BLACK TIDEの新作「POST MORTEM」を聴いて思うこと

3年前、BLACK TIDEのデビュー・アルバムが発表されたとき、私はこのバンドにものすごく可能性を感じました。

楽曲そのものの完成度については詰めの甘さが残るとはいえ、クラシックなHR/HMを、モダンな感性で鳴らすという難事をあっさりと具現化してみせたこのバンドこそ、次世代のHR/HMを担っていく存在かもしれないとさえ思いました。

そして今後アメリカからこういうHR/HMの遺伝子をダイレクトに受け継いだバンドが次々とデビューしてくれるのではないかと期待したのです。

ファースト・アルバムのレビューや、それに付随して書いたこのブログの記事にも、そういう私の期待感が反映されていると思います。

LOUD PARK 08についても一番期待していたのは彼らでしたし、09年に行なわれたTRIVIUMの来日公演を観に行ったのも、サポート・アクトである彼らが目当てだったと言っても過言ではありません。

そのライヴについては、正直未熟さが目につきましたが、まあそれは若さゆえやむをえないことかと思っていました。

ただ、声変わりによってすっかり声質の変わってしまったガブリエルのVoと、「最近はSAOSINのようなモダンなバンドにハマっている」という海外インタビューでの発言などによって、「ん~、これはもうダメかもしれん…」と思いつつありました。

そして届けられた3年ぶりの新作、「POST MORTEM」。
正直タイトルにもジャケットのアートワークにもピンと来るものがなく、特に期待することもなく惰性で購入しました。

まず言っておくと、アルバムの仕上がりそのものは悪くないです。楽曲の質自体はかなり高い水準に達しており、楽しめる人は充分楽しめるだろうと思います。

ただ、そのサウンドは80年代HR/HMの影響をダイレクトに感じさせた前作とは打って変わって、モロにBULLET FOR MY VALENTINE(以下BFMV)からの影響を感じさせるイマドキのエモがかったメタル・サウンド。

前作発表後、BFMVの欧州ツアーにも帯同していましたし、LOUD PARK 08でも同じ日に出演するなど彼らとの縁が深かったゆえに影響を受けたということなのでしょうか。

なお、本作にはBFMVのマット・タック(Vo, G)が#1「Ashes」にゲスト参加しており、このアルバムがBFMVのファンを意識していることを感じさせます。

実際、本作の音はBFMVの最新作を気に入ったようなファンにとってアピールするサウンドだと思います。GLAMOUR OF THE KILLのような同じBFMVフォロワーに比べればエモ度が低く、メタル度が高いあたりも含めて。

声変わりしてしまったガブリエルの歌声も、このサウンドにマッチしているのは事実です。

しかしここまであからさまな「フォロワーの音」に甘んじてしまってイイの? というのがファースト・アルバムで彼らに惚れ込んだ者としての本音。

まあ、たしかにこういう音の方が「売りやすい」というのはわかりますよ。
ある意味彼らの年齢相応の「イマドキ」なサウンドですしね。

このサウンドの変化がそういう「売りやすさ」を意識したレコード会社なりマネージメントなりの「オトナの判断」によるものなのか、彼ら自身がBFMVのツアーに帯同するなどして感化された影響かどうかはわかりませんが…。

前作が出たときにもちょっと危惧していたのですが、やはりあまり若くして世に出てしまうと、ちょっと人生が歪められてしまうと思うんですよね。

宇多田ヒカルなんかは親も有名人だったおかげで多少はうまくやっていたように見えましたが、それでもやっぱり私生活の部分では歪みを自覚せざるを得ず、ああいう休業の仕方をしているんでしょうし。

スポーツ選手とか、クラシックの演奏家とか、そういう「とにかく上手くなること」が全ての世界であれば若くしてプロのフィールドに飛び込むことがプラスに働くことが多いと思います(そのかわり実際に才能がなければ容赦なく潰されますが)。

しかし、こういうロックのアーティストっていうのはいかに「自分の世界」を作り上げるかの方が「上手くなること」より重要だと思うので、若いうちはもっと日の当らない所で地道に自分の世界を形成していくほうがいいような気がするんですよね。

