DREAM THEATERの新ドラマーがマイク・マンジーニに決定

昨年の衝撃的なマイク・ポートノイ脱退劇以降、多くのファンの話題の的になっていたDREAM THEATERの後任ドラマー。

先日、そのオーディションのプロセスがWeb上に公開され、その時点で下記の7人に候補は絞られていました。

・アキレス・プリースター (39) (ANGRA, PAUL DI'ANNO)
・ピーター・ウィルドアー (36) (DARKANE, ARCH ENEMY, ARMAGEDON, MAJESTIC, TIME REQUIEM)
・マルコ・ミネマン (40) (KREATOR, NECROPHAGIST, EPHEL DUATH, JOE SATRIANI)
・ヴァージル・ドナティ(52) (PLANET X, RING OF FIRE, SEVEN THE HARDWAY)
・デレク・ロビー (38) (HATE ETERNAL, NILE, TODAY IS THE DAY)
・マイク・マンジーニ (48) (STEVE VAI, EXTREME, ANNIHILATOR)
・トーマス・ラング (43) (JOHN WETTON, ROBERT FRIPP, GLENN HUGHES)

プログレ/フュージョン寄りと目されている人物から、エクストリーム・メタル畑の人物とみなされている人物まで、いずれ劣らぬ凄腕揃い。

一時期、マルコ・ミネマンが新ドラマーなのではないか、というまことしやかな噂が出回ったこともありましたが、最終的に選ばれたのはマイク・マンジーニでした。

まあ、バークリー音楽院で講師を務めるほど理論に長じ、技術的な問題がないことはもちろんのこと、速叩きに関するギネス・ホルダーであるマイク・マンジーニはステイタスもあり、そしてオーディションのドキュメンタリー映像を見る限り熱意も充分、ということで個人的な好き嫌いはどうあれ、それなりに納得のいく結果なのではないでしょうか。

私も当初からマイク・マンジーニはあるんじゃないか、と思っていましたし、多くの人が予想していた人選だと思います。

ただ、これまでセッション的に参加した音源しか聴いたことがないせいか、個人的にはマイク・マンジーニのプレイに「面白み」を感じたことはなく、これでDREAM THEATERの音楽がさらに面白くなる、という「期待感」みたいなものはあまりなかったりするのですが。

いずれにせよ、次作のDREAM THEATERのアルバムがマイク・ポートノイ脱退によって変わるのか、変わらないのか(もっともこのバンドについてはある意味「変わり続けてきた」バンドだけに、「変わらない」こと自体が「変わった」ことになるわけですが)、変わるとしたらどのように変化するのか、興味深いところです。

◆ニュースソース
http://www.roadrunnerrecords.com/blabbermouth.net/news.aspx?mode=Article&newsitemID=157462

以下がオーディション・ドキュメンタリー映像(YouTube)

【Episode 1】
http://youtu.be/L609JsPFmmI

【Episode 2】


【Episode 3】
http://youtu.be/2QHMQjH17aw

こういう映像が公開される、ってのがWeb時代ならではですね。

かつてJUDAS PRIESTにおけるロブ・ハルフォードの後任ヴォーカル、およびIRON MAIDENにおけるブルース・ディッキンソンの後任ヴォーカルがオーディションされた時代にこういうものが公開されていたら、ラルフ・シーパースやD.C.クーパー、ジョン・ウェストなど錚々たる面々の名前が挙がっていただけに興味深かっただろうな、と思います。

スポンサーサイト

"PROJECT STRATO"は生きていた?

