BELLFAST / INSULA SACRA

bellfast01.jpg

女性ヴァイオリン奏者と女性フルート奏者を含む、日本の7人組フォーク・メタル・バンドのデビュー・アルバム。

…とかなんとか、いかなるもっともらしい形容よりも、大手メタルレビューサイト「Castle of Pagan」の管理人であるKoh氏がVoとして参加しているバンド、という説明が少なくともネット上で本作に関する文章を展開する上では一番通りがいいでしょう。

ぶっちゃけ私の購入動機もほぼ100%「Kohさんのバンドだから」です。

私もまあこうしてHR/HMのレビューサイトめいたものを運営しているわけですが、その専門性とエンターテインメント性を兼ね備えたレビューの素晴らしさ、遠くヴァッケンの地へ毎年遠征する行動力、DJやライター、そしてミュージシャンとしての幅広く精力的なメタルへの貢献・関与、さらにはサイト構築のスキルまで、いずれもKohさんの足元にも及ばないどころか背中すら遠すぎて見えないレベルで、いちメタラーとしてはもちろん、いち個人として畏敬の念を抱かずにはいられません。

本作はミックス/マスタリングにはKING DIAMONDのアンディ・ラ・ロック(G)を迎え、アートワークはTHERIONやAMON AMARTHの作品を手掛けたトマス・エヴァルハルドが手掛けるなど、非常にグローバル感覚溢れる作品に仕上がっているが、その制作過程についてはKohさんが自身のサイトで非常に丁寧に説明しているので、そちらをご参照ください(ここまで赤裸々にアルバムの制作過程を解説した文章というのは稀なので、非常に興味深い内容です)。

フォーク・メタルというと日本ではその派生ジャンルと言えるヴァイキング・メタルを含め、デス声を取り入れたバンドが比較的よく知られている(ELUVEITIEやEQUILIBRIUM、FINTROLLなど)が、日本盤がリリースされているWUTHERING HEIGHTS、ELVENKINGのようにノーマル・ヴォイスで歌われているバンドも多く、このバンドは後者のタイプに属する。

要はKohさんはデス・ヴォイスで歌っているわけではない、ということなのですが(笑)、その歌声はBURRN!誌のレビューをはじめ多くの人にブルース・ディッキンソン(IRON MAIDEN)との類似を指摘されている。

個人的にはメタルに造詣の深いKohさんだけあって、色々なシンガーの歌唱法を適宜使い分けているように思うし、基本的には故ロニー・ジェイムズ・ディオを一番意識していると思うのですが、声質とのマッチングによってブルース・ディッキンソン風に聴こえる、ということなのではないかと思っています。

正直高音域やシャウトは世界の一流どころと比べてしまうと弱いのですが、私のように普段欧州インディーのメタル・アルバムをよく聴いているような向きにはさほど気にならないレベル。

楽曲については、アイリッシュ・ミュージックの要素を取り入れたヘヴィ・メタルというのが基本路線ながら、#5、#6のようにプログレッシヴな要素が強く押し出された楽曲も存在し、それぞれの楽曲が制作された時期がまちまちなこともあってか、良く言えばバラエティがあるし、悪く言えばクオリティや方向性にバラつきがある。

そして本作を語る上での最重要要素であるケルト音楽/アイリッシュ・ミュージックという「フォーク」な要素が「現地の人」にとってどう響くかは正直不明。海外のアーティストが楽曲中で日本の和音階などを取り入れると、単なるエキゾ趣味に基づく軽薄さを感じることがありますが、このバンドの音楽が海外(主に欧州)でどう評価されるかはその辺も結構重要かもしれません。

ドイツのSUBWAY TO SALLYやスペインのMAGO DE OZのように現地語で歌い、現地で人気を博しているような「フォーク・メタル」バンドは根っこがフォークにあって、メタルは「装い」でしかないような印象を受けますが、このバンドの音楽の場合は逆に基盤は結構渋めのHR/HMにあって、フォークの要素は「差別化の方法論」であるように私には聴こえました(それが悪いと言っているわけではない、というかむしろその方がHR/HMファンとしては馴染みやすい)。

