ANGRA / BEST REACHED HORIZONS

angra_best.jpg

メロディック・パワー・メタルというジャンルの代表格にして、シンフォニック・メタルというジャンルの始祖的存在であり、ブラジルを代表するメタル・バンドでもある人気バンド、ANGRAのベスト・アルバム。

日本盤と海外盤は選曲が異なり、日本盤の選曲はレコード会社であるビクターのWebサイトで行なわれた人気投票を元に行なわれている。

人気投票を元にしていると言っても、全てのアルバムから最低2曲は選出されているあたり、必ずしも上位曲のみを選んだというわけではなく、全てのアルバムから選曲することを前提に、各アルバムの人気曲を確認するために人気投票の結果を活用したという感じなのだろう。

そして、その「結果」としての選曲は以下の通り。

01. Unfinished Allegro
02. Carry On
03. Angels Cry
04. Nothing To Say
05. Z.I.T.O.
06. Wings Of Reality
07. Lisbon
08. In Excelsis
09. Nova Era
10. Bleeding Heart
11. Live And Learn
12. Deus Le Volt!
13. Spread Your Fire
14. Angels And Demons
15. The Voice Commanding You
16. Scram You heart Out
17. Arising Thunder
18. Lease Of Life

全18曲という大ボリュームながら、#1、#8、#12は次の楽曲につながる序曲的な小曲なので、実質15曲(それでも1枚モノとしてのCDの容量の限界に迫るボリュームだが)。

ただ、その15曲中実に11曲が疾走系の楽曲で、日本人の傾向と言われる「疾走好き」が顕著に表れた選曲である。

個人的にもANGRAの疾走曲は高揚感に満ちていて大好きだし、私が選曲しても疾走曲多めになるであろうことは間違いない。

ただ、私がANGRAを他のメロディック・パワー・メタル・バンドと差別化しているのはむしろミドルやバラード系の楽曲において、時にメタルという音楽の範疇から逸脱するのではないかというほどの音楽的な懐の深さを感じさせることだと思っており、そういう意味でこのベストの選曲はいささか片手落ち。

一方で海外盤の選曲は以下の通り。

[Disc 1]
1. Carry On
2. Angels Cry
3. Wuthering Heights (KATE BUSH Cover)
4. Evil Warning
5. Nothing to Say
6. Holy Land
7. Carolina IV (Live Version)
8. Freedom Call
9. Lisbon
10. Metal Icarus

[Disc 2]
1. Nova Era
2. Rebirth
3. Hunters and Prey
4. Spread Your Fire
5. Waiting Silence
6. The Course of Nature
7. Salvation: Suicide
8. Arising Thunder
9. Lease of Life
10. Kashmir (LED ZEPPELIN Cover)

2枚組にして、Voがアンドレ・マトスの時代とエドゥ・ファラスキの時代に分けているのはいいアイディアですね。「Carry On」と「Nova Era」はどちらも「アルバムの冒頭の曲」として聴くのが相応しい曲だと思っているので、そういう意味でもこの「ディスクの振り分け」はいいと思います。

とはいえ、やっぱり「Acid Rain」や「Angels And Demons」が入っていないというだけでも大減点かなぁ…個人的には。

さらに個人的なことを言うなら、今日びパソコンを使って「ぼくのかんがえた最高のベスト・アルバム」を簡単に編集できてしまう現代においてはベスト・アルバムという商品の意義は「入門者向け」という以外にはほとんどなく、そう考えると「1枚にまとめて値段を下げる」ことが(入門者に対する敷居を少しでも下げるという意味で)一番正しいあり方であるように思える。

そういう意味では日本盤のほうが正しい(?)ベスト・アルバムに近いのかもしれないが、実は日本盤には歴代のPVを収録したDVDが付属しており、それが価格を押し上げていたりする。

同様の形で発売されたGAMMA RAYのベストの感想を書いたときにも同じことを感じましたが、今日び動画共有サイトなどでPVが簡単に観ることができるようになった現代においてはこういったPV集にも大してありがたみはなかったり…。

