GALNERYUSが次回のNHK「MUSIC JAPAN」に出演

GALNERYUSの最新作「RESURRECTION」のレビューを本サイトにアップしました(こちら)。

小野正利加入効果は歌唱パートの安定感向上という点で顕著に現れており、そういう意味ではより完成度の高い音像を作り上げることに成功した好盤だと思います。

そして、次週7月4日(日)に放送されるNHKの「MUSIC JAPAN」にGALNERYUSが出演決定。
小野正利の代表曲である「You're The Only… 2010」と「Destiny」をプレイするそうです。メドレー形式になるんでしょうかね。

もしこれが、小野正利が加入したからこその出演決定だとすれば、これこそまさに「小野正利加入効果」かもしれません(笑)。

今更小野正利が“SHO”というFORT BRAGG(小野正利がかつて在籍し、かの「イカ天」などにも出演経験のある正統派HR/HMバンド)時代の芸名を使う必要があるのか、というのは若干疑問ですが(笑)。

しかしなんか当日の「MUSIC JAPAN」はいつもに比べて登場するアーティストが(邦楽ヒットチャート的には)地味な気がするのは気のせいでしょうか(苦笑)。

どうせ出るならもっと他に豪華メンツが揃っている、数字(視聴率)が取れそうな回に出演して、より多くの人にメロディック・メタルの魅力を伝えてもらいたいのですが。

あまり家にいない時間帯なので、とりあえず予約録画しておこう。

以下、追記は駄文。

続きを読む

スポンサーサイト

DEATH DEVIL / LOVE

deathdevil02.jpg

人気アニメ「けいおん!」に登場する元メタル教師さわちゃんのバンド「DEATH DEVIL」のキャラソンCD第2弾。

この4~6月クールにやっていた第二期では第10話でこのバンドのライヴ・シーンがあったらしい(元メンバーの結婚式での再結成…という筋らしい。すみません、自分では観てません)。

今回もギターが私のフェイヴァリット・ギタリストである屍忌蛇ということで購入。

むう…このジャケットはKISSの「LOVE GUN」?

kiss06.jpg

表題曲が「Love」で、カップリングが「Genom」、イニシャルも共通してますね。

あえて元ネタの対抗馬を出すならDOKKENの「UNDER LOCK AND KEY」?

dokken03.jpg

さすがに足元の炎っぽい処理だけじゃ元ネタ呼ばわりは厳しいな。
まあ、ジャケットのことはさておいて肝心の中身ですが、今回もライナーノーツの解説はBURRN!編集部の奥野氏。

「耳を凝らして聴いてみれば、“ラヴ”のギターのメロディが“GENOM”の中に音色とオクターヴを変えた形でリプライズとして登場するのがわかる。これは、かつてUFOやMSG、SCORPIONSの往年のアルバムで“ギターの神”マイケル・シェンカーが試みていた手法を受け継いだものだ」などと今回も大真面目(を装って)に書いているのがメタル・ファンには笑える。

楽曲は前作同様スラッシーな勢いのあるアグレッシヴな曲だが、特にタイトル曲は前作に比べて歌謡曲的なメロディアスさが強く、SHOW-YAなどに通じる「ジャパニーズ・レディース・メタル」風の雰囲気を醸し出している。

カップリングの「Genom」はちょっとプログレッシヴな要素のある曲で、Voにエフェクトをかけた処理など、なかなか凝っている。

前作同様曲を書いているのは小森茂生氏で、屍忌蛇の泣きのセンスを引き出す楽曲ではないが、ハッキリ言って前回より(メタラー的には)曲が良い。ちょっと「研究」なさったのかしら?

Voを務める声優の真田アサミさんも、前回はちょっと声がかわいらしすぎて楽曲から浮いていたが、今回はなかなか力強い歌いっぷりを披露していて、努力(?)の跡が感じられます。

そして(個人的に)主役である屍忌蛇はソロに限らず随所でかなり弾き倒しており、彼のギターが目当てだという私のような向きには一聴の価値アリ。

こうなってくると、リズムが打ち込みで軽いのが惜しいなぁ…。

※関連エントリー
「けいおん!」にプレイング・マンティスTシャツ
ここ数日このエントリーにアクセスが集まりました。どうやらアニメでこの話が放送されたみたいですね。


『CD Journal』2010年7月号特集「ヘヴィ・メタルのススメ」

cdjournal1006.jpg

「日本で唯一の音楽総合情報誌」を標榜する音楽誌『CDジャーナル』誌上で、創刊以来26年に及ぶ(奇しくも『BURRN!』誌と同じ年に創刊されている)長い歴史の中で初となるヘヴィ・メタル特集が行なわれました。

