METALLICA来日公演 @さいたまスーパーアリーナ 10/9/26

メタル歴15年超にして恥ずかしながらMETALLICA初体験です。

もちろん彼らは言わずと知れた現代メタルの代表バンド。

アルバムのトータルセールスは億単位、その圧倒的な存在感があればこそ今なおメタルがロックにおける主要なジャンルのひとつとして存在感を保っているとさえ言っても過言ではないかもしれません。

日本においても、メタルはおろか洋楽に全く興味のない人でも「メタリカ」というバンド名はなんとなく知っている、それくらいの存在である。

実際、私がヘヴィ・メタルという音楽に興味を持って最初に買った洋楽メタルのアルバムはMETALLICAの「MASTER OF PUPPETS」でした。

何となくそれがこのジャンルの代表作のように見えたから、というのがチョイスの理由です。中学時代のほろ苦い思い出ですね(当時はハード過ぎて理解できませんでした:苦笑)。

まあとにかく、メタラーにとってMETALLICAは聴いてて当然、好きで当然、というのが一般的な認識でしょう。

そして実際、私も彼らのアルバムは一通りチェックしているし、(全曲とは言わないが)基本的に好きである。

にもかかわらずこれまでライヴに足を運ばなかった、というのは、彼らに対してちょっとした屈託があったからだ。

何て言うか、知名度が高すぎて、普通の知り合いに「メタルが好きなんです」と言うと「ああ、メタリカとか?」と言われるのがなんか癪に障るというか(笑)。

実際はHELLOWEENとかSTRATOVARIUSのようなバンドの方が好きなのに、相手が知らないために「メタリカ好き」だと思われてしまうことがちょっと不本意だったわけですよ。まあ一種のやっかみですかね(笑)。

あとはまあ、やっぱり90年代の一番メタルがしんどい時期をうまいこと「脱メタル」して乗り切った世渡りの上手さみたいなのもあんまり個人的には美しいとは思えなかった、というのもありますね、正直。

しかし、実際生で観てみると流石だなぁという感じでした。演奏とかが凄い上手いわけじゃない(むしろキャリアを考えると下手な部類かも)けど、やっぱり「ライヴがいい」のだ。その辺はIRON MAIDENに通じるものを感じましたね。

長くなるので本文は追記に回して、とりあえずセットリストだけ。

01.Creeping Death
02.Ride The Lightning
03.Through The Never
04.Disposable Heroes
05.The Memory Remains
06.That Was Just Your Life
07.Cyanide
08.Sad But True
09.The Unforgiven III
10.…And Justice for All
11.One
12.Master Of Puppets
13.Fight Fire With Fire
14.Nothing Else Matters
15.Enter Sandman
※アンコール
16.Stone Cold Crazy (Queen cover)
17.Motorbreath
18.Seek & Destroy

続きを読む

スポンサーサイト

KAMELOT/POETRY FOR THE POISONEDのチャート成績

KAMELOTの新作、「POETRY FOR THE POISONED」の各国におけるチャート成績は以下の通り。

ノルウェー:7位
フィンランド:21位
スウェーデン:23位
ドイツ:32位
オランダ:43位
スイス:48位
日本:55位
オーストリア:57位
ベルギー:64位
アメリカ:74位

時代の流れか、ゲスト多数参加が効いているのか、過去最高のチャートアクションです(日本は前作の34位が最高ですが)。

KAMELOTはアメリカのバンドですが、フロントマンがノルウェー人だけに、やはりノルウェーでの成績が突出していますね。

そして母国アメリカでは初のビルボードチャートイン。

まあ一般人の感覚からすれば大した順位ではないかもしれませんが、結成から約20年、アルバム・デビューからは約15年、9作目のアルバムにしてようやく果たした祖国でのチャートインに、中心人物であるトーマス・ヤングブラッド(G)感慨はいかばかりでしょうか。