ティーンの多感な時期に、いきなりビッグなプロ(BFMV)に触れてしまうと、そりゃ影響されてしまいますよ。
実績のあるプロデューサーに「こうした方が売れる。我々に任せておけ」と言われりゃ、よほど天の邪鬼な性格じゃない限り「そうなのかな」と思ってしまいますよ。

まあ、実際に彼らが地元でコツコツと下積みをした所で「独自のサウンド」を確立したかどうかはわかりませんし、彼らがいきなりメジャー・レーベルからデビューできた理由の一つは「若さ」そのものにあるので、彼らのデビューがもっと遅かったら、という「If」にあまり意味はないかもしれません。

あるいはひょっとするとこの「方向転換」はBFMVを聴いているような若いメタル・ファンを取り込むための戦略的なもので、次作以降「彼ら独自の音」が次第に浮き彫りになってくる、という中長期的な展望に基づく意図的な作風なのかもしれませんが。

まだまだ若い彼らゆえ、可能性は未だ大きく広がっていると思いますし、こういうサウンドこそが今や「メタルへの入り口」として機能するのではないかという期待もあるのですが、こういうバンドをどこまでフォローするかでこのサイト/ブログの立ち位置が変わってくるような気がしますね。

◆「That Fire」のPV [YouTube]

ライヴで盛り上がりそう。悪くはないのだ。むしろ良いのだ。だけど…。


スポンサーサイト

LOUD PARK 11のヘッドライナーが発表に

このままWHITESNAKEがトリに格上げされてチケット発売に至るのではないかとまことしやかに噂されるほどギリギリまで引っ張って、ようやくLIMP BIZKITがヘッドライナーであると正式に発表されたLOUD PARK 11。

既にだいぶ前に「流出」していた情報ではあり、衝撃はなかったものの、率直に申し上げて遺憾の意を表明せざるを得ません。
これだったらまだWHITESNAKEの「格上げ」の方がマシだった、と思う人さえいるのではないでしょうか。

念のために言っておくと、私は別にLIMP BIZKITが嫌いなわけではありません。
Voの典型的な不良白人ぽいキャラクターは正直虫が好きませんが、このバンドが売れてた頃ちょうどCD屋でバイトをしていたこともあり、2ndや3rdは結構聴いていました。

ぶっちゃけ、かつてラウパでトリを務めたことがあるMARILYN MANSONやKORNよりキャッチーで聴きやすいと思ってます。
これまで売ってきたアルバムの枚数もトリとしてなんら不足はないでしょう(最新作は微妙ですが)。

ただなあ…一度情報が流出した後だいぶインターバルが空いただけに、「ひょっとしたらこのインターバルの間にトリが変わってるかも?」という淡い期待感が生まれてしまっていたので、「あーあ、やっぱりか」的な失望というか落胆は否めません。

3月の来日がキャンセルになったIRON MAIDENが来てくれるんじゃないか、とか。

DREAM THEATERがマイク・ポートノイ脱退後の初来日を果たしちゃったり、とか。

とりあえず困ったときの(?)MEGADETH、とか。

最近話題になっていた(でも否定されていた)再結成BLACK SABBATHがまさかの降臨、とか。

個人的にはSCORPIONSのラスト来日公演でもよかったですよ。

とかとか、いろいろ妄想がね(笑)。暴走して。

まあ、たらればの話をしても仕方ないし、例年トリよりもむしろ普通だったら来日できないようなクラスのバンドのライヴを楽しみに行っていたわけで、正直トリにそんなにこだわりはないんです。いやホント。

フェスの楽しみなんて昼間っからビール飲んで大音量で音楽聴いて不特定多数の人たちと一緒にスタンディングでメロイックサインを掲げる、そんな「場」自体というか「空気」にあるわけで、ぶっちゃけトリなんてフェスの興行を成立させるための客寄せパンダでしかないとさえ思っています。

ただ、LIMP BIZKITが本当に今でも「客寄せパンダ」として機能するのかは個人的にはちょっと訝しんでいるのですが。

一周回って「これはこれでアリじゃね?」という雰囲気になってきたHR/HMよりもむしろ今となっては彼らのようなバンドが一番「ひと昔前に流行ったバンド」みたいなアンクールな立ち位置にいるような気がするんですが、考え過ぎですかね。