その名もズバリ、「ヘヴィ・メタルのススメ」。

14ページに渡る内容をザッと列挙すると以下のような感じで、主に過去『BURRN!』誌に身を置いていた(あるいは寄稿していた)、メタル歴の長い人ならなんとなく知っている人たちが執筆しています。

◆80年代メタル・バンドたちのリバイバル(担当:奥村裕司氏)
→IRON MAIDENとかRATTとかANVILとか。

◆ヘヴィ・メタルとアート(担当:山崎智之氏)
→TOOLとかNEUROSISとかISISとか、私の疎い分野。

◆国内ヘヴィ・メタル最新事情(担当:増田勇一氏)
→LOUDNESSやOUTRAGEから、DIR EN GRAY、マキシマム・ザ・ホルモン、9mm Parabellum Bulletまで。

◆ヘヴィ・メタルのスゴいヤツ講座(担当:ケリー・サイモン)
→メタル界の凄腕プレイヤーの紹介。マイク・マンジーニ(Dr)ってギネス記録保持者だったんですね。

◆ロニー・ジェイムズ・ディオ追悼&彼の残した傑作5選(担当:奥村裕司氏)
→BLACK SABBATHであえて「MOB RULES」を選んだのは通ぶってみたのでしょうか。

この他コラムがいくつかあって、普通のメタラー的にふんふん、と読めるのは山崎智之氏によるヘヴィ・メタルと悪魔の関係についてでしょうか。

個人的には高岡洋詞氏というフリーのライターさんによる「愛すべきメタルヘッズによるメタル語り」なるコラムが興味深かった。たしかにメタル特有のミソジニー(女性嫌悪)は「モテないから」という「ボンクラ」な理由でしょうね(笑:ちなみに同氏はそのことをバカにしているわけではないので、念のため)。

インタビューはRATTにGRAND MAGUS、マキシマム・ザ・ホルモンのダイスケはん(Vo)にLIGHT BRINGERというカオスな面々(笑)。

当サイトをコンスタントにご覧になるようなタイプの方って割と保守的な感性のメタラーさんが多いんじゃないかと勝手に推測しているのですが、そういう人たちにとってマキシマム・ザ・ホルモンみたいなバンドって、割と賛否両論というか、「あんなんメタルじゃねえ」と思っている人が多いんじゃないかと思います。

私個人も、音は別に嫌いじゃないけど、私自身の考える「メタル」からはちょっとはみ出してるかなぁ、と思っています。

ところが彼のJ-POPから普通の洋楽からゲーム音楽まで通過してきた音楽遍歴や、「哀愁のあるキレイなものから凶暴で泥臭いものまで表現できる、喜怒哀楽が全部ある音楽」っていうメタルに対する考え方って結構私と似通った所があって、勝手に親近感を抱いてしまいました。

しかも、彼のフェイヴァリット・アルバム5枚というのがちょっとビックリ。

・BLIND GUARDIAN 「SOMEWHERE FAR BEYOND」
・NAPALM DEATH 「FROM ENSLAVEMENT TO OBLITERATION」
・ANGRA 「ANGELS CRY」
・HIBRIA 「DEFYING THE RULES」
・HEAVENLY 「CARPE DIEM」

NAPALM DEATHを除けば、「釣り」なんじゃないかと思ってしまうほど私の感性ド真ん中。
ちょっとググってみたら、私と同い年。なるほどねー。


全体的に、変にメタルの長い歴史をクドクドと語り倒すというよりは、あくまで「メタルの今」を伝えようという意図の感じられる特集で、『BURRN!』の保守的過ぎる編集方針にいささか辟易している身としてはなかなか好感の持てる内容でした。

まあとにかく冒頭の扉ページに掲げられた「一部のファンだけに愛されている感のあるヘヴィ・メタルですが、じつは広いレンジと優れた音楽性を備えた、素通りするにはもったいないジャンルなのです」という一文に尽きますね。

そう思ってたならもっと早くから特集してよ、って思わないでもないですが(笑)。

◆CDジャーナルの公式サイト
http://www.cdjournal.com/Company/products/cdjournal.php?yyyy=2010&no=07


HURRY SCUARY / BREAK IT UP (1988)

hurryscuary01.jpg

先回の220 VOLTのエントリーを書いていて思い出したのがこのアルバム。

いや、このアルバムもですね、05年の再発よりもかなり前、00年ごろかなぁ? 中古盤屋では結構なプレミア価格(万単位!)がついていた時期、当時のバイト先の近くにあった古本屋で980円で売っていて即捕獲したんですよ(笑)。

