FC2ブログ

YNGWIE MALMSTEEN "BLUE LIGHTNING" アルバム・レビュー

yngwie19.jpg

『YOUNG GUITAR』誌の最多表紙記録を持つスーパー・ギター・ヒーロー、イングヴェイ・マルムスティーンの、「ブルーズ」をキーワードにしたクラシック・ロックのカバーとオリジナル曲による企画アルバム。

ブルーズがテーマといっても、デルタ・ブルーズとかシカゴ・ブルーズみたいなディープな「それそのもの」ではなく、あくまでそれらの音楽に影響を受けたロックなので、これまで彼がライブやアルバムで披露してきたジミヘンもどきなプレイや楽曲の延長線上にあるものであり、そういう意味ではファンにとって目新しいものではない。

元々はイングヴェイのそういう面に目を付けた、現在の彼の欧米におけるレコード・ディストリビューターであるオランダの『Mascot Records』が、ブルーズをテーマにした企画盤の制作を彼に持ち掛けたことが本作が制作されるきっかけだったそうで、レーベルが提案してきた曲は全て却下して全て自身で選曲したというのは彼らしいエピソードだろう。

而してその選曲はTHE BEATLES、THE ROLLING STONES、ZZ TOPにエリック・クラプトンといった、彼らしからぬというか、これまであまりイングヴェイがルーツとして語ってこなかったアーティストの曲を含みつつ、ジミヘンが3曲、DEEP PURPLEが2曲と複数選曲されているあたり、「結局はそこなのね」というお里の知れる感じは否めない。

これまでライブで散々カバーしてきた"Purple Haze"を今更レコーディングするの? とか、"Smoke On The Water"はさすがにベタ過ぎませんかとか、"Paint It Black"に"Jumping Jack Flash"って、有名曲だけど、ストーンズならもっと他にブルージーな曲はあったんじゃないですかと、個人的には難癖を付けたくなる選曲である。

『Mascot Records』といえば、エリック・ジョンソンやレスリー・ウエスト、ロバート・クレイやジョー・ボナマッサといった名ギタリストが数多く所属する「わかっている」レーベルだけに、きっとレーベルからの提案の方が良い選曲だったんじゃないかという疑念は拭えない。

DEEP PURPLEの"Demon's Eye"なんて、(彼らの曲の中では)大した曲じゃないのに"INSPIRATION"に続いて2回目の収録。なんでもその"INSPIRATION"のバージョンが気に入ってないのでリベンジ的に再録したそうだが、キーが変わって歌が下手になった("INSPIRATION"で歌っていたのはジョー・リン・ターナー)だけ、という気がする…。

その"INSPIRATION"アルバムを彼は「これはカバー・アルバムではなく『インスピレーション・アルバム』だ」と、謎のアピールをしていましたが、本作についても「カバー・アルバムではなくヴァリエーション(変奏曲)・アルバムだよ」と主張していて、こういう周囲からのツッコミを恐れずに意味なく「他とは違う」ことをアピールする姿勢は、意外と彼のキャラクター・ブランディングに寄与している気はするので、広告屋としてその点は評価します(笑)。

このアルバムを聴いた人の評価というのは、きっとその人がイングヴェイ・マルムスティーンというアーティスト/ギタリストをどう評価しているかによって真っ二つに分かれるに違いない。

それは「どんな曲でもマルムスティーン印にしてしまうイングヴェイはやっぱり絶対的個性の王者だぜ」という意見と、「なんてこった、原曲の魅力が木端微塵だぜ」という意見である。

私? 私は前者のような感想を抱けることを期待して聴いた結果、まあ、後者かな…と思ってしまいました(苦笑)。これならクラシック・ロックのカバーを減らして、"Bedroom Eyes"とか"I Don't Know"みたいな、本人が歌っていないジミヘン路線の過去曲を再録してくれた方がファン心理的には興味深く聴けたような。

客観的にはどうなんですかねえ。もしこのアルバムがイングヴェイのアメリカにおける人気が絶頂だった"ODYSSEY"の後に出ていたら、ゲイリー・ムーアの"STILL GOT THE BLUES"みたいな「英米で一番売れたアルバム」になったりしたんでしょうか。

