FC2ブログ

STARBREAKER "DYSPHORIA"

starbreaker03.jpg

トニー・ハーネル(Vo: 元TNT)とマグナス・カールソン(G: 元LAST TRIBE, ALLEN-LANDE他、現PRIMAL FEAR)によるプロジェクトの、前作"LOVE'S DYING WISH"(2008)以来、約10年ぶりとなる再結成(?)アルバム。

ドラマーが前2作でプレイしていたジョン・マカルーソから、マグナス・カールソンのソロ・プロジェクトでもプレイしていたAnders Köllerforsなる人物に交代している。

とはいえ、アルバムのジャケットにトニー・ハーネルとマグナス・カールソンの名前だけが表記されているので、このプロジェクトは実質的にトニー・ハーネルとマグナス・カールソンのデュオなのでしょう。

デビュー・アルバムではちょっとプログレッシブかつモダンなメロディックHR/HMを、前作ではややゴシカルな感触のヘヴィ・ロックをプレイしていたが、本作では過去最高に正統的なヘヴィ・メタルの方向性に進んでおり、トニー・ハーネルがこういう音楽を好んでいるとは思っていなかったので、#1"Pure Evil"の威勢のいいドラムからパワー・メタル然としたギター・リフ、トニー・ハーネルのハイトーン・スクリームという出だしにちょっとビックリ。

その後もマグナス・カールソンらしいメロディ・センスが活きたメロディアス・ハード的なセンスの曲から、どちらかというとトニー・ハーネルのセンスによるものと思われるモダンなタッチの楽曲まで多少の振り幅はありつつ、メロディックなメタルのファンであれば楽しめる楽曲が全編に渡って展開されている。

これまで『Frontiers Music』からリリースされてきた、マグナス・カールソン主導のプロジェクトは一歩間違うと「歌い手が違うだけ」状態になってしまいがちでしたが、このプロジェクトがそうならないのはやはりトニー・ハーネルが単なる歌い手に徹するようなタイプのシンガーではないからなのでしょう。今まで『BURRN!』誌などで目にしてきたインタビューを読むと、結構我の強そうな人ですからね(笑)。

アメリカ人であるトニー・ハーネルのセンスが、コテコテ・クサクサにならないこの洗練されたメロディック・メタル・サウンドに昇華されているとしたら、これはケミストリーと呼べるものなのかもしれません。

マグナス・カールソンのソロ・プロジェクトにトニー・ハーネルがゲスト参加している楽曲もそうだったのですが、この二人が組んでバラード系のメロウな楽曲を歌うと絶品なんですよね。

恐らくこのバンドがライブをやることはないという安心感(?)からか、トニー・ハーネルは「まだこんなに声出るんだ?」と驚くほどのハイトーンを随所で披露しており、80年代以来の彼のファンには溜飲が下がることでしょう。

アルバムのラストはJUDAS PRIESTの"SIN AFTER SIN"(1977)アルバムに収録されている"Starbreaker"のカヴァー。

やっぱりこのバンド名はこの楽曲から取ったんですかね? その割にはデビュー当時にそういう正統派ヘヴィ・メタルの要素はさほど強くなかったような気がしますが…。

このバンドSTARBREAKERの現代的なセンスを備えた洗練されたメタル・サウンドの後に聴くとこの40年前の楽曲はいささか垢抜けないものに響いてしまいますが、本作の作風を伝えるにあたってJUDAS PRIESTのカヴァーを収録するというアイディアは悪くないのかもしれません。【84点】





スポンサーサイト

AZRAEL / MOONCHILD

azrael05.jpg

レビューに先んじて年間ベスト的なものに選出してしまったので、傑作であることは前提です(笑)。

恐らく、日本で意識的にメロディック・パワー・メタル・バンドとしてアルバムを出すことに漕ぎつけた初めてのバンドであると思われるAZRAELの、神奈川大学のサークル・バンドとしての結成から数えて25年目となる年にリリースされた通算5作目のフル・アルバム。

私がこのバンドの存在を知ったのは、デビュー・アルバムがリリースされた1997年当時、行きつけだったCDショップで試聴機展開されていたのがきっかけですが、その時の「ついに日本にもこんなバンドが…!」という衝撃は今でも鮮明に覚えています。

