DARE / CALM BEFORE THE STORM (1998)

dare03.jpg

前エントリーに書いた通り、ゲイリー・ムーアの死が結果的に当サイトで彼の作品をレビューするきっかけになったわけですが、ついでと言ってはなんですがこれをきっかけにもう一枚レビューを。

いや、必ずしもゲイリー関連の作品というわけでもないんですが、ゲイリー・ムーアを「THIN LIZZY人脈の人間」としてとらえるなら、このバンドも「THIN LIZZY人脈のバンド」なのでふと思い出したというか。

DARE、などと言っても日本での知名度を考えると「ダレ?」という感じかもしれませんが(寒)、このバンドは後期THIN LIZZYのKey奏者だったダーレン・ワートン(Vo & Key)を中心としたバンド。

元々はTHIN LIZZY解散後、ダーレンが地元マンチェスターの仲間たちとはじめたバンドが発端で、このバンド名はMOTORHEADのレミーの命名によるものだとか。

当時のギタリストは後にTENで(日本では)有名になるヴィニー・バーンズで、メジャーの「A&M」から88年にデビュー・アルバム「OUT OF THE SILENCE」をリリース。ジミー・ペイジのソロやEUROPE、そしてゲイリー・ムーアの前座としてツアーを行なった。

その後これまた後にTENのメンバーとなるグレッグ・モーガン(Dr)を迎え、91年にキース・オルセンをプロデュースに迎えた2nd「BLOOD FROM THE STONE」を発表するも、セールス不振で契約を失い、ヴィニー・バーンズをはじめとするメンバーの多くも脱退。解散こそしなかったが、ダーレンに子供が生まれたこともあり、その活動は大幅にスロー・ダウンする。

本作は「Frontiers」勃興以前にAOR系のバンドの宝庫としてメロハー・マニア御用達だった「MTM」レーベルからリリースされた、7年ぶりの「復活作」で、ダーレン以外のメンバーは一新されている。

そういう意味ではほぼ「新しく生まれ変わったニュー・バンド」と言ってもいい状態だが、本作のオープニングを飾る#1「Walk On Water」は、セカンド「BLOOD FROM THE STONE」からの先行シングルだった「We Don’t Need A Reason」のB面曲で、そういう意味では初期からの「連続性」が保たれている。

ただ、本作の全体的な作風は比較的ハードな仕上がりだったセカンドよりも、AORタッチだったデビュー作に近く、聴く人によっては全曲バラードに聴こえかねないほどメロウな仕上がり。

本作の日本盤解説を手掛けた伊藤政則氏は本作を「甘く切ない」とかなりベタな形容をしているが、まさにその表現がしっくり来る非常にウエットで叙情的な作風だ。

恐らくTHIN LIZZYというよりはTENやMAGNUM、あるいはFAIR WARNINGやZENOのような叙情的なメロディアス・ハードを好む人の琴線に触れるサウンドだろう(このバンドのサウンドはそれらと比べてもさらにソフトで落ち着いているが)。

それほど露骨ではないがほんのりと滲むケルト/アイリッシュ風味もエバーグリーンな雰囲気を醸し出しているし、「ムーア」という姓から恐らくアイルランド系であろうと思われるギタリスト、アンディ・ムーアも、派手ではないものの泣きの効いたエモーショナルなギターを奏でており、さらにダーレンによる甘い歌声もあって「癒し」すら感じる優しいサウンドである。

余談かもしれないが、本作は日本におけるケルティックなフォーク・メタルの代表バンド、BELLFASTのシンガーであるKohさんも自身のサイトで絶賛しており、私がBURRN!ではさほど目立った扱いをされていなかったにもかかわらず本作を購入したのはそのレビューがきっかけでした(笑)。

