ACCEPT来日公演 at 品川ステラボール 2012.11.25

行ってきましたACCEPT来日公演@品川ステラボール。

と言っても前の用件が思いのほか長引いて遅刻。土地柄か、品川は3連休の旅行帰りと思しき人々で駅構内や駅付近が混みあっており、しかもその方々が揃いもそろってスーツケースを持ち歩いているから通り抜けにくいことおびただしい。

私が会場に到着した時には、既に2曲目の「Hellfire」がプレイされていました…。

しかし、扉を開ける前から聴こえてくるサウンドが既に攻撃性とメロディ感を兼ね備えたACCEPTの音そのもので思わずニンマリ。

そして会場に入ると硬質で歯切れのいい、大音量ながら心地よいサウンドがお出迎え。この時点で「当たりのライヴだ」と確信しましたね。

当日券の番号を見ると1,400番台中盤。会場のキャパ(1,800人)を考えると8割くらいの入りか。まずまず盛況というべきか、それともACCEPTでこの程度とは…と嘆くべきか。

上着を脱ぎながら周囲を見渡す。音楽性を考えると男性ばかりかと思ったが、20数年来のファンと思しき年代の女性2人組や、小柄で結構若いと思われるのにOVERKILLのTシャツを着た気合いの入ったお嬢さんなど、女性もチラホラ。とはいえまあ9割がたは男、平均年齢は30代中盤から40代前半といったところか。

とりあえずセットリストは以下の通り。

01. Hung, Drawn and Quartered
02. Hellfire
03. Restless and Wild
04. Losers and Winners
05. Stalingrad
06. Breaker
07. Bucket Full of Hate
08. Monsterman
09. Shadow Soldiers~Guitar Solo
10. Neon Nights
11. Bulletproof
12. Aiming High
13. Princess of the Dawn~Bass Solo
14. Up to the Limit
15. No Shelter
16. Pandemic
17. Fast as a Shark

Encore:
18. Metal Heart
19. Teutonic Terror
20. Balls to the Wall

いや~もうカッコいい! としか言えないライヴでしたね。

スキンヘッドと長髪の違いはあれど、共に長身でステージ映えのするウルフ・ホフマン(G)とピーター・バルテス(B)を中心としたパフォーマンスはまさにメタルのショウかくあるべし、といった感じ。

ウルフの弾くリード・ギターのメロディは相変わらず官能的だし、彼らならではの「男声コーラス」がまたたまらない。

音もかなり良かった。さすがはユーミン様が名付け親の会場だけはある(?)。

「Restless And Wild」や「Shadow Soldiers」、「Pandemic」といった、CDで聴いていると個人的には「普通の良曲」という印象の楽曲がライヴだと文字通り輝く。こういうリズムが最高にノれるし、気持ちいい。

サークル・ピットとかには一切向いてなくて、まさにヘッドバンギングをするのに最適化されているというか。

新曲も、ライヴで聴いても過去の名曲におさおさ聴き劣りしない曲ばかりで、彼らが90年代に作ったアルバムは、あれはいったい何だったんだろう、という気持ちにさせられます(苦笑)。

そして「Breaker」や「No Shelter」、そして「Fast As A Shark」といったスピード・チューンではそれこそアタマを振らずにいられない。ここまで一心不乱に、翌日の筋肉痛のことなど考えもせずにヘッドバンギングしたのはいつ以来だろう。

いっそこのままポックリと「ヘドバン死」できたら、それはそれで幸せな死に方なんじゃないか…なんてバカなことを一瞬考えてしまいました(笑)。

しかし「Fast As A Shark」…。イントロの東プロイセン民謡である、「Ein Heller und ein Batzen(銅貨1枚、銀貨1枚)」の「Heidi, heido, heida」から大合唱でしたが…相変わらずヤバいくらいの殺傷力でした。

単純にこの曲より速い曲、ヘヴィな曲というのはその後いくらでも誕生していると思いますが、感覚的な意味でこの曲より攻撃的な曲というのは果たして存在するのでしょうか?

