GALNERYUS / THE IRONHEARTED FLAG Vol.1: REGENERATION SIDE

galneryus09.jpg

今年メジャーデビュー10周年となるGALNERYUSの、現ヴォーカリストである小野”SHO”正利加入前の楽曲をセルフカバーした企画盤。

本作は私にとってなかなか複雑な思いを抱かされる作品である。個人的に「セルフカバー」という行為自体があまり前向きなものと思えないし、思い入れのある初期の楽曲が本人たちによって否定されるかのような印象も受けたからだ。

実際、前任ヴォーカリストだったYAMA-Bより小野正利の方が歌唱力に優れているのは衆目の一致する所だけに、本作に収められた楽曲の数々も、客観的に見れば完成度は上がっている。

基本的にはかなりオリジナルに忠実なセルフカバーで、そういう意味ではEP「絆 FIST OF THE BLUE SKY」に収められていた「Whisper In The Red Sky」のリメイクである「Across The Rainbow」のように、歌詞まで含めて大きく変わっているわけではない。

ただ、それでもちょいちょいアレンジなどが変わっていたりして、その辺も楽曲の印象を損ねるどころか、確実なクオリティアップにつながっており、現在のバンドがいかに充実しているかを感じさせる仕上がりとなっている。

強いて言えば、熱唱型だったYAMA-Bに比べてスマートな小野正利の歌唱が、オリジナルに比べて「熱さ」に欠ける印象を受ける曲があるというくらいが難癖のつけどころだが、これもひょっとしたらオリジナルに思い入れを持つ私のようなリスナー以外にとってはほとんど気にならないことかもしれない。

というか、この機会に久々に彼らの旧作をあらためて聴き直したのだが、これを聴いた後に聴くと相当垢抜けないものに聴こえて、ちょっと愕然としてみたり(苦笑)。いや、YAMA-Bの歌、私は熱くて好きですけどね。

とはいえ楽曲自体については強力なものが多いので、こうして新たな命を吹き込み、小野正利加入以降のファンに聴いてもらう機会になるとしたら、新曲を生み出す手を休めてでもこうした企画盤を出す意義はあると考えるべきか。

限定盤に付属のライヴDVDも、オマケを超えるボリュームと内容でお得感がある。ケースはちょっとかさばってアレですが…(苦笑)。

◆ナタリーのインタビュー
http://natalie.mu/music/pp/galneryus
彼らにまだ海外進出の意欲があるとわかってなんとなく嬉しいです。


スポンサーサイト

VAN HALEN 来日公演 at 東京ドーム 13/6/21

元々は昨年の11月に予定されていたが、エディ・ヴァン・ヘイレンが大腸憩室炎の緊急手術を受けたために延期されていたVAN HALEN来日公演の東京公演に行ってきました。

さすがVAN HALENクラスの大物ともなると、会社でも40代以上の人たちを中心に「おー、俺も初期は好きだったよ。『Jump』で見限ったけどな」とか、「サミー・ヘイガー時代のライヴは観たことあるよ。デヴィッド・リー・ロスのソロの来日公演も観に行ったな」などという人が席の周りだけでも結構いて、やはり人気あったんだな、と感じました。

会社の先輩だった人(現在は別会社に勤務)と一緒に観に行ったのですが、私も先輩も多忙のため、「現地で10分前集合」というスリリングなスケジュール。しかもチケットを持っているのは先輩なので、もし先輩が遅刻したら私も観られない、というさらにスリリングなシチュエーション(笑)。

ドームは広く、雨が降っていたため待ち合わせは容易ではなかったが、どうにか合流。開演時間間際だというのにまだまだゲート外に行列ができていたのは、天候のせいか、私たちのように仕事終わりギリギリで駆けつける人たちが多かったせいか。

今回チケットは業界にコネのある人を通じて取ってもらったのですが(もちろんお金は普通に払っている)、アリーナAブロックという、ほぼステージ正面の前方という良席。今回に限らず、関係者経由で取ってもらうチケットというのは非常に良い席であることが多く、一般消費者としてチケットを取るときとの落差に愕然とさせられます(笑)。

当日券は出ていたし、直前に「プロ機材でなければ撮影可」との告知が出ていたあたり、集客はやや苦労しているのかと思いましたが、会場を見回してみると、2階席こそガラガラなものの、1階席はあらかた埋まっている感じで、先日AEROSMITHを観たときのようなもの寂しさはない。