ぶっちゃけると欧米のビッグ・アーティストに比べるとショボいPVばかりで、映像作品として見るべきものもあまりないし…。

まあ、比較的メロウな楽曲の多いこのPV集が疾走曲ばかりのCDの選曲バランスの悪さを補完しているという見方もできるし、ライヴDVD「Rebirth」にのみ収録されていた、サッカーのブラジル代表のために制作された「Pra Frente Brasil(進めブラジル、の意)」の映像が収録されているのは、ついついファンであっても忘れがちなものをちゃんと拾ってくれた感じでポイント高いかな。

ちなみに「Pra Frente Brasil」はANGRAのオリジナルではなく、1970年にやはりサッカーのワールド・カップの際にブラジルの応援歌としてミゲル・グスターヴォという作曲家によって書かれた古い曲ですが、なかなかカッコいいメタル・チューンに仕立てられている。

なお、本作の売りのひとつである「K2HDリマスター」については、既にデジタル・レコーディングが一般的になって以降にリリースされたものについては、リマスターと言ってもそれほど大きな変化が感じられないことが多いのだが、本作についてもそれは例外ではない。

全体的に音量レベルが上がっているので素人耳には多少良くなったように聞こえるかもしれないが、基本的な音の軽さや抜けの悪さ、分離の悪さなどは特に改善されていない(そもそもこの辺はリマスターでどうこうできる領域ではないのかもしれませんが)。

ただ、ちょっと驚いたのは7th「AQUA」収録の2曲、#17、#18だけは劇的に音質が改善しており、全体的にモヤッとしていたあのアルバムのサウンドが俄然ソリッドになっている。ぶっちゃけ、あのアルバム全体にこのリマスターを施したほうがいいんじゃないでしょうか。

その他、ブックレットではラファエル・ビッテンコート(G)がライナーノーツを書いていますが、デビュー・アルバムである「ANGELS CRY」の制作にあたっては、日本のビクターがレコーディング費用の大半をカバーできるほど多額の前払い金を支払ってくれた、なんていう興味深い話も読めるのはファンにとってはこのアルバムを購入するひとつのメリットになるかもしれませんね。

まあ、当サイトの年間ベストをご覧いただいてもお分かりの通りANGRAは名盤の多いバンドなので、こういうベスト・アルバムよりはオリジナルのアルバムを聴いてほしいというのが、ありがちながら一ファンとしての希望です。

んー、でもやっぱりこうしてあらためて聴いてみるとカッコいい曲が多いなあ…。さすがはBURRN!誌で年間ベスト・チューンに選ばれた曲を複数持っているバンドというべきか。

現在ヴォーカリスト不在で実質活動休止状態の彼らですが、早く優れたシンガーを見つけて活動を再開し、また日本に来てほしいですね。

彼らのライヴを体験したことがあるファンの方であればご存じかと思いますが、彼らの曲って精緻に作り込まれていながらライヴ映えも素晴らしいんですよ。

「Carry On」の「Go!」とか、「Spread Your Fire」の「Fire!」とか、ライヴで観客の掛け声がビシッと揃うと超気持ちイイんですよね~(恍惚)。祈・再Rebirth!


スポンサーサイト

LOUD PARK 12 第4弾アーティスト発表

第4弾アーティストはCRYPTOPSYにNAGLFAR、こりゃまたイカツいのが来ましたね~。
エクストリーム派の方々にとっては歓迎される発表ではないでしょうか。

そして3ステージのステージ割も発表に。

【ULTIMATE STAGE】
SLAYER / IN FLAMES / BUCKCHERRY / DRAGONFORCE / HALESTORM / CHRISTOPHER AMOTT

【BIG ROCK STAGE】
HELLOWEEN / STONE SOUR / SONATA ARCTICA / SEBASTIAN BACH / HIBRIA

【EXTREME STAGE】
DIR EN GREY / CRYPTOPSY / OUTRAGE / NAGLFAR / 1349

噂によるとEXTREME STAGEにはまだ追加があるようで、この手のバンドがさらに追加されるとしたら、かなりイキのいいフェスになりそう。

EXTREME STAGEではずっとラウパ名物のサークル・ピット大運動会が続きそうですね。
普段運動不足の人は足がつったりしないように気を付けてくださいね(笑)。