もし彼らが戦時中に存在していたら、きっとナチスは彼らの音楽を戦意高揚のために使ったに違いない…なんてしょうもない考えが脳裏に去来しましたね(笑)。

この曲が本編ラストだったわけですが、こんなアドレナリン爆発状態で終われるはずもなく、急かすようにアンコールを求める。

するとあっけないほどすぐにメンバーが再登場。「スラヴ行進曲」のメロディが代表曲のひとつ、「Metal Heart」の登場を知らせる。

この曲もまた勇壮なサビが叫ばずにいられないわけですが、この曲のユニークネスは何と言ってもギターソロにおける「エリーゼのために」のメロディ。

ただ、この本来ピアノ曲のメロディを合唱させられるのはなんかちょっと無理があるというか、ちょっと気恥ずかしい(苦笑)。合唱させるのは低音で「ヲーヲー」と唱和するパートだけにしてもらいたいというのが本音。

続く「Teutonic Terror」は悪くない曲だけど、ちょっとアンコール曲としては弱いかな…。彼らとしては再々結成後の曲をひとつくらいアンコールに入れたいんだろうけど、他にもうちょっといい曲が残っていると思う。

そしてオーラスは世界的な意味では一番の代表曲、「Balls To The Wall」。PV通りのアクション、そして「God Bless Ya!」、「Hey!」という効果的な合いの手パートもあり、勇壮ながらも威厳があって、エンディングに相応しい曲ですね。

とにかく素晴らしいライヴでした。ちょっとこの三連休、個人的に色々とフラストレーションが溜まることが多かったのですが、全て吹っ飛ばしてくれましたね。メタルのライヴならではのカタルシスです。

まさにMetal Heartを熱く鼓舞してくれる最高のライヴでした。思わず当サイトのレビューにおける彼らのアルバムの点数をすべてプラス5点したくなるほどです(笑)。

まだ1か月ちょっと残っていますが、個人的には今年のベスト・ライヴ確定ですね(今年はLOUD PARKを除くとあんまりライヴ観てないけど/苦笑)。日本のメタラーよ、これがメタルのライヴだ、なんてね。

気になるのは、私がいたのが後方だったからか、周りの人たちの多くが地蔵状態だったこと(もちろん盛り上がっている人もいましたが)。このライヴでノれないなんてもはや「メタル不感症」に近いような気がするのですが…、いや、まあその辺は個人の楽しみ方の問題だと思うので深く追及はしませんが。

いずれにせよ明日の名古屋公演、大阪公演に足を運ばれる方は大いに期待していいと思いますし、もし未だに「平日だしどうしようかな…」などと迷っていらっしゃる方がいるようでしたら、大至急開演に間に合うには何時に職場や学校を出ればいいか計算したほうがいいですよ!(笑)

accept_japan2012.jpg
公式サイトから拝借。

スポンサーサイト

OZZFEST JAPAN 2013 第2弾アーティストが発表に

OZZFEST JAPAN 2013の第2弾アーティストが発表になりました。

5月11日:SLASH, DEFTONES
5月12日:TOOL, STONE SOUR

んー、このサイト/ブログを見ているような人にとってはあまりソソられないメンツかなぁ…?
少なくとも書いている人はあんまりソソられてません(笑)。

SLASH、STONE SOURはアリだけど、TOOLやDEFTONESはキツい、ってのがBURRN!的なHR/HMで育った人たちの本音じゃないですかね。

てか、コリィ・テイラーは初日はSLIPKNOTで出演するから、2日連続出演ですね。
彼のファンにとってはなかなかたまらない二日間になりそうです。

STONE SOURとしてはLOUD PARKに出られなかったリベンジが割とすぐに決まった感じでしょうか。

POWER ROCK TODAYでの伊藤政則氏の発言によると各日10バンドは出る、ということだったのでまだ何とも言えませんが、なんとなくフェスの方向性は見えてきたような気も。

