DRAGONLANCE / CHAPTER OF SKYLAND

dragonlance_ep07.jpg

都内を中心に活動するメロディック・スピード・メタル・バンドの7作目の音源となる5曲入りEP。

5曲入りといっても、#1、#3、#5はインストのため、実質的には2曲入りのシングルに近い。

とはいえ、プロローグと銘打った#1、エピローグと銘打った#5は、ギタリストの及川氏があるファンタジー・ボイス・ドラマ用(?)に作曲したマテリアルをアレンジし直して収録したというシンフォニックな楽曲で、映画やRPGゲームのサウンドトラックのようなスケール感のある楽曲に仕上がっている。

20秒程度の短いインタールード的な楽曲である#3は、彼らの初音源である2002年発表の「HOLY BLOOD」のデモ版のオープニングだった曲とのこと。

タイトル曲である#2「Chapter Of The Skyland」は2000年の1月、#4「Definition Of Honor」は1998年4月に作曲されたものだそうで、10年以上前に書かれていた曲のようである。

当時はまさにメロディック・パワー・メタルという音楽が全盛期で、北欧やイタリアなどから次々とマニア心をくすぐる魅力的なバンドがデビューしていた時期で、本作に収められたサウンドはその当時のサウンドを思い起こさせるもの。

個人的には、シンフォニックなKeyをフィーチュアした疾走感あふれるそのサウンドは、バンド名の類似もあってか、初期のDRAGONLANDに近い印象を受けた。

ブックレットによると#2「Chapter Of The Skyland」は中心人物である及川氏によると「いつか形にできる状態が整ったら形にしたい」と長年温めていた楽曲だそうで、緊張感あふれるイントロから、強力な疾走を聴かせつつ、中間部やエンディングのインスト・パートにおいてプログレッシヴな要素も感じさせるドラマティックな曲。

もう一方の歌入りの楽曲である#4「Definition Of Honor」はかの有名なアーサー王伝説に登場する聖剣エクスカリバーをモチーフにした楽曲だそうで、疾走しつつもドラマティックに展開する歌メロが聴き所。

ちょっと全体的に1つの楽曲にメロディを詰め込もうとし過ぎていて、どこがサビなのかわからなくなるメリハリの不足が気になるものの、この手の音楽が好きな向きであればくすぐられるメロディや展開が随所に登場し、楽しめる。

Voはなかなか強力なハイトーンの持ち主だが、高音域がややヒステリックに響くため、好き嫌いが分かれるかもしれない。

なお本作はデビュー当時からこのバンドに関わっている、日本のプログレッシヴ・メタル・バンドVIGILANTEのギタリスト大本浩史氏とバンドの共同プロデュース。

そして現在正式メンバーを欠いているベースとドラムにはそのVIGILANTEのベーシストである海野真とドラマーである藤野隼司をゲスト・プレイヤーに迎えている(VIGILANTEのメンバーにレコーディングの参加を仰いでいるのは今回が初めてではないようだ)。

キャリアも10年以上に及び、シングル7枚分のマテリアルもあり、しかも過去の音源の多くははほぼ手困難のようなので、キャリアを総括するフルアルバムの制作が待たれる存在である。

◆本作のプロモーション映像 [YouTube]


◆DRAGONLANCE公式サイト
http://sound.jp/dragonlance/
スポンサーサイト

過去25年間で最も偉大なデビュー・アルバム

もはや『Kerrang!』や『NME』を抜き、世界最大のHR/HMマガジンとなった『METAL HAMMER』誌において先日、読者投票によって「過去25年間で最も偉大なデビュー・アルバム」が選ばれました。

以下がその結果です(カッコ内は得票率)

01. SLIPKNOT / SLIPKNOT (32.27%)
02. KORN / KORN (8.88%)
03. GUNS N' ROSES / APPETITE FOR DESTRUCTION (8.84%)
04. RAMMSTEIN / HERZELEID (6.92%)
05. PANTERA / COWBOYS FROM HELL (6.2%)
06. SYSTEM OF A DOWN / SYSTEM OF A DOWN (4.67%)
07. LINKIN PARK / HYBRID THEORY (3.78%)
08. MACHINE HEAD / BURN MY EYES (3.35%)
09. BULLET FOR MY VALENTINE / THE POISON (3.01%)
10. RAGE AGAINST THE MACHINE / RAGE AGAINST THE MACHINE (2.78%)

