REINXEED / SWEDISH HITZ GOES METAL

reinxeed05.jpg

話のスジ的にはというか、CDの品番の並び的には(笑)同時発売のオリジナル・アルバム「1912」からレビューするのが正しい姿(?)なのかもしれませんが、忙しいので書きやすいこちらのアルバムから先にレビューします。

本作は、もはや新世代メロディック・スピード・メタルの旗手と呼んでもいいかもしれないREINXEEDによる、母国スウェーデンのヒット曲をパワー・メタルにアレンジした企画盤。

スウェーデンのヒット曲といっても、スウェーデン語で歌われているようなドメスティック・ヒットではなく(それはそれで聴いてみたかったような気もするが)、ABBA、ROXETTE、ACE OF BACEという英米でも売れたインターナショナル・ヒットのみを取り上げており、選曲のネタ元は狭い。

したがってまあ私のような、メタル以外のジャンルに関しては広く浅く、な人間でも収録曲は全て既知の楽曲ばかりである。

スウェーデン発のインターナショナル・ヒットといえば我らがEUROPEもそうだが、これはあまりにもジャンル的に近すぎたのだろうし、THE CARDIGANSなんかも映画『ロミオ+ジュリエット』に起用された「Lovefool」が世界的にヒットしているが、これは恐らく楽曲がソフト過ぎてメタル化し難かったのであろう(THE CARDIGANSのメンバー自身はHR/HM畑の出身で、THE CARDIGANSでもBLACK SABBATHやTHIN LIZZYの楽曲をカヴァーしていたりするのだが)。

CDショップでバイトしていた時代を思い出すと、そーいやメイヤとかいう女性シンガーもかなり売れてたなー、という印象がありますし、ギター・ポップやダンスものではかなりスウェーデン発のヒット曲は多かったように記憶しています。

ただまあ、その辺は本国と日本、下手すると日本だけのヒットだったりする可能性があって、ライナーノーツを読む限り、特に熱心なポップ・リスナーであったとは思えないトミー・ヨハンソン(Vo, G)は全く知らなかった可能性もある。

ABBAに関しては、かつて「アバメタル」なんていうメタル・バンドによるABBAのカヴァーだけを集めたオムニバスがリリースされたこともあるし、AT VANCEがデビュー作から3作続けてABBAのカヴァーをアルバムに収録していたり、パッと思いつくだけでもイングヴェイやHELLOWEENなど、著名なHR/HM系アーティストが彼(女)らの楽曲を取り上げて来たので、ご存知の方も多いと思われます。

というか、普通に日本人として暮らしていれば、代表曲「Dancing Queen」などは今でも街でしばしば耳にするし、20代以上の方であればドラマ『ストロベリー・オン・ザ・ショートケーキ』の主題歌として記憶しているかもしれません。ABBAの楽曲をテーマにしたミュージカル『マンマ・ミーア!』もコンスタントに公演が行なわれているし、かのマドンナが大ヒット曲「Hung Up」でサンプリングしていたりと、その音楽に触れる機会はいくらでもあるので、ABBAについて今更語るのも野暮と言うものでしょう。

とにかくABBAの楽曲は圧倒的にメロディが優れているので、どんなアレンジでも聴けてしまいます。同ジャンルの大先輩であるHELLOWEENやAVANTASIAがカヴァーした「Lay All Your Love On Me」をここで敢えてカヴァーしているあたりはチャレンジャーだな、と思いましたが。

個人的なことを言うなら、私にとってABBAとの「出会いの曲」であった「Summer Night City」をカヴァーしてくれているのは嬉しいですね。中学生の頃、ラジオでたまたまかかったこの曲を聴き、すぐに地元のCD屋に走った(チャリで)記憶があります。この曲はTHERIONもカヴァーしていますが、そちらはちょっと不気味なカヴァーで個人的にはハマれなかったので(苦笑)。

