TRICK OR TREAT / TIN SOLDERS

trickortreat02.jpg

イタリアのメロディック・パワー・メタル・バンドの日本デビュー作となるセカンド・アルバム。

この、日本人の感覚では何とも妙なバンド名は、10月31日のハロウィンに、仮装した子供たちが各家庭をまわってお菓子をもらう際に発する「決まり文句」のこと。

察しのいい方はここまでお読みになって見当がつくかもしれないが、彼らはもともとHELLOWEENのカヴァー・バンドとして02年に結成されたバンドである。

オリジナルをプレイし始めた現在もHELLOWEENからの影響は色濃く、彼らのMySpaceにある「サウンドタイプ」の説明には臆面もなく「Helloween and...Ourselves, hihihi 」と書かれている。

そう聞くと「ああ、またメロスピね」と思う方もいるかもしれないが、漢臭かったり、シンフォニックだったり、プログレッシヴな要素を備えていたりと拡散の傾向にあるこのジャンルで、ここまで「ド真ん中」のサウンドを出しているバンドは実は結構希少だったり。

バンド名も含め、ちょっとオチャラケているような雰囲気があり、「ピュア・ハッピー・メタル」などというバンド・コンセプトを聞いて、HELLOWEENのコミカルな部分(あんまり好きじゃない)だけをフィーチュアしたノーテンキなバンドなのでは…とちょっと警戒していた。

そして実際聴いてみると、冒頭のSEに導かれて始まる#2「Paper Dragon」はまさに「そんな感じ」の曲で、「ああ、やっぱり…」と落胆しかけたが、聴き進むとこれがなかなかどうして、ちゃんとワビサビを心得ているというか、適度に哀愁を感じさせたり、ドラマティックなムードを醸し出したりと、なかなか惹き付けてくる。

聴き終えての感想は、コミカルな部分を含め、カイでもアンディでもない、「ヴァイキーのHELLOWEEN」だな、というもの。

Voがかなりマイケル・キスクに似ていることもあり(かなり上手い)、否応なしに「KEEPER OF THE SEVEN KEYS PART II」を想起させる。

もちろんあれほどの凄み、完成度はないが、2部構成の大作「Tin Soldiers」のPT2など特に「あの音」をふと思わせる瞬間があって思わずグッと来る。

大手レーベル所属ではない割には音質もマトモ(欲を言えばもう少し奥行きがほしいが)だし、そしてVoを含め演奏もちゃんとしているので安心して聴ける。

そして何より素晴らしいのが、速さに頼りすぎない、スケール感のある曲を書けているということで、この手のバンドに多い露骨に他のバンドの特定の楽曲を思い出させるような「パクリっぽさ」が薄いこと。いやマジでこれはかなりの逸材なんじゃないかな。

ただ、惜しむらくはバンド名とジャケットがこれでは、日本のマニアの琴線に触れてこないだろうなぁ。
もっと「らしい」バンド名に改名して、ファンタジックなアートワークに差し替え、ついでにアルバムタイトルも「なんとかかんとかオブなんとかかんとか」みたいに大仰なものに変えればマニア騒然だったのでは。

まあ、DRAGONFORCEほど速くもなく、RHAPSODY OF FIREのように大仰なシンフォ・アレンジもなく、SONATA ARCTICAのような、むせかえるほどの哀愁もないこのサウンドは、21世紀に入ってからメタルを聴き出したような若者にとっては物足りなく響くのかもしれないが、私のような「やっぱ基本はハロウィンの『守護神伝』だね!」というような人間であれば「これぞ王道!」と感じられるはず。

ちなみに本作には同郷イタリアの名シンガー、ミケーレ・ルッピ(元VISION DIVINE)と、そしてなんとマイケル・キスク御本人がゲスト参加しており(速い曲を避けて参加しているのはやはりわざと、なのかな?)どちらも素晴らしい歌唱を披露している。