デビュー当時の演奏力やサウンド・プロダクションはややアレでしたが、その辺も当時の感覚では親近感につながって、このバンドに対しては常に特別な思い入れを持って見守ってきましたが、前作から8年の年月が経ち、「もう普通のサラリーマンになっちゃったのかな…?」と思い始めていたタイミングでの嬉しいリリース。

前作『DREAM ON』発表後、TACKY(G)とAOI(B)が脱退、本作ではYASU(B/GRAND FINALE)、AKKKI(G/ちびらり)が加入して制作されています。

とはいえ、このバンドの中心はリーダーのTAKE(G)と、ヴォーカルのAKIRAの2名なので、音楽的には何も変わっていない。

デビュー以来の(と言ってもいいですよね?)ファンとしては、まずはこの「変わらなさ」が嬉しい。

変わらないことが良いことか悪いことかというと、それは色々な価値観があると思いますが、こと音楽に関しては人間20代以降大きく嗜好が変わるはずがないと思っています。

にもかかわらず多くのアーティストのサウンド・スタイルが変わるのはビジネス的な意図かマイブーム的な「気分」でしかないと思っており、そういう意味で私の好きなスタイルを貫いてくれるこのバンドには正直さと誠実さを感じます。

そして本作の出来の良さがまた嬉しい。

「宇宙誕生」という超壮大でちょっと中二病なテーマを40歳を超えた(オリジナル・メンバーは超えているはず)いい大人が打ち出してくることもまた個人的には嬉しくなってしまうのですが、新加入のYASU(B)がオーケストラ・アレンジを手掛けたという序曲の#1「Birth Of The Universe」から、スケール感あるサビを持つスピード・チューンのタイトル曲#2の流れで既にこみ上げてくるものがある。

そして続く#3「Surveillance Society」冒頭の、AKIRAさん必殺の超ハイトーン・スクリームでガッツポーズ。これぞAZRAEL節ですよ。ライナーノーツで自らEDGUYの「Babylon」を「参考にした」とネタバレしているのも微笑ましい。

#4「Fly Till The End Of Time」は2005年に発表したEP「MY BLACKEST HEART」収録曲。サウンド・プロダクションの向上もあってオリジナルよりスケール感を大きく増している。

#5「Dream Die Hard」は、2nd『KING OF STEELY NATION』収録の「Hold On To The Young Love」以来(いや、デビュー作の「Calling You」以来かな?)、AZRAELの芸風のひとつとなっているホープフルなハード・ポップ・ナンバー。メロパワもメロハーも好き、という私のようなリスナーにとっては、中途半端なミドルテンポの曲をプレイされるくらいなら、こういう曲でアルバムに起伏をつけてくれるのはありがたい。

#6「Fight It Out」は、2011年の東日本大震災を受けて、現在の彼らの所属レーベルである『Black-listed Records』からリリースされたチャリティ・オムニバス・アルバム『METAL BLESS JAPAN』にデモ・バージョンが収録されていた楽曲の「完成版」で、イントロ部分で参考にしたのがSTRATOVARIUSの「Freedom」であることを素直にライナーノーツで明かしているのも微笑ましい(2回目)。

#7「Infinity」は新メンバーYASUによる楽曲で、典型的なAZRAEL節とは異なる、ちょっとプログレッシヴな構成を持った楽曲だが、印象的な歌メロとメロディックなギター・ソロ・パートは私のような古参のAZRAELファンにも容易に受け容れられる魅力がある。

#8「Heaven Or Hell」、これはメロディック・スピード・メタル・ファンにとってはキラーでしょう。速い曲の多い本作の中でも最も速い曲。とはいえただ速いだけでなく絶妙な緩急と起伏があって、だからこそキラーになっている曲と言える。

#9はこれまたメロハーな曲で、ライナーノーツで「哀愁はありつつも、それでいて何か勇気が沸くような楽曲」と形容している通りの力強さがあり、サビも日本人にしか作れないだろうフックが印象的な佳曲。

