V.A. / TRIBUTE TO AEROSMITH :NOT THE SAME OLD SONG AND DANCE (1999)

aerosmith_tribute.jpg

AEROSMITHが来日中ですね。

私は正直AEROSMITHの熱心なファンとは言い難い(それでもあらためて数えてみるとベスト盤含め10枚近いアルバムを聴いてるな…)ので、彼らについてはあまり語ることも無いのですが、せっかくの機会なので本作の紹介を。

本作は1999年に発表されたAEROSMITHのトリビュート・アルバムで、企画・制作は当時RATTやポール・ギルバート、ジェイク・E・リーなどのマネジメントを手掛けていたユニオン・エンターテインメント。プロデューサーはボブ・キューリック。

豪華な参加メンツや楽曲の詳細は追記に回すとして、70年代の曲をメインにした本トリビュートの個人的に最大の聴き所はロニー・ジェイムズ・ディオがVo、イングヴェイ・マルムスティーンがギターを担当する#6「Dream On」。

イングヴェイは本作発表以前から常々「共演したいシンガーはロニー・ジェイムズ・ディオ」と言っていただけに、図らずもここでその夢が実現したことになる(もっとも、この作業では恐らく直接顔を合わせる機会はなかったものと思われるが…)。

およそAEROSMITHの音楽を好みそうにない2人だが、ここでカヴァーしている「Dream On」はエアロの楽曲の中では異色と言っていいほどドラマティックかつ哀愁に満ちたバラードで、恐らく彼らがハマる唯一の楽曲だろう。

ロニーの歌唱はさすがの説得力だが、そこに隙あらば(なくても)ピロピロピロ~と速弾きで切り込んでくるイングヴェイもまたある意味さすが(笑)。

こういうトリビュートものでここまで個性を出すことについてはいかがなものか、という意見もあることと思うが、イングヴェイのファンであれば思わずニヤリとさせられることだろう(AEROSMITHのファンがどう思うかは知らないが…)。

というわけで、私のようなリスナーの聴き所(というか購買理由)はロニー&イングヴェイの共演という一事に尽きるわけですが、その他の楽曲も実績豊かな名手が揃っていることもありなかなか聴き応えはあると思います。

そしてそれでいて、AEROSMITHのサウンドが持つ独特のパワーやグルーヴ、艶とでも呼ぶべきものが再現できている例は皆無というあたりにAEROSMITHというバンドの持つ個性と凄味が逆説的に伝わってくる。んー、やはり好き嫌いは別にして素晴らしいバンドであることは間違いないですね。



以下追記。

続きを読む

スポンサーサイト

TBSラジオ「ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル」でメタル特集

TBSラジオの人気番組「ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル」の特集コーナー「サタデーナイト・ラボ」で「潜在的ヘヴィメタル番組タマフルが満を持して送る、初心者のためのヘヴィメタル入門!」なる特集がオンエアされると聞いて、Radikoで聴いてみました。

注.「タマフル」というのはこの番組の略称です。念のため。

番組の性格上、相当上っ面なものになりそうだなあと思っていましたが、案の定というか…。

ゲストとして登場したEMIミュージックの寺嶋氏という人がヘヴィ・メタルに疎い宇多丸にメタルのなんたるかを説く、という形で番組は進行。

この番組とヘヴィ・メタルの共通点を指摘するこじつけにもなっていないしょうも無いトークで時間を割き過ぎて肝心の曲紹介が1時間もあったのにわずか4曲…それもほとんどギター・ソロどころかサビに行くかどうかの短さ。

トーク番組とはいえこれはあまりにも…。

ちなみにオンエアされたのは以下の4曲。

IRON MAIDEN / Aces High

MANOWAR / Kings Of Metal

RAMMSTEIN / Pussy

ARCH ENEMY / Nemesis (Live)

IRON MAIDENはデビューから31年経った今でも大人気であるということ、そしてブルース・ディッキンソンが小説の執筆や映画の脚本、ラジオDJ、フェンシングから航空機のパイロットまで務める才人であり、かつ戦車や電車のマニアであることに絡めての紹介。