こういうキャリアの長いアーティストがチャート成績を伸ばせるというのがHR/HMというジャンルの特徴かもしれませんね。

他のジャンルだとせいぜい2~4枚目がキャリアハイ、下手するとデビュー作が一番売れたアルバムってケースが多いような気がしますしね。

まあ、80年代の売れてた頃はHR/HMもそんな感じだった気がするので、要は一度売れてしまうと、その後旬を過ぎて売れなくなってくると、悪化する状況に耐えられなくなって(あるいはバンド内の雰囲気が悪くなって)解散してしまったり、「好きな音楽をやること」より「売れること」の方を重視する(あるいはレコード会社やマネージメントの圧力によってそうせざるを得なくなる)ようになって迷走したりというケースが多い、というのが真実なんでしょう。

そういう意味では、90年代、メタルが最高にダサくて売れない時代、それでも俺にはメタルしかないんだ、と信念を貫いてきた人たちが今ようやく報われている、と考えるとなかなかイイ話ですね(笑)。

あえて同じく90年代のHR/HM暗黒期にメタル者として生きてきた人間としての気概を言わせてもらえば、売れなかろうが、ダサかろうが、モテなかろうが、それでもこの音しかない、そう思わせる何かがメタルにはある、と私は信じています(もちろん他の音楽にそれがない、とは思いませんが、メタルは特にそういう「こだわり」を持った人を刺激する傾向が強い音楽であるように思います)。

しかし今年ドイツでMASTERPLANの新作が31位、RHAPSODY OF FIREの新作が33位だったことを考えると、この辺買ってるのはほぼ同一人物だろ(笑)。

◆本作収録「Hunter's Season」のPV [YouTube]


◆本作収録「The Great Pandaemonium」のPV [YouTube]


◆本作収録「Necropolis」のPV [YouTube]


◆ニュースソース
http://www.roadrunnerrecords.com/blabbermouth.net/news.aspx?mode=Article&newsitemID=146575


続きを読む

LOUD PARK 10 第7弾アーティスト発表

LOUD PARK 10、最後の追加はフィンランドのRECKLESS LOVEでした。

今年の発表は例年にも増して…四字熟語で言うなら竜頭蛇尾?

私は今年リリースされたRECKLESS LOVEのデビュー・アルバムを結構気に入っているのでそれなりに楽しみですが、まあ正直まだ普通のHR/HMファンには「誰?」レベルでしょうね。

「…and more!」が消えたのでこれで一通り出揃い、昨年のようなドタキャン騒ぎがなければこのままこの面子、ということになるわけですが、ちょっと2日目は中堅どころが手薄かなぁ…。

私の趣味ではないものの、エクストリーム系のバンドが少ないのも気がかりで、普通のライヴ会場ではなかなか見ることの出来ない巨大な渦巻きのようなサークル・ピットがあまり見れなそうなのもなんか寂しい。

まあ、全体的に小粒というかインパクトのない顔ぶれながら、個人的にはなかなか穴のないラインナップで、まるで興味が持てない、というバンドはほとんどない。

これがまた困ったもので、メシを食うタイミングが悩みどころ(苦笑)。
まあ、タイムテーブルが発表されてから考えますが。

積極的に最前列かぶりつきで観たいと思えるのがCHTHONIC(というかドリス嬢)しかない、ということの方がもっと深刻な問題なんですけどね(苦笑)。

◆LOUD PARK 10の公式サイト
http://www.loudpark.com/10/

TRIBUTE TO 聖飢魔II -悪魔との契約書

seikima2_tribute.jpg

先日こちらのエントリーで取り上げた聖飢魔IIのトリビュート・アルバムを聴きました。

全体として、「ARCADIA」が既発音源であることも知らなかったヌル信者の感想としては、期待以上でも、期待以下でもないというか。もちろん楽しめたというのが前提ですが。

いや、聖飢魔IIのカヴァーって難しいと思うんですよ。

楽曲がかなり作り込まれているので、楽曲のイメージを崩さずにカヴァーしようとなると「コピー」になってしまうし、元々の歌唱・演奏のレベルが高いので安易に「コピー」すると「劣化バージョン」呼ばわりされかねない。