世の中の「音楽好き」には大きく3つのタイプに分かれると感じており、「音楽を聴くのが好きな人」と、「音楽を演奏するのが好きな人」、そして「音楽を作るのが好きな人」がいる。

基本的にはこれらは重複することも多いが、どれかに強く偏ることも多く、イングヴェイは典型的な「演奏が好きな人」なのだと思うので、今後はこういう他人の曲をレイプカバーして生きていくという道もあるのかな、と思っていたが、このアルバムはあくまで「企画盤」で、今後は従来のオリジナル路線に戻るつもりのようである。

ただ、以前にも同じようなことを書いたような気がするが、専任シンガーを入れずに本人が歌うつもりである限りネオクラシカル・メタル路線はキツいし、かと言って、今の構築美を捨てたイングヴェイの作曲法でインスト曲を量産されても集中力が続かない。

そうなると、むしろこういうブルーズというかジミヘン路線の曲をメインにして、2、3曲ネオクラシカル系や泣き系のインストを挟む、くらいの方が聴きやすいアルバムになるんじゃないかという気がするんですよね。

あと、やはりレコーディング・テクノロジーの発達によって安価に良音質を作ることが比較的容易になったこのご時世にこの音質は、もはや本人の耳がマーシャルの壁による爆音でバカになってしまったとしか思えないな(苦笑)。【74点】


こういう曲がつまらないというわけではないし。


こういう泣きのギター・インストは、アルバムに1曲入っている分にはとても良いアクセントだと思うのだが。

続きを読む

スポンサーサイト

BEAST IN BLACK "FROM HELL WITH LOVE" アルバム・レビュー

メイン・ソングライターとしてBATTLE BEASTを母国フィンランドのチャートで1位に持っていくほどの成功に導きながら、他メンバーとの不和によって追放されたアントン・カバネン(G, Vo)率いるBEAST IN BLACKのセカンド・アルバム。

前作はキャッチーな曲からメタリックな曲まで、とにかく楽曲が素晴らしく、ある意味「新人バンド」ながらフィンランドでは28週に渡ってチャート・インする、メタル・バンドにしては珍しいロングセラーな売れ方で最高7位を記録。

そして本作はフィンランドでは初登場1位、欧州最大のマーケットであるドイツでは、前作はかろうじて57位に1週ランクインするのみだったが、曲の良さが浸透した結果か、本作は初登場6位を記録するヒット作となっている。

そんな本作も、そのチャート成績に相応しい佳曲揃いの充実作に仕上がっている。キャッチーなヘヴィ・メタルが好きな人であれば、先行シングルだった#3"Sweet True Lies"くらいまで聴いたあたりで無条件降伏を余儀なくされることだろう。

もちろん3曲目以降も素晴らしく、どの曲もサビが強烈に頭に残り、曲名リストを見ただけでどの曲か思い出せるインパクトの強い楽曲が最後まで続く、近年では珍しいほどに楽曲の印象が強いアルバムである。

いや、近年の、特に大手レーベルからリリースされるHR/HM作というのは、それほど有名なバンドでなくとも楽曲、演奏、サウンド・プロダクションとも、ひと昔前に比べるとはるかに平均クオリティが高く、大外れをつかまされることはほとんどないのだが、このバンドについてはそういう「欠点が少ない」作品とは一線を画す、楽曲の良さが否応なしに心に刻み込まれる力がある。

人によっては「ポップ過ぎる」「80年代的過ぎる」と感じるかもしれませんが、そういう人でも本作に収められている楽曲を2回目耳にした時、そのサウンドが記憶と心に刻み込まれていることに気が付くことでしょう。

私が学生だった20年前にメタルを聴いていた友人の多くはもう積極的に新しいメタルを聴くことはなくなっている(当時好きだったバンドを聴くくらい)が、そういう友人に「なんか最近良いバンドいるの?」と聞かれた時に、久々に「いるよ!」と自信を持って薦められるバンドが出てきたな、という感じです。