まあそんな入手のエピソードもさることながら、本作の音を聴いて「北欧っぽいなー」と思っていたことも220 VOLTとカブってきたわけですよ。

しかも本作はその220 VOLTの「EYE TO EYE」と同じ1988年の発表。こりゃ縁ですよ縁。このエントリーは今書かなかったら一生書かないような気がします(笑)。

いや実際私がこれまで聴いてきたHR/HMのアルバムを全てレビューするなんてことは仕事を辞めてニートにならない限り無理だし、特にこういう「今さら好きになっても既に存在してない」バンドを紹介するよりは、現役のバンドを紹介するほうが前向きだよなぁ、と思っているだけに、こういうアルバムはなかなか紹介しづらいのですよ。

とはいえ、そういう音楽にも思い入れのあるものは結構存在するので、ちょこちょこ機会を見つけて書いていきたいとは思っていて、本作に関してはまさに220 VOLTのエントリーを書いたこと、引いてはTREATが新譜を出したことが、その「機会」なのかな、と。

まあ、正直あまりニーズがないというか、読まれにくいエントリーだろうとは思いますが、いいんです、こういうのは自己満足で。自分が後で読み返して悦に入るために書いているので。「あー、このアルバム聴いてたなー、って」(笑)

前置きが長くなりましたが、本作は「和製イングヴェイ」と呼ばれたテクニカル・ギタリスト中間英明を中心とした関西のバンドが残した唯一のアルバムで、東宝東和提供映画「TOP DOG」(バイクレースものらしい)のサウンド・トラックという変則的な形で制作されている。

サントラといっても別にインスト曲が収められているわけではなく、全曲歌入りなので、普通のHR/HMファンでも安心して楽しめる。

どうも元々はこの映画のサントラを手掛けるのは前年に解散したMAKE-UPが予定されていたらしく、実際本作に収録されている9曲中4曲は松澤浩明、河野陽吾ら元MAKE-UPのメンバーが作曲を手掛けている。

しかし実際にはMAKE-UPによる制作は実現せず、このHURRY SCEARYのデモを聴いたプロデューサーがその音を気に入り、たまたま上京していたメンバーの身柄を確保し、強行軍的なスケジュールで制作されたらしい。なんだかんだ言われつつHR/HMが流行っていた時期ならではのエピソードですね。

そんないろいろといびつな経緯で制作されたアルバムであるためか、彼らをデビュー以前から知っているようなオールド・ファンにとって本作の出来は必ずしも納得のいくものではないようだ。

まず過剰にリヴァーヴのかかった、少しエッジに欠ける音質。そして元々日本語詞だった曲が英語詞に変更されているものの、Voの英語の発音が正直今ひとつである上、歌いなれた日本語から急遽変更したためか、本来の表現力が発揮できていないらしい。

ただ、個人的にはそのリヴァーヴ過剰なサウンドもなんとなく北欧っぽい「ムード作り」には一役買っている気がするし、何だかんだ言って英語詞であるおかげで「北欧メタル」として楽しめる気がするというのも正直な所。

元々ファンの間では#6「Dirty Streets」と#9「Feelin’ High」の2曲(特に後者)が名曲とされていたようだが、私のような後追いにはそれらの楽曲はありがちなネオクラ系の曲でしかなく(悪くはない)、むしろ元MAKE-UP組のペンによるドラマティックかつキャッチーな楽曲の方が魅力的に感じられる。

特に映画のテーマ曲である#1「Top Dog-Reaching For The Sun」はイントロのKeyアレンジからして北欧メタル・ファン殺しのドラマティックな名曲だ。

続く#2「We Can Try Again」もコーラスのアレンジが耳に残る佳曲で、その他の楽曲も強いインパクトはないがなかなかのクオリティ。

サウンドのせいか、サウンド・トラックという商業作品ということで遠慮したのか中間英明のギター・ソロはそれほどキレていない気がするが、たしかになかなかテクニカルで、ギター小僧なら耳を引かれるだろう。

こちらも北欧メタル好きであれば一聴の価値あるアルバムです。
再発盤はまだ普通の価格で入手できるようですので、よろしければどうぞ【84点】


しかしやっぱYouTubeすげーな。これもちゃんとあるわ。しかもアルバム収録テイクとは違う日本語バージョン。

※HURRY SCUARY 「Top Dog-Reaching For The Sun」のPV?



220 VOLT / EYE TO EYE (1988)

220volt04.jpg

本サイトで再結成アルバムが好評なTREATのレビューをアップしました。

本サイトやこのブログを継続的にご覧になっている方であれば私が北欧系の音を好んでいるのはご存知かと思いますが、TREATは私の中で「北欧メロディアス・ハードかくあるべし」の音なんですよ。

哀愁を帯びた叙情的かつキャッチーなメロディ、そしてキラキラとオーロラの如くサウンドを包み込むキーボードのサウンド、そして透明感のあるマイルドなヴォーカル。これぞ北欧ならではの妙味ですね。

お前ホントにメタルが好きなのか、と言われてしまいそうな軟弱で乙女な趣味(?)ですが、好きなものは好き。スイーツ(笑)大好きな草食系男子ですが何か?