いずれにせよBLACK SABBATHは観ておきたいので少なくとも二日目は行きますが、初日行くかどうかは今後の追加バンド次第かなぁ、というのが個人的な感想です。

◆OZZFEST JAPAN 2013 オフィシャルサイト
http://www.ozzfestjapan.com/
やっとマトモなサイトになった感じ。

PRETTY MAIDS / IT COMES ALIVE

prettymaids_live03.jpg

先日約10年ぶりの来日公演を行なったデンマークの古豪、PRETTY MAIDS。

11月1日に渋谷のO-EASTで行なわれた東京公演は、仕事から上手く抜け出せればぜひ観に行きたいと思っていたのですが、ちょうどその日から翌日にかけて会社の宿泊研修が入ってしまい、残念ながら観に行けませんでした…。

そして研修が終わり家で来日公演の感想などをWeb上で検索してみると、かなり良いライヴだったようで、それだけに一層悔しい思いが募り、ついAmazonで彼らの最新ライヴ作品である本作を1クリックで買ってしまいました(苦笑)。

PRETTY MAIDSは、メタルを聴き始めた数年間はかなり愛聴していましたが、その後優れたメロディック系の新世代バンドが欧州から次々と登場してきたこともあり、正直な所、近年は興味がフェイドアウト気味でした。

99年の「ANYTHING WORTH DOING IS WORTH OVERDOING」あたりからちょっとマンネリ感を覚え始めていたのですが、本格的に新世代のメロスピ・バンドたちが活躍していた2002年にリリースされた「PLANET PANIC」を店頭で試聴し、その際の印象があまり良くなかったことからスルー、その後は私の「購入ローテーション」からは外れてしまっていました。

とはいえやっぱり過去の名曲は好きでちょくちょく聴いていたし、実力派で知られたバンドなのでライヴは一度観てみたいと思っていたのです。

そして実際本作のDVDを観てみると、案の定というかプロフェッショナルで質の高いショウを展開している。

会場はなぜか彼らの母国デンマークではなくスイスの会場で、キャパは1000人クラスと思われるクラブである。メインの客層は30代から40代と思われる男性で、前列の方に一部「仕込み」かと思うほどの若いブロンド美女がいたりする(関係者の娘?/笑)。

序盤は私の聴いていない新しめのアルバムの曲が多いが、少なくともこうしてライヴ映像を伴って観る分には非常に魅力的。

3曲目に「ANYTHING~」アルバム収録のハード・ポップ系の名曲「Hell On High Heels」がコールされた際に、一人の観客がガッツポーズをとる様が映し出されるが、当時のPRETTY MAIDSなんて日本人しか聴いていなかったのではと思っていただけに、そういう反応は意外でした。

私が聴いた彼らの作品の中ではやや凡庸な作品と思っていた「SCREAM」からの楽曲も、ライヴではすごく映えていて、そういう作品だったのかな、と見直す気持ちになりましたね。

病気かと思うほどでっぷりと太ったケン・ハマー(G)や、深い皺が刻まれたロニー・アトキンス(Vo)の容貌を見ると、歳月を感じざるをえませんが(それでもまあロニーはある程度体型は維持していて、ブロンドの長髪が健在なこともあって遠目にはフロントマンらしい華をキープしていますが)、歌唱もプレイもほとんど衰えは感じさせず、他のメンバーが比較的若いこともあって危惧していたロートル臭はほとんどない。

髪の毛ツンツンのイマドキっぽいキーボーディストや、グラム・ロッカーみたいな雰囲気のベーシストはなかなかイケメンだし、元ROYAL HUNTのアラン・チカヤもイキのいいドラムを叩いていて、意外なほどバンドとしての躍動感がある。

後半の「Yellow Rain」、「Rock The House」、「Back To Back」というクラシック・ナンバーの畳み掛けはやっぱり強烈だし、アンコールの「Future World」や「Please Don’t Leave Me」も含め、やっぱり曲がいい。最新シングルの「Little Drop Of Heaven」もそこに紛れて違和感のない良曲でした。