点数は控えめですが、それは今後の大化けを期待してバッファをとっておいたものとお考えください。
少なくとも今年の3分の1が過ぎた4月末現在、09年最高のメロディック・パワー・メタル作品だと思います。【84点】


◆TRICK OR TREATのMySpace
http://www.myspace.com/trickortreatband
スポンサーサイト

SIRENIA / THE 13TH FLOOR

sirenia05.jpg

ノルウェーのゴシック・メタル・バンド、SIRENIAの本邦デビュー作。

バンドといっても、その実態はやはりノルウェーのゴシック・メタル・バンドであるTRISTANIAの中心人物だったモルテン・ヴェラン(Vo, G, Key)によるソロ・プロジェクト的なもの。

01年の結成以来既に4作目となるが、メンバーは常に流動的で、本作も実際はVo以外のG, Key , B, Drパート全てをモルテン自身が手掛け、ブックレットにクレジットされているギタリストとドラマーについては「ライヴ・ギター」、「ライヴ・ドラムス」と記載されており、いわゆる単なるツアー・メンバーであることが窺える。

前作「NINE DESTINIES AND A DOWNFALL」はドイツのチャートで54位に食い込むスマッシュ・ヒットを記録したそうで、モルテンさんは印税総取りで大儲けですね(笑)。

欧州では先行して発売されている本作もドイツで87位、スイスで67位にチャート・インしたそう。

個人的にはBURRN!誌における伊藤政則氏のレビュー中にあった「WITHIN TEMPTATIONの北欧版」という形容に興味を持ち、Castle Of Paganにおいてもかなり高く評価されていたので、購入してみた。

本作の印象を決定づけているのは、本作より加入したスペイン出身の女性ヴォーカリスト、アイリンの歌声だろう。

彼女の音楽活動のスタートはCHARMなる女性3人のアイドル・ユニットだったそうで、その後アン・リンという名前でソロ活動も行っていたとか。

イギリスの有名なアイドル発掘番組『The X Factor』で第4週まで勝ち残った実績があるそうで、その番組中ではいわゆるポップス的な楽曲に加え、EVANESSENCEの曲なども歌っていたということだから、元々この手の音楽は嫌いではなかったのでしょう。

そんな彼女の歌声はやっぱりどこかアイドルっぽいもので、正直クラシックの声楽を学んだとことがあるという割には「フツー」の歌唱である。

ただ、そのアイドルっぽい甘い歌声が聴きやすさを生んでおり、とっつきやすさは抜群。

所々かなりへヴィなリフや、デス声などもちりばめられているが、楽曲全体の印象はWITHIN TEMPTATIONなどと比べてもかなりキャッチーである。

ライナーノーツで奥村裕司氏に「やや平板」で「素人くさい」などと書かれてしまっている(たぶん、アイドル系の歌が嫌いなのでしょう)アイリンの歌唱は、たしかに細めだが、それは可憐さと紙一重であり、この北欧風ゴシックの哀愁を帯びた曲調にはなかなかマッチしていると思う。

プログラミングを多用した演奏にメタルならではの「旨味」がなく、そのせいか音は悪くないのに音像全体にダイナミクスが足りない印象があるのが残念だが、その辺もある意味アイドルっぽくていいのかもしれない(苦笑)。

モルテン・ヴェラン氏には、ぜひゴシック・メタル界の小室哲哉を目指してもらいたいですね(笑)。【82点】


◆SIRENIAのMySpace
http://www.myspace.com/sirenia

ティモ・コティペルトがメドベージェフ・ロシア大統領の前でパフォーマンス

ティモ・コティペルト(Vo:STRATOVARIUS, KOTIPELTO, CAIN'S OFFERING)が、去る4月20日、メドベージェフ・ロシア大統領のフィンランド訪問に際して同国大統領が催した晩餐会の席でパフォーマンスを披露したそうです。

なんでもメドベージェフ大統領はかなりのロック好き、それもハード・ロック好きらしく(ウィキペディアにもその旨記述がある)、フィンランド大統領タルヤ・ハロネンがそのことを意識してティモ・コティペルトを招いたようです。