数年前からその存在は告知され、アルバムも制作しているという話だった"PROJECT STRATO"。

ティモ・トルキ(Vo, G)、ヤリ・カイヌライネン(B)、トゥオモ・ラッシーラ(Dr)、アンティ・イコネン(Key)というアルバム「DREAMSPACE」時代のSTRATOVARIUSのメンバーによるプロジェクトですが、現STRATOVARIUSのメンバーにはその存在を否定されていました。

当初2009年の秋にアルバムが出るという話が2010年の春に延期され、その後REVOLUTION RENAISSANCEの解散やらSYMFONIAの結成やらですっかりうやむやになってしまっていた感のあるこの話。

私の中ではすっかりティモ・トルキの虚言癖の産物として処理されておりましたが、ここに来て再びこのプロジェクトの話が浮上して来ました。

"PROJECT STRATO"というバンド(?)名自体は以前お伝えした通り、法的な問題によって使用できなくなったようですが、いずれにせよ「DREAMSPACE」時代のSTRATOVARIUSのメンバーによって制作されたアルバムが来年2012年の1月に発売されるとのこと。

既報の通り楽曲は既に20曲が書かれており、「Return To Dreamspace」、「Digital Jesus」、「Santiago」、「Chevaliers De Sangreal」、「Full Circle」、「Farewell No.2」といった曲名が明かされています。

…てか、「Santiago」って、SYMFONIAのアルバムに入ってる曲じゃないの?

2012年という年は1982年に結成されたSTRATOVARIUS(当時のメンバーはトゥオモ・ラッシーラのみですが)にとって30周年となる年であり、本作はその30周年を記念し、祝う作品となるそうです。

…なんでSTRATOVARIUSを辞めた人間がSTRATOVARIUSの30周年を祝うのだ。

まあ、来年1月ってのもまだだいぶ先の話ですから、眉に唾をつけて様子を見守ることにしたいと思います。

てか、こういう話題がこのタイミングで蒸し返される、ってのはSYMFONIAのアルバムが売れているという話を全く聞かないこととなんとなく無関係ではないような気がしてしまいますね。

◆ニュースソース
http://www.roadrunnerrecords.com/blabbermouth.net/news.aspx?mode=Article&newsitemID=157223

LIV MOON CLUB SHOW @ Shibuya O-EAST 2011/4/24

この週末は土曜にD.C.クーパー(一時?)復帰のROYAL HUNT、そして日曜はLIV MOONと、食指をそそられるライヴが立て続いていました。

しかし先週は仕事がハードで疲れきっており、天気が悪かったこともあって残念ながらROYAL HUNTはパス。

30過ぎてから疲れが抜けるのが遅くなった(特に徹夜のダメージが残る…)こともあって、正直今日のLIV MOONもパスしようかと思っていた。

ただ、美容院に行って髪を切り、ヘッドスパを受けていたらだいぶリラックスしたのと、家でゴロゴロしているより、何か面白いものを観に行った方がリフレッシュできるかも、という思いもあり、当日券で行くことにした。

やはり今年のベスト・チューン有力候補である「アマラントスの翼」は一度生で聴いておきたいし、彼(女)らの場合そんなに頻繁にライヴをやらないので、今日観ておかなかったら次いつ観られるかわからない。

会場である渋谷のO-EASTに着いたのは開演時間である18時ちょっと前。関係者席の列が異様に大混雑していた。

当日券を買って入ってみると、昨日時点でもチケット販売サイトで「余裕あり」になっていたことが嘘のような盛況ぶり。ギチギチというほどではないが、ほぼ満員に近い。

男女比はパッと見8:2。やはりというか何というか男性、それも割と年齢層高めの男性中心だ。みんな20代以上、40代以上っぽい人もザラ、という感じ。ただ一方で女性は若い女性が多かった気がして、ちょっと不思議でした。

ステージはちょっと変わっていて、普通ドラム・キットがあるセンター奥の高い台が空いていて、ドラム・キットは下手奥に配してある。

ドリンクカウンターでチケットを引き換え、飲んでいると客電が落ち、楽器隊が登場してくる。
今回はこれまでしていた「オペラ座の怪人」風の怪しいマスクは装着していない。