あと、強いて言えば私の一番好きなABBAの曲である「Gimme! Gimme! Gimme!」もカヴァーしてほしかったかな。イングヴェイや、最近ではLIV MOONもカヴァーしてましたが。

一方、ROXETTEについては、実はそんなに思い入れがないんですよね。ポップでメロディアスではあるものの、そんなに北欧ならではの哀愁が強くなくて、個人的には爽やか過ぎる印象です。ただ、音楽的にはハード・ポップ的な要素もあるので、HR/HM的なアレンジはしやすそうかな、という気がしますね。

代表作「LOOK SHARP!」とベスト・アルバムくらいは押さえていますが、正直それほどグッと来るものはありませんでした。ただ、これも私の世代にはジャストな時期(そして世界的には既に落ち目な時期)のヒット曲である「Sleeping In My Car」を怒涛のスピード・メタル・アレンジで聴かせてくれたのはGood。

私の世代にとって一番馴染みが深いのはACE OF BACEですね。洋楽を聴くこと自体がオッシャレ~と思っていた高校時代、世界的に爆発的なヒットを記録していた(当時2300万枚を売り上げ、最も売れたデビュー・アルバムとしてギネス・ブックに載った)デビュー・アルバム「THE SIGN」は愛聴盤のひとつでした。

ただ、その「THE SIGN」の収録曲は後ノリの音楽であるレゲエ色があるため、正直なところ前ノリの音楽であるパワー・メタル・アレンジとの相性は良くないのですが、何せ「せーしゅんの一枚」でもあるので、何だかんだ言って個人的には楽しめました。が、リアルタイムでない人にとって彼(女)らのメタルのアツさとは相反するクールなメロディがどう響くのかは不明です。

全体的には割と安直なパワー・メタル・アレンジで、特に楽曲に対する深い造詣や愛情が感じられるわけでも、気の利いた小技があるわけでもなく、元曲のメロディの良さに依存した力任せのカヴァーと言われても仕方の無い面があります。

とはいえ、元曲がポップスであったことなどお構いなしに疾走し、ギターを弾き倒す様はある意味痛快だし、何度も言うように元曲自体が優れた楽曲ばかりなので、そもそもこのアルバムは誰が何のために企画したんだ、とかあまり細かいことを考えなければ楽しめるアルバムだと思います。

というか、むしろ元曲を知らない方が楽しめるアルバムかもしれませんが、北欧のポップスはアメリカのR&Bやヒップホップの要素が強いポップ・ミュージックを受け付けない人(たぶん、メタラーに多いと思います)でも親しみやすいものが多いので、もし本作を聴いて気に入ったら、ぜひオリジナルにもトライしてもらいたいと思います。


スポンサーサイト

MEDUZA / NOW AND FOREVER (2002)

meduza01.jpg

最近ブログの更新が週末のみなのは中の人が忙しい、とご理解ください。
ここ2~3週間ほどの週2回の徹夜ペースが下手すると8月くらいまで続きそうで恐ろしいです。

まあ、それは業績的には喜ばしいことなのですが…。

あとまあ、単純にそれほど書きたいと思うようなネタもないというのが実際で、そういうときにはずっと前に書いたものの、なんとなくアップする機会を失っていたレビューなどでお茶を濁してみようかと(笑)。

そんなわけで、ちょっと最近とあるサイトで見かけて思い出したこのアルバムを。

本作は90年代初頭からいくつかのローカル・バンドでプレイしてきたスウェーデン人ギタリスト、ステファン・ベリ(G)を中心に結成されたバンドのデビュー作。

音楽性は絵に書いたような北欧ネオクラ様式美で、Voのアポロ・パパサナシオ(元MAJESTIC~TIME REQUIEM~FIREWIND他)の声がジェフ・スコット・ソートを想起させるハスキーなものであることもあり、「MARCHING OUT」時代のイングヴェイの音楽を否応なしに思い浮かべてしまうサウンドだ。