MANOWARは世界一ラウドなバンドとしてギネスに載ったこと、そして「アンプのヴォリュームを下げるくらいなら死を選ぶ!」に代表されるそのバカバカしいまでにメタルな言動に絡めての紹介。

順番は前後するが、ARCH ENEMYはもちろんヴォーカルが女性なのにデス声、ということに絡めての紹介。

RAMMSTEINは、この番組が映画の話題を毎回取り上げていることに絡めてデヴィッド・リンチの「ロスト・ハイウェイ」に楽曲が使用されたことでアメリカ・デビューを果たしたことを取っ掛かりに、メンバー全員が旧東ドイツ出身で、ドイツ語のまま世界的に人気を博しているという事実、そして歌詞テーマが近親相姦であったり性的虐待だったり同性愛だったりというタブーに踏み込んでいることなどをネタに紹介。

Voのティル・リンデマンが元水泳選手で、オリンピックの選手にも選ばれていたものの、イタリア合宿中にエロ本を買っていたことが発覚してオリンピックの出場権を剥奪されたというエピソードや、ボックスセットにメンバーの性器を模したディルドが入っていることなどのエロネタ中心のトークで、ROCKBITCHのような特殊なバンドに話が及ぶに至っては、この番組を毎週聴いているようなリスナーがどう感じたかはわからないが、メタルにとってはむしろネガキャンというか逆パブにしかなっていないような気がした。

ROCKBITCHのステージパフォーマンス(あまりに破廉恥でここでは書けません)については、宇多丸の方が「それってメタルというよりハードコアなんじゃないの?」と的確なツッコミを入れてくれて助かった。
ROCKBITCHみたいな特殊なパフォーマンスを典型的なメタルのパフォーマンスだと思われるのは心外極まる。

トークのバックで流れているBGMではRIOTの「Warrior」とか、RHAPSODYの「Emerald Sword」とか結構アツい曲が流れていたのですけどね。

しかし、やはり一般人を対象にするとこういうネタっぽい部分にフォーカスせざるを得ないんでしょうかね。

私にはメタルを知らない人にメタルの素晴らしさを伝えたい、という思い・欲求があるので、当サイトを作る際にも何とかそういうコンテンツが作れないものか、と考えたのですが、元々Webというのがプッシュ型ではなくプル型のメディアであることもあり、諦めました。

メタルに興味を持って検索等で来てくれた方にオススメのメタルを紹介するという程度が個人サイトにできる限界だろうと思い、現在のような地道なサイトになっているわけですが、仮にこれがTVやラジオのようなプッシュ型のメディアで、基本的にメタルに関心のない人を相手にした場合果たしてどうやれば興味を喚起できるのか。

ましてや映像があればルックスやパフォーマンスのカッコよさで勝負できる可能性もありますが、ラジオのように音(話)だけで興味を持たせるというのはかなり至難の技ですね。

メタルの歴史とかを大真面目に語った所で興味の無い人にとっては退屈極まりないでしょうし、そうなるとどうしても色物ネタ的な部分で「面白さ」を出していくしかないんでしょうか。

個人的には、そういう色物的な部分とは無縁の、音楽的な真面目さにこそメタルの魅力があると思っているので、こういうメタルの色物感を助長するような広め方はむしろ迷惑なのですが、色物としてでもとりあえず認知されるのと、興味を持ってもらえずに無視されるのであればまだ前者の方がマシ…なのかもしれません。

反響が良ければ第二弾もありうるようなことも言っていましたが、この内容ならアンコールはかかるまい。
正直寺嶋氏のトークはメタラーとしてではなく、いちリスナーとしての耳で聞いてもだだスベりでしたし(苦笑)。

いずれにせよ、トーク番組であることを差し引いてももっと曲を聴かせないと。
せっかくメタルには病的なほどにサブジャンルがあって、ポップなものからヘヴィなものまで、色々な人の嗜好に合うであろう楽曲が揃っているのに、それを聴かせないというのはもったいない。

結局そもそも「聴かれていない」ことこそがメタルに対する偏見を助長していることは間違いないと思うので…。

◆TBSラジオ「ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル」公式サイト
http://www.tbsradio.jp/utamaru/2011/11/1126.html