オープニングはアルバム同様「死の舞踏~ディエス・イレ~」。
重厚かつ激しいイントロが轟く中、空いているセンター奥の高い台にアカネ・リヴ嬢が黒いマントのようなものをまとって出現、冒頭の高音を見事に響かせる。

CDで聴いていると取って付けたような感もあった大村孝佳のギター・ソロも、ライヴで観ればちゃんと「見せ場」として会場を盛り上げていた。

その後アカネ嬢はマントを脱いでノースリーブのセクシーな黒いドレス姿に。そしてアルバムの流れ通り「Say Goodbye」、「Not Game!」、「Black Ruby」とメタリックな感触のナンバーが立て続き、完璧としか言えない歌唱と、オーディエンスを挑発するかのような大村孝佳のアクションによって会場のボルテージを上げていく。

ここで初のMCが入る。相変わらず先ほどまで凄味さえ感じさせる歌を聴かせていた人とは思えないフニャっとしたおっとり系の話し方でいきなり和む。

さっきからクレーンが派手に動き回っていたので薄々感じていたが、やはりこのショウは撮影されているそうで、6月29日にDVDが発売になるという。

「奥さんや恋人に内緒で私に会いに来た人は映らないように気を付けてくださいね」というMCで場内の笑いを誘った後、次の曲「Fly」をコールする。ようやくアルバムと違う流れだ。

DVD発売の件がアナウンスされたこともあってか、これまで腕が上がっているのはフロア前方中心だったが、「Fly」では真ん中より後ろの方でも活発に腕が上がるようになる。

曲が終わるとMASAKI(B)が出てきてベース・ソロを披露。どこからか大きなヤカンを取り出して、それをベースのネックにこすりつけてボトルネック奏法的なサウンドを聴かせた後、そのヤカンに口を付けて飲む、という意味不明のパフォーマンス。

ベース・ソロの途中でその曲のリズムを弾いていたので予想していた通り、ベース・ソロに続いたのは「Dance With A Ghost」。これまで「こんな声、生で出せるのか?」と思うような声を全て完璧に生声で再現してきたアカネ嬢だが、この曲のブリッジのエキセントリックな奇声だけはやはりサンプリングでした(笑)。

続くイントロにおけるKeyの音色がEURYTHMICSの「Sweet Dreams」を思わせるエレクトロでダンサブルな「よざくらん~夜桜嵐~」ではアカネ嬢が和風の傘を持って歌う。

その後大村孝佳のギター・ソロ・タイム。
さほどクラシカルではない、オーソドックスなハード・ロック・スタイルの速弾き中心のギター・ソロを披露。

ただ、あまりトーンやフレージングにおいて光るものがなく、童顔であることもあって単なるそこらの速弾き兄ちゃんにしか見えないというのが正直な印象。

そのハード・ロック然としたギター・ソロに続いたのはQUEENへのオマージュたっぷりのメルヘンチックな「バレリーナ・シンフォニー」で、その落差に苦笑。

ギター・ソロ・タイムの間に白いドレスに「お色直し」したアカネ嬢が続けて歌い出したのは、このLIV MOONというプロジェクトの処女音源である「Phantom Of The Opera」。

その不評は恐らく本人たちの耳にも届いているはずだが、やはり男声パートは性懲りもなく西脇氏(Key)が担当。
誰か大至急マルコ(・ヒエタラ:NIGHTWISH)を連れて来てくれ…。