もちろん、同作は北欧様式美の精髄と呼ぶべき名盤であるからして、本作もオリジナリティが皆無であることに目をつぶれば充分に魅力的な音楽で、クオリティ的にもこの手のマニアであれば充分楽しめる水準に達している(ただし、肝心のギターのテクはやや粗め)。

私好みの速い曲から威厳のあるヘヴィなミドル・テンポの曲、叙情的なバラードまで、「北欧ネオ・クラシカル様式美」という枠から一歩も出ていないが、変にプログレッシヴなアレンジを施したりせず、ストレートな所に好感が持てる。

音質は良好とは言い難いが、このむやみにバスドラの音が大きいサウンドは個人的に嫌いじゃない。
少なくとも「MARCHING OUT」よりはマシな音だ(笑/もっとも、20年近く前のアルバムと比較するのもナンセンスだが…)。

販売元が同じ東芝EMIであるからか、邦題の「永遠―それは戦慄の調」にゼロ・コーポレーションのオビに息づいていたセンスの残滓を感じます(笑)。

なお、このバンドは2004年にセカンド「UPON THE WORLD」をリリースした後は音沙汰がなく、自然消滅したものと思っていましたがMySpace↓を見るとどうやら一応存在はしていて、ヴォーカリストを探している模様…。【79点】

◆MEDUZAのMySpace
http://www.myspace.com/meduza1


V.A. / 究極の重金属トリビュート・アルバム

kyukyoku01.jpg

先日、「プリンセス・ジブリ」というメタル側からアニソンにアプローチしたアルバムを聴いて取り上げましたが、今回はアニメ側(?)からメタルにアプローチしたアルバムを。

オビタタキによると「HR/HMの名曲をアニソン風女性ボーカルが歌い上げる、禁断のトリビュート・アルバム」。

何が禁断なのかは不明ですが、まあそういう趣旨のアルバムで、私の検索履歴を元にAmazonさんが紹介してくれたので、出来心でポチしてしまいました。

こういうイロモノ企画で100%満足できることなんてありえないことは経験則で充分知っているはずなのに、それでも身銭を切ってしまうのはいかなる業の深さか…(苦笑)。

というのも1曲目から「Emerald Sword」というガチなチョイスで、その他BON JOVIやVAN HALENといったメジャーなアメリカンものからSLAYERのようなヘヴィなもの、JUDAS PRIESTやOZZY OSBOURNEといった王道から、なんとDREAM THEATERまで、HR/HMをまんべんなく網羅した選曲がなかなか興味深かったからだ。

Amazonの紹介文によるとシンガーや演奏陣は同人音楽の世界ではそれなりに知られた人たちのようで、自分のバンドでオリジナルのアルバムをリリースし、BURRN!でレビューされたりしたこともあるレベルの人もいるようだが、私は全然存じ上げない人たちでした。すみません。

とりあえず若干期待して再生ボタンを押してみると、「Emerald Sword」のあの高揚感溢れるイントロが何やら妙なことになっている。

ちょっと調べてみると、どうやらこのイントロはアニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』の挿入歌で、ファンの間では人気の高い曲であるらしい「God Knows」という曲のイントロを拝借したものらしい。

しかし、そのパート以外はごくマトモというか、ほぼ「コピー」で、単にジャパニーズ・イングリッシュな女性ヴォーカルがカラオケをしているだけといった印象。

#2「It's My Life」はBON JOVIファン激怒必至の(?)、ダンサブルな異色アレンジ。キーを変えた歌メロに違和感が。ギター・ソロだけ哀愁があって良い感じかな。

#3「Exciter」は、バックの演奏はほぼ完コピで、ヴォーカルがこれまでの2曲以上にいわゆる「萌え声」を強調して歌っている。

ただ、個人的にはいい歳した女性が幼女のような舌足らずで甲高い声で話したり歌ったりすることに「萌え」を感じる感性は持ち合わせていないので「普通に歌えば?」という身も蓋もない感想が浮かんでしまいました。

