V.A. / SIAM SHADE TRIBUTE

shamshadetribute.jpg


海外アーティストによるSIAM SHADEのメジャー・デビュー15周年(と言ってももう解散してるけど)を記念したトリビュート・アルバム。

実は好きだったんですよね、シャムシェイド。

彼らがデビューした95年頃ってホントに日本のHR/HMバンドって壊滅状態で、ANTHEMやEARTHSHAKERは解散してたし、LOUDNESSはお経みたいなつまらないアルバムを連発、X JAPANはバラード・シングルばかりという惨状。

ちょっとキャッチー過ぎて一歩間違うとWANDSみたいなビーイング系になってしまいそうだったけど、彼らのようなHR/HMやプログレからの影響を強く感じさせるサウンドは当時の日本の音楽シーン的には希少で、期待せずにはいられませんでした(結果的には必ずしも私の「期待」には応えてくれませんでしたが…:苦笑)。

本作の制作の中心になっているのはプロデューサーのマーティ・フレデリクセンで、AEROSMITHやDEF LEPPARD、MOTLEY CRUE、OZZY OSBOURNE、BUCKCHERRY、FUELなどの楽曲を数多く手掛けた、00年代のアメリカンHR/HMにおけるキーマンの一人である。

参加しているメンツを見るとセバスチャン・バックにエリック・マーティン、リッチー・コッツエンにジェイニー・レインにマイク・ヴェセーラ、マーク・スローターにジョン・コラビなど、長年のHR/HMファンであればご存知であろう名前が連なっている。なかなか豪華だ。

しかし、結論から言うと本作はちょっと退屈だった。

まず、ヴォーカリストこそ頭数を揃えているものの、バックの演奏に参加しているのは全曲デイモン・ジョンソン(G, B)とブライアン・ティッシー(Dr)の2名だけ。

2人とも優れたプレイヤーだけに難易度の高いSIAM SHADEの楽曲を無難にこなしているものの、常に緻密なアレンジが隠し味となっていたSIAM SHADEの楽曲が大味なアメリカン・ハード・ロックになってしまっており、かと言って独自のヒネリもなく(だからこそオリジナルのイメージを変に損なわなかったという面もあるかもしれないが…)「お仕事」感が否めない。

そもそもここに参加している錚々たるヴォーカリストたちがSIAM SHADEのことを知っていたとはとても思えず、そういう意味でも「トリビュート(賛辞・謝意)」というよりは「お仕事」って感じがするんですよね。まあ、近年の日本のロック・バンドでSIAM SHADEの曲をイメージを保ちつつ演奏できるようなバンドは少ないのかもしれないけど…。

まあ、実際の所そういう「思い入れ論」みたいな部分より、「選曲が私好みではない」というのが一番の問題なんですけどね(苦笑)。

個人的にこのバンドの魅力は超絶技巧に裏打ちされた哀愁メロディアス・ハードな部分にあって、栄喜(Vo)の青臭い歌詞、ちょっと細めの歌声もそういう路線にこそハマっていたと思っています。それが後期になるにつれてメロディがどんどんドライに明るくなり、不似合いなゴリゴリしたヘヴィさを強調するようになって興味を失ってしまったというのが個人的な経緯。

本作の楽曲はその私が興味を失っていた後期の楽曲が多く(アメリカ人的には多分こちらの方が肌に合うのでしょう)、「Calling」や「Destination Truth」のような初期の曲をやってくれれば私個人の満足度はもう少し上がったと思うのですが。

SIAM SHADEの精密機械のようなサウンドはやはり日本人だからこその魅力があって、それは欧米人にはなかなか表現できないものだということが証明されたことが本作の意義じゃないですかね。

個別の楽曲解説は追記で。

◆SIAM SHADE トリビュート特設サイト
http://www.sstribute.com/


続きを読む

スポンサーサイト

BLACK VEIL BRIDES / WE STITCH THESE WOUNDS

blackveilbrides01.jpg

アメリカはオハイオ州シンシナティ出身で2006年に結成された5人組のデビュー作。
プロデュースを手掛けているのは元ROB ZOMBIE~現OZZY OZBOURNEのベーシストでもあるブラスコで、彼はこのバンドのマネージメントも手掛けており、同じマネージメントにはかのIN THIS MOMENTも所属しているという。

