LUCA TURILLI’S DREAM QUEST / LOST HORIZONS (2006)

lucaturillisdreamquest01.jpg

本作発売当時、RHAPSODY OF FIREの中心人物で、2012年現在LUCA TURILLI’S RHAPSODYの中心人物であるルカ・トゥリッリのソロ・プロジェクト。

ルカはいわゆるソロ名義の作品もリリースしているが、本作はDREAM QUESTというプロジェクト名が付いており、単純なソロ作品というよりは、コンセプトなりテーマありきの作品といえよう。

そして本作のコンセプトは、ズバリ「女性ヴォーカルもの」。

いや、もちろん歌詞テーマなりサウンド・アプローチの面でも色々とコンセプトはあるのでしょうが、まあ煎じ詰めればこれでしょう。

このプロジェクトを発足させたのは1998年にリリースされたNIGHTWISHの出世作「OCEANBORN」を聴いて、自分でもこういう音楽を作ってみたいと思ったことがきっかけらしい。

そして本プロジェクトのデモは2002年頃にはもう4~5曲が仕上がっていたそうで、世に出るまでに時間がかかったのはRHAPSODYのレコード会社移籍に伴う法的な問題などで時間を取られたためだという。

本作でプレイしているメンバーのクレジットは、ミスト(Vo)、ドミニク・ルアキン(G)、サシャ・ピート(B)、ロバート・ヒューネッケ・リッツォ(Dr)、そしてルカ・トゥリッリ(Key)。

Voのミスト(Mystique)は経歴不明で、ルカ・トゥリッリによればニューヨーク出身でミュージカルなどで活動してきたシンガーで、本作では謎の存在としてブックレットに写真なども一切載っていない。

DREAM QUESTの次のアルバムまでにはその素性を明らかにする予定とのことだが、本作の発表から6年近い年月が流れた現在でも「次のアルバム」の噂すら出ないことから、このまま永遠の謎になってしまう可能性大。

一説には当時AFTER FOREVERのフロール・ヤンセン(現REVANP)という噂がまことしやかに流れていたし、海外では結局同時期に発売されたルカ・トゥリッリのサード・ソロ・アルバム「THE INFINITE WONDERS OF THE CREATION」でオラフ・ヘイヤーとヴォーカル・パートを分け合っていた黒人女性シンガー、ブリジット・フォーグルなんじゃないの、と疑われているようですが…。

ギターのドミニク・ルアキンは当時RHAPSODY OF FIREのツアー・メンバーとして、現在はLUCA TURILLI’S RHAPSODYのギタリストとしてファンには知られているフランス人ギタリスト。

サシャ・ピートはRHAPSODY OF FIREやLUCA TURILLIのアルバムをプロデュースしてきた人物として知られる元HEAVEN’S GATEのギタリストで、ロバート・ヒューネケ・リッツォも元HEAVEN’S GATEのベーシストで、LUCA TURILLIのアルバムでは毎回ドラムをプレイしている人物。

そして本作最大のポイントは、一般的にはギタリストとして認知されているルカ・トゥリッリがキーボード奏者としてクレジットされていることでしょう。

本人曰く、「僕はギタリストやキーボード・プレイヤーである以前に作曲家なんだ。作曲家としての自分のアイディアを形にするために、そういう楽器をプレイする必要があるというだけの話でね」ということなので、本人にギタリストとしての強いこだわりはないのでしょう。

まあ実際、ルカ・トゥリッリはギタリストとしての評価は「ネオ・クラシカルな速弾きだけ」というのが一般的なので、そういうプレイを必要としない本作でギターを弾く意味はあまりないのかも。

そんなわけで、NIGHTWISHやWITHIN TEMPTATIONといった女性ヴォーカルを擁したメタル・バンドに刺激を受けて制作された本作ですが、必ずしも音楽的にNIGHTWISHやWITHIN TEMPTATIONにそっくり、というわけでもない。

いや、大枠の方向性は遠からずながら、もう少しモダンなサウンド・アプローチが目立ち、ルカ・トゥリッリが「映画のサウンドトラック的な要素を持っているという部分ではRHAPSODY OF FIREと共通しているけど、このプロジェクトでは『マトリックス』や『バイオハザード』、『アンダーワールド』といった近未来もののサウンドトラックをイメージした、クラシックを基盤としつつもそこにエレクトロニック・ミュージックやヘヴィなギター・サウンドがミックスされた音楽を作ってみたかった」という言葉が本作の目指した音楽的ビジョンを端的に言い表しているといえよう。

