fc2ブログ

DOWNLOAD JAPAN 2022 第1弾ラインナップが発表

ようやくwithコロナでのライブ/フェスがある程度許容される空気感になり、結局2020年、2021年は開催されなかった『DOWNLOAD FESTIVAL』の日本版が今年は開催されそうです。

発表された第1弾ラインナップは以下の通りで、意外なほどにメタル・フェス然とした名前が並んでいます。

DREAM THEATER
BULLET FOR MY VALENTINE
MASTODON
STEEL PANTHER
AT THE GATES
THE HALO EFFECT

コロナ禍によって立ち消えてしまった2020のラインナップにはMY CHEMICAL ROMANCEやTHE OFFSPRINGといった、メタルとは認知されていないバンドが中心になっていましたが、現状ラインナップされているバンドはどれも基本的にはメタル・バンドとして認知されているであろう顔触れ。

これを見ると、『DOWNLOAD JAPAN』というのは『LOUD PARK』に替わるものとして企画・興行されているんだな、ということを感じさせられます。やはり国際ブランド強しということでしょうか。

DREAM THEATERがトリというのは、やはりグラミー賞受賞効果ですかね。いやまあ『LOUD PARK』でもトリになっていましたが、より箔が付いた感じはありますよね。

AT THE GATESは中止になってしまった2020の時にも出演が予定されていたので、リベンジですね。

個人的な目玉は元IN FLAMESのメンバーによるメロディック・デス・メタル・バンド、THE HALO EFFECTで、デビュー・アルバムもまだリリースされていないのに来日が決まるあたり、レコード会社であるトゥルーパー・エンターテインメントの意気込みを感じます。

とはいえ、まだ私自身のモチベーションとしては割と観たことがあるバンドばかりということもあってそこまで前のめりではないというのが事実で、観に行くかどうかはこの後の追加バンド次第、といった感じでしょうか。

▼"Days Of The Lost"…まさにコロナ禍で失われたライブ機会ですね。


downloadjapan22_1.jpg
スポンサーサイト



SKID ROWにエリク・グロンウォール(元H.E.A.T)が加入

SKID ROWが、2016年から(正式メンバーとしては2017年から)フロントマンを務めていたZP・サート(元DRAGONFORCE)に代わり、元H.E.A.Tのエリク・グロンウォールを新しいヴォーカリストに迎えたことを発表しました。

SKID ROWのヴォーカリストというと未だにセバスチャン・バックの印象が強いですが、そのセバスチャンより長い16年間に渡ってフロントを務めたジョニー・ソーリンガーの脱退後、一瞬トニー・ハーネル(元TNT)を加入させたり、全く世代の違うZP・サートを迎えたりとなんだかよくわからないことになっていましたが、そのZPよりもさらに若いスウェーデン人を迎えるとは驚きです。

エリク・グロンウォールと言えば、アフリカでエンターテインメント・ビジネスをやりたいということでH.E.A.T脱退後、白血病を発病したというニュースが報じられて心配されておりましたが、つい先日NEW HORIZONという英語の教科書のような名前のプロジェクトで復活を遂げたばかり。

それが気づけばSKID ROWに加入って、どういうこっちゃ? という感じで、穿った見方をするならH.E.A.T脱退もこのSKID ROW加入を見据えたことだったのか? などと勘繰ってしまったり。

早くもそのエリクをフィーチュアした新曲"The Gang's All Here"が公開されているあたり、加入が決まったのは昨日今日の話ではないのでしょうし。

元々エリク・グロンウォールが世に出たアイドルオーディション番組でもSKID ROWの"18 And Life"を歌っていましたし、同曲はH.E.A.T在籍時にも、そして自身のYouTubeチャンネルの「歌ってみた」動画などでもカバーするなど、並々ならぬ思い入れがありそうでした。

というか、エリクの歌唱スタイル自体、セバスチャン・バックからの影響がアリアリで(セバスチャンよりも歌唱力は高いですが…)、きっとSKID ROWが好きなんだろうなあという感じで、そんな憧れのバンドから加入のオファーがあったらそれを断る理由はなかったんでしょう。

ファンに怒られそうなことを言うなら、SKID ROWなんてもう「過去のバンド」で、再び80年代末から90年代初頭の頃のような輝きを取り戻す可能性はなく、昔のヒット曲のノスタルジー頼みドサ回りツアーを行なうくらいがせいぜいで、エリクがどんなにいいパフォーマンスをしたところで往年のファンからは「セバスチャン・バックに戻ってほしい」と言われてしまうのは目に見えています。

正直、公開された新曲もSKID ROWらしいと言えばらしい曲であるものの、個人的な嗜好からいえばH.E.A.TやNEW HORIZONの曲の方がはるかに好みで、エリクにやってほしいのはSKID ROWじゃないんだけどなーという気がしてしまいます。

とはいえ腐っても(失礼)かつて全米No.1を獲ったこともあるアメリカのメジャー・バンドに加入するというのは客観的にはキャリアアップと言えるはずで、これまでよりも多くの人にエリク・グロンウォールの名前が知られるようになるという意味で、中長期的にはエリクにとっていい経験というか、欧州ローカルの存在を脱するきっかけになる経歴になるのかもしれません。