STRATOVARIUSの“ヨルグさよならツアー”がライヴDVDに

先日このブログでも取り上げた通り、現在行なわれているツアーをもってSTRATOVARIUSからヨルグ・マイケル(Dr)が脱退するということで、11月18日から26日にかけて、本国フィンランドで「ヨルグさよならツアー(Jörg Farewell Tour)」が行なわれています。

そのことが報じられた際、そのツアーの模様をぜひ映像作品にしてくれないかなあ、と思ったのですが、私の思いが通じたのか(そんなはずはない、というかファンなら私に限らず誰もが望むことですよね)、11月19日に行なわれたフィンランドはタンペレ公演の模様がライヴDVD用に撮影されたそうです。

その公演におけるセットリストは以下の通り。

01. Under Flaming Skies
02. I Walk To My Own Song
03. Speed Of Light
04. The Kiss Of Judas
05. Deep Unknown
06. Eagleheart
07. Paradise
08. Visions (Southern Cross)
09. Coming Home
10. Legions
11. Darkest Hours

Encore:

12. Burn (DEEP PURPLE cover)
13. Behind Blue Eyes (THE WHO cover)
14. I Don't Believe In Love (QUEENSRYCHE cover)
15. Winter Skies
16. Black Diamond

Encore 2:

17. Father Time
18. Hunting High And Low

ヨルグ加入後の曲をまんべんなく網羅したなかなかバランスのいいセットリストだと思います。
ちゃんとニュー・アルバムの曲が要所にフィーチュアされているのも「現役」っぽくていいですね。

何気にカヴァーが3曲もあるのも興味深い。
色々権利上の問題もあるかもしれないのでDVDに収録されるかどうかわかりませんが、個人的にはぜひ聴いて(観て)みたいですね。

「Burn」はちょっとオリジナルのシンガー2人が凄すぎるので、比較されたときに残念な仕上がりになっていることは想像に難くないですが(苦笑)、THE WHOというのは意外な線ですね。誰の趣味なんでしょう?(ライヴの趣旨的にはヨルグ親方の趣味ではないかと推測されますが…)

QUEENSRYCHEの「I Don't Believe In Love」は個人的に大好きな曲なので楽しみですねえ。
ああいう切ない系の曲であればティモ・コティペルトの歌声もバッチリハマるでしょうし。

あとは、ちゃんと日本盤が出るかどうか、ですね(苦笑)。
頼みますよビクターさん!

かつて2000年にリリースされた有名な(?)イェンスのトイレ爆破シーンをはじめ、ファンには見所たっぷりのDVD「INFINITE VISIONS」の国内発売はスルーされてしまっただけに、今回はぜひ国内盤の発売に期待したい所です。

◆観客の撮影による当日の映像 [YouTube]


◆ニュースソース
http://www.roadrunnerrecords.com/blabbermouth.net/news.aspx?mode=Article&newsitemID=166355

GOTTHARDのニュー・シンガーが決定

スイスを代表するハード・ロック・バンド・GOTTHARDが、昨年事故死したヴォーカリストのスティーヴ・リーの後任となる新ヴォーカリストを発表しました。

新しくヴォーカリストとして迎え入れられたのはNic Maederなるスイスのローザンヌに生まれ、現在はオーストラリアのメルボルンに住んでいるという1971年生まれの人物。ヴォーカルはもちろん、ギターやピアノもプレイできるという。

世界中から数多くの応募があった中、長い選考を経て、最終的にはメンバー全員一致で選ばれたとのこと。

個人的な印象としてはスティーヴ・リーはバンドの魅力の8割がたを担っていた観があり、特に非業の死を遂げたことでファンの間では伝説というか神格化されてしまっていることは想像に難くなく、彼の後任というのはいかなる人物であろうともなかなか困難なポジションだと思います。

GOTTHARDが現在のSKID ROWみたいになってしまうのを見るのはいささか忍びないものがありますが、バンドいわく、「色々言われることはわかっているけど、まずは彼が歌っているのを聴いてみてくれ」とのこと。