席に着いてほどなくして、客電が落ちないうちにドラム・キットに人影が。おや、あれはアレックス(・ヴァン・ヘイレン)じゃね? と思った瞬間に場内が暗転して他のメンバーが登場し、デイヴ・リー・ロス(Vo)の「Are You Ready?」というごくオーソドックスな声から「Unchained」でショウがスタート。

以下は本日のセットリスト。

01. Unchained
02. Runnin' with the Devil
03. She's the Woman
04. I’m the one
05. Tattoo
06. Everybody Wants Some!!
07. Somebody Get Me a Doctor
08. China Town
09. Hear About It Later
10. (Oh) Pretty Woman
11. Drum Solo
12. You Really Got Me
13. Dance the Night Away
14. I'll Wait
15. And the Cradle Will Rock...
16. Hot for Teacher
17. Women in Love...
18. Romeo Delight
19. Mean Street
20. Beautiful Girls
21. Ice Cream Man
22. Panama
23. Guitar Solo
24. Ain't Talkin' 'bout Love
25. Jump

全体としては、非常にオーソドックスでシンプルな「ロック・コンサート」だった。ステージ背面がいわゆるバックドロップではなくライヴの映像を映すスクリーンになっているが、他はこれといった装飾やステージ・セットと呼べるものはなく、あくまで演奏・パフォーマンスで勝負している感じ。

130621VH01.jpg

今回の来日公演の目玉のひとつは何と言ってもデイヴ・リー・ロスがいること。さすがにかつてのような開脚ジャンプやテコンドー仕込みの派手なアクションはないものの、如意棒を操る孫悟空のごときマイクスタンド使いと、常に踊っているかのようなリズミカルかつ滑らかな動きでオーディエンスの目を引き付ける。

歌唱は、広く知られているように「歌が上手い」というタイプのシンガーではなく、声域やピッチについてはアレなのですが、初期VAN HALENの歌メロというのは極言すればラップのようなもので(?)、リズム感と声量が全て。そういう意味では今なお衰えぬ歌声だったと言っても過言ではないでしょう。

衣装もイエローのジャケットから、それを脱いでのベスト(年齢層の高い人なら「チョッキ」と呼びたくなるようなアレ)姿、そのベストを脱いでのシャツ姿、今度は青いジャケットに、と次々と衣装を変え、曲によってはハンチング帽を被ってみたりと、見た目に対するこだわりは流石ショウマンだなあ、という感じ。

ただ、やはり長髪ではなく普通のヘアスタイルで、衣装を除けば「普通の外人のオジサン」になってしまっているのがちょっと寂しいのですが…。

歌詞のあちこちに「Tokyo」を組み込んだり、やや意味不明な日本語のMCをしゃべってみたりと積極的に日本語に取り組んでいたが(本人も「ニホンゴガヘタデスミマセン」と言っていたが)、昨年2012年5月から今年の2月まで日本に住んでいたという割にはあまり日本語は上手になっていませんね(笑)。

「イシノウエニモサンネン」とか「ワタシニデキルコトガアレバ、オモウシツケクダサイ」などという脈絡不明の日本語MCこそあったものの、オーディエンスとのコミュニケーションは少なく、基本的には淡々と楽曲が演奏されていった印象で、楽曲自体が比較的コンパクトなこともあって、ほぼジャスト2時間という時間の割に曲数は多かった。

今回の公演における唯一のギミックは、「Beautiful Girls」の後に、先月YouTubeなどで公開されていたデイヴ・リー・ロス主演の謎のショート・フィルム『外人任侠伝~東京事変』の上映だった。小錦(懐かしい)の登場シーンや、デイヴが「牧場のいちごミルク」を飲むシーンでは笑いが起きており、場内の多くの人にとっては初見の映像だったようだ。

と、デイヴ・リー・ロス絡みの話が多くなったが、やはりライヴにおいて一番感銘を受けたのはエディ・ヴァン・ヘイレンのギターだった。

髪を後ろで結んでいるエディは病み上がりのためか、単に年齢的な問題か、アクションは少なく、全体的に動きは緩慢。

それでもそのギター・プレイ、ギター・サウンドは唯一無二で、東京ドームのあまり良からぬ音響の中でさえ(それでもアリーナはかなりマシなサウンドだったが)圧倒的という他なかった。