ただ、基盤は結構渋めのHR/HMと書いた通り、昨今の何事もエクストリームなものがもてはやされるHR/HMシーンにおいては、アグレッションやメロディのクサさにおいてそれほど極端なものは提示されておらず、そういう意味では若者にはちょっと地味に響くのではないか、という気もします(とはいえメンバーの世代やKohさんのVoスタイルを考えるとある程度以上のアグレッションの強化は無理があるとは思いますが)。

実際私ももう少しキャッチーな要素が強くてもいいのではないかと思いましたが、日本のバンドがキャッチーさを追求すると陥りがちな「歌謡メタル化」をKohさんをはじめとするメンバーが忌避したのではないかとも推測もされ、キャッチーさが抑えられているからこそここまでグローバルな雰囲気を感じさせる作品に仕上がったのかもしれません。

いずれにせよ、演奏やサウンド・プロダクションをはじめ、日本盤がリリースされるレベルの欧米のバンドに引けを取らないクオリティを備えた作品であることは間違いなく、メタルに対する造詣の深いKohさんならではの「こだわり」が随所に感じられる力作だと思います。

本作はKohさんが加入する以前からのマテリアルも含む「これまでの集大成的な作品」という、バンドのデビュー作にありがちな性格の作品ですが、よりKohさんがイニシアティヴを執るであろう(?)次作が今から楽しみです。

◆BELLFASTのMySpace
http://www.myspace.com/bellfastband


続きを読む

スポンサーサイト

『TV Bros』で再びメタル特集

tvbros101027.jpg

昨年に引き続き、LOUD PARK明けのこの時期、10月30日>11月12日号で再びHEAVY METAL特集が掲載されました。
どうやら昨年のメタル特集号は売上低迷号にはならなかったようで、ひと安心(笑)。

昨年は店頭での不意打ちだったので驚愕しましたが、今年は事前に情報が出ていたので、むしろ朝イチで通勤途中のコンビニに立ち寄り購入。

そして電車の中で広げて数分後に失望。

「内容がなさすぎる…」

表紙を飾るオジーのインタビューの内容が薄いのはしゃあない。2ページしかないし。

オジーが「後世に残るような名曲」の例として挙げているのがBON JOVIの「Livin' On A Prayer」にALICE COOPERの「Poison」と、どちらもデズモンド・チャイルドの曲だったのはちょっと興味深かったけど。

しかし、レミー(MOTORHEAD)のインタビューをドタキャンされたからってレミーの名言と平野レミの迷言の紹介記事に振り替えってのはあんまりじゃねーの? 大学の雑誌出版サークル並のセンスだぞそれ。

普通に12月公開の映画『極悪レミー』の紹介記事を増やせばよかったのに、くだらないことしやがって…。

LOUD PARKのレポートは昨年も内容薄かったので期待はしていなかったが、ライターである掟ポルシェが冒頭から「息子の子守りのために2日目の遅い時間しか間に合わなかったぜ!」てなことをぬけぬけと書いているあたりで不快感MAX。

LOUD PARKの魅力は遅い時間に出てくる単独公演もあるようなバンドではなく、こういうフェスでしか来日できないようなバンドを観られることにこそあるのに、実質オジーのレポートしかない記事にLOUD PARK 10のレポートを銘打つのは詐欺だ。

そしてROLLYやTHE 冠、つるの剛士などによるBURRN!の編集後記風「これぞメタルな10曲」の選出で今回の「HEAVY METAL特集」は終了。

薄すぎる。前回に企画の質も量も全く及んでいない。
『TV Bros』の公式サイトによると「来年もメタル特集があるか?」は、皆様のご反響次第となっております(切実)、とのことだが、こんな内容ならもう結構だ。

