FC2ブログ

ブリティッシュHR/HMの伝説的プロデューサー、マーティン・バーチが死去

DEEP PURPLE、RAINBOW、WHITESNAKE、IRON MAIDENなど、およそ「ブリティッシュHR/HM」と聞いて思い浮かべるようなバンドの名盤の大半を手掛けていると言っても過言ではないプロデューサー、マーティン・バーチ氏が去る8月9日、死去したことがデイヴィッド・カヴァデール(WHITESNAKE)のTwitterで伝えられました。71歳でした。

マーティン・バーチというと、1969年にジェフ・ベックやFLEETWOOD MACのエンジニア・ワークでキャリアを始め(最初から仕事に恵まれてますね…)、DEEP PURPLEの70年代の黄金時代と呼べる時期の諸作をエンジニア/プロデューサーとして手掛け、その流れで(?)RAINBOW、WHITESNAKEといった、いわゆる「パープル・ファミリー」と呼ばれるようなバンドの初期作でプロデュースを担当、80年代には主にIRON MAIDENのプロデューサーとして知られていました。

IRON MAIDENの"FEAR OF THE DARK"(1992)を最後に引退したということで、21世紀になってからHR/HMを聴き始めたような人にとってはあまりなじみがないかもしれませんが、HR/HMというジャンルの歴史をさかのぼる上では、この人が制作に関わったアルバムを避けて通ることは不可能でしょう。

私もまた『BURRN!』誌による洗脳を受けた世代なので(笑)、「ブリティッシュHR/HM」というジャンルに「様式美のエッセンスを持っている音」という偏った認識を持っているわけですが、そんな私にとってブリティッシュHR/HM最初の名盤はDEEP PURPLEの"IN ROCK"であり、最後の名盤はIRON MAIDENの"FEAR OF THE DARK"だと思っているので、この人のキャリアはイコールでブリティッシュHR/HMの歴史だと思っています。

RAINBOWの"RISING"、WHITESNAKEの"READY AN' WILLING"、BLACK SABBATHの"HEAVEN AND HELL"、IRON MAIDENの"THE NUMBER OF THE BEAST"、いずれも1枚でもプロデュースしていたら孫の代まで自慢できるような名作なわけですが、これ全部マーティン・バーチの仕事なのですから恐れ入ります。

しかし、IRON MAIDENの"FEAR OF THE DARK"(1992)で引退と聞いて、その時点で70歳近い人なのかと思っていたら今年71歳って、44歳で引退したってことですか? ちょっと早すぎません? 過去に手掛けたアルバムからの収入で充分食べていけるということだったのでしょうか。

まあ、1992年というとグランジ/オルタナティブの台頭著しく、マーティン・バーチが手掛けてきたような音楽は最も時代遅れなものとされていた時期だったので、本人的に「自分の時代は終わった」という意識もあったのかもしれませんが…。

そんなに若かったのであれば、ブルース・ディッキンソン復帰後のIRON MAIDENのアルバムもこの人に手掛けてもらいたかった気がしますね。そうすればもっと私好みのサウンドのアルバムになったのではないかという気がするのですが…。

ちなみにDEEP PURPLEの"IN ROCK"収録の"Hard Lovin' Man"は彼に捧げられた曲だそうで、また、IRON MAIDENの"Holy Smoke"にはマーティン・バーチが登場しているそうです。


たしかにそれらしき人がちょいちょい登場していますね。

※ニュースソース
アイアン・メイデンやディープ・パープル等 プロデューサーのマーティン・バーチが死去 - amass

RAGEがメンバー・チェンジ、再びツイン・ギター体制に

ドイツのベテラン・メタル・バンド、RAGEがメンバー・チェンジを発表しました。

2015年にヴィクター・スモールスキの後任として加入したマルコス・ロドリゲスが脱退し、ステファン・ウェーバー(元AXXIS)にジーン・ボーマン(ANGELIC, RAGE & RUINS)という二人のギタリストを新たに加入させたことを発表しました。

ピーター”ピーヴィー”ワグナー(Vo, B)には、"BLACK IN MIND"(1995)や"END OF ALL DAYS"(1996)時代の4人組編成に戻ろうという意志があったようで、"BLACK IN MIND"収録曲だった"The Price Of War"のリメイクをMV公開しています。

