FC2ブログ

GALNERYUS “INTO THE PURGATORY” アルバム・レビュー

galneryus14.jpg

FUMIYA(Dr)加入後2作目となる通算12作目のオリジナル・フル・アルバム。

前々作、前作とストーリーを持ったコンセプト・アルバムを発表しており、今回もその続編を描くことも考えていたそうだが、今回は個々の独立した楽曲を集めた通常のアルバム形態になっている。

とはいえ、イントロとなる1曲目、アウトロとなる10曲目のインストの存在が、否応なしにアルバム全体を通して聴かせる構成を印象付けている。

先行公開されていた#6 “The Followers”が彼らとしては異色の、7弦ギターによるヘヴィ・リフと、オペラティックとうか芝居がかった歌い回しとキング・ダイアモンドでも意識しているのかという唐突なハイトーンがフィーチュアされたダークな感触の楽曲で、ちょっと不安を覚えていた。

しかし、蓋を開けてみると、というか再生ボタンを押してみるとその不安は雲散霧消。力強いオープニングの#1 “Purgatory Flame”からザ・ガルネリ節のメロディック・スピード・メタル・チューン#2 “My Hope Is Gone”、そして#3 “Fighting Of Eternity”の流れで順調にノックアウトされる(笑)。

3連の#4 “Glory”、ちょっと70年代ハード・ロック風のリフが印象的な#5 “Never Again”、そして前述の#6 “The Followers”と、中盤は変化球多めでアルバムに起伏を設けつつ、彼らならではの泣きのバラード#8 “Remain Behind”、9分に及ぶフィンランドのバンドからの影響が強く出ている大作#9 “The End Of The Line”で絶頂へと導く。

今回も楽曲のクオリティ、バラエティ共に申し分なく、テクニカルな部分の聴きどころも満載で(特に#3 “Fighting Of Eternity”のKeyソロと#9 “The End Of The Line”のユニゾンは鳥肌もの)、毎回「最高のメタル」を目指そうという姿勢が明確に感じられる彼らの、特にSyu(G)の志の高さには素直に頭が下がる。

“PURGATORY”(煉獄)なんていう、メタル・バンドのアルバム名や歌詞でしか見かけないワード(笑)を使ったアルバム・タイトルや、デス・メタル・バンドが採用してもおかしくないアートワークもいつになくメタメタしく、令和最初のアルバムにおいて自分たちがメタル・バンドであることを堂々と偽ることなく宣言しているかのようで頼もしい。

このレベルに達しないと「次代のジャパニーズ・メタル・シーンを担うポストGALNERYUS」になれないのだとしたら、日本の若いメタル・バンドはあまりにも高いハードルを設定されてしまっている。【87点】





BARKSのインタビュー

激ロックのインタビュー

RealSoundのインタビュー


スポンサーサイト



DRAGONFORCE "EXTREME POWER METAL" アルバム・レビュー

dragonforce08.jpg

前作"REACHING INTO INFINITY"発表後、近年バンドへの貢献と露出が減少し、「育休中」と伝えられていたヴァジーム・プルジャーノフ(Key)が脱退。

ヴァジームに代わってソングライティング面での貢献を高めていたフレデリク・ルクレール(B)がKREATOR加入のために脱退することが報じられるのとほぼ同時にリリースされることになった通算8作目のフル・アルバム。

ここ2作ほど、フレデリク・ルクレールの影響によるものと思われるエクストリーム・メタルのエッセンスを取り入れたヘヴィな要素が音楽性に表れており、好意的に解釈すればバンドのサウンドの幅が広がったし、ネガティブに解釈すれば「らしさ」が減少していた。

しかし本作ではエクストリーム・メタル由来のエッセンスは減少し、特に歌メロの面でよりメロディックな要素が増して、原点回帰の様相を呈している。

さらに今回は、どうも意図的に80年代風のサウンドを志向した節があり、80年代的な要素が強く押し出された#4 "Heart Demolition"、#7 "Strangers"といった楽曲は、その時代の音楽にポジティブなノスタルジーを覚える私のような人間には極めて印象的である(不思議なことに本作で最もキャッチーなこの2曲はどちらも「エクストリーム派」であるはずのフレデリク・ルクレールの作だ)。