続いてファースト収録の「鮮やかに…」をしっとりと歌い上げた後、時節柄というべきか、今回の震災についてのMCを入れる。

しばらく話していると、こみ上げてくるものがあったのか、言葉が詰まり始める。

すると突然天を仰ぎ、腕を開いて深呼吸するように「ふう!」とひと息。
それまで静かに彼女の言葉に聞き入っていた観客から笑いが漏れる。

「本当は私が力をあげなくちゃいけないのに…」と呟いた彼女に萌えた男性諸氏は多かったことでしょう(笑)。

MCの後、彼女が生まれた国であるスウェーデンをイメージして作詞した曲であるというバラード「命の森」をプレイ。

続けて歌われたのは昨年の3月に同じ会場で行なわれたライヴの際にも歌っていたというHEARTの大ヒット・バラード「Alone」のカヴァー。

この楽曲は先日発売されたGALNERYUSのSyuのソロ・アルバムにも収録されており、そこでアカネ嬢がヴォーカルを披露していた。

本日そのSyuがゲスト参加することは告知されており、てっきりアルバムに収録されていた「静かな奇跡」だけに参加するのだろうと思っていたので、そうか、この曲もやるのか、と思っていたら、ステージ上手からコソコソとステージ裏に移動する人影が。

一瞬ローディかと思ったが、ギター・ソロで、冒頭アカネ嬢が現れたセンター奥の高所にSyuが出現。大村孝佳とは一聴して異なるトーンのソロを披露する。

その後Syuを交えたMCタイムは超gdgd(苦笑)。天然系のアカネ嬢に堂本剛系のボケトークで迫るSyu。いわばどちらもボケ。話が締まるはずもない(苦笑)。

アニメタルの同僚だったMASAKIや「YOUNG GUITAR」仲間の大村を交えるも、話は収拾つかず、結局「ミディアムおにぎり(ピック)を流行らそう!」というギター弾き以外には全く意味不明の結論に達し、Syuがゲスト参加していた「静かな奇跡」へ。

Syuと大村孝佳のツイン・ギターで演奏されたこの曲は、やはりツイン・ギター効果で、本日の演奏中最もギターの存在感が強い仕上がりになっていた。

しかし大村氏やそのファンにとっては失礼ながら、やっぱりSyuはモノが違いますね。そもそものギターの鳴りが違う。
やはり今日本で一番輝いているギター・ヒーローですわ、Syuは。

「静かな奇跡」をプレイし終えると、アカネ嬢がSyuを(やや遠慮がちに)ハグし、場内が軽くざわめく。
きっとSyuの名前を己のデスノートに書き込んだ人たちがいたに違いない(笑)。

そこからデビューEP収録の「ECHO~蒼空の余響~」、前作のハイライト・チューンだった「ESCAPE」が披露された後、「次で最後の曲です」というMCが入る。

当然場内からは「え~↓」という落胆の声が上がるが、それに対してはにかむように「ちょっと待っててね」とアンコールの存在を半ば明かしてしまうアカネ嬢がかわいらしい。

本編最後の曲となったのは「ドラクロワの女神」。
Aメロを支えるベース・ラインが異常にカッコいいこの曲は高揚感もあり、本編を締めるにはもってこいの曲だ。

メンバーが引っ込むと、洋楽バンドさながら手拍子のみでアンコールを促す。
相手は日本人なんだから「アンコール!」と呼びかけてもいいような気もするが、その辺はやはり普段洋楽メタルのライヴを中心に足を運んでいる人たちがメイン客層なのか。

というか、前回の原宿アストロホールのときよりはだいぶマシだが、観客が行儀いいというか、おとなしい。
普通のライヴでは次の曲名がコールされたり、イントロが演奏されたりすると歓声が上がるものだと思うのだが、非常に静かに楽曲が始まる。

終わると一応盛大に拍手と歓声が巻き起こるのだが、次の曲が始まるまでにはピタッと静かになるのが不思議。

しばらく手拍子を続け、いいかげん手の平が痛くなってきた頃、短めの金髪が爽やかな前田秋気(Dr)が登場、続いて大村孝佳が出て来て、彼のサザエさんのED的なアクションに導かれてMASAKIとショルダーキーボードを手にした西脇氏が登場。みんなお揃いのTシャツ姿だ。