これまでに、少なくとも現在のエディより技術的には上であろうギタリストは何人か見てきたが、これほどまでに自然にテクニカルでメカニカルでさえあるギターを弾く人を見るのは初めてだ。

私は本来「泣きのギター」と呼ばれるようなギター・プレイの方が好みで、そういう意味では「泣き」の要素を一切感じさせないエディのギターは私の琴線に触れるものではないのだが、そんな個人の好き嫌いを超越したパワーとインパクトが今なおエディのギターには宿っていた。いやこれはマジでロック・ギター・モンスターとしか言いようがない。

こういう圧倒的な技巧を持ちつつ、奔放と言っていいほどのエナジーと個性を兼ね備えた革命的なギタリストというのはもう出てこないんじゃないかな。最近の上手いギタリストは皆、誰かの影響が強く覗いていたり、いかにも「スケール練習死ぬほどやりました!」みたいな「音楽エリート」っぽさが窺われていたりと、ちょっとこぢんまりしているんですよね。

新作の曲を含め、オーディエンスの反応はおしなべて良かったが、やはり「You Really Got Me」や「Hot For Teacher」、「Panama」などの有名曲の反応はすこぶる大きかった。

個人的には、前の席の人がずっとスマホ、コンデジ(ミラーレス一眼かも)、デジタル一眼レフと、3種類のカメラを駆使して写真を撮り続けていたのがいささか煩わしかったのですが。てか、白黒加工とか家に帰ってからやれよ、と(苦笑)。

ずっとカメラの動画モードで映像を撮り続けている人なども散見されましたが、どうせオフィシャルで撮っている人たちには敵わないのに、そこまで自分で写真や映像を一生懸命撮る意味がわかりません。せっかくのライヴなのだから、その場の「体験」をこそ堪能すべきだと思うんですけどね。

クライマックスで演奏された「Ain’t Talkin’ ‘bout Love」も当然の大盛り上がり。しかし70年代にこの曲を書いたって凄いよなあ。ブルーズやカントリー、ロックンロールなど、それ以前のロックにあった土臭さをほとんど感じさせることなく、それでいてシンプルなロックとしてカッコよく成立している。ある意味、とてつもなくプログレッシヴなバンドだ。

ラストは「お約束」の定番曲、全米No.1ヒットの「Jump」。デイヴ・リー・ロスの歌声はこの曲が一番テキトーだったが、もはやこの曲の持つパワーの前ではそんなことはどうでもよかった。アリーナにはパーンと盛大に紙吹雪が舞い、お祭り気分を盛り上げる。

130621VH02.jpg

アンコールなどはなく、それは開演時間が押していたことと関係しているのでしょうか。終演後も、ものすごい早さでステージ上の撤収作業が始まりました。

帰りがけに他の客層をチェックしてみると、かなり年齢層の高い男性が大半。いわゆるオッサンだらけ、という状態で、35歳という、10代の若者から見れば充分に「オッサン」であろう自分くらいの年齢でさえ最も若い部類に入るのではないかと思ってしまうほど。

まあでも、実際VAN HALENが「若いファン」を獲得したアルバムって95年の「BALANCE」が最後だったんじゃないかって気がするし、当時10代だった人が今ではあらかた30代になっているわけですから、当然って言えば当然ですよね。

実際、こういうVAN HALENのようなアメリカンなハード・ロック・サウンドって今の若いHR/HMファンにとっては一番時代遅れなイメージで、なじみの薄いものになってしまっているような気がしますが、少なくとも今夜のVAN HALENに関しては未若い人が観ても何らかのインパクトがあったのではないかと思うだけに、この若者の少なさはちょっと残念ですね(まあ、若い人にとってはいささかチケット代が高すぎた感はありますが…)。

いやあ、しかしこれだけのベテランにここまでのライヴ・パフォーマンスを見せ付けられると、「全盛期のライヴを観たかったなあ」という叶わぬ思いを持ってしまいますね(苦笑)。大御所の風格と、今なお充分な「現役感」を感じさせられる納得のライヴでした。