まあ、いずれにせよ私は現在発表されているメンツだけでも充分楽しめる自信があるし。

トリならつまらなければ早く帰れるという前向きな(?)考え方もできるし。

と、必死に自分に言い聞かせている今現在。

てか、プレ情報なしにLIMP BIZKITが発表されていたら心理的ダメージは今日の比じゃなかっただろうな。

あの「情報漏洩」は私のような保守派のメタラーに「心の準備」をさせるための、クリエイティブマン内にいる有志の粋な計らいだったのではないかという気さえします(笑)。

まあ、この後SYMPHONY Xが決まれば全て許すんですけどね(しつこい)。

◆LOUD PARK 11公式サイト
http://www.loudpark.com/11/

BLOOD STAIN CHILD 東京公演 @池袋LIVE INN ROSA 2011/8/21

今日は久しぶりに休みを取れたし、天気も悪かったので一日ゴロゴロして過ごそうと思っていました。

しかしふと本日自宅から徒歩5分程度の所にある会場でBLOOD STAIN CHILDがライヴをやることを思い出し、近所の定食屋で夕食を食べた後、会場へと向かってみました。

本日のライヴは『ARTiSM FESTA 2011 SUMMER』なるアングラな(ANGRAとは一切関係ありません)サブカル系(?)音楽イベントのスペシャル・ゲストとして行なわれるもので、イベント全体としては15:30から22:00まで行なわれる長大なもの。

未知の音楽に対する好奇心はあるものの、正直今の自分にはある程度のクオリティ保証のないアーティストを観る体力と時間の余裕がないため、トリであるBLOOD STAIN CHILDのみを狙いすまして20:40頃に会場入り。

フロアの扉を開けると、いきなりRYO(B, Vo)とハチあわせ。どうやらBLOOD STAIN CHILDの出番はまだらしい。

この会場でライヴを観るのは2005年の9月3日にブースター・ドラゴンという胡散臭い呼び屋が招聘したRIOTを観て以来だ。
妙にナナメっているステージ、フロアの中央にそびえ立つぶっとい柱と、メチャクチャステージの全貌を観づらい困ったハコである。

ステージではRose Noire(ロゼ・ノワール)という男女2人組のユニットがプレイしていた。
フライヤーによると2人して東京芸大を卒業した兄妹ユニットらしい。

基本的には打ち込みベースで、兄がVo、妹がエレクトリック・ヴァイオリンを弾いており、音楽性はゴシック・インダストリアルというかゴス・エレクトロというか、まあそんな感じの音。

男性Voは歌唱力は凡庸ながら、ルックスは端正で、てっきりヴィジュアル系的なものを狙っているのかと思ったが、MCなどを聴く限りいわゆるオタク的なバックグラウンドの持ち主のようで、むしろコスプレイヤーのような感覚なのかも。

正直一番印象に残ったのは先日メキシコでプレイしてきたという「スーパーマリオブラザーズ」の曲。いや単に知ってるからだけど。
女性ヴァイオリニストが時折フロアに向けてくる挑発的な視線はなかなか目ヂカラがあって魅力的でした。

なんでも明日・明後日でブログ200回更新にチャレンジするそうですが…その企画になんの意味があるのか、本日彼らを知った身としては意味不明でした。それってTwitterじゃダメなんでしょうか。

そのRose Noireが終わると、メンバー本人達が出て来てのセットチェンジ。
SOPHIA嬢がまた一段とふとましくなったような…(苦笑)。

前回観たときには「けいおん!」の澪のようだった髪型を最近はAKB48の渡辺麻友のようなアレンジに変更したRYUが細身だけに、SOPHIAの二の腕の太さが一段と目につく。ステージ上でやたらと暑がっていたが、さもありなん。

それまで場内は割と閑散としていたが、彼らの出番になってようやくフロア前方の人口密度が一気に上がる。

そしていよいよショウがスタート!…という段になってまさかの機材トラブル。
機材は会場のものを使用しているようなので彼らのせいではないにせよ、こういうのはやっぱりプロフェッショナルな印象を与えないよなあ…。