何を始めるかと思いきや3人とも猛烈な速弾きでリムスキー=コルサノフの「熊蜂の飛行」をプレイ。
ソロイスト志向のギター&ベースが揃ったこのメンツならではのサプライズですね。

そして圧倒的なテクニックの応酬が終わると、ベージュ(ゴールド?)のエレガントなドレスに身を包んだアカネ嬢が登場。

先ほどのテクニカル合戦から打って変わったバラードの「溺れる人魚」を披露。
うーん、やっぱり良い曲だ。沁みますなあ。

さて、もう新作からは1曲しか残っていない。
そして案の定「最後の曲」としてコールされた「アマラントスの翼」。

これ、これを聴きに来たんですよ。たまらんとす(極寒)。
アルバムの構成通りとはいえ、この曲をラストに持ってくるとは、わかってますなー。
まるでこのブログを読んでくれているかのようです(笑)。

しかもですね、この曲が始まるまで私の前にLANVIN SportsのTシャツを来たオジサマが立っていたのですが、連れて来ていた息子さん(相当退屈そうだった)が限界に達したらしく(トイレ?)、この曲が始まる直前に場内から退出、その方にはお気の毒ですが、私の前の視界は一気に開けたのです。いや~感激でした。

いや、正直期待以上のライヴでした。
MCチャンスを絞ったのが効いたのか、これまでと比べて格段にショウ自体が引き締まっていました。

アカネ嬢のステージ・パフォーマンスもかなりロック/メタルらしくなって来ており、そのアクションが観客のテンションを上げていたと思います。

彼女がメロイック・サインを掲げると、つられるようにオーディエンスも次々とメロイック・サインを掲げる様は一種「女神とその信者たち」を思わせる雰囲気がありましたね。

6月に出るというDVD、買おうかな。
本日のライヴを体験せずにDVDを観た方は、きっと「この歌、どうせスタジオで修正してるんだろ?」と思うかもしれません。あまりにも完璧であるがゆえに。

しかし、この信じがたいハイトーン、歌声は全て生でした。それは私と、この場に居合わせたオーディエンス全員が保証します。


◆本日のセットリスト

01. 死の舞踏~ディエス イレ~
02. Say Goodbye
03. Not Game!
04. Black Ruby
05. Fly
06. Bass Solo~Dance With A Chost
07. よざくらん~夜桜嵐~
08. Guitar Solo~バレリーナ・シンフォニー
09. The Phantom Of The Opera
10. 鮮やかに
11. 命の森
12. Alone [HEART Cover]
13. 静かな奇跡
14. Echo~蒼空の余響~
15. Escape
16. ドラクロワの女神
[Encore]
17. Flight of the Bumblebee [Instrumental Session]
18. 溺れる人魚
19. アマラントスの翼

※本作の公演の模様を収録したDVD

KAMELOTからロイ・カーンが脱退

現在最新作「POETRY FOR THE POISONED」に伴うツアーをRHAPSODY OF FIREのファビオ・リオネをゲスト・シンガーに迎えて行なっている米国フロリダ州出身の叙情派メタル・バンド、KAMELOTからヴォーカリストであるロイ・カーンの脱退が正式にアナウンスされました。

元々ファビオをゲストにツアーを開始することを決定した時点でロイの脱退は決まっていたようで、コンサート・チケットのセールスに影響が出ることを懸念して正式発表していなかっただけのようです。

ロイの声明によると「家族とゆっくり過ごしたい」そうで、どうも噂の「燃え尽き症候群」によって体調を崩した後、「神の存在」を感じてしまったようです。こりゃ少なくとも当分、下手すると永遠にメタルの世界には戻ってこないかも…?