ちなみに#9「Still In Love With You」は曲名でおわかりの通り、ゲイリー・ムーアもカヴァーしたTHIN LIZZYの名バラードのカヴァー。

なお、このDAREは日本盤はリリースされていないものの現在も活動しており、現時点での最新作「ARC OF THE DAWN」(2009)では、これまたゲイリー・ムーアがカヴァーしたTHIN LIZZYの「Emerald」をカヴァーしている。【85点】

◆DAREの(ダーレン・ワートンの)MySpace
http://www.myspace.com/daredarrenwharton


スポンサーサイト

ゲイリー・ムーアを偲んで

このブログのコメント欄でいくつかリクエストをいただいていたこともあり、本サイトで先日急逝したゲイリー・ムーアのレビューをアップしました(こちら)。

HR/HM時代だけに絞ろうかとも思いましたが「STILL GOT THE BLUES」は結構好きなので(その後はちょっと渋すぎて個人的にはしんどい…)、とりあえずそこまでは書いてみました。

亡くなった方の作品を、死の衝撃冷めやらぬうちにレビューするというのは色々な意味で難しいのですが(特にリアルタイムのファンではない若輩者としては)、レビューのためにあらためてアルバムを聴き直して感じたのは、少なくとも80年代のゲイリーは頑固そうなイメージに反して非常にトレンドに敏感な人だったのだなあ、ということですね。

82年のアルバムは82年らしい音がするし、85年のアルバムは85年の、89年の作品はやはり非常に89年っぽい、典型的な「その年のサウンド」なんですよね。これはひょっとしたら私のように後追いで80年代の音楽を聴きあさって「勉強した」人間の方が強く感じることかもしれません。

その「80年代らしいアレンジ」が常にゲイリーの音楽にマッチしていたかというと、必ずしもそうは言えないケースもあるのですが、新しいものを貪欲に取り込んでいく柔軟な姿勢は「より良い音楽」をという高みを真剣に目指していた気概の表れだと私は解釈しています。いや、勿論「売れたい」という思いもあったんでしょうけど。

実際、90年代もブルース路線とは別にドラムン・ベースやらビッグ・ビートやら、「新しい音楽」に果敢に挑んでいましたからね。その作品出来の良し悪しはともかくとして、その進取の精神は素晴らしいと思います。

でもやはりゲイリーのギターはブルース時代でも熱かったし、80年代に残した名盤の数々を聴くと、ソングライティングの適性というか資質もHR/HMにあったと思うんですよね。本人がどう思っていたかはともかくとして。

◆HELLOWEENの「I Want Out」の元ネタと言われる名曲(YouTube)


こんな曲を書ける人の本質がHR/HMでないはずがない。

SYMFONIAのデビュー・ライヴにウリ・カッシュは不参加

ティモ・トルキ(G:元STRATOVARIUS)を中心に、アンドレ・マトス(Vo:元ANGRA)、ウリ・カッシュ(Dr:元HELLOWEEN)、ミッコ・ハルキン(Key:元SONATA ARCTICA)、ヤリ・カイヌライネン(B:元STRATOVARIUS)という(一部のメタル・ファンにとっては)豪華メンバーで注目のバンド(プロジェクト?)SYMFONIA。

今週末の2月18日にフィンランドの首都ヘルシンキで行なわれる「FINNISH METAL EXPO」というイベントにおいてデビュー・ライヴを行なう予定の彼らですが、そのデビュー・ライヴにドラマーのウリ・カッシュは参加しないそうです。

…という見出しを読んで、「すわ、早くも内輪もめか?」とワクワクしてニュースをよく読んでみると、どうやら左腕の神経痛で、プレイができない状態になっている模様。

なんとも幸先悪い話ですが、デビュー・ライヴは代役を立てて予定通り行なうそうです。

そしてその代役に立てられたのはなんと、先日癌に罹って療養していたヨルグ・マイケルに代わってSTRATOVARIUSでプレイしていたアレックス・ランデンバーグ(AT VANCE, ANNIHILATOR, MEKONG DELTA他)。

まあ、たしかにSTRATOVARIUSみたいな曲をプレイすることには慣れているだろうけど…いいのかそれで。

というかアレックス、いったい君はどっちの味方なんだ? トルキか? コティペルトか? まさかヨルグ・マイケルが思いのほか早く回復して復帰したために一瞬で仕事を失ったことを恨んでの犯行なのか?(誰?)