話が逸れた。で、私と同じくTREATが好きな方にオススメしたいのがこのアルバム。

彼らと同時期に活動し、北欧メタル・ムーヴメントの一翼を担ったスウェーデンの220 VOLTの4枚目のアルバム「EYE TO EYE」。

このバンドもTREATと同じく「めざせ第二のEUROPE」とばかりにアメリカに挑戦して失敗したクチです(笑:まあ目標だったEUROPEにしてからがアメリカでは「一発屋」で終わってしまったわけですが)。

ただ、スウェーデン本国では音楽性がポップだったこともあってTREATの方がメジャーだったものの、彼らは結局アメリカのメジャーとは契約できないまま解散してしまったのに対し、このバンドはアメリカの「Epic」と契約することに成功している。

そしてその「Epic」からリリースされた本作をプロデュースしたのはOZZY OSBOURNEやMEGADETHなどを手掛けた有名プロデューサー、マックス・ノーマンだ。

マックス・ノーマンは我らが日本のLOUDNESSのアメリカ・デビュー作「THUNDER IN THE EAST」のプロデュースも手掛けていたことを考えると、(アメリカから見て)田舎から出てきた「おのぼりさん」バンドを「磨き上げる」のが好きな人だったのかも。

この場合相手はむさ苦しい長髪の野郎どもながら、気分としては垢抜けない田舎娘をアイドルに仕立て上げるのに通じる楽しみがあるのかもしれませんね。

また話が逸れた。まあそんな訳で、デビュー当時は相当に垢抜けないHR/HMをプレイしていた彼らですが、本作はさすがにメジャー・クオリティなサウンドに仕上がっている。

マックス・ノーマンの作る音は概してオーバー・プロデュース気味ながら、基本的に「作り込み」と相性のいいHR/HM的には悪くない(その分90年代以降のサウンドになじんでいる人には古臭く聴こえるのかもしれないけど)。

デビュー当時からは見違えるほどコンパクトに洗練された楽曲はキャッチーで、どの曲も覚えやすいコーラスを持っている。

そしてTREAT同様、多分本人たちとしては「アメリカ志向」のサウンドを出していながら、隠しきれずににじみ出てくる北欧出身ならでは哀愁が個人的にはツボなんですよねぇ。

特にバラード#6「Love Is All You Need」が絶品で、私がこのバンドに興味を持ったのは、かつて(相当昔です)ソニーから出ていたHR/HMバラードのオムニバスにこの曲が収録されていたことがきっかけでした。

で、買いたいと思って探してみたものの、私がこのアルバムを知ったときにはとっくに廃盤になっていて、中古CD屋では結構なプレミア価格がついていました(8千円くらいのものと、5千円台半ばくらいのを見かけたことがある。当時決して裕福とはいえない学生だった私には手が届かない値段でした)。

そして入手もすっかり諦めた頃、BOOK OFF某店で980円という破格の値段で売られているのを発見、即捕獲しました(笑)。BOOK OFFはたまにこういうことがあるから侮れない。

その後04年にアメリカの怪しげなレーベルから再発盤も出たのですが…これが何とも微妙な、まったく音楽性にマッチしていないジャケット↓に差し替えられていて「?」な感じでした。

220volt04_reissue.jpg

「スウェーデンのヘビメタ・バンド? じゃヴァイキングの絵でも付けとけよ」みたいな安直な発想のもとに作られたとしか思えないのですが、だったら差し替えないでそのまま再発した方がラクじゃないですか?(それとも音源以上にアートワークの権利の方が複雑だったのかな?)。

今Amazonをチェックしてみると、その再発盤さえマーケットプレイスで結構な高値がついてますね…。新品で8,133円、中古で5,890円か…。

正直EUROPEはおろかTREATと比べてもちょっと小粒なんで、ぶっちゃけそんな高値で買うほどのアルバムじゃないですよ(笑)。

ただ、もしあなたが北欧メロディアス・ハードが好きで、本作をお手頃な価格(んー、2千円前後とか?)で購入できる機会があったら、ぜひお試しあれ。【83点】

◆220 VOLTのMySpace(があるってことはバンドは存続しているのか?)
http://www.myspace.com/220voltsweden


しかしいつも思うけどYouTubeってすげーな。こんな古くてマイナーなバンドでも探せば出てくるわ。

※220 VOLT「Love Is All You Need」のPV