フォーキッシュというかケルティックな要素を取り入れた#9 "Remembrance Day"は、彼らとしては新味だが、メロディック・パワー・メタル系のバンドとしては割とよくあるアプローチで、そこまで目新しさはない(個人的にはHEAVENS GATEの"He's The Man"を思い出しました)。

#10 "My Heart Will Go On"は、映画『タイタニック』の主題歌として大ヒットしたセリーヌ・ディオンの楽曲のパワー・メタル・カヴァーで、ボーナス・トラック扱いではないが、ボーナス・トラック的な感触。

全体的には初期からのDRAGONFORCEファンが求めるものを提供している作風であると思われるのだが、今回なぜかマーク・ハドソンのヴォーカルが(元々その傾向はあったが)やけにか細く響き、結果としてサウンド全体がパワー不足に感じられてしまう。

アルバム・タイトルが彼らの音楽性のパブリック・イメージそのまま、DRAGONFORCEというバンドの音楽性をそのまま表現するものになっている割に、「エクストリーム」な要素が弱く感じられるという意味で、アルバム・タイトルから想像されるサウンドとミスマッチが起きているように思えてしまった。【85点】







BABYMETAL "METAL GALAXY" アルバム・レビュー

babymetal03.jpg

前作"METAL RESISTANCE"がビルボード39位と、日本人アーティストとしては坂本九以来となるTOP40ヒットを記録、日本で最も国際的に知名度の高いメタル/ポップ・ミュージック・アクトとなったBABYMETALの、約3年半ぶりとなるサード・アルバム。

前作発表後、YUI-METALが脱退。10人単位でいるようなアイドル・グループであればいざ知らず、3人しかいない、個々のメンバーが不可欠と思えるようなグループで脱退劇が生じるとは、妙な所でメタル・バンド的ではある(笑)。

BABYMETALが人気を得た理由として最も大きなものは、BABYな幼い女の子がメタルをやっている、という意外性によるものなので、そういう意味では「出オチ」とも言える存在なのだが、曲の良さ、パフォーマンスの良さによって、デビュー当初誰も想像していなかったであろう長期に渡って高い人気を維持している。

私のように彼女らの「Kawaii」の部分に重きを置かないファンにとってBABYMETALの魅力というのは、「メタルとして単純に曲が良い」ということ、そして「メタルに新しい要素・変わった要素を取り入れていて革新的である/面白い」という2点にある。

この2点によって「メタルというジャンルとは関係なく、音楽として魅力的」という領域にまで到達したことがBABYMETALをここまで巨大化(彼女たちにはあまり相応しくない形容だが)させたといえるだろう。

本作でも、「メタルとして単純に曲が良い」、「メタルに新しい要素・変わった要素を取り入れていて革新的である/面白い」という2点は確実にクリアしており、ファンであれば間違いなく楽しめる作品である。

BABYMETALの多様性をもって「カオス(混沌)」と表現する論調をしばしば見かけるが、少なくとも"METAL RESISTANCE"以降の彼女らの音楽(のみならずパフォーマンスやショウの在り方、マーケティングまで)というのは非常に計算され、構築されたものである。

それが無秩序なカオスに見えるとしたら、それは未だに「BABYがMETALをやっている」という違和感、あるいは彼女たちのブレイクを読んだ"ギミチョコ!"に代表される遊び心の強い楽曲のインパクトに幻惑されてしまっている人だろう。

本作は、従来のファンの満足と新しいファンの獲得を両立させることを狙って、どういうタイプの曲を作り、どういう新しい要素を入れ、どういうアルバムにするか、非常に考えられたアルバムである(日本盤だけ2枚組仕様というリリース形態含め、時に考えすぎなのではないかと思うほどに)。