リリース元は「Standby Records」というインディー・レーベルながら、本作はビルボード初登場36位という非メジャーの新人バンドとしてはかなり好調な成績を収めている。

なんでもデビュー前からYouTubeで公開されていた「Knives And Pens」のPVが1500万回以上(!)の再生数を記録し、マーチャンダイズがバカ売れするなど注目の存在だったようだ。

個人的にBURRN!誌のレビューでジャケットを見た瞬間にピン!と来て、ネットで調べたところそのルックスに思わず笑ってしまいました。これなんてヴィジュアル系?(笑)。いやー、やっぱロック・バンドはこうあるべきだよね(?)。好き好きこーゆーの(笑)。

blackveilbrides.jpg

Voの名前がアンディ・シックス(1990年生まれ、って若けー)って、ヘアスタイルやメイクといいどんだけニッキー・シックス好きなんだって感じで、実際MOTLEY CRUEやW.A.S.P.などのバンドをフェイヴァリットに挙げているようだが、音楽的には最近ちらほら出てきているLAメタル回帰型ではない。

音楽性はメロデス色の強いエモ/スクリーモといった感じで、アメリカ出身とは思えないほどクサいメロディを奏でるリード・ギターと、HIMのヴィレ・ヴァロをエモっぽくしたようなVo(そこにデス声のスクリームが絡む)のコンビネーションが意外とありそうでない感じ。

音の印象が一番近いのはBULLET FOR MY VALENTINEかなあ。BFMVをもう少し軽くして欧州風味を増量した感じ。実際アメリカ盤には「for fans of AVENGED SEVENFOLD, BULLET FOR MY VALENTINE, ESCAPE THE FATE」と書かれたステッカーが貼られているみたい。

再生ボタンを押し、オープニングSE的な#1に続くタイトル曲#2冒頭のドラマティックなツイン・リードに「オオッ」と身を乗り出すも、リフと一緒に入ってくる軽~いDrサウンドにちょっとズッコケ。

本作でプレイしているドラマーはサンドラ・アルヴァレンガという女性(現在は脱退し、このバンドと同じレーベルに所属しているMODERN DAY ESCAPEなるバンドに移籍している。リストラ?)だけに、このアタックの弱さはやむを得ない所か。てかドラムだけが女性ってマキシマム・ザ・ホルモンみたいですね。ついでにギターの片割れがヴァイオリンも弾く、というのはLUNA SEAみたいですね。

バンドの音作りというのは基本ドラムに合わせるものなので、サウンドが全体的に軽くてダイナミックさに欠けるのはそのせいか。男性ドラマーを迎えた次作ではもっとヘヴィになることを期待しつつ、まあ本作の軽いサウンドも聴きやすいと言えば聴きやすく、こういうルックスで女の子が飛びついてくるようなバンドはこれでいいのかも。

とにかくアルバム全編に渡ってメロディアスかつドラマティックなリード・ギターのフレーズが満載、ちょっとナル入っているVoの歌うヴォーカル・ラインもキャッチーで、聴きやすい。随所に入るスクリームもゴツ過ぎず弱すぎず、イマっぽさを醸し出すスパイスとして効果的。

まあこんなルックスだし、若いだけに演奏力も抜群というわけではないのでバカにする人やニセモノ呼ばわりする人も多いと思いますが、個人的にはかなり気に入りましたね。こういうバンドが「ロックの入り口」でもいいと思いますよ私は。メロディ・センスはかなりのものなので、今後に期待です。【84点】

◆BLACK VEIL BRIDESのMySpace
http://www.myspace.com/blackveilbrides

◆「Perfect Weapon」のPV(YouTube)



ERIKA / COLD WINTER NIGHT

erika01.jpg

スウェーデン出身の女性シンガー、ERIKAことエリカ・ノーベリのデビュー・アルバム。
先日レビューしたISSAの「SIGN OF ANGELS」の引き合いに出されていて思い出しました。

#9「Emergency」にかのイングヴェイ・マルムスティーンがギター・ソロで参加して弾き倒しており、本作発表後イングヴェイと結婚したこともあって(のちに離婚)、当時北欧メタル・マニアの間でちょっとした話題になり、次作「IN THE ARM OF STRANGER」は同曲をボーナス・トラックに「エリカ・マルムスティーン」名義で日本盤がリリースされたりもしました。

本作で展開されている音楽はいわゆるハード・ポップ、それもかなり洗練されたもので、母国スウェーデンでは最高13位を記録し、ゴールド・ディスクに輝いたというのも納得のクオリティです。

