FC2ブログ

VISION DIVINEにイヴァン・ジャンニーニ(DERDIAN)が加入

先日ファビオ・リオーネ(Vo)の脱退が報じられたイタリアのプログレッシヴ・パワー・メタル・バンド、VISION DIVINEに、DERDIANのヴォーカリストとしても知られるイヴァン・ジャンニーニの加入が発表されました。

ファビオ・リオーネ、ミケーレ・ルッピの後任なんて、ALCATRAZZでイングヴェイ・マルムスティーン、スティーヴ・ヴァイの後任になったダニー・ジョンソン並みのチャレンジじゃねーか…と思いましたが、加入発表と同時に公開されたMVを観てみると、なかなかどうして、これが意外と悪くない…というか相当良い。

先日のEvoken Festで観た時も、パワーとパッションはあると感じましたが、まさかここまで表現力があったとは。

ファビオ・リオーネやミケーレ・ルッピとはタイプの異なる熱唱型のシンガーなので、過去の曲を歌うとどうかわかりませんが、これはこれで新しい魅力になっているように思えます。このバンドは本当にシンガーに恵まれていますね。

これならBLACK SABBATHでオジー・オズボーン、ロニー・ジェイムズ・ディオの後任になったトニー・マーティンくらいの評価は得られるのではないでしょうか(結局前任2人には及ばないわけですが…/苦笑)。

てか、今VISION DIVINEのドラマーってマイク・テラーナだったんですね。もう還暦近いはずなのに相変わらずエネルギッシュな叩きっぷりがお見事。

スポンサーサイト

Download Japan 2019 第2弾ラインナップが発表

クラシックなHR/HMスタイルのバンドばかりが並び、「これ、まんまラウパじゃね?」と、OZZFESTの二の舞を警戒していたメタラー諸兄を拍子抜けさせた第1弾発表から約2か月、ようやく発表された第2弾ラインナップ。

・SUM 41
・AMARANTHE
・LIKE A STORM
・MAN WITH A MISSION

…まあ、むしろこういうラインナップが第1弾で発表されることを予想していたので、別に驚きはないですね。

メタルなヘッドライナーがOZZY OSBOURNEで、非メタルなヘッドライナーはSUM41ということでしょうか。やや微妙な気もしますが、LOUD PARKやPUNKSPRINGで過去もっと微妙なヘッドライナーで開催された例はいくらでもあると思いますし、個人的にはヘッドライナーよりも、フェスでしか観られない(来日できない)ような面子の厚みこそがフェスの価値を決めると思っているので無問題。

『BURRN!』に載るようなバンドはAMARANTHEだけですが、このバンドはメタル・ファン以外にもアピールする音楽性だし、逆にSUM41なんかは、パンク系のバンドの中ではメタル色が強い方なのでアリなんじゃないですかね。

マンウィズについては、個人的には「ナシ寄りのアリ」という感じですが、ピュア・メタラー諸兄にとっては「アリ寄りのナシ」、もしくは「ナシ寄りのナシ」かもしれません。

ただ、これまでのLOUD PARKのラインナップ発表のタイミングで、ネット上に飛び交う声を見ていて毎回思うのは、「自分が観たいバンドの出演を望むのは別にいいですが、自分が興味がないバンドの出演に文句を言うのはダメですよ」ということです。それはファシズムですからね。

もちろん個人のレベルで興味がないバンドを聴かないのは勝手ですが、フェスというのは色々な人が集まる場なのです。そして基本的に「誰も観たくないバンド」だったら興行主は呼びません。ビジネスにならないので。そこで自分が観たくないからといってケチをつけるのはお門違いというものです。

とまあ、ちょっと説教臭くなりましたが、逆にマンウィズのファンにとって、このフェスってどうなんですかね? それこそマンウィズ以外ほとんど興味がないバンドばかりということになってしまっているのではないでしょうか。

第1弾発表の時には、マジで単にLOUD PARKみたいなメタル・フェスを日本で2日開催するのは興行的に厳しいから、『Download』に看板を掛け替えることで1日開催のフェスにしてしまおう、というのがクリエイティブマンの「狙い」なんじゃないかと思ってしまいましたが、それは杞憂だったようです。

個人的にはこういう、メタル・ファン以外の人がメタルに触れる機会になるようなフェスというのは、メタラーだけが密室的に集まるようなフェスよりもヘルシーだと思っているので、今回発表されたラインナップは、トータルで見て「アリ寄りのアリ」だったりします。