#10「Legacy Of Tragedy」は新メンバーAKKKIの作曲による哀愁が強調された楽曲で、これまた歌メロ、ギター・ソロ共に日本人ならではの歌謡センスが活きた楽曲で、Keyのスペーシーな音色も楽曲のムードを引き立てている。

#11「Servant Of Steel」は#4「Fly Till The End Of Time」同様、2005年に発表したEP「MY BLACKEST HEART」収録曲。アルバム終盤に相応しい緊張感のある疾走曲で、リメイクにもかかわらずアルバムの流れにピッタリとマッチしている。

ラストを飾る#12「Sun Will Rise」はYASUがリーダーを務めているELENDIRAの楽曲で、まあカヴァーというか、作曲者本人がいるので「AZRAELバージョン」といった感じか。

これまたこのアルバムのために作られた楽曲ではないにもかかわらず、疾走感と希望に満ちたこのアルバムのエンディングにピッタリな素晴らしい曲…と感じるのはオリジナルを未聴だからでしょうか。

前作『DREAM ON』は全体的にマイナー調の哀メロがフィーチュアされた、哀愁派である私には好ましい作風だったはずだが、それまでの作品に比べて今一つ満足できなかったというのが正直な所。

その満足できなかった理由が、本作を聴いて納得できました。

このバンドの持つ最大の魅力は「希望」を感じさせるメロディなのです。Aメロからヴァースまでは哀愁を湛えつつ、サビでは明るい希望をコーラスする、これこそこのバンドの「黄金律」なのだということを、本作のキラー・チューンたちが雄弁に物語っています。

過去に発表された楽曲のリメイクが12曲中3曲と1/4もあることをネガティブに見る人もいるかもしれませんが、いずれの楽曲も本作に完全になじんでおり、過去の音源は決して入手しやすい状況ではない以上、新規のファンにとってはありがたい話でしょう。

私より「ちょっと先輩、ほぼ同世代」なこのバンドが、こうして「いい歳」になって最高のアルバムをリリースしてくれたことが本当に嬉しい。点数はちょっと個人的な思い入れ込みかもしれませんが、メロディックなメタルが好きな人であれば聴いて損はしない、素晴らしいアルバムであることは間違いないと思います。【90点】



GHOST / PREQUELLE

ghost04.jpg

年内最後のレビューは、メタル界隈における今年最大の話題作のひとつであるGHOSTの最新作。

本国スウェーデンの他、ノルウェー、フィンランドという北欧3国では軒並みチャート1位を獲得、ドイツで2位、アメリカで3位、イギリスでもTOP10入りと、今年最もチャート的な成功を収めたメタル作品です。

しかしそんな話題作もここ日本では国内盤のリリースさえなし。

デビュー当時はかなりレトロ・サイケなアンダーグラウンド感を醸し出していた(何しろデビュー作のリリース元はリー・ドリアンの『Rise Above』だ)が、前作『MELIORA』(2015)で一気にメジャー感を増し、商業的にも(それ以前から成果を出していたが)一気に飛躍、2016年にはグラミー賞の「ベスト・メタル・パフォーマンス」部門に輝き、名実ともに国際的トップ・メタル・バンドとなった。

一方で、昨年2017年に「Nameless Ghouls(名もなきグールたち)」と呼ばれるバック・バンドのメンバーからギャラや待遇の問題で訴えられ、それまで「パパ・エメリトゥス」と架空のキャラクターを演じていたヴォーカリストが公開された訴状などからトビアス・フォージという、初期CRASHDIETのメンバーでもあった(!)人物だということがバレてしまうというスキャンダルが発生したものの、特に人気に悪影響は及ぼさなかった模様。

やはりこのインターネット時代、バンドのキャラ設定などというものがエンターテインメントに過ぎないということが理解できないほどリスナーもナイーブではない、ということでしょうか。

事件の影響か、トビアス・フォージがパパ・エメリトゥスというキャラクターを捨て、新たに「コピア枢機卿」というキャラクターを演じる本作も、前作の流れを受け継ぎ、アンダーグラウンド臭をやや抑えた、持ち前のポップ・センスを生かしたキャッチーでオールド・ファッションなヘヴィ・メタル・サウンドを展開している。