特にラウパ初体験の方、サークルがデカいだけに走行距離が長いうえ、見た感じより速いのでご注意を(笑)。

私はサイトをご覧頂けばおわかりの通り、エクストリーム系のメタルにはあまり興味がないクチですが、怖いもの見たさでCRYPTOPSYや1349などは観てみたいと思っております。

こうなるとタイムテーブルが気になる所ですね。何を切って何を見るか、いつメシを食うか、そういうのを悩むのもフェスの醍醐味。とはいえその辺ラウパはサマソニやフジロックに比べると格段にシンプルですが。

しかし、こうサブステが充実してくると指定席は損した気分になりそう。
まあ、指定席券を買うような方々はなんとなくEXTREME STAGEに出るようなバンドには興味なさそうな気もしますが(?)。

◆LOUD PARK 12 公式サイト
http://www.loudpark.com/12/

ECLIPSE / BLEED AND SCREAM

eclipse04.jpg

W.E.Tトビー・ヒッチコック(Vo: PRIDE OF LIONS)のソロ・プロジェクトへの参加によって、すっかり「Frontiers Records」お抱えソングライターというイメージがついてきたエリック・モーテンソン(Vo, G, B)率いるECLIPSEの約4年ぶり、4作目となるアルバム。

基本的な方向性はこれまでと変わらず、エッジの効いたギター・ワークと、溌剌としたヴォーカルをフィーチュアした、メロディアス・ハードの王道を行く作品に仕上がっている。

ややアメリカンな感触を与える明るめの楽曲が多かった前作に比べると、より哀愁が強調されている印象なのは個人的には好ましい。

哀愁が強まって北欧メタル色が強まった結果、エリックが関わったW.E.Tに近いサウンドという印象も受け、「ジェフ・スコット・ソートが歌ったらハマりそうだな」と思える箇所も多い(いや、エリックのVoも充分に魅力的だが)。

マグナス・ヘンリクソン(G)によるメタリックといってもいいほどにアグレッシヴなギター・プレイがAOR的には決してならないエナジーを生み出しており、HR/HMであることへのこだわりを主張しているのも好感が持てる(特にツーバスが疾走する#8なんて完全にメタルだ)。

無意識的なものかオマージュか、時に80年代ハード・ロックの有名リフやフレーズを思わせるパートが随所にちりばめられているのも、個人的には楽しみどころ。

なお、#10「About To Break」と#11「After The End Of The World」をエリックと共作しているヨハン・ベッカーは日本のEXILEの「Rising Sun」や韓国の少女時代の「パパラッチ」といったヒット曲なども手掛けているソングライターとのこと。【84点】

◆本作のタイトル曲「Bleed And Scream」のPV [YouTube]



BURRN!12年10月号の感想

burrn1209.jpg

表紙はなぜかBUCKCHERRY。

ニュー・アルバムが出るのはもうちょっと先ながら、LOUD PARKでの来日を控えているということでの抜擢、ということのようですが…よほどネタがなかったのでしょうか。

いやまあ、BUCKCHRRYはよくやっていると思いますよ。実際曲もライヴも悪くないし。ただ、どう考えてもAEROSMITHやGUNS N’ ROSESのような、HR/HMシーンをリードしていくような存在になるとは思えないんですよね…。

どうもBURRN!編集部の意識のどこかに、こういうR&R系のバンドこそが一番世間的に間口が広くて、HR/HMに新しいファンを呼び込む力があると思っている節を感じるんですよね。

それが正しいかどうかは色々な意見があると思いますが…。

表紙連動で当然の巻頭カラーであるBUCKCHERRYを除くと、今月カラーで扱われているアーティストは以下の通り。

・AEROSMITH
・RICHIE SAMBORA
・PAUL GILBERT
・SHADOWS FALL
・CHTHONIC
・LIV MOON
・AS I LAY DYING
・DELAIN
・GREASE HELMET
・IN THIS MOMENT
・KIKO LOUREIRO
・ANTHEM

最近は一時期に比べると新旧・国籍のバランスは良くなってきているような気はします(ひょっとするとBURRN!のメイン読者層である世代の人たちにとっては「誰?」って感じのバンドが増えているのかもしれませんが)。

