STEEL PANTHER / FEEL THE STEEL

steelpanther01.jpg

巷で話題のSTEEL PANTHER。

FOZZYのようなしょうもない架空のバイオグラフィーはレコード会社の公式サイトで読んでいただくとして、彼らは元々METAL SHOPやMETAL SKOOLという名前で活動していた80年代ヘア・メタルのトリビュート・バンドだった。

ハリウッドはサンセット・ストリップの有名クラブである「Key Club」のレジデンス・バンドとして活動するうち、高度な演奏力と下ネタ満載のMCによるステージが次第に話題となり、彼らの出演する夜は常に大盛況。

かつてヘア・メタル・ブームの当事者であったミュージシャンやそのファンであった現セレブまで、「業界人」の間でも大評判となり、ついに「UNIVERSAL」との契約を獲得、バンド名を「STEEL PANTHER」に変えてリリースしたアルバムが本作である。

こういうパロディ・バンドみたいな存在が「本物」であった試しはないし、ロックの歴史に名前を残すようなことはないと個人的には思っているが、こうしてアルバムを聴いてみると、なかなかどうして楽しめる。

歌詞については、英語がネイティヴな人にとってはそれだけでこのバンドを真剣に受け止めることができなくなるような破廉恥な代物だが、私のように読み書きはそこそこできるけど、話す・聞く方はさっぱり…という日本の英語教育の歪みを証明している人間にとっては、単純にカッコいい80年代型HR/HMだ。

それぞれの楽曲の音楽的な「元ネタ」についてはBURRN!誌の8月号に詳しいのでここでは触れないが、「モロにあの曲」というあからさまなものから「なんとなくあのバンドっぽいね」という程度のものまで、なかなか巧みに消化して聴かせてくれる。

個人的にはちょっとIRON MAIDENっぽいツイン・リードがカッコいい#4「Eyes Of A Panther」が一番気に入っているが、「Here I Go Again」を思わせる#5「Fat Girl」や、トーキング・モジュレーターが否応なしに「Livin' On A Player」を彷彿させる#7「Party All Day」なんかも捨てがたい。

そして噂どおり演奏は達者なもので、特にギターのサッチェルことラス・パリッシュは、かつて在籍していたFIGHTのヘヴィ・リフ主導型の音楽では今一つ伝わってこなかった「G.I.T.」講師ならではの超テクぶりをそこかしこで見せつけている。

80年代のHR/HMを実体験した人にとってはニヤリとさせられるだろうし、元ネタを全然知らないような若い人にとっては高品質なメロディアスHR/HMとして楽しめるのではないだろうか。

日本のユニバーサルは「LAメタル復活!」みたいな煽りをしているが、実際の音楽にはLAメタルだけでなく、BON JOVIやIRON MAIDEN、Y&T、WHITESNAKE、YNGWIE MALMSTEENといったLA以外の80年代メタル・バンドのエッセンスもたっぷりと含まれている。

これは恐らく、「ヘア・メタル」というワードがあまり日本では浸透していないため、それよりはより知名度が高く、「ハデハデしいHR/HM」というイメージを端的に象徴している「LAメタル」というワードを使ったほうが「わかりやすい」という判断によるものだろう。

先日原宿アストロホールで行われた来日公演はチケットがすぐに完売してしまったため観ることができなかったが、個人的にこういう音楽は小さなクラブよりもアリーナのほうが向いていると思うので、LOUD PARK 09のステージはかなり楽しみにしています。【85点】


◆STEEL PANTHERのMySpace
http://www.myspace.com/steelpantherkicksass
スポンサーサイト

オジー・オズボーンのバンドにガス・Gが加入

ザック・ワイルド(G)が脱退するとかしないとかあれこれ噂になっていたOZZY OSBOURNE BANDにガス・G(元DREAM EVIL, NIGHTRAGE, MYSTIC PROPHECY~現FIREWIND)が加入することがガス・Gが使用するアンプのメーカー・Randall AmplifiersのFacebookで報じられました。

8/21~8/22にカリフォルニア州アナハイムで開催されるイベント・BlizzConでデビューを飾るそうです。

BLABBERMOUTH.NETに寄せられたコメントの多くは「ザックは良かったが、オジーは新しい血を入れるべきだ」という感想で、この人事を歓迎する向きが多いようです。

ガス・Gは英米ではほぼ無名だけにこの好意的な反応はちょっと意外でしたが、まあランディ・ローズにジェイク・E・リー、そしてザック・ワイルドといった歴代のOZZY OSBOURNEのギタリストはオジーの下でプレイするまでは無名であっただけに、逆に期待値が高いのかもしれません。

個人的にもOZZY OSBOURNEの前作「BLACK RAIN」はすこぶる退屈だったので(ついでに言うなら前々作「DOWN TO EARTH」も…)、そろそろ潮時かなー、と思っていました。

とはいえ、ガス・Gは良いギタリストだとは思いますが、個人的には「凄いギタリスト」だと思ったことはなく、ランディやジェイク、ザックといった「ギター・ヒーロー」と呼ばれた面々と比較されるこのポジションを務め上げることができるのかはまだ未知数。