得票率で見るとSLIPKNOTがダントツの人気ですね。
単純に売上だけでみたらGUNS N' ROSESやLINKIN PARKの方が上かもしれませんが。

こうしてみると、過去25年に出てきた欧州のHR/HM系アーティストで最もビッグと評価されているのはRAMMSTEINなんですね。

PANTERAは「COWBOYS FROM HELL」以前に4枚のアルバムをリリースしていますが、「メジャー・デビュー・アルバム」ということで選ばれたのでしょうか。
ただ、PANTERAの初期4作についてはバンド自体が完全に「黒歴史」として封印しているだけに、本気でその存在を知らないファンもいるのかもしれません。

インターネット時代だったらそう上手く「隠蔽」できなかったと思いますが、90年代の初頭においてはマスメディアで報道されなければ「なかったこと」にできましたからね。
現代は「黒歴史」を隠したい人たちにとっては不都合な時代だと思います。

PANTERAのように、本当のデビュー・アルバムではなくメジャー・デビュー・アルバムがアリ、ということであれば名前が挙がってもおかしくないNIRVANAの「NEVERMIND」や、こちらは正真正銘のデビュー・アルバムであるPEARL JAMの「TEN」の名前が見当たらないあたり、いわゆる「グランジ」は欧米においてもHR/HMファンの支持する音楽ではなかったことが見て取れます。

そういう意味では、『BURRN!』誌が「国際化」に失敗したのは、グランジ/オルタナティヴを取り上げなかったことではなく、当時モダン・ヘヴィネスと呼ばれ、後にNU METALへと発展した音楽をHR/HMのメインストリームとして扱ってこなかったことが原因であるとわかります(ちなみに、私は何でもかんでも「国際化」することが必ずしも良いことだとは思っていません)。

いや、『BURRN!』誌においてもPANTERAはそれなりにフィーチュアされていましたし、KORNやRAGE AGAINST THE MACHINEでさえレビューの点数自体は悪くないというかむしろ良かったと記憶していますが、やはり誌面での扱いが「異端児」的な感じでしたし、編集長をはじめとするスタッフたちがそういう音を好んでいないことはアリアリと伝わってきましたからね。

きっと今『BURRN!』誌で同じような企画をやったらこんな感じでしょうか。

01. GUNS N' ROSES / APPETITE FOR DESTRUCTION
02. MR.BIG / MR.BIG
03. SLIPKNOT / SLIPKNOT
04. SKID ROW / SKID ROW
05. PANTERA / COWBOYS FROM HELL
06. ANGRA / ANGELS CRY
07. ARCH ENEMY / BLACK EARTH
08. CHILDREN OF BODOM / SOMETHING WILD
09. DOUBLE DEALER / DOUBLE DEALER
10. SONATA ARCTICA / ECLIPTICA

あとランクインしてくる可能性があるのはTHE BLACK CROWS、BLUE MURDER、BUCKCHERRY、BULLET FOR MY VALENTINE、THE DARKNESS、DIZZY MIZZ LIZZY、FAIR WARNING、GAMMA RAY、IN FLAMES、THUNDER、THE WILDHEARTS、といったあたりでしょうか。

DREAM THEATERやEXTREMEなんかも、セカンドのインパクトの影に隠れがちですが、あり得るかもしれません。
そして私にとっては有力な候補であるRHAPSODYはなぜか選ばれないだろうこともなんとなく想像がつきます(笑)。

そして誰かがこんなコメントをつけるのではないかと。

「良くも悪しくも、日本の現在のマーケットを反映した、本誌らしい結果となった。ロック史上屈指のモンスター・アルバムであるGUNS N' ROSESのデビュー・アルバムは納得としても、MR.BIGのアルバムが選ばれるのはここ日本だけだろう。とはいえ、同作の完成度、MR.BIGというバンドの音楽的なポテンシャルを考えると、ここに選ばれて何らおかしくないアルバムである。しかし、こうして見ると、この25年間、HM/HRの『基本』というべき様式美を備えた正統的なHR/HMバンドの強力な新人はほとんどデビューしておらず、そのことがHM/HRというジャンル全体の衰退を招いていると思う。今回のランキングでも、わずかに唯一我が国のDOUBLE DEALERが正統派HM/HRの火を掲げ、気を吐いているわけだが、その火ももはや消えてしまった。JUDAS PRIESTやIRON MAIDENといった偉大なバンドも、年齢的な問題を考えると、もはや残されたキャリアは少ない。HM/HRというジャンルが今後も生き残っていくためには、強力な正統派HM/HRの新人の登場が急務である」