ちなみに7人の著名人(?)が選ぶ「これぞメタルな10曲」において、BLACK SABBATHやJUDAS PRIEST、IRON MAIDENやMETALLICAなどは色々な人に挙げられているが意外にも楽曲の被りはほとんどなく、唯一複数の人が同時に選出した曲はTHE 冠氏とミドリのHAJIME氏が選んだMANOWARの「Hail And Kill」の一曲のみ。この事実は結構アツいですね(笑)。

ROLLYがTNTの「Intuition」を選んでいたのは意外だったし、IMPELLITTERIの「The Future Is Black」やらRHAPSODYの「Emerald Sword」といったおよそこういう場ではなかなか挙がりにくい名前が挙がっていたり、イングヴェイで唯一挙げられている曲がバラードの「Save Our Love」1曲だけだったりというのも「個人のチョイス」ならではで興味深い…かな。

◆これぞメタルな1曲:MANOWAR「Hail And Kill」(YouTube)


劇的かつ攻撃的、たしかにメタルの魅力が凝縮された曲で、MANOWARの生み出した最強の名曲ですね。
中間部の「Hail! Hail! Hail and Kill!!」のコーラスが最高にアツい!

ALDIOUS / DEEP EXCEED

aldious01.jpg

話題のアゲ嬢メタル・バンド、ALDIOUSのデビュー・アルバム。

そのキャバ嬢のようなド派手なルックスもあり、「週刊プレイボーイ」のようなHR/HMとはおよそ縁遠い男性週刊誌でも露出を獲得し、HMVの先行予約の記録を塗り替えるなど普通のHR/HMバンドではありえない話題を振りまき、本作は日本の新人HMバンドとしては異例のオリコン週間チャート初登場15位を記録した。

サウンドの基本線はある意味ジャパメタの王道ともいえる歌謡メタル路線。メロディアスな歌メロを中心としたキャッチーなヘヴィ・メタルで、VoがHR/HMにありがちな超ハイトーンやドスの効いたタイプではない、良くも悪しくも普通っぽい歌声(時に往年の工藤静香を思わせる)であることもあって、それほどHR/HMに親しんでいないリスナーにも聴きやすいサウンドだろう。

メンバーの影響源のひとつでもあるメロディック・パワー・メタル由来の疾走感もあり、これまたメンバーの影響源のひとつであるヴィジュアル系っぽいフレイバーも漂う、まあそういう意味では私好みのサウンドではあります。

ただ、音楽のクオリティを冷静に評価してしまうとアマチュア・レベルであることもまた事実で、このルックスでなければここまで話題になることはなかっただろうなあ、というのも正直な所。

まあ、こういうルックスで売り出していることから考えても、本人たちも音楽だけで勝負する気はさらさらないはずで、最終的には聴き手としてこのコたちを「ご指名」したいかどうかに尽きるんじゃないですかね。

このルックスだと普通のガールズ・ロックを演るのは違和感があるし、メタルだからこそこの華やかさと毒々しさが紙一重な「アゲ嬢ルック」がハマる、ってのはなかなか秀逸なコンセプトだと思います。メタルは基本、男性中心の文化だけに彼女らの存在はそれだけでインパクトになりますし。

一方でメタルのマーケット自体は母数が絶対的に小さく、またメタル・ファンの一部にはミソジニー(女性嫌悪)、しかも日本人蔑視の傾向があることも事実で、かつてのSHOW-YAくらいまでポピュラリティを獲得しない限り、見込める商業的成功の規模というのは知れたもの。

そういう意味で、このバンドが狙っている「ゴール」がどこなのか、というのはちょっと興味がありますね。

今後音楽的に成長して、SHOW-YAのような武道館クラスを目指す、ある意味バンドの王道を望むのか、ちょっとひと花咲かせられればOK、飽きたら(あるいは飽きられたら)普通のお嫁さんになります(はぁと)、くらいの軽い気持ちなのか、それによってこのバンドを見守る視線の温度も変わってくるというもの。