SLAYERのカヴァーである#8「War Ensamble」でもその「萌え声」が大フィーチュアされており、SLAYERファンは怒髪天を衝くことと思われるが、まあここまで違和感があると逆にネタとして笑えるのかな…。

そういう「萌え声」で歌われていない#4「Weballegy」(SONATA ARCTICA)や#9「Take The Time」(DREAM THEATER)のような楽曲はある意味「普通に」聴けるが、単に女性ヴォーカルをフィーチュアした上手いコピー・バンドを聴いている気分。

大学のサークル・バンドとかでは多いんですよね、ハイトーンの出る男性ヴォーカルが見つからなくて女の子を無理やり連れて来てメタル歌わせるケース(笑)。そんな感じ。

個人的には全曲馴染みのある曲だし、演奏は手堅くまとまっているのでそれなりに楽しめなくもなかったが、正直他人に薦めたいとは思えないというか、誰に薦めていいのかわからない…。

プリンセス・ジブリや、往年のアニメタルは一般人に聴かせても笑いが取れる可能性があったが、本作に関しては一般人はおろか多少メタルが好きな人に聴かせても笑いが取れる気がしない。

かといってアニソンが好きな人に聴かせるにはバックの演奏がマジ過ぎて、気に入ってもらえると思えない。

いっそ#1でやっていたように有名なアニソンのフレーズを取り入れるとか、そういった試みをもっと増やさなくてはアニソン・ファンの興味を惹くことは難しいでしょう。

メタル者である私などにとってはやはりヴォーカルはパワフルな男性ヴォーカルの方が熱くなれるだけに、わざわざメタラーな方が本作を聴く意味も感じられない(あ、ただOZZY OSBOURNEの「Goodbye To Romance」のカヴァーである#10はオジーの歌よりもメロディアスさが強調されてイイ感じでした)。

マスな有名人が参加しているわけでもなく、ちゃんとしたプロモーションが行なわれるメジャー・プロダクトでもないだけに、このアルバムをきっかけにメタルに興味を持ってくれる人がそれほど多いとも思えないですしねえ…。

演奏のガチっぷりを聴く限り、ここに参加している人たちがメタルを愛していることを疑うつもりは毛頭ありませんが、正直企画としてはいささか自己満足的で、一部のマニアックなリスナーを対象とした同人音楽の域を出ていないと言わざるをえません。

が、「Vol.1」と銘打ってあるってことは今後も続けるつもりなんでしょうね。まあ、同人音楽はセールスより自己満足が優先されるある意味幸福な環境ですから、それもまた良し、でしょう。

※HMVのサイトでクロスフェード・サンプルが聴けます
http://www.hmv.co.jp/product/detail/4041932


SCHEEPERS / SCHEEPERS

scheepers01.jpg

元GAMMA RAY、現PRIMAL FEAR(以下PF)のヴォーカリストとして知られるラルフ・シーパースの初のソロ・プロジェクト・アルバム。

ソロの構想自体は7年くらい前からあったそうで、当初は全曲バラードで…というアイディアもあったそうだが、さすがにそれはラルフのイメージにそぐわないということで却下され、結果として出来上がったのはほぼPFの新作と言ってもほとんど違和感のないピュア・メタル・アルバムである。

バックで演奏するのもマット・シナー(B)にマグナス・カールソン(G)と、PFのメンバーであり(それ以外に元AFTER FOREVERのサンダー・ホマンズがツイン・ギターの片割れを担い、Drは元KING DIAMOND~DREAM EVILのスノーウィ・ショウが担当している)、プロデュースはマット・シナー、ミックス&マスタリングを手掛けているのもPFやSINNER(他にBRAINSTORMやHIBRIA、AMON AMARTHなど)を手掛けているアヒム・ケーラーだけに、本作とPFを区別する要素はほとんどない。

そういう意味では意外性は一切ないものの、逆に言えば安心感のある作品で、PFのファンであれば安心して楽しめる作品である。

強いて言えばPRIMAL FEARに比べれば若干パワー・メタル色が薄く、よりヴォーカルを聴かせる作風に仕上がっているようにも思えるが、そのこともまた近年のPRIMAL FEARの方向性に準じるもの。