興味ないバンドが適度にいた方が飯タイムも取りやすいですしね(小声)。

現状、私にとって最大の問題は、ライブを観たことがないバンドがLIKE A STORMというポスト・グランジのバンドしかない、という一点に尽きます(苦笑)。もっと新しい出会いをカモン。

Download Japan 2019公式サイト

downloadjapan2019_2.jpg

TURILLI / LIONE RHAPSODYが始動

さて、以下はとある同一のバンドをルーツとする2つのバンドのメンバーの顔触れです。

Vo : ファビオ・リオーネ
G : ルカ・トゥリッリ
G : ドミニク・ルアキン
B : パトリス・ガース
Dr : アレックス・ホルツヴァース

Vo : ジャコモ・ヴォーリ
Key : アレックス・スタロポリ
G : ロビー・デ・マシェリ
B : アレッサンドロ・サーラ
Dr : マニュー・ロッター

10年前にタイムスリップして、当時のRHAPSODY OF FIREのファンに「RHAPSODY OF FIREは分裂して、こういうメンツになってるよ」と伝えたら、きっと「へえ、アレックス・スタロポリが脱退したんだ?」と思うことと思います。

RHAPSODY OF FIREを名乗っているのが後者だと聞いたら、きっと耳を疑うことでしょう。

前年の「RHAPSODY デビュー20周年フェアウェル・ツアー」で共演したファビオ・リオーネとルカ・トゥリッリのパートナーシップが、"TURILLI / LIONE RHAPSODY"の名の下、新たなるプロジェクトとしてアルバムを制作することにしたそうです。

しかしアレですね。ファビオ・リオーネ、RHAPSODY OF FIREを脱退したのはてっきりANGRAの活動を軸にするためかと思いきや、まさか再びルカ・トゥリッリと合流するためだったとは…。

ユダかブルータスか呂布か松永久秀かファビオか、という裏切りっぷり(?)。明智光秀もビックリですよ。

なぜ一度は見限った(?)ルカ・トゥリッリと再び合流することにしたのか、各メディアにはぜひインタビューで突っ込んでほしいところです。いや、もちろんインタビューの回答は「表向きの答え」にしかならないのだとは思いますが。

ファビオ・リオーネといえば、辺境国の無名バンドを含む数々のプロジェクトにゲスト参加をし、ユーロビートを歌っていたことさえあるメタル業界屈指の「仕事を選ばない男」。

そういう意味では単純にRHAPSODY OF FIREよりも良いギャラ、あるいはより多いバンド収益の取り分比率を提示された、というわかりやすい理由だったりする気がしますが。

RHAPSODY OF FIREの再録ベストも、少なくともファビオ時代の輝きを超えているとは言えなかっただけに、普通に考えたらもはやRHAPSODY OF FIREを「まがい物」認定して、このTURILLI / LIONE RHAPSODYに期待するところですが、つい先日公開されたRHAPSODY OF FIREの新曲「The Legend Goes On」が結構良かったんですよね。

基本的に私は「誰がやるか」より「何をやるか」を重視するタイプなので、とりあえずはフラットにRHAPSODY OF FIREとTURILLI / LIONE RHAPSODYの新作をそれぞれ楽しみに待ちたいと思います。

しかし、10年前にタイムスリップした場合、今のRHAPSODY OF FIREの面子もにわかには信じられないことになっていますが、まさかANGRAからキコ・ルーレイロ(G)が抜けてファビオ・リオーネが加入しているなんて、むしろそっちの方が驚きかもしれませんね(笑)。

※ニュースソース



Trans-Siberian Orchestraが最新ツアーでSAVATAGEの"Chance"を演奏

SAVATAGEのプロデューサーであったポール・オニールがSAVATAGEのメンバーと共にサイド・プロジェクトとして始めたTrans-Siberian Orchestraは、今やアメリカで最もツアーの集客ができるアーティストTOP10のひとつに数えられる人気プロジェクトです。

新作のリリースとは関係なく毎年行われる全米ツアーは、東海岸組と西海岸組の二手に分かれ、それぞれ昼と夜の1日2回公演が行なわれているにもかかわらず、どの公演も1万人以上のオーディエンスを集めており、海外では(日本でも時折)このバンドのライブを観に行くことを目的とした海外旅行ツアーも組まれている、と言えばその人気ぶりがご理解いただけるでしょうか。