BURRN!13年7月号の感想

burrn1306.jpg

発売日に購入しておきながら、忙しさにかまけてずっと放置していたBURRN!7月号をようやく読みました。

表紙は新作「SUPER COLLIDER」が好調なMEGADETHのデイヴ・ムステイン大佐。不敵な笑みがカッコいいですが、心なしかかつてに比べると人間味のようなものが感じられる表情になってきましたね。

ムステインのインタビューは短めで、割と内容も通り一遍のものですが、「これまでのキャリアの中で、100%満足できたのは「COUNTDOWN TO EXTINCTION」だけだという発言は興味深いですね。あとはまあ写真がカッコいい(笑)。

MEGADETHのファンにとってはむしろデイヴ・エレフソン(B)のインタビューの方がボリュームもあるし、興味深いかもしれませんね。

近年の作品では最も攻撃的なサウンドだった「ENDGAME」は「大昔に書かれたリフやアイディアがそこかしこにちりばめられている」とのことで、そういう事実を踏まえると、MEGADETHというバンドはここ10年、一貫してメロディックな方向に向かっているのかもなあ、と思いました。

それに続くは新作「BU-TIK(武徳)」をリリースしたCHTHONIC。先月号の私の感想に応えたわけではないでしょうが、クロスレビューさえされていないバンドにもかかわらずカラー9ページの大盤振る舞い。そう、これくらいやらないとフツーの読者にはインパクトないですよ。

しかしまさか台湾のバンドが日本のバンドよりいい扱いを受ける日が来るとは、この雑誌を読み始めた頃には夢にも思いませんでしたね(笑)。世界は変わる。

その後はWHITESNAKEの来日レポートと、BLACKMORE’S NIGHTのインタビューという、この雑誌の原点ともいうべき「PURPLEファミリー」の記事が続く。

BLACKMORE’S NIGHTは初期こそこの雑誌でも結構大々的にフィーチュアされていたものの、その音楽にHR/HM的な成分があまりに乏しかったせいか、なんとなくあまり扱われなくなっていき、前々作に至っては日本盤さえリリースされませんでした。

私自身も、良い音楽だとは思いつつも、アルバム2枚聴いて「もう充分かな」と思ったし、そう思った人は多かったのではないかと思います(笑)。

今回、わざわざ広瀬編集長に直接マネージャーから直接インタビューの申し入れがあったとのことで、リッチ―本人がどう考えていたかはともかく、マネージャー的には「テコ入れ」を図ったのでしょう。

ただ、残念ながらBLACKMORE’S NIGHTの音楽は必ずしもこの雑誌のファン向きとは言い難く、かといって他にこのバンド(?)を取り上げるに相応しい媒体があるかというと思いつかない、要は日本にはマーケットのない音楽だと思うんですよね…。

その後は5月2日にアルコール性肝硬変による肝不全によって急死したSLAYERのギタリスト、ジェフ・ハンネマンの追悼特集。

まあ、SLAYERの熱心なファンとは言い難かった私があれこれ語るようなことはないのですが、再び登場するデイヴ・エレフソンの「SLAYERの声はトムだけれど、SLAYERの顔はケリーなんだよ。だけどSLAYERを支える背骨はジェフだった」とは上手いこと言うなあと思いました。

個人的にはジェフ・ハンネマンを喪い、デイヴ・ロンバードが離脱したSLAYERに関しては、SLAYERの名前で続ける意味あるのかなーという気さえしてしまいますが、ケリーはこういう音楽しかやれないんだろうし、こういう音楽をやるのであればSLAYERの名前の下にやるのがビジネス的には最も賢明であることは明らかなので、きっと身体が動く限りはこのまま続けていくのでしょうね。

モノクロのインタビューについては、PRETTY MAIDSのものが興味深かったかな。初来日のとき、空港に50人から70人くらいの花を持って叫んでいる女性が待っていた、とか、雑誌のインタビューで「プレゼントされるなら何が欲しい?」という質問に「カールスバーグのビール」と答えたら、東京で泊まったホテルをチェックアウトする頃には持ち帰れないほど大量のカールスバーグのビールが届いていた、なんてエピソードには「古き良き時代」を感じざるを得ません。

こういうのって、今HR/HM系のバンドではすっかり耳にしないエピソードになってしまいましたが、もっと若いファンが付いているジャンルのバンド(あるいはアイドルグループとか?)だと今でもこういうことがあるんですかね? 