イントロダクション的な#1に続く、シングルとしてもリリースされた#2「Virus」はそのモダンなアプローチのエッセンスが顕著に出た1曲で、エレクトロニックなイントロから、PAINあたりを思わせる無機質でインダストリアルな感触のギター・リフが、これまでルカ・トゥリッリがクリエイトしてきた音楽のファンに驚きと違和感を与える。

正直リリース当時はこの違和感の印象が大きく、また同時期にリリースされたLUCA TURILLI名義の「THE INFINITE WONDERS OF THE CREATION」がパッとしない仕上がりだったこともあって、本作についてもあまり良い印象はありませんでした。

しかし、5年ほど寝かせて聴いてみると、意外と悪くもない。その後女性Voメタルの粗製濫造が相次ぎ、「基準」が落ちたせいもあるかもしれないが、音楽としてのクオリティは決して低くない。

まあ、それまでルカ・トゥリッリが示してきた才能を考えればそれは「当たり前」で、「悪くない」程度のクオリティでしかない本作はやはりルカ・トゥリッリの本領が発揮された一枚とは言い難いこともまた事実なのですが…。

#10「Kyoto’s Romance」などという日本を意識した楽曲を収録しつつも、海外での発売から日本盤のリリースまで半年の年月を要したのも本作の仕上がりが微妙だったからなのではないかと当時は疑っていました(笑)。

この時期、CHILDREN OF BODOMなどの活躍に刺激されて、RHAPSODY IN BLACK名義でメロディック・デス・メタルにチャレンジする、などという話も持ち上がっており(実現はしませんでしたが)、ルカ・トゥリッリが一番他のバンドに影響を受け、ある意味トレンドに敏感になっていた時期だったのかも。

まあ実際00年代前半の欧州におけるゴシック系女性ヴォーカル・メタルとメロディック・デス(ブラック)・メタルのシーンは輝いていたから、同じ欧州のメタル・ミュージシャンとしてインスパイアされてしまうのは無理からぬことだと思いますけどね。

しかし、結局ルカ・トゥリッリがその後RHAPSODY OF FIREで制作したアルバムや、目下の最新作であるLUCA TURILLI’S RHAPSODY名義の「ASCENDING TO INFINITY」で展開しているサウンドを聴くに、「自分の天分はシンフォニック・パワー・メタルにある」ことを確信したのではないかと思われます。

そういう意味では、本作はルカにとって必要な「迷い」であり、「音楽的寄り道」だったと言えるのかもしれません。【80点】


スポンサーサイト

ティモ・トルキの新作ソロが制作中止に

先日このブログでも取り上げた、ティモ・トルキ(G:元STRATOVARIUS, REVOLUTION RENAISSANCE, SYMFONIA)がアーティストのための資金調達支援サイトPledgeMusicを通じて「CLASSICAL VARIATIONS 2 :CREDO」が制作中止になったそうです。

ティモ・トルキの言い分は抽象的で何を言っているのかよくわからないのですが、要はもっといい話が来て、その話とこの「CREDO」の話は両立できないから作るのやめる、という話です。

…人から金集めといてそりゃなくね?
まあ、もちろんPledgeMusicのサイトを通じてちゃんと返金するとは言ってますが(返金しなかったられっきとした詐欺罪ですからね)。

てか、その「いい話」はアルバムを完成させてからじゃダメなんですかね?
子供じゃあるまいし、新しく面白そうな話が来たからって普通今やっていること、しかも多くの人を巻き込んでいることを即座に放り出すなんてありえないでしょ。

こんなことをしておいてティモは「がっかりする必要は全くない。早ければ2013年の第一四半期には、現在秘密裏に作業している成果についてお知らせできるから」そして「言うまでもなく、これは私の人生のなかで最もエキサイティングで創造的な時期であり、君たちが私の生み出す音楽をサポートしてくれるだろうことに高揚している。」などと言い放っています。

さすがティモ! おれたちにできない事を平然とやってのけるッ そこにシビれる、あこがれるゥ!