とりあえず払った金額分くらいはなんとか楽しめましたが、次作もこのレベルだったら、再指名はないかな(笑)。

ライヴも、ボーナスDVDに収録されたライヴ映像にスタジオ音源が被せてある時点でそのパフォーマンスのレベルは推して知るべしで、おそらく生で観ない方がお互いのためというものでしょう(苦笑)。こんなことされるとこのCDで演奏してるのも果たして本人なのかというトラ疑惑が持ち上がってしまいます(苦笑)。

ただ、そのライヴ映像におけるピンクのギターのお嬢さんは終始笑顔が素敵でイイですね。彼女単独での指名はアリですか?(笑)。

◆ALDIOUSのMySpace
http://www.myspace.com/ultimate.melodious

◆ALDIOUS公式サイト
http://aldious.jp/

◆HMV ONLINE上の連載コラム「ご指名、いただきましたっ!」
http://www.hmv.co.jp/serialnews/aldious/


GAMMA RAY / ALRIGHT!-20 YEARS OF UNIVERSE

gammaray_best02.jpg

ジャーマン・メタルのゴッドファーザー、カイ・ハンセン率いるGAMMA RAYのデビュー20周年を飾る日本限定ベスト・アルバム。

タイトルの「アーライ!」は日頃2chなどをご覧になっている方であればご存知の通り、カイ・ハンセンの異名というかなんというか…(苦笑)。

日本限定だけにこういうタイトルにすることができたのでしょうが、ちゃんとカイ本人にタイトルの由来は伝えているんですかね?(笑)。

個人的にはこういうネットスラングみたいなものを公の場に持ち出すことはあまり好ましいとは思わないタチで、今月の27日にリリースされるSKYLARKのベスト・アルバムのタイトルが「全部」というのもちょっと興醒めだったりして、当初こういうネタCDは買わないでおこう、と思っていました。

ましてや私はGAMMA RAYのアルバムは全部持っているし、オマケで付いてくるPV集も、ひと昔前であればともかく、YouTubeがある現在においては大してありがたみもなく実際の所このアルバムを買う理由はほとんどない。

しかし結果としてこうして買ってしまったのは、つい店頭の試聴機で聴いてしまい、居ても立ってもいられなくなってしまったためです(苦笑)。

やっぱいいわぁ、初期のGAMMA RAY。
私にとってはまさにこの音こそがメタルの「基準」なんですよね。これくらいのヘヴィさ、速さが一番心地いい。

初期に偏った選曲は日本ならではで、欧州のレコード会社が編集したらこうはならなかったはず。
ここ10年のGAMMA RAYのアルバムしか聴いたことがない、という人にはぜひこのアルバムを聴いてもらいたい。

「Welcome」で幕を開け、「Lust For Life」、「Man On A Mission」、「Tribute To The Past」というメロディック・パワー・メタルの大名曲が3連打された時点でK.O.ですよ…。黙ってレジに持って行き、お布施をしました(笑)。

彼らには2000年に発売された「BLAST FROM THE PAST」(2000)という2枚組のベストもあり、それも悪くないのですが、それは所謂リメイク・ベストで、ラルフ・シーパース在籍時の楽曲も、現在のメンバーで録り直されている。

ラルフ・シーパース(現PRIMAL FEAR)のメタル界でもトップ・クラスの強力なハイトーンと、3rd~4thで叩いていたトーマス・ナック(現IRON SAVIOR)のドラミングに思い入れのある身としては、その点がちょっと不満だった。

そもそも私はベスト・アルバムを入門者向けの商品と考えており、入門者にいきなり2枚組というのはちょっと敷居が高いと思ってます。

そういう意味で(DVDが付いていることを無視すれば)1枚モノのベスト・アルバムである本作をこそGAMMA RAY初心者には推したいですね。

DRAGON FORCEやSONATA ARCTICAは好きだけどGAMMA RAYってあんまりちゃんと聴いたことないなぁ…という2000年以降にメタル、特にメロディック・パワー・メタルを聴き始めたような人たちにこそ本作を薦めたい。これこそが原点であり、(個人的には)最高峰の音である。