今月号のレビューで伊藤政則氏が90点を付けているPURSONがカラー3ページ。こういう「期待の新人」にスポットを当てること自体は良いことではないかと思います。ただ個人的にはYouTubeで何曲か試聴する限り、そもそもこの雑誌で扱うべきバンドなのかという疑問がわきましたが。

「OZZFEST」のレポート記事もありましたが、色々と不自然なレポート記事でした(苦笑)。まあ、例年LOUD PARKのレポート記事もあんまりフェスの魅力が伝わる形でレポしてくれない雑誌だとは思っていましたが、このフェスの場合この雑誌的に扱わない(扱えない?)バンドが多いだけに、レポート自体に一体感がない印象が否めない。

てか、ももクロとかが扱われないのはやむを得ないにしても、人間椅子まで無視ですか? 広瀬編集長が「今月のおすすめ」コーナーで人間椅子の二枚組ベストを「おすすめ」しているのに…。

単にその時間帯、編集部の人もライターもいなかったということなのかもしれませんが、だとしたら怠慢だし、もし「編集方針」だとしたらあまりにも料簡が狭いような。

ディスク・レビューに関しては、今月のマスト・バイと考えていたアルバムはDARK MOORのアルバムのみしかレビューされておらず、26日発売のHIBRIA、TIMO TOLKKI’S AVALONなどはレビューされていませんでした。

まあ、この辺はレビューされていようといまいと買うのですが。

MEGADETH、DARK TRANQULLITYといったあたりもまあ一応買ってみましたが、どちらも個人的にはやや微妙です。後者はスルメっぽいのでもうちょっと聴いてみますが、むしろやはりレビューが間に合っていないKALMAHの方が期待できるかも。

レビュアーが幅さんなので、個人的には点数は全くアテにしていないが、92点という高得点のTHE POODLESも買おうかと前向きに検討中です。レビューこそしてませんが、これまでのアルバムは何だかんだ言って全部聴いているし、どれもそれなりに楽しめているので。

クロスレビューがオール90点オーバーのBLACK SABBATHも、きっと個人的にはそれほど楽しめないのではないかと思いつつ、一応買うつもりです。

◆発行元であるシンコーミュージックのWebサイト
http://www.shinko-music.co.jp/main/ProductDetail.do?pid=2175011307

MEGADETHの「SUPER COLLIDER」が全米6位に

MEGADETHのニュー・アルバム、「SUPER COLLIDER」が発売初週に29,000枚を売り上げ、全米初登場6位に輝いたそうです。

前作「TH1RT3EN」は初週42,000枚を売り上げたものの、チャートアクションとしては11位止まりだったので、このCDが売れないご時世においては、バンドとしては「成功」と捉えているのではないでしょうか。

個人的には本作は現時点での印象としてはちょっとヌルくて、レビューしようかどうか迷っているのですが、ファンも年齢層が上がってこういう聴きやすい路線を歓迎する層もそれなりにいるということなんですかね。

私は未だに大佐の歌声に馴染めず、「この声でキャッチーな路線を狙われてもなあ…」などと思ってしまう器の小さい男です(苦笑)。

ちなみに同じ週の全米No.1は、QUEENS OF THE STONE AGEの「...LIKE CLOCKWORK」でした。このサイト/ブログを読んでいる人にとってはBURRN!誌で名前くらいは見たことがある、くらいの認識の人が大半かと思いますが、広義のHR/HMに包含される音楽性のバンドではあると思うので一応触れておきます。

◆ニュースソース
http://www.blabbermouth.net/news.aspx?mode=Article&newsitemID=191163


LOUD PARK 13の開催が発表に

LOUD PARK 13の開催が発表になりましたね。

まあ、LP12の公式サイトのトップにずっと「SEE YOU NEXT YEAR!」って出てましたからね、きっとやるんだろうとは思ってました。

さいたまスーパーアリーナで10月19日(土)、20日(日)の2日間、2ステージ各日6バンドずつ、計24バンドが出演と、これまでになく概要がコンパクトに発表されていますね。