YouTubeのコメントで「JUDAS PRIEST meets ABBA」という表現を目にしましたが、それはこのバンドの音楽を完璧に表現する、とてもわかりやすい表現だと思いました。超キャッチーなメロディを備えつつ、決して軟弱にならない鋼鉄感(って何だ)を備えたメタル、そんな稀有なサウンドがここに実現しています。

現在HR/HMは超エクストリームなサウンドからAORみたいなサウンドまで多様化・細分化が極限まで進んでいますが、このバンドの音楽には一定のヘヴィさに耐性がある人であれば皆わかる魅力があるのではないでしょうか。聖飢魔IIのファンならニヤリとしてしまうアルバム・タイトル含め、オススメです。【89点】





AVANTASIA "MOONGLOW" アルバム・レビュー

avantasia08.jpg

EDGUYのトビアス・サメット(Vo)によるメタル・オペラ・プロジェクト、AVANTASIAの通算8作目となるアルバム。ここ前3作はいずれも母国ドイツのチャートで2位にとどまっていたが、本作でついに念願の首位を獲得したそうで、実際その成果に見合う充実した作品に仕上がっている(いや、毎回そのクオリティは有していたのだが)。

毎回注目のゲスト・シンガーは、マイケル・キスク(HELLOWEEN他)、ヨルン・ランデ(JORN他)、ボブ・カトレイ(MAGNUM)、ロニー・アトキンス(PRETTY MAIDS)、エリック・マーティン(MR.BIG)、ジェフ・テイト(元QUEENSRYCEH, 現OPERATION : MINDCRIME)といった既に参加実績のある人たちに加え、今回は新たにハンズィ・キアシュ(BLIND GUARDIAN)、ミレ・ペトロッツァ(KREATOR)といった母国の先輩に加え、キャンディス・ナイト(BLACKMORE’S NIGHT)が迎えられている。

こうして毎回新キャラを迎えられるのも、「準レギュラー」みたいな人がどんどん増えているのも、トビアス・サメットの人柄(ちゃんと納得のいくギャラを払っているのだろう、という部分も含めて)なのだろう。

冒頭1曲目から約10分に及ぶ大作、というのはこれまでにも何度か(3回かな?)やってきた手法なので驚くには値しないが、今回も圧倒的なドラマティックさで聴き手をグイグイ引き込んでくる。

どの曲にもトビアス本人を含め複数のシンガーが参加していることもあってか、全体的にまるでミュージカルのクライマックスかのような盛り上がりがフィーチュアされているのだが、一方ヘヴィでアグレッシヴな要素、メロウで静かなパートが巧みに配されており、長尺の曲が多いにもかかわらずダレることがない。もちろん、マイケル・キスクが歌うクライマックス曲 #10”Requiem For A Dream”を筆頭に、パワー・メタル・ファンが快哉を叫ぶような疾走パートも存在していることは言うまでもない。

基本的には曲展開や曲調など、これまでEDGUYやAVANTASIAで提示されてきたものが繰り返されているのだが、小技レベルではちゃんと新味も加えられていることもあってマンネリ感を感じさせないあたり、やはりトビアス・サメットの才能はやはり底知れないものがある。

特に今回は全体尺、長い曲と短い曲のバランスも良く、非常に良い密度と起伏が実現しており、アルバムとしてのハイライトがちゃんとありつつ、どの曲にもハイライトがあるという、ストーリー性のある音楽作品としての理想形といっていい作品に仕上がっている。

ただ、こういう劇的な音楽ってMEATLOAF然り、TRANS-SIBERIAN ORCHESTRA然り、あんまり日本では受けないんですよね…。日本人はあっさり味が好みなので、1回転調して終わる、くらいがちょうどいいのかもしれません。

とはいえ本作の音楽的普遍性は、個人的には全音楽ファンに聴いてもらいたいレベルだと思うし(『グレイテスト・ショーマン』のサントラが気に入るような人だったらきっと感じる所があると思うんですよね)、さすがにそれは無理だとしても、メロディックなHR/HMが好きな人には絶対聴いてほしい傑作だと思います。【92点】