とりあえず物販情報などMCで間をつなぎ、機材の回復を待ってショウがスタート。

セットリストは以下の通り。

1. Sirius VI
2. La+
3. Eternal
4. Electricity
5. Moon Light Wave
6. Final Sky

時間が押し気味なこともあってか割とポンポン矢継ぎ早に楽曲が演奏されていく。

やはり曲が良いのでノリやすい。音は良くなかったし、機材トラブル連発だったが、RYOのヘッドバンギングにこだわった煽りもあり、ついついアタマを振ってしまう。

前回は硬さが目立ったSOPHIAのパフォーマンスはややフロントマンらしい煽りなども加えるようになって改善されていたが、「Electricity」や「Moonlight Wave」など、メロディック歌唱パートの多い曲ではちょっと音程が取れておらず、課題を残した観も。

「Moon Light Wave」演奏後、メインのMCを担っていたRYO(SOPHIAは基本英語なので)が、「僕よりオッサンのRYUから告知です」と発言し、一瞬RYUの表情が強張ったのを私は見逃しませんでした(笑)。

まあ、ここでアタマ振っているような人たちはRYUがRYOの兄であることをみんな知っていることと思いますが、ブログなどを読む限り本人は自分が「女の子」に見えることに対してかなり喜びを感じているようなので無理もないかもしれません。

とはいえそこは三十路のオッサン(笑)ならではのオトナの対応で(しかし微妙に動揺を隠せていなかった/笑)告知をこなした後、本来時間的には終わっていなくてはならない時間だったようですが、「会場側からもう1曲やっていいという許可が出ました!」というRYOの言葉にフロアが湧き、前回もそうだったのでラスト・ナンバーの定番と思しき「Final Sky」がプレイされる。

この「Final Sky」はBSCの曲の中でも最もリフがキャッチーで、ギター・ソロの印象度も最高の部類に入る名曲だが、正直SOPHIAバージョンについてはちょっと違和感が拭えない。

冒頭からSOPHIAが歌い、その後RYOがスクリームする、という構成にアレンジされているが、逆の方がいいのでは。
最初はアルバム・バージョン通りのRYOがデス声で歌い、「A Quiet White Place~」からのパートをSOPHIAのクリーン・パートにしたほうがしっくり来そうな気がするのは素人考えでしょうか。

終演後、5分とせずに物販ブースに出てきたRYUから会場限定音源を購入し、すぐに会場を後にする。

ドリンク代込みで4,000円払って聴きたいバンドの曲は6曲と、私にとっては恐ろしくコスパの悪いイベントでしたが、まあ疲れているのでこれくらいでちょうどよかったのかも。

新譜の中でもお気に入りの曲である「Stargazer」が聴けなかったのは残念で、時間と体力に余裕があれば9月24日のワンマンに足を運ぼうかな。また吉祥寺ってのが微妙に遠くてめんどくさいけど…。

ちなみに会場限定音源「FRUITY BEATS 7」の中身は、新作収録の「Merry-Go-Round」と「S.O.P.H.I.A」のまったりエレクトロニカなリミックス・バージョンと、RYOいわく「『SILENCE (OF NORTHERN HELL)』時代のようなクサクサの」「キャプテン和田の顔が思い浮かんでくるような劇メロ」(笑)のインスト。

メタラー的にはそのインスト曲以外は眠くなっちゃうかもね。
(ちなみにRYUのツイートによると、そのインストの曲名は「Light My Orbit」とのこと)

ちなみに、私が働いている会社(広告代理店)のキャスティング部には色々なレコード会社からCMタイアップ用の資料音源が送られてきて、サンプルCDが堆く積まれているのですが、先日その山の中にBLOOD STAIN CHILDの「EPSILON」が混じっているのを発見して密かにニンマリしてしまいました。

RHAPSODY OF FIREが分裂

イタリアを代表するメタル・バンドであり、「シンフォニック・メタル」というジャンルの誕生に最も大きく貢献したバンドのひとつであるRHAPSODY OF FIREが分裂するそうです。

端的に言うと、これまでRHAPSODY(OF FIRE)の音楽的な中心だったルカ・トゥリッリ(G)とアレックス・スタロポリ(Key)が、それぞれ旧RHAPSODY OF FIRE人脈の人たちを中心に構成される別のバンドを結成し、いわばバンドが「ルカ派」と「アレックス派」に分かれる、ということのようです。

RHAPSODY OF FIREというバンド名自体は法的にアレックス・スタロポリが引継ぎ、ルカ・トゥリッリの新しいバンドもRHAPSODYというワードを使えるように調整中とのこと。