ロイ自身の今後もさることながら、ロイ・カーンというシンガーは唯一無二といっていい個性の持ち主だっただけに、今後のKAMELOTがどうなってしまうのか、非常に心配です。

しかし、先日はJUDAS PRIESTからK.K.ダウニングが脱退、引退してしまうし、NEVERMOREからはジェフ・ルーミス(G)とヴァン・ウィリアムス(Dr)というデビュー以来のメンバー2人が脱退するし、げに春は人事異動の時期ですねえ…。

K.K.に関しては「我々が続けたいと思う限り続ける」というJPの「フェアウェル・ツアー」が長期化(あるいはKISS化?)しそうなことにK.K.がうんざりしたのかなくらいに思いましたし、NEVERMOREに関しては、ジェフ・ルーミスの才能はもっとメロディックなバンド/音楽でこそ生きると思っていたので個人的にはそれほどショックでもなかったのですが、個人的に00年代におけるベスト・メロディック・メタル・バンドのひとつであると思っているKAMELOTのこの件はかなりショックでした。

なお、バンドは既に後任探しを開始しており、バンドの中心人物であるトーマス・ヤングブラッド(G)には既に何人かの候補が頭にあるようです。

そして、既に何人かの素晴らしいシンガーからコンタクトを受けていると明かした上で、この件は非常に重要な決断となることなので、じっくり時間をかけて後任を探したい、という意向を示しています。

◆ニュースソース
http://www.roadrunnerrecords.com/blabbermouth.net/news.aspx?mode=Article&newsitemID=157135

http://www.roadrunnerrecords.com/blabbermouth.net/news.aspx?mode=Article&newsitemID=157141

LADY GAGAがIRON MAIDENのローディーに?

当代きっての洋楽ポップ・アイコンとして、「J-POPしか聴かない」人でも、「メタルしか聴かない」人でも、あるいは「音楽を聴かない」人でさえ、その名前くらいはご存知であろうレディー・ガガ。

全世界における通算アルバム・セールスは1,700万枚以上、シングルダウンロード数は5100万件以上を記録し、昨年アメリカ『TIME』誌における「世界で最も影響力のある有名人」のアーティスト部門で1位に選ばれた超ビッグ・スターである彼女が、なんと現在行なわれているIRON MAIDENの「The Final Frontier」World Tourにおけるフロリダ公演においてツアー・バスやバックステージでアイロンがけや飲食のサービスをする雑用係、つまりローディーとして働いたそうです。

なんでも彼女はIRON MAIDENの大ファンだそうで、先日は彼女のTwitterアカウントにおける666番目のツイートが"The Number of the Beast. Having' beers listening to Maiden w the New York Boys. Happy 666 Twitterland."、つまり「メイデン聴きながらビール飲んでるわ」、ってなものだったことがちょっと話題になっていたりしました。

他にも「私は地球上で一番のBLACK SABBATHファンよ」なんて発言があったり、そのBLACK SABBATHの「Black Sabbath」とIRON MAIDENの「Run To The Hills」がフェイバリット・チューンであると明かすなど、「メタル好き」であることを公言している彼女。

そのことが海外のメタル・ファンの間でどう受け止められているかというと、ぶっちゃけ「ニワカがメタル語るんじゃねーよ」的なネガティヴな声が多いようなのですが、個人的にはニワカのいない、ベテランのマニアだけに支持される音楽ジャンルなんて「終わってる」と思うので、(彼女がニワカか本気かは別として)こういう人がメタル好きを公言し、こうやって実際に行動までして話題作りをしてくれるなんて素晴らしい話じゃないですか、と思っています。

◆ニュースソース
http://www.roadrunnerrecords.com/blabbermouth.net/news.aspx?mode=Article&newsitemID=157090

下の写真は、去る4月17日に行なわれたフロリダ・タンパ公演のバックステージにおけるレディー・ガガとニコ・マクブレイン(Dr:IRON MAIDEN)の2ショット写真。「おばあちゃんと孫娘」みたい…。

gaganicko.jpg

ちなみに、80年代洋楽ポップスや、エレクトロニックなダンス・ミュージックも好きな私はレディー・ガガの音楽も嫌いじゃありません、てかむしろ好き。