技術的には非常に高度なものを持っていながら、結局定着することができなかったジョー・ホームズの二の舞にならないといいのですが…。

まあ、ガス・Gはガス・Gで、老い先短く、スローペースでの活動にしかならないと思われるオジーのバンドでプレイすることは自身のバンドであるFIREWINDのプロモーション、くらいに考えていたりするかもしれませんが。

しかし、誰がガスをオジーに推薦したんでしょうかね?
オジーがFIREWINDやDREAM EVILを知っていたとも思えないのですが。

いずれにせよ、ちょっと噂に挙がっていたジョン5(元MARILYN MANSON)ではなくガス・Gを新たなパートナーに選んだということは、オジーにトラディショナルなメタルをやる気がある、ということだと思うので、次のアルバムには期待したいと思います。

◆ニュースソース
http://www.roadrunnerrecords.com/blabbermouth.net/news.aspx?mode=Article&newsitemID=125635

「けいおん!」にプレイング・マンティスTシャツ

去る7月23日にリリースされたPRAYING MANTISのニュー・アルバム、「SANCTUARY」を本サイトでレビューしました(こちら)。

そんなPRAYING MANTISの「再起動」を意識したのかしないのか、以前のエントリーでアニメ版のキャラソンを紹介した「けいおん!」の原作コミックに、PRAYING MANTISのTシャツが登場しているという香ばしい小ネタを友人に教えてもらった。

それを聞いて生まれて初めて連載誌である「まんがタイムきらら」を購入し検証してみた。
そして以下が該当のコマ。

keion0908.jpg



これは…。


keion_focus.jpg


うん、まちがいなくPRAYING MANTISと書いてある。
たぶん実際のマンティスTシャツはこんなにポップなデザインじゃないと思うけど(笑)。

一応文脈(?)を説明しておくと、軽音部のメンバーが野外の夏フェスに行く話で、フェスに登場するバンドのTシャツ、という設定(ただしPRAYING MANTISと思われるようなバンドは実際には描かれていない)。

この後のページでは、澪だけでなく律もこのTシャツを着ている。

PRAYING MANTISが出演できるような野外フェスなんて実際には日本に存在しないと思うけど…。

しかしなんでまたPRAYING MANTIS…。
もっと他にわかりやすいバンドがいっぱいいるだろうに…。

さて、これで「けいおん!」ファンはマンティスのアルバムを買ってくれるかな?
実際PRAYING MANTISの音楽はアニメファン受けすると思うけど(?)。


◆PRAYING MANTISのMySpace
http://www.myspace.com/prayingmantisrock

※試聴できる曲の中では「Best Years」がオススメ。

世界一カッコいいダイブ?

ムビョバディことBLESSED BY A BROKEN HEARTが先日来日した際のドキュメンタリー映像がYouTubeにアップされていました。 
まあファン向けの映像なのですが、この動画の5:19あたりで観ることができるVoのトニーの客席ダイブはファンならずとも一見の価値あり。恐らく世界一カッコいいダイブなのではないかと本気で思います



その直後、5:29あたりの前方宙返りダイブも相当カッコいい。
てか、運動神経超よさそう。往年のデイヴ・リー・ロスを超えたかも。

現在収監中の押尾学にも見せてあげたかったですね。

ちなみに↓は、私が観に行った原宿アストロホールでの「Move Your Body」のライヴ映像です(音はライブじゃないですが)。



LOUD PARK、来ないのかなぁ。盛り上がると思うんだけどなー。

DEATH DEVIL / Maddy Candy

deathdevil.jpg


4~6月に放送され、一部で大人気を博したアニメ「けいおん!」のキャラクターソングCD。

作中に登場する女教師・山中さわ子が学生時代にやっていた(現在は消したい過去)ヘビメタ・バンドの音源、という設定だ。

楽曲は確かにヘヴィ・メタルで、ギターを弾いているのが元GARGOYLE~ANIMETAL~VOLCANOの屍忌蛇、というのが私を含むメタル・ファンにとっての最大のポイントだろう。

とはいえ作曲は屍忌蛇ではないので(小森茂生というJ-POPフィールドで活躍している作曲家/アレンジャー/Key奏者の方)、いわゆる泣きの屍忌蛇節ではない。

ギター・ソロは屍忌蛇らしい構築感と緊張感を併せ持つ彼らしいプレイだが、彼がこれまで残してきた数々の名演に比べると、やっぱり「お仕事」って感じだな。

ただ、他に弾ける人はいっぱいいただろうに、あえて屍忌蛇を起用したセンスに拍手だね。

Voを務めている真田アサミさんという声優は、下手じゃないし頑張ってると思うけど、やっぱりメタルを歌うには声質が可愛らしすぎるかな。

まあ、なかなかよく出来ているとは思うけど、ネタとしてはともかく、メタル・ファンが本気で騒ぐような代物ではないです(笑)。

BURRN!誌の奥野記者によるライナー・ノーツ(さもこのバンドが実在した伝説のバンドであるかのように書いている)は、僕みたいなメタヲタには笑えるけど、メタルについて興味も知識もないアニヲタの皆さんにとっては「???」なのではないでしょうか。

※「けいおん!」×メタルのテーマで素敵なイラストを描いている方がいらっしゃいました。
http://mulciber.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/post-99ec.html

フィレミニヨン…わかっていらっしゃる。