ただ、個人的にはそれらカラーで扱われているバンドの記事が読み所かというと必ずしもそうでもないというのが事実なのですが。
この号でいうならむしろモノクロのアンドレ・マトスのインタビューと、LOUDNESSのインタビューが面白かったですね。

アンドレ・マトスは本筋のインタビューも、彼のこれまでの活動に関心を寄せてきた向きにはなかなか興味深いものでしたが、中でもSYMFONIAについての発言は秀逸でした。

(ティモ・トルキに対して)「今もアーティストとしての彼をリスペクトしてるけど、その他の面は全く理解できないね。理解したくもないよ。(笑)」というくだりには思わず笑ってしまいました。全く同感です(笑)。

LOUDNESSは分裂直前のQUEENSRYCHEと同じイベント(まさに分裂騒動が起こったイベント)に出演していたときの裏話が面白かった。ジェフ・テイトって7人も子供がいるのか…。そりゃ他のメンバーと対立してでもお金を稼がないといけないですよね。

今のLOUDNESSは、自分たちの全盛期が80年代だったという事実を受け入れた上で精力的に活動している感じで、ある意味吹っ切れている感じでいいですね。

LOUDNESSと違ってカラーで扱われているジャパニーズ・メタルの雄、ANTHEMのインタビューについては、相変わらず柴田直人は小やかましい人だなと思いました(笑)。

ドラマーに対して丸い太鼓のどこを叩くのかとか、こういうビートのときはもっとハイハットを開けたほうがいいなんて重箱の隅的なことを気に掛けるより、現在の「そこそこ」なポジションからブレイクすることができる問答無用のキラー・チューンを作ることに注力したほうがいいんじゃないですか、という気がしましたが、まあきっとそれは彼なりに全力を尽くしていて、その上で神は細部に宿ると信じているのでしょう。

特別企画の「ギタリストのソロ・アルバム」、こういう企画はいいですね。内容的にも単なるカタログ紹介ではなく、ちゃんと読み物としての面白みを感じます。外部ライター(元編集部員とはいえ)に依存した企画というのがちょっと気になりますが。

レビューに目を通すと、今月もそれほど「これは!」というアルバムは見当たらない。

とりあえず既にLIV MOONと、レビューはされていませんがVERSAILLESのアルバムは予約済みですが、あとは北欧メロハーのファンとしてECLIPSEを買うくらいかな…。

でもまあ、最近ようやく涼しくなってきて、暑苦しいヘヴィな音楽を聴いてもいいかな、って気分になってきたので、SHADOWS FALLとかAS I LAY DYINGみたいなメタルコアを久々に聴いてみようかな…。

あ、あとMINSTRELIXのLeo FigaroによるDREAMSTORIAも、相方のギタリストがメジャーな仕事の実績があるプロフェッショナルで、29フレットまであるギターを使用しているということでちょっと興味あり。

◆発行元であるシンコー・ミュージックのWebサイト
http://www.shinko-music.co.jp/main/ProductDetail.do?pid=2175011210

UNISONIC / GOTTHARD 来日公演 at SHIBUYA-AX 2012.9.7

今日は担当クライアントの宣伝部の多くが出張に出ていたため、まんまと仕事からの逃走に成功。

とはいえ開演時間10分前に会場に着くのが精いっぱいだったわけだが、2階指定席なので問題はない。
この会場で2階席は2005年のANGRA&NIGHTWISHのカップリング公演以来だ。

ドリンクチケット(というか、メダル? コイン?)をビールに引き換えて、席に着く。
ライヴを観ながら飲むビールは格別ですね。

余談ですが、2階席1列目中央にはキャプテンこと和田誠氏が鎮座していらっしゃいました。挨拶していたのは奥村氏かな?
噂によると昨日は伊藤政則氏が同じ場所に鎮座していたそうです。

昨日は8割くらいの入りだったと聞くが、フロアを見下ろすと本日はほぼ満員。年齢層はかなり高めで30代~40代と思しき人々がメインか。

場内BGMのDRAGONFORCE「Heroes of Our Time」が流れている中、突如謎のニック・メーダー・コールが場内上手(かみて)前方の、スイス国旗を持った人たちを中心に巻き起こる。