まあ、マンニ・シュミットとのREFUGEでの活動もありましたし、トリオ編成に飽きていたのかもしれませんね。

あるいは今年1月にリリースされた現時点での最新作"WINGS OF RAGE"で"END OF ALL DAYS"収録の"Higher Than The Sky"をリメイクしたことが何かきっかけになったりしているのでしょうか。

RAGEはラインナップが変わって多少スタイルが変わっても、常にRAGEらしさをキープした優れた作品を送り出してきたバンドなので、今回のメンバー・チェンジもまた何か新しい一面を見せてくれる機会になるのかもしれません。

現在はコロナ禍によってライブ活動を行なうことはできないため、来年リリース予定のニュー・アルバムに向けて作業を行っているようです。



SERENITY IN MURDERにレースクイーン出身のVoが加入

2018年8月にヴォーカリストのEmiが脱退したことが報じられていた日本のメロディック・デス・メタル・バンドSERENITY IN MURDERに、新しいヴォーカリストとしてAyumuの加入が発表されました。

しかも、ただ発表されたのではなく、昨日4月18日23時放送の日本テレビ系全国ネット、『マツコ会議』の番組中で発表されたのですから、驚きです(私はリアルタイムでは観られなったので、今日になってTVerで観ましたが…)。

というのも、その新加入のVoであるAyumu嬢は現役レースクイーンで、2018年10月13日に放送された同番組のレースクイーン特集に出演しており、その続編として「あの時登場していたレースクイーンたちのその後」的な放送回が昨日の放送だったということのようです。

前回放送時にも「以前5~6年間デス・メタル・バンドでヴォーカルをやっていた」「最近のメタル界を心配している」「前のバンドが休止してからはやってなかったんですが、黙っちゃおれん!と立ち上がりたい」などと語っていたようで、その様子を見た視聴者のメタラーが彼女にSERENITY IN MURDERのオーディションを受けることを薦めたようです。たしかにオンエアのタイミング的にはちょうどEmiが脱退した直後ですもんね。

メイン・ソングライターであるFreddyは「フロントマンであるヴォーカリストには華が必要で、(レースクイーンという)人前に立つ職業をしていた彼女にはそれがある」ということで、バンドとしては「そういう人を求めていたのでドンピシャだった」ということのようです。

そういう意味ではアレですかね。加入自体はもうだいぶ前から決まってて、ついでにこういう後日談のオンエアがあることも決まっていたので発表のタイミングをここまで待っていたということなんですかね。

正直、Ayumuのキャラクターとパフォーマンスは民放バラエティの演出の中で見るとなんだか軽い感じに見えてしまったし、華があるのは一面の事実としても、愛嬌を振りまくのが仕事のレースクイーンに対し、ある意味非人間的である所がカッコよさであるデス・メタル・バンドのシンガーというのは求められる存在感がむしろ真逆なんじゃないかと思われるのは気になる所ですが。

とりあえずSERENITY IN MURDERは前作"THE ECLIPSE"がメチャクチャ良かったし、ライブは観たことがないので何とも言えませんが、少なくとも作曲面のポテンシャルは高いと思っているので、こうして話題性を高めたことをきっかけに飛躍してもらいたいですね。

まあ、レースクイーン出身のデス・メタル・ヴォーカリストなんて『BURRN!』誌の前田さんの大好物だと思われますので、あの雑誌での扱いは急に良くなるのではないでしょうか(笑)。

Serenity In Murder、新ヴォーカル加入を日本テレビ"マツコ会議"にて発表!(激ロック)

sim_matsuko_200418.jpg

RATTが米保険会社のCMに登場

80年代L.A.メタル・ブームの象徴、RATTがアメリカで2番目に巨大な自動車保険会社、GEICOの新しいテレビCMに起用されたそうです。

ある夫婦が、「今の家は素晴らしいんだけど、ネズミ(RAT)が出るんだ」とボヤく企画になっており、家のあちこちでRATTが代表曲"Round And Round"を演奏している、という内容です。

このCMは、家と自動車の保険を簡単にまとめることができ、お金を節約できるというGEICOの「Bundling Made Easy」キャンペーンの宣伝のようですが、ネズミが出たくらいで保障の対象になるんですかね?