全体を通して、一種の職人芸を感じるライヴでしたね。メンバーのカリスマ性とか、バンドの思想性とか、ましてやファッションやトレンドなどとは無縁で、ひたすら音楽で勝負してきたバンドならではの満足感を与えてくれるショウでした。

このクオリティが維持されている限りは、きっと一定のオーディエンスはキープし続けることができるでしょう。

JUDAS PRIESTやIRON MAIDENのように「伝説」とされるほどの存在感には至らなかったバンドだけに、今後も音楽とパフォーマンスを維持し続けなくてはならない、ある意味厳しいポジションだろうとは思いますが、彼らに関しては当分の間心配なさそうです。

できれば次回は10年も待たせず、LOUD PARKでも何でもいいのでできるだけ早めに日本に戻ってきてもらいたいですね。

そのときは、新しいアルバムもちゃんと買って(笑)、馳せ参じたいと思います。
とりあえず現在持っているアルバムについては本サイトでレビューしてみました。

ちなみにこのライヴ作品、BURRN!の5月号で「DVDだけにして安くしたほうがいい」という理由(?)で60点という音楽的な内容と無関係な点数を付けられていましたが、私が購入した輸入盤は日本盤(5,250円)の半額以下の値段でした。

たしかに映像があるとCDの方はあまり聴く気になりませんが、2,200円ちょっとの金額でDVDにCDが2枚もついてくるとなればむしろお得な気分。CDにボーナス・トラック扱いで収められている「Lethal Heroes」も好きな曲なのでDVDに入れてほしかったなあ。

来日公演ではその「Lethal Heroes」もやったとのことなので、やっぱり生で観たかったなあ、と思ってしまいますね。

どうでもいいけど、どうしてこういう音楽性のバンドなのに「可愛いメイドたち」なんてバンド名にしたんでしょうかね?

◆本作より84年のクラシック、「Back To Back」の映像 [YouTube]

今なお古びないカッコよさ。

◆彼らの最新シングル「Little Drops Of Heaven」のPV [YouTube]

ヨーロッパのバンドならではの哀愁を帯びたいい曲。

◆本作のトレーラー映像 [YouTube]




JIMI JAMISON / NEVER TOO LATE

jimijamison02.jpg

恐らく今でも一般的には『ロッキー4』のテーマ曲「Burning Heart」を歌っていた人、という肩書きが一番通りがいいのであろう、ジミ・ジェイミソンの、ソロ名義として2作目となるソロ・アルバム。

昨年はTOTOのオリジナル・シンガー、ボビー・キンボールとのコラボレーション・プロジェクト、KIMBALL JAMISON名義でアルバムを発表、さらにドイツ人ミュージシャン、フレッド・ザールとのONE MAN’S TRASHでのアルバム・デビュー、さらにはSURVIVORへの電撃復帰を果たすなど、ここに来て精力的な活動が目立っている。

前作ソロ・アルバム「CROSSROADS MOMENT」(2008)はSURVIVOR時代の盟友ジム・ピートリック(G, Key:PRIDE OF LIONS)が音楽のイニシアティブを握っていたが、本作における作曲面の中心は、最近「FRONTIERS RECORDS」からリリースされるメロディアス・ハード作に多く関わり、その筋では既にかなりの知名度を獲得しつつあるマルチ・プレイヤー、エリック・マーテンソン(ECLIPSE)。

エリック・マーテンソンといえば、PRIDE OF LIONSのVoであるトビー・ヒッチコックのソロ・アルバムも手掛けていたから、ジム・ピートリックのパートナーであったシンガーのソロ・アルバムを複数手掛けたことになる。これは偶然なのだろうか。

エリック・マーテンソンは前述のKIMBALL JAMISONにも楽曲を提供し、その成果が「FRONTIERS RECORDS」のオーナー、セラフィノ・ペルジーノに認められて本作の制作を彼が担うきっかけになったという。