アレックス・スタロポリの側にはファビオ・リオネ(Vo)、トム・ヘス(G)、アレックス・ホルツヴァルト(Dr)が参加し、ルカ・トゥリッリの側にはパトリス・ゲール(B)、そしてツアー・ギタリストだったドミニク・ルアキン(G)、そしてこちらもドラムはアレックス・ホルツヴァルトが参加するようです。

まあ、RHAPSODY OF FIREという既存のバンドの主観においては、単にルカ・トゥリッリとパトリス・ゲールの2名が脱退した、ということになるんでしょうね。

うーん、ファビオ・リオネが脱退する、みたいな話はまだなんとなく想像がついたけど、まさかルカとアレックスが袂を分かつとはちょっと、いやかなりビックリ。藤子不二雄がAとFに別れたときのような驚きです(古い)。

ファビオ・リオネがアレックス側に参加する、というはやはり「RHAPSODY OF FIRE」というブランド名を引き継ぐ側の方がビジネス的には有利そうだからですかね。

一応、仲違いとか、金を巡るビジネス的なドロドロによる分裂ではなく、あくまで先日リリースされた「FROM CHAOS TO ETERNITY」でこれまでアルバム10枚に渡って描いてきたサーガが完結し、ひとつの音楽的なゴールを達成したので、今後新たな芸術的刺激をもって活動していくための友好的な措置である、という声明が出ているので、STRATOVARIUSのようなケースとは違うようですが…。

まあそれでもルカはソロとかやってたから、RHAPSODY OF FIREを脱退してソロ・プロジェクトに専念するようなもんだ、という解釈もできなくはないけど、正直ルカ抜きのラプソってイマイチ想像がつかないですね。

アレックスとしては早いとこ新しいセカンド・ギタリストとベーシストを見つけて、これまで以上に意欲的にワールド・ツアーなどをしていきたい、とのことですが…。

分裂によって「一粒で二度おいしい」ことになるならまあそれも良し、なのかもしれませんが、なんとなくせっかくの「最強ラインナップ」が崩れたような気がして、なんかちょっと釈然としないのがファン心理というものでしょうか。

ルカの新しいバンドのシンガーはやっぱりオラフ・ヘイヤーなのかなー。
悪くはないんだけど、やっぱりファビオ・リオネに比べると一段落ちるんだよなー。

◆ニュースソース
http://www.roadrunnerrecords.com/blabbermouth.net/news.aspx?mode=Article&newsitemID=162040

BURRN!11年9月号の感想

burrn1108.jpg

表紙はニッキー・シックス&トミー・リー(MOTLEY CRUE)。
キャリア的には完全にロートルですが、ビジュアル的には現役感を保っているのは凄いですね。

巻頭特集の30周年ライヴ・レポートを見ても上手いことアメリカで「復活」した感があって、この人たちは上手くやったな、という気がします。
10年くらい前は結構しんどいポジションに追い込まれていたけど、「沈黙」を上手に使って何とか大物感をキープした感じですね。

音楽的には80年代のような「時代の半歩先行く」センスは鈍っている感が否めませんが、バンド経営に関しては未だ「策士ニッキー」健在といった感じですね。

しかし彼らもそうですが、最近アメリカの大物中心に「アルバムは売れないから作るのをやめて、EPやシングル楽曲中心にリリースしていこう」という発言が目立つようになっていて、そろそろ40年以上続いてきた「アルバム時代」は終わりを告げるのかな、という印象。

そうしたら当サイトみたいな「ディスク・レビュー・サイト」もお役御免て感じですね。
いや、元々誰もレビューしてくれなんて頼んでないわけですが(笑)。

「特別読み物」の「ボブ・デイズリー、オジーを語る」は、オジー自身の口から語られるランディ時代のエピソードよりはナンボか真実味があってファンにとっては興味深い内容ですね。

オジーのバンドにランディ・ローズというほぼ無名に近いギタリストが抜擢された一種の「奇跡」が、当時オジーの評判が最悪で、名のあるギタリスト達はオジーのバンドに興味を示さなかったから、というエピソードなんか「真実ってそういうもんだよね」って妙に納得しましたね。