◆新曲「Remember Its Me」のPV [YouTube]


公式サイトでは上記の新曲を無料でダウンロード配布しています。

まあ、ルックスも悪くないし、ハスキーでブルージーな歌声も様になっているけど、少なくともこのPVを観る限りスティーヴ・リーの幻影をかき消すほどの傑出した個性やカリスマ性は感じられませんでした。

なんていうか、80年代末から90年代初頭、「ブルージーなハード・ロック」が流行っていた時期にこんな感じのヴォーカリストがいっぱいいたような…。

こういうヴォーカリストが加入すると、GOTTHARDからさらにメロディアス・ハードの要素が薄れて、私のあまり得意としないアーシーでブルージーな渋めの路線に行ってしまいそうな気がするのがちょっと心配。

まあ、それはそれでバンドの選択なので私がとやかく言うことではありませんが。

とりあえず、来年の春に発売予定というこの新ヴォーカルをフィーチュアしたニューアルバムは話題性や同情票みたいなものもあって売れると思いますが、その後のツアーなどを通じてこの新Voが「本物」かどうかが問われていくことでしょうね。

◆ニュースソース
http://www.roadrunnerrecords.com/blabbermouth.net/news.aspx?mode=Article&newsitemID=166342

FIREHOUSE / FULL CIRCLE

firehouse08.jpg

アメリカン・ハード・ロックの良心、FIREHOUSEがメジャーの「Epic」からリリースした初期3作の楽曲をセルフ・カヴァーした、いわゆる「リメイク・ベスト・アルバム」。

全く同じとは言わないが、本作に収められた楽曲はどれもかなりオリジナルに忠実なアレンジで、クリエイティヴな面から本作の制作意図は見えにくい。

しかし、ビジネス的な側面から見ると本作の制作意図は明白で、自分たちで版権を持っていない時代の楽曲をリメイクすることで、過去の楽曲に対するライセンス料を払わずに済むようにするためのアルバムだろう。

そういう意味では、今後よりいっそう過去の懐メロをメインにしたグレイテスト・ヒッツ・ツアーで稼いでいきますよ、と宣言しているような作品で、あまり前向きな代物とは言い難い(苦笑)。

ただ、本作に収められた楽曲の素晴らしさについては文句のつけようもなく、もしキャッチーなハード・ロックや、いわゆるメロディアス・ハードと呼ばれる音楽が好きで、彼らの音楽を聴いたことがないという人がいたら、本作でも、既発売のベスト・アルバムでも、いや極端な話デビュー・アルバムだけでもいいからぜひ一度聴いてみてほしい。

#1「Overnight Sensation」なんて個人的にはメロディアス・ハードのマスター・ピースと呼ぶべき超名曲だと思うし、#4「All She Wrote」(全米58位)や#6「Don’t Treat Me Bad」(全米19位)なども、「フックのある楽曲」とはこういう曲をいうんだよ、と言いたくなるくらい、一回耳にしたら忘れられないキャッチーな名曲。

彼ら最大のヒット曲である「Love Of A Lifetime」(全米5位)はベスト・ウエディング・ソングとして今でもアメリカでは根強い人気があるというし、セカンドからの大ヒット・バラード#8「When I Look Into Your Eyes」(全米8位)も非常に結婚式向きなラヴ・バラードの名曲である。

本作に収められた楽曲の半分はデビュー・アルバムからのチョイスだが、これだけ強力な楽曲が一枚のアルバムに収められていたというのが凄い。

そりゃ「American Music Award」の審査員たちも、後に「革命作」となった「NEVERMIND」をリリースしたNIRVANAを落としてうっかり彼らを1991年の最優秀新人に選んでしまったのもわかります。曲の完成度高すぎるもん。NIRVANAを落としてしまったことはひょっとすると後で後悔していたかもしれませんが(苦笑)。

ああ、やっぱりいいな。08年にこれまた私の好きなNIGHT RANGERとカップリングで来日した際に観に行けなかったことが今なお悔やまれます…。

◆91年に行なわれた来日公演の映像[YouTube]