#10、#12の2曲を除けばラルフ単独で曲を書いているわけでもないだけに、なぜわざわざソロ・プロジェクト名義でこのようなアルバムを作る必要があったのか、傍目にはやや理解に苦しむ部分もある。

しかも#9のようにPFのアウトテイク的な楽曲(アルバム「BLACK SUN」制作時にお蔵入りになった曲で、当時のPFのギタリストであるステファン・レイビングとラルフの共作曲)も収められている。

しかし、ライナーノーツを読みつつ聴いていると、やはりこれはラルフ・シーパースというシンガーにとって一種の集大成というか、アイデンティティの証明として「一度は作っておくべき作品」だったのではないかという気がする。

かつて84年にTYRAN’ PACEというバンドでデビューし、マニアの間で「ドイツのロブ・ハルフォード」の異名をとり、実際ロブ・ハルフォード脱退時、後任のオーディションにおいて最終選考に残っていた(結局ドイツ人であるということがイメージおよびアクセントの問題からネックになって落選したらしい)という経歴が物語る通りの、JUDAS PRIESTおよびロブ・ハルフォードへの憧れやこだわりが本作の随所から伝わってくるのだ。

まずJUDAS PRIESTのカヴァーである#7「Before The Dawn」を取り上げて、やはりロブそっくりの歌唱を披露している。個人的には「Painkiller」などの強烈な楽曲によって、あらためてラルフのメタル・シャウターとしてのポテンシャルを誇示してほしかったような気もするが、シンガーのソロ・アルバムとしてはこういう「うた」を聴かせる選曲をしたくなるのだろう。

さらにゲストにはなんと落選したラルフに代わってJUDAS PRIESTのシンガーになったティム“リッパー”オーウェンズが#2に参加してラルフとデュエットしており、またHALFORDのギタリストである“メタル”マイク・クラシアク(G)も#1、#9のギター・ソロにゲスト参加していることも、恐らく意図的な人選だろう。

そう考えると、このソロ・プロジェクトの名義がフルネームではなく「SCHEEPERS」であることもHALFORDを意識したものであるように思えてくる(笑)。

その他、上述したラルフのデビュー・バンドであるTYRAN’ PACEの楽曲である#6「Saints Of Rock」のリメイクしていることもキャリアの総括的なニュアンスを感じさせるし、かつての盟友カイ・ハンセンが#10に参加している(カイには珍しい、ワウを使用したエモーショナルなプレイを聴かせている)こともまた然り。

どうせだったらGAMMA RAYの曲も1曲くらい取り上げてもよかったのではないかという気もするけど(笑)。

ちなみにその他、やはりPF~SINNER人脈のミュージシャンであるアレックス・バイロット(G:SILENT FORCE, VOODOO CIRCLE)や、ヴィクター・スモールスキ(G:RAGE)などもゲスト参加している。

ジャケットはもう少しどうにかならなかったのかという気がするけど、まあ本人が「売れそうかどうか」より「メタル・シンガーらしさ」を重視したということならこれでいいんでしょう。【82点】。


BURRN!11年6月号の感想

burrn1105.jpg

表紙はARCH ENEMYのアンジェラ。もうマイケル・アモットとの2ショットはナシなんですかね。
30代後半にしてこのスタイルを保っていることは素晴らしいですが、そろそろこういう衣装は厳しいのでは…。

表2の広告もそのARCH ENEMYなわけですが、個人的には下に小さく掲載されているSINERGYの旧譜再発に「お、懐かしいねえ」などと思ったり。
でもSINERGYなんて中古盤がかなり出回っているのにどれくらい需要あるんでしょうか…。

で、巻頭はARCH ENEMY大特集。先日のCHILDREN OF BODOMといい、この辺のアーティストをプッシュすることで日本のHR/HMマーケットを延命させようとしているんでしょうかね。