アルバム・セールスの面でも、これまでにリリースした6枚のアルバムのうち4枚がプラチナム(うち2枚はマルチ・プラチナム)を記録、ここ2作のアルバムは全米TOP10にランクインと、HR/HM系アーティストとしてはアメリカでトップクラスの実績を誇っています。

このプロジェクトが大成功したためにSAVATAGEは実質的に活動停止状態になってしまったわけですが、このプロジェクトが誕生するきっかけとなった、SAVATAGEの「DEAD WINTER DEAD」アルバムに収録された「Christmas Eve / Sarajevo 12/24」(ちなみにこの曲はデジタルで通算1300万以上のダウンロードを記録しているとか)をはじめ、SAVATAGEの楽曲もしばしばツアーで演奏されています。

そして、今回のツアーでは「HANDFUL OF RAIN収録の名曲「Chance」が演奏されているそうです。

というか私が知らなかっただけで、2011年のツアーでも演奏されていたようですが、私はこの曲が1994年のベスト・チューン第3位に選出したくらい大好きなので、読者需要のあるなしにかかわらずこのブログで取り上げたくなりました。

そもそもこの曲は第2次世界大戦時、ナチスの虐殺から逃れようとしたユダヤ人にビザを交付することで数千人の命を救った、当時の駐リトアニア日本大使杉原千畝をテーマにした楽曲ということで、我々日本人にはゆかりのある曲であり、その杉原千畝の葛藤を表現する楽曲後半の輪唱パートはHR/HM史上に残すべきドラマティックさを持っています。

オーディエンス撮影ながら、かなりクオリティの高い映像がYouTubeにアップされていたので、この楽曲が好きな人はもちろん、ドラマティックな音楽を愛する人にはぜひご覧いただきたいと思います。



上記の動画をアップした方は、他に同公演の映像をアップした人の映像を編集してのマルチカメラ映像もアップしています。よほどのTrans-Siberian Orchestraマニアなんでしょうね。音質は上記のものに劣りますが、こちらも一見の価値ありです。



上記ザック・スティーヴンスが歌っているのは「西海岸組」ですが、「東海岸組」の映像もアップされています。



BABYMETALからYUI-METALが脱退

今や押しも押されもせぬ日本を代表するメタル・アクトとなったBABYMETALからYUI-METALこと水野由結の脱退が発表されました。

「体調不良」との理由で昨年12月から活動を休止していたので、ファンの中には「このまま脱退してしまうのでは…」と予感していた人も少なからずいたようですが、その予感が現実となってしまいました。

本人の声明によると「今も体調が万全ではないこと、そして以前からの私の夢、水野由結としての夢に向かって進みたいという気持ちもあり、今回このような決断をいたしました」とのことです。

まあ体調が、と言われると誰も何も言えないわけですが、実際の所19歳というもはや「BABY」とは言い難い年齢になった女の子として結果的にBABYMETAL一色になってしまった青春時代について思う所もあったのではないでしょうか。

もちろんBABYMETALというユニットが成し遂げてきた実績は、青春を全て捧げるに値するエポックメイキングなものだと思いますが、恐らく特にメタルが好きというわけではないであろう年頃の女の子にとって「あたしこのままでいいのかな?」という思いが生じることは無理のないことだと思います。

BABYMETALの魅力というのは単純に音楽だけではなく、やはりそのステージ・パフォーマンスにあることは否めず、編成自体が変わってしまった彼女たちに従来の求心力が維持できるか、熱心なファンならずともいささか心配になってしまいます。

いや、熱心なファンではないと言っても、BABYMETALの結成以前から存在していたメタル・サイト/ブログで、このサイト/ブログほど早くから彼女らを正当に評価してきたサイト/ブログはないと自負していますよ。

このタイミングで公開された新曲「Starlight」は、バック・バンドである「神バンド」のギタリストであった藤岡幹大の死、そしてYUI-METALの脱退と、悲報が続くBABYMETALのファンの感傷的な気分にマッチするであろう、ジェントっぽいヘヴィさを備えつつもSU-METALの清らかな歌声が生える切ないメロディの楽曲になっています。

彼女らに対して「さすがに旬は過ぎたんじゃないの?」と思っている私ですが、YUI-METALの脱退という、ユニットのアイデンティティを揺るがす事態もストーリーに変えて、さらなる飛躍を期待したい気持ちは強く持っています。