25年間有望な新人が出ないジャンルなんて既に終わってるよなぁ、と思いつつ、結局私の感性は『METAL HAMMER』読者より『BURRN!』読者に近いんだろうなと思います(苦笑)。

◆ニュースソース
http://www.roadrunnerrecords.com/blabbermouth.net/news.aspx?mode=Article&newsitemID=164961

ANIMETAL USA / ANIMETAL USA

animetal_usa01.jpg

話題のアニメタルUSA。色々と思う所はあったのですが、結局買ってしまいました(苦笑)。
先日のLOUD PARK 11でも盛り上がっていましたね。

選曲に新鮮味がないので正直あまり期待していませんでしたが、さすがの実力者揃い、聴いてみたら案外楽しめました。

ちょっと心配していたマイク・ヴェセーラ(Vo)も、シャウトの切れ味こそ衰えが見られるものの、歌唱トータルで観ればまだまだイケる感じです。

クリス・インペリテリがギターということで、引き出しの少ないクリスのこと、全曲「Rat Race」みたいになっているのではないかと危惧(?)していましたが、意外と原曲の味わいを踏まえた仕上がりになっている。

その辺はやはりメタル界きっての日本の音楽通、マーティ・フリードマンがアレンジに関わっていることが功を奏したのでしょうか。
泣きのバラード仕立てかと思いきや突如狂ったように爆走する「行けタイガーマスク(タイガーマスク)」には笑いました。

発売前にモロに「Fast As A Shark(ACCEPT)」な「ゆけゆけ飛雄馬(巨人の星)」が公開されたときには、この手のパクリッシュな曲ばかりになるのかとも思いましたが、ここまであからさまな大ネタ使いは「愛をとりもどせ!!(北斗の拳)」の「The Trooper(IRON MAIDEN)」と「ペガサス幻想(聖闘士星矢)」の「Raining Blood(SLAYER)」くらいで、アニメタルの楽しみは半ば元ネタ探しにあると思っていた私のようなリスナーにはむしろ物足りなかったです(笑)。

IMPELLITTERIで聴くと「当たり前」に感じてしまうクリス・インペリテリのギターも、こういういつもと違う趣の違う曲で聴くと新鮮というか、あらためてこのかなり歪ませているのに粒の揃った速弾きは凄いな、と思いますね。「愛をとりもどせ!!」のイントロとかゾクゾクしました。

クリス・インペリテリは本作に参加することで自分のバンドよりも幅のある曲調、アレンジに挑戦することができたと思うので、その辺はIMPELLITTERIにフィードバックしてくれるといいな。

かなり直訳気味な英詞は時々違和感もあるが、何度か聴いていると、むしろその違和感がクセになってくる(笑)。
「摩訶不思議アドベンチャー!(ドラゴンボール)」の「かめはめウェーブ」には吹きました。そこは普通に「Kamehame-ha」でいいでしょ(笑)。

まあ、こういうのを受け付けるかどうかというのはその人のデリカシー次第みたいな所があるので、メタルに対する冒涜だ、と怒る人もいるかと思います。

あるいは逆にアニメに対する冒涜だ、とかね。メンバーみんな原作ほとんど観てないだろうし。
まあ、そんなこと言ったらここに収録されている曲のアニメ全部観てるって人もそんなにいない気がしますが(私は半分くらいですね)。

私自身は許容範囲でしたが、とはいえそういう感覚もわからないではないので、そういう人に無理に勧めようとは思いませんが、マイク・ヴェセーラの歌やクリス・インペリテリのギターが好きで、こういうイロモノ企画に目くじら立てないオトナな方は聴いてみてもいいのではないでしょうか。

ラウパのももクロ効果で日本テレビの「スッキリ!!」にも出演し、これでお茶の間の人気者ですね(?)。

マイク・ヴェセーラは後半完全に素になってますね。
ジョン・デッティに至ってはほぼ棒立ち(笑)。


LOUD PARK 11 感想

震災の影響なのか何なのか、1日限りの開催となってしまったLOUD PARK 11。

しかも当初から出演アーティスト情報が流出したり、それでいてさんざん正式発表を引っ張った挙句、結局リーク情報通りLIMP BIZKITというHR/HMファンには賛否両論(てか否?)を呼ぶアーティストがヘッドライナーという微妙な状況。