「Man On A Mission」が1曲目に来ていたほうがタイトルの由来はわかりやすくてネタとしては徹底していると思うけど、あえて「Welcome」を1曲目に持ってきているのは良識と品性を感じますね(笑)。

そう、後付けみたいだけど彼らのほぼ全音源をコンプリートしている私のような人間にとって本作を購入する意義としてはこの「Man On A Mission」の、「LAND OF THE FREE」収録バージョンが「Fairytale」とクロスフェードしていない音源を入手できる、というのがありますね。

いや、この「アーライ!」で始まる「Man On A Mission」はネタ曲などではなく、メロディック・パワー・メタル史上に燦然と輝く超名曲なので聴かずに生きていては損です。マジで。

ああ、やっぱりこの音に対して客観的にはなれないわ(笑)。
とりあえずこのサイト/ブログの文章に信頼・共感を寄せてくださる方にはとにかく聴いてもらいたいですね。
あんまりこういう薦め方は好きじゃないけど、そう言いたくなるくらい私にとって「特別な音」です。


LOUD PARK 10の感想

LOUD PARK明けの先週はプレゼンが2件あるなど激務でして、全く余韻に浸る間もありませんでした。一週間で徹夜3回ておかしくないですか。

この週末ようやく、ライヴから帰宅後勢いだけで書いた自分のレポを読み返したり、公式サイトのレポートページを見るなどして「ああ、LOUD PARK行ったんだな」という実感を得ることができました(苦笑)。

ただ、先週が激務になることはあらかじめわかっていたので、LOUD PARKでは体力温存に努め、一部の特に観たいバンドを除いては極力スタンド席で座って観るようにしていたので、正直不完全燃焼感はあります。

しかし完全燃焼していたら週明け死亡することは目に見えていたので(例年LOUD PARKの翌日は休み、もしくは半休をとっていた)、オトナの判断を優先しました…。

とりあえずそんなわけで、あらためてLOUD PARK 10の振り返りを。

【目当てだったバンド】

1日目:CHTHONIC、EDGUY、ACCEPT
2日目:RECKLESS LOVE、ANGRA、OZZY OSBOURNE


【ベストアクト】

1日目:ACCEPT
2日目:OZZY OSBOURNE

あえてどちらかひとつに絞るならACCEPT。私がこれまでみたメタルのライヴの中でも屈指の熱いライヴでした。
全盛期のライヴを体験した方が本当に羨ましい。


【ワーストアクト】

KUNI

観てる人に痛々しい思いをさせたらダメでしょ…。しかし公式サイトに上がっているライヴ後の映像を観る限り本人には全く反省がないようで、以前キャプテン和田のブログに上がっていたインタビューなどを聞いても、この人は本当に社会人としてダメな人なんだな、という感じがした(少なくとも日本ではアーティストにもある程度の社会性が求められます)。

かつて渡米して成功を目指した、というのは、この空気を読めない性格だと日本の社会ではやっていけないからだったんじゃないか、という気がしますね。


【改善して欲しい点】

バンドとバンドの間の転換の時間が短すぎる。
私のようにできれば全部のバンドを観たい、という欲張りにはゆっくりメシを食う時間が取れなくて困ります(笑)。


【来年観たいバンド】

SYMPHONY X、STRATOVARIUS、PRIMAL FEAR
昨年までと変わらず。ライヴで観れば評価が上がりそうなバンドをぜひ呼んでもらいたい。


【耳にした興味深い噂】

・B'zの稲葉浩志がステージ袖で観ていたらしい。

Twitterで明かしていた所によると、女優の坂井真紀が来場しA7Xのピットに参加(!)していたらしい。


【感想】

やっぱりメッセのほうがフェス感があっていいな。その気になれば全部のバンドが観れるというメリットはあるけど、それじゃ単なる大規模な対バンイベントじゃねーの? って思いは07年から感じてました。

