DRAGONFORCE来日公演 @ Zepp 東京

昨年のベスト・アルバムに「ULTRA BEATDOWN」を選んだくらいだから、むろんDRAGONFORCEは好きである。
が、LOUD PARKで2回も観ているので、ライヴを観たい、という気持ちは実はそれほど強くなかった。

そんな私が今回の来日公演に足を運んだのは、実は会場がZepp Tokyoだったからである。

というのも、私はHR/HM以外の音楽も含めてこれまでに何十回と様々なコンサートに足を運んでおり、都内の主だったコンサート会場は東京ドームからクラブクアトロまで一通り制覇しているのだが、何故だかゼップにだけは行ったことがなく、行く機会を求めていたのだ。

そんなちょっと邪な(?)理由で参戦(笑)した本公演だが、結論から言えば行って大正解の素晴らしいライヴだった。

平日、しかも年度末ということで案の定仕事で遅刻。
だが、到着したのはちょうどオープニング・アクトであるALL THAT REMAINSが終わったタイミングで、DRAGONFORCEのライヴは最初から観ることができた。

しかし、ALL THAT REMAINS、一昨年のLOUD PARKのときも見逃したし、つくづく縁のない…。

他の公演では集客がイマイチの会場もあったようだが、本日に関して言えばほぼ満員。

私はヘタレなので2階席(それも一番後ろ)で観ていたのですが、2階席こそ半分かそれ以上の人が座りっぱなしで観ていたものの、フロアはかなり盛り上がっており、バンドの煽りに対する反応をみても、かなりモチベーションの高いファンが多かったのではないかと思う。

思いのほか私のようなスーツ姿は少なく、年齢層は比較的若め。20代前半くらいが中心か。
男女比は8:2から9:1といったところで、圧倒的に男が多かったと思う。

本日のセットリストは以下の通り。

01. Heroes of Our Time
02. Operation Ground and Pound
03. Reasons to Live
04. Fury of the Storm
05. The Warrior Inside
06. G&Keyソロ
07. Revolution Deathsquad
08. Soldiers of the Wasteland
09. Last Journey Home

(アンコール)
10. Heart of A Dragon
11. Valley of the Damned
12. Through the Fire And Flames

他の公演より「Heart of the Dragon」が多かったようだ。
個人的にはこの曲より「Black Winter Night」か「Starfire」が良かったし、一般的には「My Spirit Will Go On」が期待されていたのではないかと思うが、まあ多くやってくれるのはありがたい。

彼らの曲は正直同じような曲ばかりなので、フェスティバルならともかくフルサイズのショウではちょっとダレるのではないかと危惧していたが、彼らの曲は一曲の中でちゃんとメリハリがついているので、思ったほど単調な印象は受けなかった。

そして何より、そのエネルギッシュなパフォーマンスが素晴らしかった!
メンバー全員「落ち着き」なんて言葉とは無縁のハイ・テンションでステージを所狭しと駆け回り、跳び回る。

特にKeyのヴァディムといったら、間違いなくロック史上最もライヴにおける消費カロリーの高いキーボーディストだと確信させるクレイジーさ(途中機材トラブルで若干おとなしくなったが…:苦笑)。

こういうパフォーマンスを「威厳がない」とか「軽薄」と感じるメタル・ファンもいるとは思うが、やっぱりライヴは目も楽しませてナンボでしょう。私は肯定します。

サウンドは、普段イヤーウイスパー愛用者の私がその必要性を感じないほど小さかったが、そのぶん各楽器の音がよく聴き取れてバランスは悪くなかった。

ピロピロミョンミョンのギター・ソロもクリアに聴こえたし、ツインのハモリもちゃんと合っていた。
今となってはLOUD PARK 06のあのグダグダぶりがウソのようだ。
というか、あの時の悪印象で今回の公演をパスした人がいたら、次回は絶対観にいったほうがいいと思う。

彼らの高速ツイン・ギター・ソロは一種曲芸的といってもいい超テクなので素人にもインパクトがあり、そしてフレーズも高速ながら非常にメロディアスなので、楽器をやらない人でも楽しめる(…と思う)。
こういうわかりやすい「凄さ」はメタルには大事だと思うね。

Z.P.サートの歌も、ちゃんと声が出ていたし、時にフロアに下りたり、終盤では客の子供(?)をステージに上げてみたりと観客とのコミュニケーションも密で、なかなか見事なフロントマンぶりだった。

頻繁にミネラルウォーターのペットボトルを客席にぶちまけ、口に含んで噴き出したりしていたので、フロア前列の人たちはかなり濡れたのではないか。

最後にハーマン(G)がギターケース(!)をフロアに放り込んでいたが、あれは大丈夫だったのだろうか。
ピックやドラムスティックでさえ熾烈な争奪戦が繰り広げられるというのに…。

まあ、とにかく思わず笑顔になってしまう素敵なライヴでした。
DRAGONFORCEの音楽が好きな人であれば相当満足できたんじゃないかな?

開演前とアンコール前の「イケメン」コールは自重(笑)。
スポンサーサイト

ALL ENDSからエマ・イエロッテが脱退

昨年日本デビューを果たし、LOUD PARK 08にも出演したALL ENDSからエマ・イエロッテが脱退したそうです。

理由は「家族や友人を大切にしたい」ということだそうで、意訳すると「バンド活動に飽きた」という感じでしょうか?