一方で思いっきりアレンジしてしまうと、「元曲のイメージが崩れた」だの「魅力がわかってない」だの言われかねない。

その難しさを考えれば、今回のアルバムに参加したアーティストは、キャリアの長いアーティストが多いだけあって健闘してると思います。

01. Fire After Fire by SEX MACHINGUNS

元々歌詞以外においてはそれほど個性の強くないバンドだけに、一番「コピー」っぽいかも。
オリジナルがカッコいいので、当然それなりにカッコいいのですが。

02. 蝋人形の館 by SHOW-YA

歌声やギター・サウンドが私の知っている80年代~90年頃のSHOW-YAと変わっていてちょっとビックリ。
必ずしもこのバンドに向いている選曲とも思えませんが、魔女っぽい仕上がり(なんだそりゃ)で、コレはコレでアリかも。

03. El Drado by EARTHSHAKER

選曲は無難で、全体的にもまあ無難な仕上がりと言っていいと思います。

ただ、中間部にレゲエ風のアレンジを取り入れているのは、楽曲のテーマである「エル・ドラド(黄金郷)」がかつて南米にあると信じられていたことを意識しているのかもしれませんが、それがジャマイカ(レゲエ発祥の地)ってのはちょっと厳しいのでは…。

04. Holy Blood~闘いの血統~ by GALNERYUS

この曲を選ぶとは、さすが私と音楽の趣味のシンクロ率が80%を超えている(と勝手に思っている)Syuだね、と楽しみにしていました。
でもこういうアツくてクサい曲ならYAMA-Bの方がハマるんじゃねーの? とも思っていたのですが、イントロの超ハイトーン・スクリーム一発でイカされてしまいました(笑)。想定の範囲内ながら、安心のカッコよさです。

05. アダムの林檎 by 地獄カルテット

案の定というか、かなりブルータルに変貌。オリジナルとの印象の違いでは本作中1、2を争うかも。
もっと合う曲があったとも思うけど、コレはコレでカッコいい。「アダムの林檎、地獄の林檎!」のコーラスがツボったし、ギター・ソロ後のムーディなパートもいい感じ。

06. Save Your Soul~美しきクリシェに背をむけて~ by X.Y.Z.→A

これもMyツボ選曲だったのですが、正直Voの声質・スタイル的にちょっとミスマッチかも…。
この曲を選曲をした張本人という橘高文彦のギター・ソロも、彼らしいクセは出ているものの、もう少しハジけてもよかったのではないかという気も。

07. Jack The Ripper by THE 冠

最近は役者としての活動がメイン(?)の冠徹弥だけに冒頭の「語り」やエンディングの小芝居などがいい味出してる。特にエンディングはさすが聖飢魔IIと縁が深い(冠がかつて在籍していたSO WHAT? はルーク篁のプロデュースでデビューしている)だけあって、聖飢魔IIのミサを体験したことがある方ならきっと笑えることでしょう。

08. Stainless Night by SADIE

正直このバンドのことは若手のヴィジュアル系バンド、くらいの認識しかなく、果たしてこの選曲がこのバンドに相応しいのかどうか判断できないのですが、私はV系の音は嫌いではないので特に抵抗もなく。とりあえず参加ミュージシャンの平均年齢を下げることに貢献していると思います(笑)。

09. 怪奇植物 by TRICK

元ΛuciferのMAKOTO(Vo)、元La'cryma Christiで、現在ACID BLACK CHERRYや44MAGNUMでも活動するSHUSE(B)、元DANCER~D.T.R.~d.p.s.の藤本泰司(G)、元MOON CHILDの樫山圭による新バンド(プロジェクト?)。本作中最もマニアックな選曲だが、Voがフツー過ぎてちょっと…。もっと無難にキャッチーな曲を選んだほうがよかったのでは…。

10. 1999 Secret Object by GRAND ILLUSION

デーモン小暮閣下のソロにバックで参加していた縁での参加と思われるスウェーデンのメロディアス・ハード・ロック・バンド。私は別に海外のバンドが日本のバンドより優れているとは思わないですが、やはりことHR/HMのフィールドに関して言うと北欧のバンドってレベル高いなぁ、って気がしますね。もっとメロディアス・ハード然とした曲を選んでもよかったと思いますが。