エリカ自身の歌唱は可もなく不可もなく、といった程度で、ハードさという点ではHR/HMファンには物足りないかもしれませんが、哀愁を帯びつつもバラエティに富んだコンパクトな楽曲群のクオリティは非常に高く、どの曲もすぐにサビを覚えてしまうほどキャッチー。

タイトル曲#6におけるKeyの使い方なんかは北欧ハード・ポップ・ファンなら胸キュン間違いなし。

「Prelude」という小曲で始まり、「Postlude」という小曲で終わるという構成もHR/HMファン好みですね。#4の曲終わりにちょっとしたインストのジャムっぽい小曲(?)が隠しトラック的に挿入されているのも面白かったです。

本作自体は日本盤リリースされていないものの、BURRN!誌上で広瀬氏と藤木氏がことあるごとに本作を名盤として紹介してきたこともあり、日本のメロディアス系HR/HMマニアの間では伝説の名盤としてかなり知られている。

ぶっちゃけ私も高校時代そのBURRN!誌の北欧メタル特集で興味を持ったものの、地元埼玉のCD屋では発見できず、意を決して行ってみた(埼玉の田舎の高校生にとって渋谷に行くのはそれなりに「冒険」でした:照笑)渋谷のタワーレコードでも見つけられず、Amazonもない当時半ば諦めていました。

しかし、高三の頃通った御茶ノ水の駿台予備校の夏期講習の期間、人生初めて立ち寄ったディスクユニオンのハードロック・ヘヴィメタル館(今より見つけにくい場所にありました)では普通に置いてあり、「ユニオンすげえ!」と感激したことを今でもかなり鮮明に思い出します。青春の一枚ですね(笑)。【86点】


STRATOVARIUSのヨルグ・マイケル(Dr)が癌でツアー不参加

STRATOVARIUSのドラマーである“親方”ことヨルグ・マイケルが癌に罹っていたそうです。

ヨルグは最近首にしこりを発見し病院に行ったところ、悪性の甲状腺腫瘍であることが判明。全甲状腺を摘出して放射線治療を受けることになりました。

しかしSTRATOVARIUSはこの後HELLOWEENの"7SINNERS TOUR"に帯同しての長いツアーが控えています。

あわやツアーキャンセルかという事態ですが、親方の「自分のためにライヴがキャンセルになることは望まない」という意思により、バンドはヨルグの復帰までサポートを入れてツアーを行なうことを決断。

当初、イェンス・ヨハンソン(Key)の兄であるアンダース・ヨハンソンに代役を頼もうとしたものの、アンダースが本業のHAMMERFALLで予定が入っていたため、AXXISやAT VANCE、ANNIHILATORやMEKONG DELTAなどで活躍してきたアレックス・ランデンバーグを起用してツアーに出るとのこと。

というわけで2月にHELLOWEENのサポートとして来日する際には残念ながらヨルグ・マイケル親方には会えないようです。

とりあえず癌の中では比較的予後のいいもののようですが、我々メタラーとしてはロニー・ジェイムズ・ディオという偉大な人を亡くした記憶も新しいだけに安心はできません。

一日も早く回復し、再びあのタイトでパワフルなドラミングを聴かせてくれることを祈るばかりです。

◆ニュースソース
http://www.roadrunnerrecords.com/blabbermouth.net/news.aspx?mode=Article&newsitemID=149584

※ヨルグのドラミングの凄さがわかりやすく伝わるのはやっぱりこの曲ですかね。フィルの多彩さがハンパない。

HELLOWEEN/7SINNERSのチャート成績

バンド史上最もハードかもしれない作風で、ここ日本では賛否両論ぎみなHELLOWEENのニュー・アルバム「7 SINNERS」の各国のチャートアクションは以下の通り。

チェコ:9位
ギリシャ:10位
フィンランド:16位
日本:18位(洋楽チャート6位)
ドイツ:25位
スイス:38位
スウェーデン:40位
スペイン;51位
オーストリア:57位
フランス:65位

※11/20チャートデータ追記

正直これまでと大差ない成績で、これなら特に今後この路線にこだわることもなさそう。
個人的にはある意味ひと安心です(笑)。

◆ニュースソース
http://www.roadrunnerrecords.com/blabbermouth.net/news.aspx?mode=Article&newsitemID=149700