それだけにジミ・ジェイミソンの歌唱が輝くツボを心得ており、本作で聴かれるジミ・ジェイミソンの歌唱は非常に伸び伸びとしていて、とても還暦を過ぎているとは思えない力強さがある。

ジョー・リン・ターナー(Vo:元RAINBOWほか)、マイク・レノ(Vo:LOVERBOY)、ケリー・ケイギー(Vo, Dr:NIGHT RANGER)といったゲストが参加していた前作ソロに比べると、北欧出身のミュージシャンで固められた本作は、制作陣のラインナップ的にはいささか地味ではあるが、そのことがかえってアルバムの統一感を生んでいると言えなくもない。

本作で展開されている音楽性はまさに往年の産業ロックど真ん中で、ジミが所属していたSURVIVORはもちろん、個人的にはJOURNEYを思わせる瞬間も多いサウンドである。

ジミの歌唱が加齢のためか80年代に比べハスキーさを増していることもJOURNEYっぽい印象を強めているが、時に爽快かつ快活に、時に優しく暖かく、絶妙に心の琴線に触れてくるメロディの充実、サビでサビらしく盛り上がるこの王道感は80年代産業ロックを愛してきた向きにとってはたまらない内容だろう。

どの曲も秀逸だが、個人的には哀愁を帯びたアップテンポの#9「Bullet In The Gun」が特に好きかな。ピアノのアレンジが絶品です。

個人的にはせっかく北欧のミュージシャンが制作の中心を担っているのだから、北欧らしい叙情性がもう少し感じられてもいいのではという気がしましたが、変な「地」を出さずにこういう求められているであろう洗練されたサウンドを作り上げることができるということがプロフェッショナルというべきか。

BURRN!誌では広瀬編集長が本作に91点をつけていましたが、先日のLOVERBOYといい、本当にこの人はもう完全に80年代ノスタルジーにしか琴線を刺激されなくなってしまっているんですね…(苦笑)。【85点】

◆本作のタイトル・トラック「Never Too Late」のPV [YouTube]



KAMELOT "SILVERTHORN" のチャート成績

ニュー・シンガー、トミー・カレヴィックを迎えた新生KAMELOTの最初のアルバムとなる「SILVERTHORN」のチャート・アクションは以下の通り。

ノルウェー:17位
スウェーデン:20位
フィンランド:28位
ドイツ:36位
オランダ:54位
スイス:55位
日本:65位
オーストリア:70位
アメリカ:79位
カナダ:86位
スペイン:89位
フランス:89位
イギリス:168位

新ヴォーカリストであるトミー・カレヴィックの生国であるスウェーデンの順位が若干好転しているほかは、いずれも前作以下の成績。

やはりロイ・カーンの脱退はダメージだった、ということもできますが、一方で実売枚数においてはそれほど大きな違いがあったとは思えない程度のランクダウンで、カリスマ・シンガーを失ってなお踏ん張った、と見ることもできます。

個人的にはトミーは健闘していると思いましたが、なまじカーンの歌唱を意識してしまったがために、カーン時代を超えるインパクトやカーン時代とは違う新鮮味は作れなかったかな、と。

SEVENTH WONDERでの歌唱を聴く限り、元々それほど強い個性の持ち主ではないと思われるのですが、シンガーの個性が薄いなら薄いなりのソングライティングの仕方もある、と個人的には思っているので、ぜひ彼らには下降線を辿るのではなく、第二の黄金時代を築いてもらいたいと思っています。

◆本作のリーダー・トラック「Sacrimony(Angel Of Afterlife)」のPV [YouTube]

なんとなくアクションまでカーンを真似ている感じ。そこまでしなくても…。
とりあえずカーンだったら「ネ~ビュラ~」の所でもっと無駄な色気が出ていたはず(笑)。

◆ニュースソース
http://www.blabbermouth.net/news.aspx?mode=Article&newsitemID=182117