…いや、ある意味シビれるけど、あこがれはしないかな…(苦笑)。

◆ニュースソース
http://www.blabbermouth.net/news.aspx?mode=Article&newsitemID=177367

DREAM THEATERの「SCENES FROM A MEMORY」が歴代No.1プログレ・アルバムに選ばれる

DREAM THEATERが1999年にリリースした「METROPOLIS PT.2 : SCENES FROM A MEMORY」が、米「Rolling Stone」誌のウェブサイト、RollingStone.comが行なった「Your Favorite Prog Rock Albums Of All Time」投票で1位に輝いたそうです。

全体の順位は以下の通り。

01位:DREAM THEATER / METROPOLIS PT.2 : SCENES FROM A MEMORY
02位:RUSH / 2112
03位:YES / CLOSE TO THE EDGE(邦題:「危機」)
04位:PINK FLOYD / DARK SIDE OF THE MOON(邦題「狂気」)
05位:GENESIS / THE LAMB LIES DOWN ON BROADWAY(邦題「眩惑のブロードウェイ」)
06位:KING CRIMSON / IN THE COURT OF THE CRIMSON KING(邦題「クリムゾン・キングの宮殿」)
07位:GENESIS / SELLING ENGLAND BY THE POUND
08位:RUSH / HEMISPHERES(邦題「神々の戦い」)
09位:KING CRIMSON / RED
10位:RUSH / MOVING PICTURES

並みいる定番のロック・クラシック・アルバムを押しのけDREAM THEATERが1位。

自分の聴いてきたリアルタイムの音楽が、未来においてクラシックと呼ばれうることを確信させてくれる感慨深い結果です。

ただ、「IMAGES AND WORDS」派としては、おいおい、「I&W」はランクインしてねーのかよ、とイチャモンをつけたくなりますが、元ページの注記を読むとこんな記述が。

「もし、我々が全てのDREAM THEATERに対する投票を反映したなら、『IMAGES AND WORDS』が2位になり、『AWAKE』、『OCTAVARIUM』、『SIX DEGREES OF INNER TURBULENCE』もここに並んだはず。DREAM THEATERに対する投票の集中を抑える唯一の方法として、一番人気のアルバムをもって代表とさせた」

要するに、この投票が単なる「DREAM THEATER祭り」になってしまうのを避けるために「METROPOLIS PT.2 : SCENES FROM A MEMORY」以外のアルバムに対する投票を無効票にしたということのようです。

その結果として「RUSH祭り」になってしまっていますが…(苦笑)。

EL&Pが1枚も選ばれないでRUSHが3枚選ばれる、というあたりが日本と海外の「温度差」なんでしょうかね。

まあアレですね。今こういう投票を熱心にやるような世代にとって、現役でプログレッシヴ・ロックをプレイしているバンドというとDREAM THEATERとRUSHしかいない、ということなのかもしれません。

このRollingStone.comが昨年2011年に行なった「The Top 10 Metal Bands Of All Time」の読者投票では2位に、「The Best Prog Rock Bands Of All Time」では10位に彼らが選ばれたそうなので、「Rolling Stone」誌の読者にはDREAM THEATERのファンが多いんでしょうか。

◆ニュースソース
http://www.blabbermouth.net/news.aspx?mode=Article&newsitemID=177353


GOTTHARD / FIREBIRTH

gotthard10.jpg

交通事故によって看板シンガーを喪うという悲劇を乗り越え、ほぼ無名に近いスイス人シンガー、ニック・メイダーを新たなフロントマンに迎えてリリースされた新生GOTTHARDの復活アルバム。タイトルはやはり不死鳥伝説みたいなものを踏まえたものか。

パッと聴きの印象は、やや地味。ニックの故スティーヴ・リーを思わせつつもよりハスキーな歌声もあってか、このバンドのもつブルージーな面が強調されている感じ。

その分、個人的にはこのバンドの魅力ポイントであったヨーロピアンな叙情味をたたえたメロディアス・ハード的な側面はあまり表に出ておらず、また、このバンドのアルバムに必ず存在する「元気系」の曲にインパクトが薄い(#12あたりが2~3曲目に来ていればまた印象が違ったかも)ために全体的な印象はいささか渋め。

まあ、スティーヴの死という悲劇からまだそれほどの月日も経っていないだけに、あまり能天気な楽曲を書く気にならなかったためにこういう作風になったのかもしれないが、それはすなわちスティーヴの死という事実を未だ振り払えていないということを示しているのではないか(無理もないことではあるが…)。