いやでもホント不思議なんですよ、このバンドが売れてることって。日本にいるとさっぱり理解できません。

SLIPKNOTとかDISTURBEDとかAVENGED SEVENFOLDなどは、個人的な好みとは関係なく、売れている理由というのは、それまで売れていたものの文脈を見ればなんとなく理解できるんです。

しかし、このバンドについては、音楽的には完全にNWOBHM時代のHMで、アメリカで人気のあるオルタナティブ・メタルはおろか、スラッシュ・メタルの要素すらありません。バンドのイメージに反して(?)デス・メタルやブラック・メタルなどのエクストリーム・メタル的な要素もなし。

スウェーデン出身ということも踏まえれば、私が大好きな(しかし英米でほとんど人気のない)欧州メロディック・メタルに含まれる音楽性と言っても過言ではありません。

それがこのローマ法王パロディみたいな設定だけでここまで売れるのか(イタリアやフランス、アイルランドなどカトリックが強いエリアでは全く売れていないようなので、ポイントはやはりそこなのではないでしょうか)? 

現地の人に聞いたわけではないので確信はありませんが、これはいわゆる「メタル文脈」で売れたというよりは、BABYMETALのような「突然変異」なのではないかと考えています。カギは「意外性」と「わかりやすさ」の両立でしょうか。

いずれにせよ、このバンドがビジュアル含めて表現する反キリスト的な世界観と、意外なほどキャッチーな楽曲のマッチングが、キリスト教圏の人たちにとっては斬新かつ面白かった、ということなのではないかと。

本作の楽曲も非常にメロディアスかつキャッチーで、コンパクトさを増したこともあって、ある意味「ポップ・ロック」とさえ言えてしまう親しみやすさがある。

個人的には、このバンドの持つメロウなムードというのはあまりメタルに求めるものではなく、もっと熱いメタルが趣味なのですが、楽曲のクオリティの高さは認めざるを得ない、という感じですかね。

このバンドの成功を見ると、モダンな要素のないクラシックなヘヴィ・メタルでも売れる可能性がある、と考えることもできる一方、普通に音楽をやっているだけではクラシックなヘヴィ・メタルは売れない、ということがわかってしまった観もあり、個人的にはやや複雑な感情をこのバンドに対して抱いています。【85点】





続きを読む

SEASON OF GHOSTS / A LEAP OF FAITH

seasonofghosts02.jpg

元BLOOD STAIN CHILDのヴォーカリストだった(というよりはアルバム『EPSILON』で歌っていた、くらいの表現の方がしっくり来るが…)ギリシャ人女性シンガー、ソフィアが帰国後新たに結成したギリシャ/イタリア人混成バンドのセカンド・アルバム。

2015年のデビュー・アルバム『THE HUMAN PARADOX』で体現していたエレクトロな要素の強いヴォーカル・オリエンテッドなメタル・サウンドを継承しつつ、より「バンド感」が強まっている印象。

女性ヴォーカルをフィーチュアしたエレクトロなメタル・サウンド、と聞くとAMARANTHEあたりをイメージする人もいるかもしれないが、あれほどダンサブルな要素や、実験的なニュアンスはなく、エレクトロなサウンドはイマドキ「風」を演出する味付けとして装飾程度に使われており、アンサンブルの中心となっているのはあくまでソフィアの歌声。

ソフィアのヴォーカルは声域や技量が特別凄いというわけでもないが、非常に聴きやすい、耳触りのいい歌声で、バックのサウンドがさほどヘヴィでないこともあり、メタル・ファンでなくても楽しめそうな音。

ギターの主張が強くない一方で、ベースが妙にうねうね動いて存在感を放っている辺りは、何となく日本のV系バンドに通じるものを感じなくもない。

当然彼女が在籍していた頃のBLOOD STAIN CHILDに通じる雰囲気もあり(もちろん基本がメロディック・デス・メタルであるブラステに比べると格段にソフトだが)、そういう意味では、あの時期のブラステを愛していた私のような人間の期待にある程度応える音楽性である。