しかし思いのほかDRAGONFORCEの曲は長く、開演を待たずしてニック・メーダー・コールは失速して終了する。

そしてようやくDRAGONFORCEの曲が終わる頃、場内が暗転し、前座であるGOTTHARDのショウが始まる。

うーん、音が悪い…。ハイがキツ過ぎる上、音量自体も大きくて耳がキンキンする。このバンドの曲はこんな硬質なサウンドじゃなく、もっとウォームなサウンドの方がハマるのに…。

アルバム「LIP SURVICE」収録の「Dream On」で幕を開けた本日のライヴにおける注目ポイントは、やはり故スティーヴ・リーの後任という大役に抜擢された新ヴォーカリスト、ニック・メーダーだ。

とりあえずデカい。しかもかなりゴツい。

スティーヴをさらにハスキー&ブルージーにしたような歌声自体には違和感はほとんどなく、音楽再現性におけるダメージは小さい。

ただ、LOUD PARK 09で観たスティーヴ在籍時のライヴに比べ、明らかに華がない。ギターを弾いてみたり、ハットを被ってみたり、色々と頑張ってはいたんですけどね。

やっぱりスティーヴは母国のスターならではのオーラがあったし、パフォーマンスが堂々としていてカッコよかった。

それに比べるとニックは、やはり新入りだからかちょっと一歩引いている感じで、その代わりといってはなんだが、リード・ギタリストのレオ・レオーニがやたらとハッスルして存在を主張していた。ただ、残念ながらあまりカッコよくはない…。

途中、亡きスティーヴに捧げられた「One Life, One Soul」では場内にエモーショナルな空気が流れ、みんなさすがにスティーヴの悲報は知っている感じでした(当たり前?)。

後ろの方まで結構盛り上がっていたし、マイクを向けられるとフロア前方を中心にちゃんと歌声も起きていたので、場内の雰囲気は決して悪くなかったが、個人的には決して派手とは思っていないGOTTHARDの曲が、ニックのブルージーな歌声によってさらに地味になってしまっていて、ちょっと退屈な瞬間もありました。

LOUD PARK 09で観たときには「こりゃ今日イチかも」と思ったほど良かったのになー。

まあ、ニックがもう少し大舞台での場数を踏んで、華を身に着けてくれれば解決する問題なのかもしれませんが。

1時間強でGOTTHARDのライヴが終わると、30分ほどのセットチェンジを経て、UNISONICのショウが始まる。

場内BGMのNICKELBACK「Gotta Be Somebody」が終わる前に場内が暗転、おもむろにワーグナーの「ワルキューレの騎行」が流れる。

そしてバンドのテーマ曲と言うべき「Unisonic」でライヴがスタート。サングラスをかけたマイケル・キスク(Vo)が登場すると大歓声が上がる。

そしてサビではGOTTHARDのときの3倍くらい大きなコーラスが巻き起こり、ああ、やっぱり大半のオーディエンスはUNISONIC目当てなんだな、と感じた(単に合唱しやすいサビだから、というのもあるけど)。

しかしこちらもGOTTHARDに輪をかけて音が悪い…。というか、機材もバックドロップも明らかにGOTTHARDよりもショボい(苦笑)。

というのも、日本でこそUNISONICがメインだが、ヨーロッパ・ツアーではGOTTHARDがメイン・アクトで、UNISONICが前座だから、ということなのだろう。

快活な「Never Too Late」、メタリックな「King For A Day」、ちょっとダンサブルな「I’ve Tried」とショウはスムーズに進行。注目のマイケル・キスクのヴォーカルは、低音部こそややコントロールに難儀している節もあったが、高音の伸びは素晴らしく、衰えは全く感じられない。

衣装も今までのように黒いだけの普段着、みたいなカッコではなく、ちゃんとステージ衣装(?)を着ていたし、LOUD PARK 11でのステージと比べてもフロントマンらしくなっていて、ああ、きっと自信を取り戻してきたんだな、となんだか嬉しくなった。