ちょっと捜査(?)してみると、先日SYMPHONIAが日本以外のワールドワイドで契約した「Edel Music」というドイツのレーベルは実は現在のSTRATOVARIUSの所属レーベル。

なんとなく今までのいきさつから関係が良かろうはずもないと思っていた現在のSTRATOVARIUSとSYMFONIA、実は意外と仲良しなのでしょうか?

もしかしてSTRATOVARIUSの一連の騒動も、SYMFONIAの活動も、全ては最後にティモ・トルキが劇的にSTRATOVARIUSに復帰してファンの感動を誘うというドラマ作りの一環として仕組まれていたとしたら…。

…というのは200%妄想なわけですが(笑)、ミスK加入騒ぎからファンに刺された騒ぎまで、自作自演の達人(?)であるティモ・トルキのこと、そんな話があってもおかしくない…かも?

これまでのティモ・トルキの自作自演はバーレスクというか、茶番の域を出るものではありませんでしたが、もしこれらが本当にティモ・トルキが最終的にSTRATOVARIUSに感動の帰還をするために周到に用意された筋書きで、イェンス・ヨハンソンをはじめとするSTRATOVARIUSのメンバーも、アンドレ・マトスをはじめとするSYMFONIAのメンバーもそれと知って協力しているのだとしたら、ある意味ロック史上に残る大芝居ですな。

とまあ、ここまで妄想が加速してくると個人的にはちょっと愉しくなってくるのですが、お読みになってる方はきっとあきれてますね(苦笑)。すみません。

とりあえず、ウリ・カッシュが早く回復するといいですね、と取ってつけたような文章で締めさせていただきます。

◆ニュースソース
http://www.roadrunnerrecords.com/blabbermouth.net/news.aspx?mode=Article&newsitemID=153891

BURRN!11年3月号の感想

burrn1102.jpg

表紙はCHILDREN OF BODOMのアレキシ・ライホ。

BURRN!の表紙って基本的に抽象的な背景に真正面からの芸の無い「寄り」の写真が多くて、まあある意味それが個性にもなっているわけですが、こういうロケっぽい写真の方がカッコいいですね。

表紙アーティストゆえ当然ながら巻頭特集はCOBで、全メンバーに対する個別インタビューから、ニュー・アルバムの全曲解説、1作に1ページを割いた贅沢なディスコグラフィーなど、充実した内容。

全来日公演のセットリストが載っている来日記録も貴重ですね。私はLOUD PARKを含めて結構彼らのライヴを観に行っていますが、就職活動とバッティングして泣く泣く友人にチケットを譲ったり(友人に言わせるとそのときが彼らのベスト・パフォーマンスだったらしい2001年の来日公演)、わざわざ名古屋まで夜行バスで「遠征」してみたらまさかのキャンセル…という人生でも屈指のネタを作ってしまった03年の来日など、彼らには思い出がいっぱいです。大人の階段のぼらせていただきました。

「よくわかるCOB基礎知識 and トリビア」もファンなら楽しめること間違いなし。しかしキンバリーってドコ行っちゃったんスかねぇ~。一時はBURRN!にコラムまで持ってたのに…。

続く「北欧エクストリーム・メタル研究」も、しぶとく今月号も続いている「LAメタルの真実」より意味のある企画ではないでしょうか。90年代以降、HR/HMというジャンルがある程度先鋭的な存在であり続けることができたのはこうした北欧のアンダーグラウンド・シーンがあってこそだと思います。

しかし一方で、BURRN!のメイン購買層にとっては「LAメタルの真実」の方が興味深い内容なのかもしれませんが(苦笑)。

「WACKEN」や「DOWNLORD」といった海外の大規模フェスさえ一切レポしないBURRN!が「FIREFEST」をレポしている意味がよくわからないものの、これはメロハー・マニアには垂涎のイベントですね~。