メンバーのインタビューについては「こんな腐った世界にわざわざ新しい人間を連れてきたくないから子供を持たないと決めた」だの、「(クリスチャンになった)MEGADETHはもう以前のように聴けない」だの、アンジェラの中二病的発言の痛さが際立っていたのが印象的。

しかし、来日記録を観ると、アンジェラ加入後の来日公演はLOUD PARKを含めると7回も観ていて、ひょっとしたら回数的には一番多く観たバンドかもしれんとあらためて気付かされてしまいました。

モノクロインタビューについては特に興味を引いたものはなかったのですが、EDEN'S CURSEの人たちはだいぶ今回の震災について熱く語ってくれていたのが印象的。バンドとしての華がないので正直あまり単独の来日公演については食指が動きませんが、LOUD PARKとかで来日してほしいな。

MR.BIGのツアー記事については、この震災でスリリングな時期に来日公演ををしてくれるとはさすがビッグ・イン・ジャパンの代表格だね、と思いつつ、日本公演100回は素直に凄いと思いました。
あと特注のケーキも凄い。食べにくそうだけど(笑)。

ALDIOUSのライヴ・レポは写真だらけ。レポはナナメ読みすると「演奏はヘタだった」ということだと思われますが、華やかでいいですね。当人たちとファンが楽しければ良いのではないでしょうか。

THE POODLESのインタビューがカラーっていうのは意外でしたね。
本国スウェーデンだと最新作もチャート1位ですが、日本ではサッパリ、という印象だけに。
個人的には、音楽自体は同系のWIG WAMと同等かそれ以上に良いと思っているのですが。

カイ・ハンセンが正式メンバーとして加入したことで話題のUNISONICは、アルバムをリリースしたわけでもないのにカラー12ページの大特集。先日のAVANTASIAの来日レポに続き、大野記者の編集部一の古株ならではの(?)強権が再び発動された感じですね。

インタビューを読む限り、このバンドで「守護神伝」の再現が行なわれることはなさそうですが、それはまあ想定の範囲内ということで。

一方でUNITEDのモノクロ9ページインタビューは前田記者の「マブダチアピールタイム」といった感じでしょうか。
ファンの方には読み応えのある記事だろうと思います。

あの3月11日に原宿アストロホールで来日公演をした、個人的に注目しているBLACK VEIL BRIDESがカラーで載っているのは現状の知名度を考えるとやや驚きながら、いいですね。こういうバンドはやっぱカラーで見せないと。

しかしフィンランドのHIMなんかもそうですが、欧米のこういうヴィジュアル系っぽいバンドって、美形なのはVoだけなのはなぜでしょう(笑)。日本のV系バンドだとVoの他にもう一人二人はイケてるメンバーがいることが多いんですけどね。

CHILDREN OF BODOMの前座ながら既に来日公演が決まっていて、レビューにおいても今月最高の95点(評者は羽田氏)を獲得しているAMORPHISがカラー2ページにもかかわらず、ほぼ無名の新人に近い(キャリアのあるメンバーもいるが、特筆するほどのものはない)AMARANTHEにカラー6ページを割いているというのはどういう風の吹きまわしか。

てか、このAMARANTHEって今月号でレビューされているけど、発売されるのは来月号が出た後(6月8日)じゃん。一ヶ月以上も間が空くとみんな忘れてしまうのでは…。発売日変更でもあったんでしょうか。

レビューを見ると今月のマストバイはARCH ENEMYとAMORPHIS、あと個人的にはREIN XEEDの2枚は買いたいね。他にもいくつか興味のあるタイトルもあるけど、今月は仕事が忙しくなりそうなので状況次第、かな。

あと今月は、コアな人にとってはMORBID ANGEL、ソフトな人にとってはJOURNEYという両90点獲得アルバムが要チェックアイテムになっていることでしょう。

◆発行元であるシンコー・ミュージックのWebサイト
http://www.shinko-music.co.jp/main/ProductDetail.do?pid=2175011106