時折見せるロボットみたいなアクションはあまりカッコいいとは思えなかったが…(苦笑)。

「僕は18歳でキャリアを始めて、今は44歳だ。長い年月が流れた。髪の毛は無くなり、体重は増えた」と自虐ネタで笑いを取った後、その長い年月をさかのぼる楽曲がプレイされる。

「March Of Time」だ。当然周囲は大歓声。私も興奮して歌えるはずのない音域で声を枯らしながらサビを絶叫する。

ただ、昨日は私にとって洋楽メタルに目覚めるきっかけとなった私的超名曲「I’m Alive」だったとのことなので、正直あちゃー、外したな、という思いも実は密かにありました(苦笑)。

まあ、昨日はライヴの時間にモロ会議が入っていたのでどのみち無理だったんですけどね…。

大盛り上がりの「March Of Time」の後は、耳慣れない曲。後で知ったが、アルバム「UNISONIC」の欧州盤ボーナス・トラックである「Over The Rainbow」というバラードだ。曲自体はなかなか良かった。

というか、このバンドの曲って、路線としては必ずしも私のストライクゾーンではないものの、何気にどの曲もそれなりにキャラが立っていて、結構いいんだよね。今回のライヴのために聴き返していてあらためて思いました。

ただ、ライヴ映えする曲とそうでない曲は結構明確に分かれていた気もするけど…(「My Sanctuary」と「Souls Alive」は曲としては割と好きだが、ライヴではイマイチだと感じた)。

途中、今時珍しいギター・ソロ・タイムがあり、カイ・ハンセンが速弾き中心の「俺はメタル派!」、マンディ・メイヤーがボトル・ネックを駆使した「俺はハード・ロック派!」といった感じの毛色の異なるソロを披露。

ただ、一番盛り上がったのはやはりカイが「荒城の月」のメロディを弾いたときでしょうか。

ていうか、カイは目立ち過ぎ(笑)。フロントマンばりに動きまくりだし、音もマンディより明らかにデカいし、本編ラストのマイケル曰く「パーティ・ソング」、「Never Change Me」ではサビ前のコーラスを担当していたにもかかわらず、2回目のコーラス前には少し離れた所でよそ見をしていてコーラスをすっぽかす(マイケルが指さしまでしていたのに!/笑)、なんてお茶目まで披露。

バンドに一番最後に加入したにもかかわらずこの目立ちよう…「オメー、新入りのくせに生意気だぞ」と放課後体育館の裏に呼ばれてシメられてもおかしくないレベル(笑)。

アンコールは皆が期待している通り、HELLOWEENクラシックの「Future World」と「I Want Out」の2連発。「Future World」の導入はいつも通りグリーグの「山の魔王の宮殿にて」。

「Future World」の中間部ではマイケル・キスクが愛好するエルヴィス・プレスリーの曲をはじめとするオールディーズな楽曲を遊び的に挟んだりしつつ、「70,000人の」(ジャーマン・ジョークです)オーディエンスとの長いコール&レスポンスが。

「I Want Out」も当然の大盛り上がり&大合唱でしたが、やはり二度目となるとちょっと感動が薄れるかな(←贅沢)。でも、とにかく最後までマイケルのハイトーンは全開で、その高音の伸びには一種のカタルシスさえ感じましたね。「伸びてくれっ!」と思う所でちゃんと伸びていくというか。

終演後、メンバーがカーテンコールをしようとしているときに、カイ・ハンセンは一人フロアに降りてオーディエンスとたわむれている(苦笑)。マジでシメられるぞ、そのうち(笑)。

いや、実際にはメタル(?)がこんなんでいいの? ってほど和気あいあいとしたムードの楽しげなライヴだったのですが。

そしてカーテンコールで並んでみると、案の定というかカイが一番小さい。
それなのにあの存在感、やっぱりなんだかんだ言ってカリスマなんだなあ。

とりあえず今回聴けなかった「I’m Alive」を聴くために、次回の来日にも足を運ばなきゃ…(苦笑)。
それともそれはいつか訪れるかもしれない、KEEPER'S HELLOWEEN「再結成」イベントに期待すべきなのか…?

続きを読む