両国の大統領をはじめ、外交官や高級官僚130人が居並ぶ中、マティアス・クピアイネン(G:STRATOVARIUS)と、ヤニ・リマタイネン(G:元SONATA ARCTICA~CAIN'S OFFERING)を従え(他の楽器は軍楽隊の方々が担当したそう)、STRATOVARIUSの代表曲である「Hunting High And Low」、「Black Diamond」、そしてメドベージェフ大統領が全てのアルバムを所有しているほどの大ファンであるというDEEP PURPLEの「Burn」を、さらにアンコール的にRAINBOWの「I Surrender」をプレイしたそうです。

フィンランドにとってメタルをはじめとする音楽はかなり重要な「輸出品」のひとつであり、毎年日本で行われている「FINLAND FEST」(今年はメタル色が薄くて残念)もいわば「国策」として行われているわけですが、まさかここまで公式な行事でメタルが演奏されるとは、やはりフィンランド恐るべしです。

ましてやそんじょそこらの国ならともかく、フィンランドにとってロシアは地理的にも「最重要国」ですからね。

日本では未だにヘナチョコ・シンガー扱いされることも少なくないティモ・コティペルトですが、少なくともフィンランドでは紛れもない「大物」であることが証明された感じで、彼のファンとしてはちょっと誇らしい気分になるニュースでした。


◆ニュースソース
http://www.roadrunnerrecords.com/blabbermouth.net/news.aspx?mode=Article&newsitemID=118633

ヨルン・ランデがMASTERPLANに復帰

オランダのメタル専門誌『Aardschok』が報じたところによると、06年5月にMASTERPLANを脱退したヨルン・ランデ(Vo)が3年ぶりにバンドに復帰したそうです。

ヨルン・ランデが脱退した後MASTERPLANに加入したマイク・ディメオ(RIOT, THE LIZARD)は今年の1月に脱退しており、その後任として復帰した形です。

以前脱退した際の理由としては、よりメロディアスな方向に向かおうとするヨルンと、メタリックな方向性に回帰しようとするその他のメンバーとの「音楽的方向性の違い」が報じられていました。

しかし、どうやら一番対立していたのはウリ・カッシュ(Dr)だったようで、そのウリも既にバンドを脱退している今、復帰への障壁は低かったということなのでしょう。

ヨルンのソロ・キャリアは本国ノルウェーをはじめとする北欧エリアではそこそこ成功を収めつつあったようなので、決してソロでうまく行かないのでおめおめと出戻ったわけではなく、むしろローランド・グラポウ(G)が望んだことのようです。

まあ、ヨルンはグレイトなシンガーですが、日本ではHR/HMのソロ・ヴォーカルって売れにくいような気がするので、MASTERPLANというそこそこネーム・バリューのあるバンドに所属しておくのは、日本人の感覚的には悪くないような気がします。

もっとも、正直ヨルンはMASTERPLAN程度のバンドにはもったいない、という気もするのですが(おっと)。

ちなみに当然ながらソロ活動も継続するようで、6月には(ソロの)ニュー・アルバムも出るようです。

◆ニュースソース
http://www.roadrunnerrecords.com/blabbermouth.net/news.aspx?mode=Article&newsitemID=118531


※4/24追記

このニュースが発表された後、バンドの公式サイトが更新され、「Aardschok」誌が報じたヨルン復帰のニュースはバンド側が発信したものではない、という旨の声明を出されています。

また、「ヨルン脱退の原因がウリ・カッシュであるというのは真実ではない」とも述べています。

ただ、「バンドが発信したものではない」とは言っていますが、このニュース自体が事実ではない、とは言っておらず、ヨルン復帰の可能性は否定されていない、という解釈もできます。