個人的には昨年の3ステージ制は悪くないと思っていたんですけどね。「どれ観るか迷う楽しみ」というフェス感があって(笑)。

まあでも2日間あるなら3ステージにするのはちょっとバンドのギャラが無駄にかかって大変かもしれませんね。

ていうか、正直、今年2日開催とは結構勝負に出たな、と思いました。

硬派なメタル・ファンには不評だったとは言え、OZZFESTにも「LOUD PARK実績アーティスト」がいくつも出ていましたし、今年のSUMMERSONICも初日にはかなりメタル度の高い面々が。

しかも、これは知っていてか知らずかわかりませんが、KISSの来日公演とも日程被ってる。

CHILDREN OF BODOMやFAIR WARNING、HIBRIAといった、出演実績があって集客力もある程度期待できるバンドが既に単独公演での来日が決まってしまっているし…。

まあ、ヘッドライナーが決まっていない段階で何を言っても始まらないのですが…。

しかし、ヘッドライナーをはじめ、何も決まっていないからこそテキトーな「希望」や「予想」を述べられるという面もあるので(?)、以下ちょっと予想というか妄想を(笑)。

2日開催になってしまった分、IRON MAIDENは厳しそうですね。集客が出演日に偏りそうだし、噂ではラジオで伊藤政則先生がメイデンはない、というようなことをおっしゃっていたそうだし。

あ、でももう一方の日に9月に新譜を出すDREAM THEATERを投入するという手があるか。
逆にIRON MAIDENとDREAM THEATER以外にトリにハマりそうなバンドが見当たらない。

MEGADETHは南米ツアーかなんかがその時期に入っているそうなので、またもやまさかのSLAYER?

個人的にはSCORPIONSを観たいけど、これも色々と難しそうですねー。
それにトリがSCORPIONSだと若者がトリ前に一気に帰りそうで、その光景を見るのもつらい(苦笑)。

現実的な所で言うと、恒例の「アモット枠」でSPIRITUAL BEGGARSは来そうですね。

STRATOVARIUSなんかも、まだ単独公演が発表されていないのでありそうな気がします。

「過去に出演実績のあるアーティストが強い」というこれまでの傾向から行くと、AIRBOURNEやAMON AMARTHなんかもあり得るのかな?

今年新作出した所では、ENFORCERはかなり良かったし来てほしいなあ。
全然毛色違うけど個人的にはLORDIなんかもこういうお祭りで観たら楽しそうかな、なんて思ったり。

PRETTY MAIDSも、昨年の来日公演を見逃したので、観たいですね。評判良かったし。

後はDGM! イタリアのバンドはこれまでLACUNA COILくらいしか出たことないのでなんとなく難しそうですが、昨年のCIRCUS MAXIMASみたいにLOUD PARK出演を機に注目度を高めてほしいバンドなんですよね。

そう言えば先日のFINLAND FEST…じゃなかったLOUD & METAL ATTACKで、もう一度観たいバンドをTwitterで投票して一番多いアーティストを呼ぶ、みたいな話がありましたね。

噂によるとMOKOMAが一番多くの票を獲得していたということですが…個人的には何だかんだ理由をつけて「実績アーティスト」であり、8月に新作を出すというTURISASをブッ込んでくるのではないかと思ってます(笑)。

あぁ、あと2年連続ですがOUTRAGEは出そうですね(苦笑)。私は昨年は観ていないので別にかまいませんが。

CHTHONICも3月に来たばかりだけど、実績アーティストだし、新譜出したし、欧米のアーティストよりいろいろハードル低そうなので出てくれるのではないかと勝手に踏んでいます(笑)。

AMARANTHEも来たばかりだけど、もう一度来てもいいよ。私が観てないので(笑)。

メロデス系はSOILWORKか、DARK TRANQULLITYか、大穴でKALMAHあたりを期待。

あとは1日目と2日目に分けて、ジェフ・テイトのQUEENSRYCHEと、トッド・ラ・トゥーレのQUEENSRYCHEとか出してくれたら企画としては俄然面白くなるのですが(笑)。

なお、私が一番この場で観たいのは毎年言ってますがSYMPHONY Xです。もはやノーリーズン(笑)。

なんか妄想だけでだいぶ長い文章を書いてしまいましたが、それだけLOUD PARKには期待しているということで(笑)。
よろしくお願いしますよ、ホントに!

◆LOUD PARK 13 公式サイト
http://www.loudpark.com/13/