ゲストのチョイスも絶妙に戦略的で、J-POPファンなら誰でも知っている松本孝弘(B'z)、日本のメタル・ファンに人気の高いARCH ENEMYのアリッサ・ホワイト=グラズ(Vo)、欧州のメタル・ファンには知名度抜群のヨアキム・ブローデン(SABATON)といった「客寄せパンダ」的な色を持つゲストにとどまらず、欧米だけでなくアジアにも目を向けていることをアピールするタイ人ラッパー、F.HEROや、DISC 1-#6 "Brand New Day"にはPOLYPHIAのメンバーという、ギター・オタクしか知らないような(失礼)、「こんなマイナーな所も押さえてるんだぜ」というスタッフのドヤ顔が浮かんできそうなゲストも参加している。

そのヨアキム・ブローデンが参加しているDISC 1-#5 "Oh! MAJINAI"はフォーク・メタルだし、アルバムのラストを締めるDISC 2-#8 "Arkadia"はメロディック・パワー・メタルと、(私のような)保守的なメタル・ファンにアピールする楽曲も収録しているが、過去作も含め、例えばIRON MAIDEN、MOTLEY CRUE、METALLICAといった80年代のメタル黄金時代のバンドのスタイルをトレースすることは決してせず、あくまで90年代以降のメタルのフォーミュラに則ったスタイルしか採用しないのは、意図的にそうしているのだろう。

メタルを標榜しつつ、ここまでインターナショナルでコンテンポラリーなポップ・ミュージックをクリエイトしたことについては素直に頭が下がるし、そのクオリティも文句をつけられるようなものでは決してない。

ただ、本作にはデビュー・アルバムにあった無邪気でおもちゃ箱のような楽しさは既になく、前作発表時のような「時代を変える」高揚感も既にない。

そしてオープニング曲のタイトル通り"FUTURE METAL"を目指す心意気は感じるものの、BABYMETALという存在はあまりに唯一無二で再現性に乏しいために、現実的にはメタルというジャンルそのものの変革者にはなり得ない。

その唯一無二性をもって信者相手の閉じられた世界に生きていくのか、本作の持つインターナショナルなポピュラリティが評価され、さらに上のステージに行くのか、あるいはここが限界点なのか。

まあ、いかに新境地を開こうと、私がBABYMETALを気に入った最大の理由であるSU-METALの凛として清冽な歌声はさらに説得力を増し、その彼女の天賦の歌声を活かすメロディが随所にフィーチュアされている時点で、私としては本作を聴く理由は充分にある。

本来、音楽なんてものは世間的な評価やセールスとは関係なく、自分の琴線にどれだけ響いたかが全てのはずなのですが、『ヘドバン!』よりさらに前、2011年から彼女らに注目してきたこのブログとしては、本作が(評論家ではなく大衆に)どう評価されることになるのか、も気になってしまうというのが本音。これってもしかして親心?(笑)









AS I LAY DYING “SHAPED BY FIRE” アルバム・レビュー

asilaydying07.jpg

2000年代にメタルに若い世代のリスナーを呼び込むことに多大な貢献をした、メタルコアというジャンルを代表するバンドのひとつであるAS I LAY DYINGの7年ぶり、通算7作目のアルバム。

7年ものインターバルが空いた理由は、ファンおよび日常的にメタル系ニュースをご覧になっている方であればご存知の通り、Voのティム・ランベシスが離婚した元妻を暗殺しようとし、殺し屋に接触したらそれは身分を偽装して近づいた捜査員によるおとり捜査だった、という映画みたいな話で2013年に逮捕され服役していたためである。

ティム・ランベシスの逮捕後に残りのメンバーで始めたWOVENWARもあまり順調とは言い難く、釈放後、再びメンバーが合流したのは自然な流れだった(WOVENWARがバカ売れしていたら再結成には至らなかったかもしれない)。

犯罪による活動休止からの復帰という、普通に考えたら受け容れられ難い状況での復活作ということで、「失敗は許されない」という気持ちはメンバーに強かっただろう。とてつもなく気合の入ったアルバムである。