「ランディはオーディションを受けたわけではない」という、他の選択肢がなかったことをほのめかす発言も、かつて(かなり昔の)『YOUNG GUITAR』誌で読んだランディ・ローズの復刻インタビューにあった「オーディションを受けに行き、ちょっとプレイしたらその場で合格となった」という発言とも符合する。

しかしシャロン・オズボーン…ロニー・ジェイムズ・ディオにも恋愛感情を持っていたとは…。
ランディ・ローズとも一時期付き合っていたというし、この人は身近にいるミュージシャンは片っ端から、という女性だったんですかね。

HAMMERFALLのインタビューで興味深かったのはZENDTという誌面で時々見かける外人ライターが、かつてCEREMONIAL OATH(HAMMERFALLのオスカー・ドローニャックや元IN FLAMESのイエスパー・ストロムブラードがかつて在籍していたデス・メタル・バンド)のヴォーカリストだった過去を告白していたこと。

やっぱり音楽ライターってミュージシャンくずれが多いんだなあ。
まあ、バンド活動の実態や音楽・演奏についてある程度の知識がある方がインタビューもしやすいし、文章も書きやすいでしょうからね。

TRIVIUMのインタビューでマシュー・キイチ・ヒーフィー(Vo, G)が語る「最近のエクストリーム・ミュージックは余りにテクニカルでブルータルにやろうとしていて、ショウを観ても、終わった頃には何を聴いていたのか覚えていない」という発言には同意だし、「これまで同じようなサウンドの20くらいのバンドと一緒にツアーしてきたけど、その殆どは特筆すべきこともなく、曲も素晴らしいとは言えない。コーラスもフックもないし、見た目もぱっとしない。でも、俺達にはそうしたものがあるんだ」という発言はなかなか刺激的。

しかし、最新作を聴く限り「そこまで大きなことを言えた義理か?」と思ってしまったのは内緒。

これまたLOUD PARK 11で来日予定のAUGUST BURNS REDを「俺達のB級版」とこき下ろすUNEARTHのインタビューと、そのAUGUST BURNS REDのインタビューが同じ号に掲載されているというのは皮肉ですね。

しかし、アメリカにおける両者の最新作のチャート成績はUNEARTHが72位なのに対し、そのB級版であるはずのAUGUST BURNS REDは11位、ってのもまた皮肉。

もちろん、セールスと音楽のクオリティの間には必ずしも関係性はないし、実際「俺達のサウンドをパクって金儲けしている」と言っているわけだから、自分たちより成功していることを認めているわけですが。

あとちょっと驚いたのが(知っている人は知っていたんでしょうけど)、STORMWARRIORのベーシストであるイェンツ・レオンハルトがMERCYFUL FATEの、それどころか前身であるBRATS時代からのメンバーだったという大ベテランだということ。

なんでそんな30年以上のキャリアがあると思われる人がSTORMWARRIORにいるんでしょう。そんなに儲かる仕事とも思えないのですが。

AMORPHISとCHILDREN OF BODOMの来日公演レポート&インタビューを読んでいると、やっぱり今メタルというジャンルを引っ張っているのはCHILDREN OF BODOMあたりなんだなあ、という印象を受けました。

COBはもちろんカッコいいバンドですが、フィンランド出身でしかもデス声と、一般人にしてみればとっつきにくい要素満載であるのもまた事実で、それが代表格というのではそりゃジャンルとしてマイナーになるわけだ。

本文中でアレキシ本人が最新作を「HATE CREW DEATHROLL」以来の満足度だ、と語っているのを読んで、意外とこの人は自分の作品について客観的に見ることができてるんだなあ、と思いました。

AMARANTHEのライヴは楽しそうで、LOUD PARK 11が楽しみです。

新譜レビューに関しては、既に購入済みなTRIVIUMを除くと、確実に買うのはEDGUYとBLACK TIDEくらいかな。

あえて他に何か探すなら、ギリシャのOUTLOUDのレビューにある「WHITE LIONのシンガーを上手い人に替えて、FIREHOUSEやSLAUGHTERと合体させたような感じ」という形容はちょっと惹かれるな。

あとは、今月の最高得点アルバムに手を出してみるべきか否か、ですね(笑)。

◆発行元であるシンコー・ミュージックのWebサイト
http://www.shinko-music.co.jp/main/ProductDetail.do?pid=2175011109