WITHIN TEMPTATION “RESIST”

withintemptation07.jpg

もはやオランダを代表するバンドの枠を軽々と飛び越え、欧州を代表するメタル・バンドとなったWITHIN TEMPTATIONの通算7枚目のアルバム。

基本的には前作”HYDRA”の路線を踏襲する、ユニバーサルなスケール感に満ちた作風で、もはやそのサウンドからはハリウッド大作映画めいた壮大ささえ漂っている。

彼らの出自であるゴシック・メタルというジャンルは、「ゴシック」というワード通り、中世ヨーロッパをイメージさせるサウンドであり、彼らも初期にはその世界観を背負っていたのだが、今の彼らが描き出しているのは、歴史の全てを背負った「未来のサウンド」なのではないかとさえ感じられる。

もはやこの圧倒的な音楽世界が「メタル」という枠の中に収まっているのかどうかすら怪しいが、このクオリティを前にして「メタルか否か」なんて細かな難癖をつけることは難しいだろう。なぜならメタル・ファンとて、メタル・ファンである以前に音楽ファンであるはずなのだから。

もし本作に何らかのケチをつけることができるとしたら、それは単純に前作の比較においてのみで、ジャコビー・ジャディックス(PAPA ROACH)、アンダース・フリーデン(IN FLAMES)、ジャスパー・ステファーリンク(ベルギーの人気シンガー)という顔触れが、前作のゲスト陣ほどに意外性がなく、人によっては小粒に映ること、”Paradise”のような目玉となる楽曲に欠けることなどは、本作が前作に比べて「弱い」と評される原因となるかもしれない。

しかし私はとりあえず本作を聴いて前作に勝るとも劣らぬ感動を得たし、自分がメタルを好きな理由のひとつが「スケールが大きいから」だということをあらためて思い出させられた。

そう、私はホレたハレたといった卑近なテーマの歌ではなく、まだ見たことのない世界を描き出すような音楽を聴きたいのだ。そしてシャロン・デン・アデルの普遍的な魅力に満ちた美しい歌声は、新たな世界を創造する女神の歌声そのものである。【88点】







Syu “VORVADOS”

syu03.jpg

GALNERYUSのギタリストでありメイン・コンポーザーであるSyuの通算3作目となるソロ・アルバム。これまでリリースしてきたソロ・アルバムはカヴァー・アルバムにインスト・アルバムと、ソロでやる意味が見えやすいものだったが、本作は多彩なゲストを迎えての歌モノということで、個人的にはGALNERYUSとどのように差別化しているのか、という点に注目して聴いてみた。

結論から言うとGALNERYUSではやれないタイプの楽曲というのはそう多くなかったのだが、小野正利とは異なるタイプのヴォーカリストが歌うことで、GALNERYUSとはまた異なる魅力が生まれているのも事実で、作曲者であるSyu当人としては小野正利に歌わせるよりも他のシンガーが歌った方が魅力的になりそうな曲をストックしていたのかもしれない。

AKANE LIV (LIV MOON)とDOUGEN (THOUSAND EYES)という「美女と野獣」コンビネーションがフィーチュアされた#6 “Chaotic Reality”などはGALNERYUSではやれないタイプの楽曲の最たるものだし、個人的に一番気に入った#5 ”Euphoria”などは団長(NoGoD)が歌えばこそ、このクセになりそうな艶が醸し出されていると言えよう。

一方で、オープニングとラストにはインスト曲を配し、最初のヴォーカル曲である#2 “REASON”と、最後のヴォーカル曲である#10 “未完成の翼” は最も「GALNERYUSらしい曲」にしているあたり、ファンの求めるものを与えようというSyuの意志が感じられる。

個人的には、せっかくこういうアルバムを作るのであれば、もう少し意外性のあるゲストを迎えてもよかったのではないかという気もするが、Syuのように芸風もビジョンも固まっているアーティストであれば、仕上がりが読めるメンバーで固めるという選択はむしろ妥当なものであろうとも思う。【87点】