前作『THE HUMAN PARADOX』はイントロを除く実質的オープニング・チューンの"Genesis -The Phoenix Syndrome"のインパクトが強く、その後ややおとなしくなっていって竜頭蛇尾な印象だったが、本作も聴き始めは「おお、これはなかなか良いぞ」と思わせて、その後は今一つ盛り上がりに欠け(個々の曲がつまらないわけではない)、全体的にはややおとなしい印象。

まあ、ソフィアの歌声自体あまりパワフルではないので、あまりアグレッシブなサウンドに傾くわけにもいかないのでしょうが。

全体的な印象としては最近のWITHIN TEMPTATIONをちょっとスケールダウンさせた感じという所だが、これはこれで欧州メタル・ファンとしてはなかなか美味しいサウンドで、聴いて損したとは思いませんでした。

ジャケットのソフィアはちょっと詐欺気味というか、盛り過ぎだと思いますが(笑)。【83点】





せっかく日本語バージョンも作ってくれてるのに日本盤も出ず、再生回数も寂しい限り(公開から1ヶ月強経った2018年12月30日現在で760回でした)なので、日本のみんなは観てあげましょう(日本語なのはサビだけですが…)。


WARKINGS / REBORN

warkings01.jpg

えー、年末に海外旅行に行くべく早めに仕事を納めたらインフルエンザになって海外旅行もキャンセルすることになった管理人ですこんばんは。

レビューを書く気力はありませんでしたが、久々に音楽を聴く時間がまとまって取れたので(苦笑)ぼちぼちレビューしていきます。

先日このブログで取り上げた、恐らく『Napalm Records』企画のプロジェクト・バンド、WARKINGSのデビュー・アルバム。

オーディンの導きによって真の戦いとヒロイズムの物語を伝え広めるために地上に使わされた英雄たち、という設定で繰り広げられる、その設定とジャケットのアートワークのイメージ通りのエピカルな欧州型パワー・メタルが展開される、期待通りのアルバムでした。

スピード・チューンもありつつ、力強いリフで押していくタイプの曲も多く、この手のバンドにしてはめずらしく過剰なシンフォ装飾に走らず、ギター・リフを主軸にした正統的な曲作りは、ピュア・メタル・ファンとして好感が持てます。

バンドの世界観に忠実な、キリスト教化以前のヨーロッパの雰囲気を醸し出す古代っぽい(?)エキゾチック・アレンジをちりばめた、ひたすら戦いをテーマにしていると思われる楽曲にマッチする勇壮な曲調はデビュー作にして完成の域に達しており、この手のサウンドのファンであれば安心して聴ける仕上がり。

ヴォーカルがSERENITYのゲオルグ・ノイハウザーであることは半ば明かされているようなもので(それなりに特徴のある歌声なので隠しようもないわけですが)、恐らく他のメンバーもSERENITY、もしくは『Napalm Records』所属バンドのメンバーなのではないかと推察される、危なげのない演奏力の持ち主揃い。

仲でもギターの"Steelwing"氏はなかなかこの手のバンドには珍しい、テクとエモーションを両立させた旨味のあるソロを弾いており、キャリアを感じさせます。基本的にオーセンティックなヘヴィ・メタルであるこのバンドの楽曲にフックをもたらしているのは氏の弾くリード・ギターのフレーズであると言っても過言ではないでしょう。

個人的にゲオルグ・ノイハウザーはかなり好きなタイプのヴォーカリストなのですが、こういうMANOWAR的な世界観を背負ったバンドであればもっと漢らしい歌声の持ち主の方がハマったのではないかという気も。

このクオリティで国内盤が出る気配がないのが現在の日本の厳しい所ですが、まあSERENITYでさえ売れてる感じはしないので無理もないのでしょうか。

欧州メタル・ファンであれば一聴の価値がある佳作です。SpotifyやApple MusicやAmazon Musicで普通に聴けると思いますので、ご興味ある方はぜひ。【85点】


どうでもいいですが、映画『グラディエーター』も、メタラーの琴線に触れる名作ですね。


どうでもいいですが、映画『300』も、メタラーを熱くさせる映画ですね。