きっとお兄ちゃん(ビヨーン・イエロッテ:IN FLAMES)が集めてくれたメンバーでしょうに、飽きたらあっさり辞めるなんて勝手だなぁ、などと思ってみたり。

ALL ENDSの音楽を聴くに、必ずしもシンガーが二人いる必要はないと思っていましたが、後任の加入も発表されています。

エマに替わって加入したのはヨンナ・セイロンという21歳のシンガーで、写真(下)を見る限りビジュアル的にはエマよりイケてる感じです(私見)。

とはいえ、エマが脱退するとIN FLAMESへのコネが薄れてしまうということで、次作へのIN FLAMESメンバーへの関与が低下してしまうのではないかという懸念もありますが。

jonna_allends.jpg


◆ニュースソース
http://www.roadrunnerrecords.com/blabbermouth.net/news.aspx?mode=Article&newsitemID=116268

BURRN!09年4月号の感想

burrn0903.jpg

今更ながらBURRN!の感想でも。

表紙はジーン・シモンズ。
またロートルが続き始めているが、まあKISSは現在でも一般にクールな存在とされているからギリギリOKか(何が?)。

今月号の読みどころは何と言っても読者人気投票の結果発表でしょう。

GROUP、ALBUMを制覇したMETALLICAを筆頭に、この雑誌が評価してる面々が順当に上位に選出されている感じで、良い悪いはともかく、まあこんなもんでしょ、という納得のいく結果。

意外性があるとすれば、前年圏外から一気にベスト・ドラマーに躍進したジョーイ・ジョーディソン(SLIPKNOT)、ベスト・ソングライターにミカエル・オーカーフェルト(OPETH)が選出されていたことかな。

まあ、どちらもこの雑誌で高く評価されているアーティストだからそれほど意外でもないか。

むしろTUNEがMOTLEY CRUEの「Saints Of Los Angeles」だったことのほうがビックリだね。
シーン全体どころか、彼らの水準だけで見ても大した曲ではないような…。
まあ、メジャーバンドにキメ曲のない年だったということか。

アルバムが14位に選出されたHIBRIAと16位のTESTAMENTは健闘だと思う一方、それらを下回ったCHILDREN OF BODOM(17位)は予想以上に不振でしたね。

まあHIBRIAはリリース時期が年末だったのが健闘の一因でしょうけど。

ANTHEMが10位で陰陽座が20位というのも、実際のセールス実績を考えたらどう考えても妙な話で、この辺イロモノ風のアーティストに厳しいこの雑誌読者の特性が出たということなのでしょう。

そういう意味では、D'ESPAIRSRAYの広告を入れて、レビューとインタビューを掲載してもらう意味って結構微妙だと思いますよ>ユニバーサルさん

いや、「ランク王国」で使われてた曲とか、個人的には結構好みの音でしたけどね。私はヴィジュアル系世代なので。

今月のインタビューは結構興味深く読めるものが多かった。

最近では珍しくディスコグラフィーがちゃんと個々のアルバムの内容にも触れているSAXONは読み応えがあったし、IMPELLITTERIもクリスが控えめにしかし熱を入れて新作をプッシュする様が微笑ましかった。

あと、HAMMERFALLのインタビューにおけるポンタス・ノルグレンの「俺はステファンよりは少しばかりテクニック志向が強いし、自分を完全に抑えてしまうのは無理だからね」という発言に久々に「ギタリストのエゴ」というものを見た気がしましたね。

80年代はこういうギタリストがいっぱいいたらしいけど、90年代以降はめっきり減ったため、私としてはむしろ新鮮な感じ。
同じバンドのメンバーとしては微妙だけど(笑)。

あと、MIND ODYSSEYのインタビューの半分がRAGEについての話ということに苦笑。
ヴィクター・スモールスキ名義のインタビュー記事にしたほうがよかったんじゃないの?

ANGRAにリカルド・コンフェソーリが復帰

BLABBERMOUTH.NETの記事。
http://www.roadrunnerrecords.com/blabbermouth.net/news.aspx?mode=Article&newsitemID=116029


ANGRAがSEPULTURAと一緒に回る南米ツアーで久々に活動を再開する、というのがニュースの主旨なのですが…。

SEPULTURAとANGRAという組み合わせは、まさにブラジルを代表するメタル・バンド同士で、豪華ですね。音楽性が違いすぎてどちらかの音楽を楽しめない観客も多そうですが…などと思いつつ、正直南米ツアーなんて我々日本人にとってはあまりに遠い話なのでさしたる興味もなかったのですが、よく読むと。

文中にさらっと「バンドを離れたアキレス・プリースターに替わってリカルド・コンフェソーリが復帰」と触れられています。

それは、ANGRAファンにとっては結構重要なニュースですね。
ということで当ブログではそのことを記事タイトルにします。

なぜか一人SHAMANに取り残されてしまった(?)気の毒なリカルドですが、これでようやく再び陽の当たる存在に返り咲きましたね。めでたしめでたし。

個人的にはアキレスのプレイのほうが好みでしたが…。

STRATOVARIUSの新作「POLARIS」のアートワークが公開

stratovarius_polaris_artwork.jpg

イカす。
オラトリオNo.8みたいだ。