とはいえ、こうしてもったいぶっておいて、実はやっぱりヨルン復帰でした、スッパ抜かれちゃいましたテヘヘ、ってのはあまりにカッコ悪い気もするので、このタイミングで認めなかったということは実際には別のヴォーカリストが加入するのかもしれません。

いずれにせよ、近いうちにニューシンガーを発表する、とも言っているので、公式な声明を待ちましょう。

IRON MAIDEN 『FLIGHT 666』@新宿バルト9

flight666_1.jpg

IRON MAIDENが昨年ブルース・ディッキンソン(Vo)自ら操縦桿を握るプライベート・ジェット機「ED FORCE ONE」で世界中を回った“Somewhere Bach In Time World Tour”の模様を追ったドキュメンタリー映画『FLIGHT 666』世界35カ国同日上映会を観に行きました。

直前まで仕事でクライアントと打ち合わせでしたが、相手が新宿のクライアントだったこともあり、会場である新宿バルト9には結構早めに到着。

地方在住の方はご存知ないかもしれないので説明しておくと、新宿バルト9というのはファッションビルであるマルイの階上にある、おそらく現在日本で最高級の映像・音響設備を備えた映画館です。

現地に着くと、およそファッションビルとは縁のなさそうなメイデンTシャツ姿の人たちが多数うろついていて、ちょっと吹きました(笑)。

マサ伊藤のラジオ番組ではかなり集客に苦労している、というような話があったようですが、実際始まってみるとほぼ満席。客層は20歳前後と思しき若者からオジサンとしかいえないような外見の人まで幅広かったが、全体的な年齢層はかなり高めか。男女比は4:1くらい?

地方ではかなり厳しい集客だったようだが、これは告知不足でしょうね。
結構急遽決まった話なので、下手するとこのブログを読んで初めてこの上映の話を知った人さえいるのではないでしょうか。
チケットの発売も4月11日と、かなり直前だったし。

まあ、所詮映画館1回こっきりなので、そんなに告知してもキャパ的にどうしようもない、というのはあると思いますが…。

で、肝心の内容だが、これが本当に感動的でした。
冗談とか大袈裟ではなく、何度も胸が熱くなり、涙が溢れることも一再ではありませんでした。

何がって、ファンの熱さですよ。
特に南米の熱狂は凄まじく、少しでも良い場所で観るために7日以上前から野宿している人々や、このライヴを観るために仕事を辞めてきた、なんて話を聞くとたまりませんよ。

ライヴ中にゲットしたと思しきドラムスティックを握りしめて泣いている若者が神への感謝を捧げているシーンなんて、ある意味本作のハイライトでしたね。

正直、日本の会場(幕張メッセ)の小ささ(南米の会場はどこも観衆がどこまで続いているのか見当もつかないほどで、後ろの方の人は本当にステージが見えているのか疑問)や、ファンの軽さが申し訳なくなってしまいました。

まあ、文化や状況が違うので一概に日本がダメとは言えないのですが…。

迫力あるライヴ映像シーンも、ドキュメンタリーとしてのオフショットも充実で、バンドのファンならもちろん、メタルが好きであれば必見でしょう。

ちなみにラーズ・ウルリッヒ(METALLICA)やトム・モレロ(元RAGE AGAINST THE MACHINE~AUDIOSLAVE)などもほぼ「いちファン」として登場しています。

しかし、ロック史上に偉大なバンドは数あれど、30年におよぶバンド活動の後期にここまで熱狂的に盛り上がるツアーをやれたバンドというのはほとんど皆無なのではないか。アイアン・メイデンは本当に凄いバンドだ。まさにメタルの誇りだね。

そして20代の頃よりも見事な歌唱を聴かせ、アクティヴなステージ・パフォーマンスを見せるブルース・ディッキンソンを見ると、人間50歳になってもピークでいられるんだ、と勇気づけられます。

というわけで、5月27日発売予定のDVDはメタル・ファンであればマスト・バイです。
少なくとも現時点でアフィリエイトをやっていない当ブログが薦めるのだから間違いありません(?)。