ただ、一方で、現在の彼らがそういう感傷的な状態であればこそ、バラードの#6、#13の出来が素晴らしくなったのかもしれない(#13はスティーヴに捧げられた曲)。

GOTTHARDというバンドがスティーヴ・リーを欠いてなお「良いバンド」であり続けることができることを証明する内容ではあるが、スティーヴ・リー時代を超えた、と断言できる人間はそれほど多くないのではないだろうか。

ニュー・バンドという形ではなく、「GOTTHARD」という「ブランド」を今後も使用し続けることを選択した以上、スティーヴ・リー在籍時と同等のクオリティを保ち、それを超えることを目指す責任を、残されたメンバーたちは負っている。

◆本作収録「Starlight」のPV [YouTube]




元DEEP PURPLEのジョン・ロードが死去

2011年の8月に癌であることをブログで告白していた元DEEP PURPLEのキーボード奏者(本人曰く「オルガニスト」)、ジョン・ロードがすい臓がんによって併発した肺の塞栓症のため、7月16日、ロンドン市内の病院で亡くなったそうです。享年71歳。

演奏活動は続けていたとはいえ、2002年にDEEP PURPLEを脱退した時点でロック・ミュージシャンとしての一線は退いていたというのが実情だし、近年もっと若くして亡くなるHR/HM系ミュージシャンが多かったため、70歳を超えているとなると、まあ仕方がないかな…という気になってしまいますが、やはりショックではあります。

私の世代でも、ロック・キーボーディストの代名詞といえばキース・エマーソン(EMERSON, LAKE & PALMER)にリック・ウェイクマン(YES)、そしてジョン・ロード、というのが一般的な認識であり(80年代以降はロックにおけるキーボードの使われ方が変わったから、というのが大きいですが)、その偉大な存在感はきっとロックという音楽が消滅する日まで変わることはないでしょう。

彼の死に際して、いわゆる「パープル・ファミリー」と呼ばれているようなミュージシャンや、BLACK SABBATHやTHIN LIZZY、URIAH HEEPといったほぼ同世代のバンドのメンバーはもとより、スラッシュ(元GUNS N' ROSES)、ラーズ・ウルリッヒ(METALLICA)、ジョーダン・ルーデス(DREAM THEATER)、マイケル・アンソニー(VAN HALEN)、トム・モレロ(RAGE AGAINST THE MACHINE)、ピーター・バルテス(ACCEPT)、トレイシー・ガンズ(元L.A. GUNS)、ミカエル・オーカーフェルト(OPETH)といった多くのミュージシャンが弔意を表する声明を発しているあたりにも、その偉大な存在感は伝わってきます。

私がDEEP PURPLEの音楽に触れたのは中学時代。当時ハード・ロックの代名詞的存在、という話を聴いて聴いてみたものの、いかんせん音が古臭かったために、あまりカッコいいと思えませんでした(今となっては比較していたこと自体がおこがましく、気恥ずかしいですが、XやB’zの方がハードじゃないか、と思っていました/苦笑)。

しかし、それでも「Highway Star」のあのオルガン・ソロは最初に聴いたときからインパクトがありましたし、「Speed King」におけるギターとの掛け合い、「Burn」のソロや「Child In Time」におけるあの印象的なプレイなど、ジョン・ロードの弾く鍵盤の魅力はリッチーのギターよりもむしろダイレクトに私の琴線に触れてきました。

そして、DEEP PURPLEのライヴ・アルバム(ご多聞に漏れず、「LIVE IN JAPAN」です)を聴いたとき、私の音楽観というか、ライヴ観は大きく変わりました。

それまでは、「レコード通りに演奏を再現すること」こそがプロというものだと思っていましたが(中学生の頃の話ですよ!/笑)、「インプロヴィゼーション(即興演奏)」によってスリリングに展開される演奏が、音楽をレコード音源以上に輝かせることを、私はDEEP PURPLEから、そして特にジョン・ロードのオルガン・プレイから学んだのです。

まあ、ジョン・ロードについては私などよりはるかに強い思い入れを持つ方がたくさんいらっしゃるはずなのでこれ以上はくだくだと語りませんが、とりあえず心からご冥福を祈りたいと思います。

◆ニュースソース
http://www.blabbermouth.net/news.aspx?mode=Article&newsitemID=176811

◆「Highway Star」の1972年のライヴ映像 [YouTube]


◆「Burn」の1974年のライヴ映像 [YouTube]


◆「Child In TIme」の1970年のTV出演時の映像 [YouTube]