▼こちらがそのCM


ターゲットがRATTが流行ってた頃に青春を過ごしていた世代、ってことなんですかね?

てか、ロビン・クロスビー(G)もウォーレン・デ・マルティーニ(G)もボビー・ブロッツァー(Dr)もいない今のRATTでいいんすか?

まあ全米TOP10のレベルでアルバム売ったバンドだと、「曲は知ってるけど、メンバーまで知らない」という人の方が多数派なのかもしれませんが。

そういえば10年くらい前、DOKKENがセキュリティソフトで有名なNortonのCMに出演していましたが、これ、提案した広告会社のプランナーが同じか、あるいは当時のNortonのマーケティング担当者がGEICOに転職したんじゃないかと勘繰ってます(笑)。

▼DOKKENが出演したNortonのCM

ちょっと日本人の感覚ではなぜこの企画が通ったのか理解に苦しみますが…。

私は広告の仕事をしているのでこういうネタについ食いついてしまいますが、普通のHR/HMファンの方には全く興味のない話題かもしれませんので、往年のRATTのMVでも貼っておきます(笑)。


現代の感覚では理解し難いファッションながら、当時はこれがカッコよかったんだ、と言われれば納得できる華は感じます。

一方で迷作揃いで知られるDOKKENのMVの中でも随一の迷作として知られるコレのカッコよさは全く理解不能ですが(笑)。

こうして観ると、それなりに制作費はかかっていそうな所がまた笑えます。


ティモ・トルキの新プロジェクト"INFINITE VISIONS"のVoとKeyが発表に

先日このブログでも取り上げたティモ・トルキ(G : 元STRATOVARIUS, REVOLUTION RENAISSANCE他)の新プロジェクト、"INFINITE VISIONS"のヴォーカリストとキーボーディストが発表されました。

今回発表されたヴォーカリストはペルーのパワー・メタル・バンド、ANCESTRAL DAWNNAUTILUZなどの活動で知られる、ホルヘ・セヘルスボル。

先日の発表の時点ではヴォーカリストはマイク・ヴェセーラ(元OBSESSION, LOUDNESS, YNGWIE MALMSTEEN他)と発表されていたのですが、なぜか今回違うヴォーカリストが発表されています。

マイク・ヴェセーラと音楽的にうまくいかなかったのか、契約がまとまらなかったのか。もしかするとアルバムではネーム・バリューのあるマイクが歌って、ツアーはギャラの安そうなホルヘを起用するとか、そういうことなのでしょうか。

正直、マイク・ヴェセーラよりこのホルヘ・セヘルスボルの方がプロジェクト名から想像されるSTRATOVARIUS的なサウンドに適性があると思います。

そしてキーボーディストはETERNITY'S ENDやNORTHTALEでの活動で知られるジミー・ピッツ。

これまた有名とは言い難いものの、STRATOVARIUS的なサウンドへの適性は間違いなさそうな人選です。

ただまあ、どれだけ良さげなメンツを揃えてそれっぽい音楽をやっても、SYMFONIAみたいになぜか満足しきれない、という事態が発生する可能性はあるので、メンバーが誰か、ということはあまり重要じゃない気がするんですけどね。

ライブではこのプロジェクトのメンバーで制作するデビュー・アルバムからの曲だけでなく、STRATOVARIUSやREVOLUTION RENAISSANCE、SYMPHONIA、TIMO TOLKKI’S AVALONの曲もプレイするそうですが、果たして来日することはあるのでしょうか。

※ニュースソース
http://bravewords.com/news/infinite-visions-former-stratovarius-guitarist-timo-tolkki-announces-vocalist-and-keyboardist-for-new-band

◆ホルヘ・セヘルスボルが歌うSTRATOVARIUSの"Paradise"と"Before The Winter"


◆NAUTILUZによるSTRATOVARIUS "Black Diamond"のカバー


◆ジミー・ピッツが参加しているこの動画のソロの掛け合いなんて完全にSTRATOVARIUSですね。