個人的には懐かしさを禁じ得ません。

最近日本では名古屋で「密フェス」などと言われるイベントがあったこともあり、SUPERSONIC 2021が千葉市から後援取り消しの憂き目に遭うなど、ライブイベント、特に大規模フェスにとっては極めてアゲインストな状況が続いており、もはやワクチンが行き渡っても、新型コロナのあらゆる型に効く特効薬が開発されるまでは元通りのフェスは開催できないのでは…という気がしてしまいます。

まあ、LOUD PARKが2017年を最後に行なわれていないので、日本のメタル・ファンにとって大規模メタル・フェスというのはコロナがあろうとなかろうと縁遠いものになっていたんですけどね(苦笑)。

いつかまた、あの万単位のメタラーがユナイテッドする高揚感が味わえる日が来ることを心から願っています。



エリック・グロンウォール(元H.E.A.T)による"Headless Cross (BLACK SABBATH)歌唱動画

昨年、アフリカでエンターテインメントビジネスを行ないたいから、という理由でH.E.A.Tを脱退したエリック・グロンウォール。

しかし、今年4月に急性リンパ性白血病に罹患し、入院生活を送っていることを公表しました。

元H.E.A.Tのヴォーカリスト エリック・グロンウォール 急性リンパ性白血病を公表(amass)

入院前は犬の散歩を5分間しただけで、まるでマラソンをしたかのようになってしまう、という状況だったそうですが、そんな彼が先日、自身のYouTubeチャンネルにBLACK SABBATHの"Headless Cross"のカバー動画を投稿しました。

なんだかちょっと意外な選曲ですが、数年前からライブのウォーミングアップ用に歌っていたそうで、オリジナルほどの重々しさ、貫禄はありませんが、エリックの高い歌唱力を示す、クオリティの高いパフォーマンスを披露しています。

単なるカラオケの「歌ってみた」動画ではなく、バックのインストゥルメンタルはH.E.A.T時代の同僚であるマルチ・ミュージシャンのヨナ・ティーが、ギター・ソロは同じくH.E.A.Tのデイヴ・ダロンがプレイしており、ちゃんと「カバー動画」になっているのがポイントですね。

H.E.A.Tとの絆が切れていないことが伝わるという意味でもいい動画だな、と思います。

次にカバーする曲のリクエストも募っていますが、こういう動画が出せるということは、白血病は快方に向かっているということなのでしょうか。

今回の東京オリンピックに出場していた池江璃花子選手も白血病を克服しての出場でしたが、エリックも病気を克服し、また本格的に音楽活動であれ、彼がやろうとしていたビジネスであれ、夢に向かって活動できるようになることを願わずにはいられません。



エリックが歌ったH.E.A.Tの最新作"II"は傑作だったし、H.E.A.Tにいつか復帰するのも、個人的には歓迎です。

続きを読む