ただ、今年に関して言えば私は前述の通り体力温存に努めなくてはならなかったので、スタンド席のあるさいたまスーパーアリーナで助かった部分もありますが…。

あと、以前はエクストリーム系のバンド限定の現象だったサークルピット/モッシュピットがANGRAをはじめとするあまりコアな要素のないバンドにも広がってきているのが印象的でした。

まあ、これだけデカいピットを作れる機会はそうそうないので、コレをやりたくて来てるんだよ、演奏をじっくり聴くなら家でCD聴いてるわ、って人がいてもおかしくないし、「ライヴの作法」も変わっていくものなんでしょう。バンド側としても盛り上がりが視覚的に体感できて気分いいかもしれませんしね。

それから今年は例年にもましていいドラマーをたくさん観れた気がするな。EDGUYのフェリックス・ボーンケ、HELLYEAHのヴィニー・ポール(元PANTERA)、STONE SOURのロイ・マヨルガ(元SOULFLY)、HALFORDのボビー・ジャーゾンベク(RIOT)、KORNのレイ・ルジアー、MOTORHEADのミッキー・ディー(元KING DIAMOND)、AVENGED SEVENFOLDのマイク・ポートノイ(元DREAM THEATER)など、素晴らしいドラミングをたくさん観ることができました。

KUNIのバックで叩いていたフランキー・バネリも独特のフィルインが随所で聴けて、その点は楽しめました。


【なんとなく考えたこと】

LOUD PARK 08のSLIPKNOTとA7Xが出た日から感じていたのですが、私が好きなタイプのバンドの客層と、SLIPKNOTやA7X目当てで来ているような客層では随分タイプが違うなあ、というのは今年も感じました。

ACCEPTのライヴは、必ずしも彼らの大ファンというわけではない私にとってさえ本当に感動的な熱さだったのに、反対側のステージでSTONE SOURを待っている人たちはいたって無反応で、むしろ退屈そうな人さえ見受けられました。

その様を見て私は、ここまで感性の違う人たちを同じイベントに呼ぼうとするのはお互いに不幸なだけなんじゃないのか、そもそもSTONE SOURやA7X目当てで来ている人たちは自分たちが好きなバンドをメタルだと思っているのか?とさえ思いました。

ただ、冷静に考えてみると、仮にこういうイベントが1985年あたりにあったとして、再結成DEEP PURPLEやM.S.G、METALLICAやSLAYER、MOTLEY CRUEやRATTが同時に出ていたとしましょう。

そのときにDEEP PURPLE目当ての人たちと、LAメタル系のバンド目当てのグルーピーのお嬢さん、METALLICA目当てのスラッシャーたちが全てのバンドを楽しめるほどキャパシティ、あるいはメタル愛があったかと考えると、恐らくそんなことはないはずで、そういうギャップはHR/HMという狭いのに細分化されたこのジャンルにおいてはきっと昔から内包されていた問題(?)だったのではないでしょうか。

そう考えると、「メタル」の名の下にこれだけ多種多様なバンドが集まることができ、自主的には決して観ることがなかったようなバンドに触れる機会としてのこういうフェスはやっぱり貴重な存在だなあとあらためて思いました。

SLIPKNOTやA7Xだけが目当てという人たちは相対的に若い人が多いので、願わくばその若さゆえの柔軟な感性をもって、目当て以外のバンドの魅力も感じてくれると嬉しいな、と切に思いますね。

◆台湾のTVで放送されたLOUD PARK 10のCHTHONICのステージの模様


俺が映ってるんだけど(笑)。
ちなみに私はLACUNA COILのライヴDVDにおけるLOUD PARK 07のシーンにもちょこっと映ってます(笑)。