11. Arcadia by RX feat. ジョン・ウェットン

RXでの既発表音源だそうで、あまり本作におけるレビューで語るのは野暮みたいですね。貫禄の仕上がり、とだけ言っておきます。


とりあえず全曲通して聴いた感想としては、やはり聖飢魔IIのサウンドに2バスのドラムは違和感がある、ということと、本作に参加しているベテラン・シンガーと比べ、デーモン小暮閣下は声をちゃんと維持されているなあ、という感じですね。


LOUD PARK 10 第6弾アーティスト発表

しばらく追加アーティストの発表がなかったため、そのうちさりげなく「…and more」の表記が消えてしれっと開催されてしまうのではないかと結構本気で疑っていたLOUD PARK 10、ようやく追加アーティストの発表がありましたね。

東京16日(土)にHOLY GRAIL、17日(日)にTURISASが追加、そして神戸にLOUDNESSとTURISASが追加されている。

そしてさりげなく(?)FIVE FINGER DEATH PUNCHがキャンセルになり、さらに17日(日)の出順が変更され、AVENGED SEVENFOLDがMOTORHEADの後、トリ前に昇格している。

ううむ、待たされた割には特に驚きも喜びもないのは私だけ?。

そもそもHOLY GRAILって誰だよ、と思ってマイスペを覗いてみると、まだ結構若いと思われるアメリカのバンドながら、「聖杯」なんてコテコテなバンド名が示す通り、かなりクラシックで正統的なHMをプレイしている。

最近の傾向でいう「NWOTHM(New Wave Of Traditional Heavy Metal)」に括られそうな感じかな?
悪くはないけど、個人的には積極的に観たい、とまでは思わないかな。

TURISASは、先日のFINLAND FEST 10では出順が後のバンドを食うほどの大盛り上がりだったけど、コアなマニアが集まるああいう小規模なフェスならともかく、こういう大規模フェスでどの程度盛り上がるかは意外と微妙な気も。

エクストリーム系のファンからは欧州民謡調のクサいメロディが小馬鹿にされそうな気もするし、それこそOZZY OSBOURNEやMOTORHEADが目当ての年配メタラーさんからは色物扱いされて白い眼で見られてもおかしくない。

そして個人的なことを言えば今年既に1回観ているわけで、どうせなら観たことのないバンドを観たいというのが本音(笑)。

LOUDNESSはもともと関西のバンドだし、関西だけ追加というのもまあ納得。
ただ、出順がKUNIの前ってのはどうなのよ。いかにバックのメンツはそれなりに実績のある連中とはいえ…。

でもまあ、07年の大阪よりはだいぶ充実している気がしますね。むしろ今回は神戸公演のほうが「密度」が濃いかも(笑)。

FIVE FINGER DEATH PUNCHはアレかな、何気に最新作が46週連続でビルボードTOP100にランクイン中(本日時点でも67位)で、ロングセラーを背景にアメリカ・ツアーを強化することにした、とかそんな話ですかね。

個人的にこのバンドはA7X、BFMV、TRIVIUMらと共に新世代メタルを牽引していくバンドのひとつになりえると思っているので、今回彼らが日本のメタル・ファンの前でアピールする機会を失ったことはちょっと残念かな。

A7Xのトリ前昇格は、全米No.1効果なのか、それともA7Xの後にMOTORHEADとOZZY OSBOURNEじゃ若者(特に女の子)がA7X終了と同時に全員帰っちゃってオヤヂ・メタラーだけが会場に取り残されるという事態が引き起こされるのを恐れたのでしょうか(笑)。

まあ、OZZY OSBOUENEとMOTORHEADは同じステージにして、A7Xは別ステージにしたほうがオーディエンスの動きが小さくなってアリーナ内の混乱が回避できるという「運営上の都合」なんかも関係あるのかも。

あとは17日に1組追加で終了か?
まあいずれにせよチケットはもうとったし、あまり期待せずに最後の(?)発表を待つとします。

◆LOUD PARK 10 公式サイト
http://www.loudpark.com/10/