しかし、結構長いことSKID ROWにいたのにアルバムには1枚も参加できなかったZP・サートの立場はいったい…。







元IN FLAMESのメンバーによる新プロジェクト、THE HALO EFFECT

「元 IN FLAMES」の肩書を持つ5人、イエスパー・ストロムブラード(G)とニクラス・エンゲリン(G)とピーター・イワース(B)とダニエル・スヴェンソン(Dr)とミカエル・スタンネ(Vo)による新プロジェクト(バンド?)、THE HALO EFFECTの立ち上げが発表されました。

と言っても、現在発表されているのはバンド名とメンバー・ショットの写真のみで、それ以上の情報や音源は公開されておらず、詳細は今後追って発表されるとのことです。

ミカエル・スタンネというとDARK TRANQUILLITYのヴォーカリストとして知られていますが、彼がIN FLAMESのデビュー作"LUNAR STRAIN"(1994)で歌っていたことは古くからのファンであればよく知られた話。

これはもしかすると初期のIN FLAMESサウンドが再現されるのではないか、と期待してしまいますよね。どうしても。

正直、これまでの人生経験から実際に音を聴いたら微妙な表情になってしまうこともあり得ると思っているだけに(苦笑)、むしろ何も具体的なアウトプットがない中で発表するのは期待感を高める上手い情報戦略だな、と思います。

あまりIN FLAMESに思い入れがない人にとっては、最近で言うならK.K'S PRIESTみたいな存在にしか見えないのかもしれませんが、デビュー当時から彼らをフォローし、イエスパー・ストロムブラードのメロディ・センスこそがIN FLAMEを特別な存在にしたと思っている人間にとってはむしろこっちこそが真のIN FLAMES。

まして、ヴォーカリストとしてはアンダース・フリーデンよりミカエル・スタンネの方を高く評価しているだけに、期待がさらに高まります。

まあ、ちょっとイェスパーにはちょっと不安定な所があるだけに、あっさり空中分解して終わってしまう可能性もありますが、今日だけはあの「慟哭のイエテボリ・サウンド(©前田岳彦)」が現代に蘇る妄想に浸りたいと思います(笑)。

thehaloeffect202110.jpg


▼2004年にミカエル・スタンネがIN FLAMESのライブにゲスト参加した時のオーディエンス撮影映像。イェスパーはドラム。


ジョーイ・ジョーディソン(元SLIPKNOT)が死去

SLIPKNOTのオリジナル・ドラマーとして知られ、近年ではSINSAENUMなどで活動していたジョーイ・ジョーディソンが7月26日に亡くなったことが28日、家族によって公表されました。

同日亡くなったマイク・ハウ(METAL CHURCH)も55歳と若かったですが、ジョーイに至ってはまだ46歳、私より少々年上ながら、ほぼ同世代と言っていい年齢だけにショックでした。こういう悪いニュースって重なるんですよね、なぜか…。

私自身は大ファンというわけではなかったとはいえ、やはり現代メタル・ドラマーの代表的存在の一人だと認識していますし、LOUD PARK 08でのSLIPKNOTのステージは、LOUD PARKを第1回から最後(?)まで皆勤した私の記憶にある限り、フェス史上最も盛り上がったステージでした。

さらに2018年に行なわれたSINSAENUMの来日公演も縁あって観ているだけにショックもひとしおです。

SLIPKNOTを脱退(解雇?)することになったのも横断性脊髄炎という病気の問題だったと聞いた気がしますし、それは克服したという声明を2016年に出していましたが、やはりあまり身体が丈夫な人ではなかったのでしょうか…。

2010年に亡くなったポール・グレイといい、SLIPKNOTは「黄金ラインナップ(とみなされているであろう)メンバー」が2人も夭逝してしまったことになります。そんな不運なバンドは他にX JAPANくらいしか思いつきませんね…。ご冥福をお祈りいたします。





マイク・ハウ(METAL CHURCH)が死去

アメリカのヘヴィ・メタル・バンド、METAL CHURCHのヴォーカリストとして知られるマイク・ハウが7月26日の朝、カリフォルニア州ユーレカの自宅で亡くなったことがバンドのSNSで発表されました。

まだ55歳、早すぎますね。死因はプライバシーということで公表されていませんが…。

マイク・ハウは米ミシガン州生まれで、デトロイトのバンド、HELLION(後にロサンゼルスに移ってSNAIRと改名)のヴォーカリストとしてキャリアをスタートさせ、その後1986年に結成されたスラッシュ・メタル・バンド、HERETICに参加。

デイヴィッド・ウェインの後任として1988年にMETAL CHURCHに加入し、人気作である3rdアルバム"BLESSING IN DISGUISE"(1989)や4thアルバム"THE HUMAN FACTOR"(1991)に参加し、来日公演も実現させました。

METAL CHURCHはグランジ/オルタナティブ・ロックのブームに押されるように1996年に一度解散しましたが1998年に再結成し、マイク・ハウは2015年に復帰して、2019年には再びの来日公演を行なっていたのですが…。

単独公演に足を運ぶ気になるほど熱心なMETAL CHURCHファンではなかった私にとっては、二度に渡ってLOUD PARKの出演がキャンセルになってしまったことで直接観る機会には恵まれませんでしたが、ご冥福をお祈りします。

※21年7月31日追記
死因は自殺であることが『TMZ』というメディアの報道によって明らかになりました。ドラッグやアルコールの問題ではなかったようですが、健康/医療に関する問題を抱えていたようです。