FC2ブログ

冬至はFear Of The Dark

本日12月21日は冬至ですね。

冬至といえば、1年のうちで最も昼(日の出から日没まで)の時間が短い日なわけです。逆に言えば夜が最も長い日。

最も夜が長いということは、最も暗闇が北半球を覆う日なわけです。暗闇の恐怖ですね。

そんな前置きで、YouTubeに上がっているIRON MAIDENの名曲、"Fear Of The Dark"の色々な楽器/編成によるカバーをご紹介したいと思います。

◆ピアノ・バージョン


◆ハープ・バージョン


◆チェロ・バージョン


◆チャーチ・オルガン・バージョン


◆バードコア(中世音楽風)バージョン


◆ハーディ・ガーディ・バージョン


◆アコースティック・ギター・バージョン


◆オーケストラ・バージョン


どんなアレンジでも魅力が伝わるのが名曲、とはよく聞きますが、そういう意味で色々な楽器でカバーしたくなるという時点でこの曲は間違いなく名曲なのでしょうね。

冬至の夜長のサウンドトラックとしてお楽しみいただけると幸いです。

続きを読む

スポンサーサイト



AEROSMITH "Dude (Looks Like a Lady) "のMV

AEROSMITHの大復活作となった1987年の名盤"PERMANENT VACATION"からシングル・カットされ、全米14位を記録した"Dude (Looks Like a Lady) "のMVがHDリマスター化されたそうです。

バンドのインスタグラムで画質比較動画も公開されていますが、だいぶ鮮明になってますね。



しかしこのMVでも観ることができるスティーヴン・タイラー(Vo)のステージ・アクション、セクシーでカッコいいですよねえ。

こういうステージ・アクションがメッチャカッコよくてスターのオーラがバリバリ、というフロントマンが90年代以降めっきり現れなくなりましたね。

ロック全体としてパフォーマンスが自然体志向になっていったというのもありますが、こういう華のある人はもうHR/HMを志さないということなのだとしたらちょっと寂しい話ですね。

IRON CROSSというバンドが愛おしい

ここ2エントリーほど、IRON MASKにIRON SAVIORと、"IRON"から始まるバンドが2つ続いたので、最近私がYouTubeでよく動画を視聴している"IRON"始まりのバンドを紹介したいと思います。

もちろん、IRON MAIDENではありません(笑)。彼らのことは皆さんよくご存知だと思うので(笑)。

今回紹介したいのはIRON CROSSという、ルーマニア人ギタリストのアンドレイ・ケルブ率いるクラシック系HR/HMのカバー・バンドです。中心人物がルーマニア人なので、たぶんメンバーもそうなのでしょう。

そのアンドレイ、2002年生まれということでまだティーンだと思われるわけですが、現地では子供の頃から地元のタレント発掘番組に天才ギター少年として出演するなどして、ちょっと有名な存在のようです。

彼の動画チャンネルでは、チャック・ベリーからアークティック・モンキーズまで幅広い時代のロックをプレイしている動画をアップしているのですが、このIRON CROSS名義ではほぼHR/HMに特化した選曲でカバーを中心に(一部オリジナル)動画を制作しています。

これがまた、メンバーの若さといい、ミュージシャンっぽい人から完全に真面目な優等生風までというメンバーのルックスのバラつきといい、大学のサークル・バンドっぽくて微笑ましいんですよね(笑)。

ちゃんとスタイリストとかが付いて、もっといいカメラで撮ればもう少しサマになりそうなのですが、そういう垢抜けなさも個人的にはチャームポイントです。

でもそのアンドレイのギターがなかなかの腕前なのと、小柄でちょっとあどけなさの残る赤髪の女の子ヴォーカリスト(彼女なのでしょうか?)が結構上手いので、私のようなクラシック・ロック・ファンを楽しませてくれます。

ここではメジャーな楽曲を中心にいくつかピックアップしますが、他にもLED ZEPPELINやDEEP PURPLE、KISS、MOTLEY CRUE、SKID ROW、EUROPE、HELLOWEENからNIGHTWISH、WITHIN TEMPTATION、HALESTORMといった所まで、ベタ極まりない有名曲を数多くプレイしていて、なかなか楽しめますのでご興味のある方はぜひご覧ください。









OPERA MAGNA "Out Of The Ashes" (SYMPHONY X)カバー動画

スペインのメロディック・パワー・メタル・バンド、OPERA MAGNAが、SYMPHONY Xの名曲、"Out Of The Ashes"のカバー動画を公開していたので紹介します。

新型コロナウイルス流行後、バーチャル・セッションによるカバー動画を公開しているアーティストは多く、彼らもこれ以前にRHAPSODYの"Wing Of Destiny"やBLIND GUARDIANの"The Elder"、そして母国の人気メタル・バンドAVALANCHの"Vientos del Sur"などを公開していますが、今回この動画だけ取り上げたのは単純に私がこの曲が好きだからです(笑)。



んー、やっぱりこの時期のSYMPHONY Xは最高ですね。

OPERA MAGNAも、フル・アルバムは"POE"(2010)以来リリースしていないので(3枚のEPと、それをまとめる形でのアルバムはリリースしていますが)、バーチャル・セッションを重ねている暇があったら新作のソングライティングを進めてもらいたいところです(笑)。

続きを読む

DEEP PURPLE "Stormbringer"の強力カバー動画

今年ジョージ・リンチと結成したDIRTY SHIRLEYのアルバムや、MAGNUS KARLSSON’S FREEFALLのアルバムへのゲスト参加で一躍知名度と評価を高めたクロアチア人ヴォーカリスト、ディノ・ジェルシック(ANIMAL DRIVE)のYouTubeチャンネルで、第3期DEEP PURPLEの名曲"Stormbringer"のカヴァーが公開されました。

ギターにジョエル・ホークストラ(元NIGHT RANGER, 現WHITESNAKE)、ベースに数多くのセッション・ワークで知られるフレットレス・ベースの魔術師・トニー・フランクリン、そしてドラムには主にプログレッシヴ・メタル畑の名手として知られるヴァージル・ドナティと、HR/HMシーン(に収まっていませんが)でもトップクラスの達人が参加しています。

他のメンバーの息子くらいの年齢である20代のディノは、未だ国際的有名ミュージシャンとは言い難いですが、それでもこれだけのメンツが動画に参加してくれるというのは、彼の実力が評価されているからこそ、なのでしょう。

ディノの全盛期のデイヴィッド・カヴァデールもかくや、という歌唱も見事ですが、リズム隊の演奏がもはやHR/HMとしては異次元の境地に達しており、圧倒されます。



続きを読む