最後に決まったUNITEDも、開催10日前売りのBURRN!で全く触れられていないあたり、相当土壇場で決まったものと思われ、アーティスト招聘は相当に難航、もしくは非計画的だったことが窺い知れます。

オフィシャルサイトのアーティスト情報のいくつかはいつまでたっても「Coming Soon」のままそのまま開催日に至り、タイムテーブルが発表されたのは開催のわずか2日前。

おまけに「当日配られるタイムテーブルには誤りがあります」という話で、どんだけ泥縄でタイムテーブル組んでるんだよ、って感じ。

そして当日は雨と、条件的にはほぼ最悪。強風もあって京葉線は遅れていたみたいなので、幕張メッセでなかっただけマシか。

前日も終電近くまで働いていた私は、あっさり「二度寝」という罠に嵌って開演ギリギリの到着に。

入り口では「傘は持って入場できませんが運営側で責任は持ちません」というほぼ「放棄しろ」というに等しい傍若無人(クリマン、と読みます)な仕切りになっていたが、折り畳み傘ユーザーの私に死角はない。

なんか例年に比べて入場する人や通路を歩いている人の数が少ない印象で、これはもしや危惧していたガラガラ状態? と思ってアリーナに入ってみると、逆に「えっ、この時間にもう?」と思うほどの大盛況。

例年と違って横並びではなく対面する形でステージが設置されている影響か、真ん中で分断されたアリーナは人でいっぱい(に見える)。特に1番手アーティストであるANIMETAL USAがプレイしているBIG ROCK STAGE側は、もう柵の中に入るのが難しそうなほどだ。

実は私は指定席券なので、まずは席に上着と荷物を置きたかったが、既にショウがスタートする時間で客電が落ちていたため、暗くて無理だろうと諦め、荷物を抱えたままスタンディングで1バンド目のANIMETAL USAを鑑賞することに…。

以下、超長いレポ(?)になるので、ご興味のある所だけどうぞ。

続きを読む

MASATOSHI “SHO” ONO / THE VOICE –STAND PROUD!

standproud05.jpg

GALNERYUSのヴォーカリスト、SHOこと小野正利による洋楽HR/HMカヴァー・アルバム。

「STAND PROUD!」シリーズの名前を冠してリリースされており、シリーズとしてはこれで通算5枚目となる。小野正利は3枚目以外には全て参加しているので、このシリーズのファンにとってはある意味おなじみだろう。

参加メンバーはSyu(G)、TAKA(B)、JUNICHI(Dr)、YUHKI(Key)というGALNERYUSの同僚を中心に、KENTARO(G)、TOSHI(B)、KATSUJI(Dr)というGARGOYLE組、ルーク篁(G)、MASAKI(B)、雷電湯澤(Dr)というCANTA組、そしてMASAKIも在籍する地獄カルテットの小林信一(G)という顔ぶれ。

どのメンバーもハイレベルなプレイヤーながら、かなりオリジナルに忠実な演奏に徹しているため、あまり個性は見えにくい。さらにヴォーカルが小野正利固定なこともあって、これまでのシリーズにあった「オムニバス感」は薄く、単一アーティストのアルバムを聴いているようで、それをどう捉えるかは聴き手次第か。

今回も好きな楽曲が多くてかなり楽しめました。HR/HM界の名だたるハイトーン・シンガーを擁するバンドはほとんど押さえているものの、ロブ・ハルフォード(JUDAS PRIEST)をの持ち歌にトライしていないのは1作目で「Exciter」を既にやっているからですかね。

ジェフ・テイト(QUEENSRYCHE)も外しているのはGALNERYUSの「VOICES FROM THE PAST III」で既に「Queen Of The Reich」をやっているから、でしょうか。

あとはマイク・マテアヴィッチ(STEELHEART)やマーク・ボールズ(YNGWIE MALMSTEEN, RING OF FIRE)あたりの楽曲も押さえてくれればほぼ完璧だったのですが(笑)。

以下は前回同様長~い全曲紹介。ご興味のある方だけどうぞ。

続きを読む