RECKLESS LOVEにCRAZY LIXX、H.E.A.T.といった有望な若手からBONFIREやDARE、STAGE DOLLSといったもはやベテランといっていいバンド、そしてテリー・ブロックをフィーチュアしたSTRANGEWAYSなんてレアなバンドが続々登場して、しかもPRETTY MAIDSとNELSONまで観れるとは…これ日本でもやってくんないかな。無理か(苦笑)。

ゼロ・コーポレーション世代の私にとっては、SHOTGUN SYMPHONYが未だに存在していたことにビックリですわ。

とりあえずTURISASがカラー6ページ、HIBRIAがカラー4ページという扱いはこの雑誌としては結構頑張ったんじゃないですかね。
以前に比べると明らかにこの手のバンドの扱いが改善されていて、一応この雑誌なりに「若返り」を図っているということは感じられます。

大野記者の趣味であろうことは明らかながらGLAMOUR OF THE KILLなんてポッと出の新人にカラー3ページが割かれていたり、前田記者の趣味であろうことは明らかながらDIR EN GRAYにカラー5ページが割かれていたり、その辺も記者の嗜好に依存したものであるとはいえ、誌面刷新への前向きな努力として評価したいと思っています。

何だかんだ言ってBURRN!の変革なくして日本におけるHR/HMマーケットの若返り/活性化は難しいと思っているので。

ALDIOUSがポスター(カレンダー)に抜擢されたことも(一部で)話題ですが、かなり安っぽいですね…。
その安っぽさも彼女らの個性と言ってしまえばそれまでですが、メンバーの位置取りをちょっと工夫するだけでだいぶマシな写真になると思うんですけどねえ…。

◆発行元であるシンコーミュージックのWebサイト
http://www.shinko-music.co.jp/main/ProductDetail.do?pid=2175011103

ゲイリー・ムーアが死去

このブログのコメント欄にも情報を寄せていただいた方がいらっしゃいましたが、アイルランド出身の名ギタリスト、ゲイリー・ムーアが、休暇で滞在していたスペインのホテルで睡眠中に亡くなったそうです。享年58歳でした。

まだサラリーマンでも定年前の年齢ですよ。特にどこかが悪いという話も聞いていなかったので、まさに「急逝」ですね。
ゲイリーが強く影響を受けたエリック・クラプトン、ジェフ・ベック、ピーター・グリーンといった還暦過ぎの大御所たちがまだ存命にもかかわらず先に逝ってしまうとは…。

私がHR/HMを聴き始めた頃には既に「ブルースオヤジ」になっていたゲイリーですが、後追いで聴いた80年代のHR路線の諸作はかなりのお気に入り(特に『WILD FRONTIER』アルバムが好きです)だったので、非常に残念です。

昨年21年ぶりに行なわれた来日公演をブルース・セットだというのでパスしてしまったことが今更ながら悔やまれます。
一度は生で「人間国宝」と称される(by伊藤政則)そのトーンを聴いておきたかった…。

次の来日公演はハード・ロックのセットにするということをBURRN!のインタビューで語っており、それを楽しみにしていたのですが…。
謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

先日はY&Tのベーシストだったフィル・ケネモアの訃報がありましたが、本当に最近HR/HM系ミュージシャンの訃報攻勢が止まりませんね…。

◆ニュースソース
http://www.roadrunnerrecords.com/blabbermouth.net/news.aspx?mode=Article&newsitemID=153454

◆ウェットで哀愁の漂う泣きのギター 日本人に人気だったゲイリー・ムーア (J-CAST)
http://news.www.infoseek.co.jp/entertainment/music/story/20110207jcast2011287508/
BURRN!の広瀬編集長と伊藤政則氏のコメントあり。

※追悼コメントの嵐「Still Got The Blues」(YouTube)