基本的な音楽性は復活前と全く同じながら、攻撃性、エモーショナルなメロディとも過去最高レベルに研ぎ澄まされており、「軟弱になった」とも「メロディが弱くなった」とも言わせないクオリティの充実がある。

音楽性が変わらないことについては「変わってしまった」という批判と「マンネリ、進歩がない」という批判を自らの状況という基準で天秤にかけ「変わらない安心感」を優先した結果だろう。妥当な判断である。

この鋭利なアグレッションとエモーショナルな哀メロコーラスのコンビネーション、もし私が高校生や大学生の頃のような精神状態だったらメチャクチャハマっただろうな。

“The Darkest Nights”や” Anger And Apathy”に匹敵する(私にとっての)キラー・チューンこそないが、大半の曲がそれらに肉薄する魅力を備えた、バンド史上を通して見ても最高傑作かもしれない、パーフェクトな復活アルバム。

DownloadでもKNOTFESTでも何でもいいから来日してほしいですが、もしかしてメンバーに犯罪歴があったりすると入国が難しかったりするんでしょうか。【88点】









NORTHTALE “WELCOME TO PARADISE” アルバム・レビュー

northtale01.jpg

TWILIGHT FORCEを脱退したクリレオンことクリスチャン・エリクソン(Vo)が、元CELLADORで、CIRCLE II CIRCLEのメンバーでもあるアメリカ人ギタリスト、ビル・ハドソンと結成したバンドのデビュー・アルバム。

ベースは全く聞いたことのない人だが、ドラムは元YNGWIE MALMSTEENというのが日本人には最も通りがいいであろうパトリック・ヨハンソン、キーボードはTHE FRACTURED DIMENSIONのメンバーで、日本のマニアにはETERNITY’S ENDのキーボーディストといえば多少ピンと来る人もいるであろうジミー・ピッツ。

メンバーの国籍を見るとスウェーデンとアメリカの混成バンドだが、音楽的には完全にSTRATOVARIUS以降の北欧型メロディック・パワー・メタル。

というか有り体に言ってしまうと完全にSTRATOVARIUSのフォロワーで、スピード・チューンとキャッチーな曲を主軸に、アルバムにおけるアクセントとしてちょっとヘヴィな曲とバラードはプレイする、というスタイルは完全にSTRATOVARIUS。

メタルの持つダーティーな面やアンダーグラウンドな部分を完全にそぎ落としたクリーンなサウンドは、人によっては「こんなんスタイルはメタルでもスピリットがメタルじゃねえ」と感じる類のものかもしれないが、個人的にはこういう音こそ私が好きな要素だけを抽出した、ストライクゾーンど真ん中の音。

哀愁を帯びた流麗な歌メロに北欧を感じつつ、あまりクサくなり過ぎないのはやはりギターとキーボードというメロディ楽器担当がアメリカ人であるせいだろうか。

それは欧州メタル・マニアにとってはちょっと物足りなさにもつながりつつ、マニア以外の層に支持を広げる上では有利に働くことだろう。

何よりライブを観て、ヴォーカルとギターに華があるというのがこの手のバンドとしては非常に稀有で、ロック・スターなヴォーカルとギター・ヒーローなギタリストの組み合わせこそがメタルの、いやロックの王道と感じる向き(日本人にはかなり多い価値観だと思う)にとって、理想的なバンドである。

楽曲もどれもちゃんとフックがあって良くできているが、「これぞ!」というキラー・チューンに欠けるのもまた事実で、その辺は次作以降の課題だろうか。

あとまあ、この手のメロディック・パワー・メタルにおいて変に個性を出すことはあまりファンに歓迎されない傾向があるとはいえ、ある程度以上ビッグになっているバンドには、とりあえずマニアにはわかる程度に個性があるものだが、このバンドにはまだそれがない。

そういう意味ではまだAクラスとは言い切れないのだが、ポテンシャルは間違いなくピカイチで、新世代のSTRATOVARIUSはこのバンドと断言してしまっていいだろう。【85点】