DRAGON EYES / DRAGON EYES

dragoneyes01.jpg

その名前から察せられる通り、DRAGON GUARDIANのメンバーとTHOUSAND EYESのメンバーによるコラボレーション・プロジェクトのアルバム。

折衷されているのはバンド名だけではなく、音楽性もまた然りで、DRAGON GUARDIANのシンフォニックなメロディック・スピード・メタルのスタイルと、THOUSAND EYESのデスラッシュめいた勢いのあるメロディック・デス・メタルのサウンドが、融合というよりは文字通り合体している。

というのも、シンフォニックなパートはあくまでもシンフォニックに、アグレッシヴなパートはとことんアグレッシヴにと、両バンドの持ち味が変に混じり合うことなく共存しており、まるで激辛カレーと甘いケーキを交互に(時に同時に)口に突っ込まれているかのような、なかなか個性的なサウンドに仕上がっている。

どちらのタイプの音楽も好きな私のような人間にとっては、なかなかくすぐりの多いアルバムである一方、DRAGON GUARDIANのようなシンフォニックなメロディック・スピード・メタルは好きだけど、デス声やエクストリーム系のサウンドは苦手、という人にはヘヴィ過ぎるだろうし、逆にTHOUSAND EYESのような硬派なメロデスが好みという人にとっては、本作のシンフォ・パートはいささか大仰で、特に女性ヴォーカルが歌うパートは、クサ過ぎるかもしれない。

トータル的に見ると欧州のシンフォニック・ブラック・メタルに近いと言えるかもしれないし、RHAPSODY OF FIREのようなバンドがデス声やエクストリーム・メタル的なアグレッションを楽曲に導入することも珍しくなくなってきたが、本作がそれらとは似て非なるものに仕上がっているのは、シンフォ・アレンジに対するアプローチの違いや、女声ヴォーカルの資質の違いが大きい(一方でアグレッシヴな面については、THOUSAND EYES同様、極めて無国籍で、日本人ならではと思われる要素はほぼ皆無)。

クラシックの素養が豊かな欧州のシンフォニック・メタルは、日本人にとってはいささか「重厚すぎる」と感じられることも多いので、こちらのほうが馴染みやすい、と感じる人がいてもおかしくないし、DRAGON GUARDIANのファンが、本作をきっかけにエクストリームなサウンドに目覚めることもあるかもしれない(もちろんその逆も)。

陰陽座と(というかアニソン?)とデスラッシュ系のバンドが交互に演奏しているかのような#6「New World」などは本作の音楽性を端的に表しており、この曲が受け入れられるかどうかがひとつの試金石といえるだろう。

一方で、まんま初期IN FLAMESという感じの#7のような曲もあり、単純にメロデス好きな人が聴いても充分楽しめるとは思う。

アルバムトータルで33分程度と、「実験的に作ってみました」という印象を受ける部分もあり、今後もこのプロジェクトが今後も続いていくのかどうかわかりませんが、なかなか面白いものを聴かせてもらったという感想です。【83点】

◆本作のトレーラー映像 [YouTube]



スポンサーサイト

KNIGHTS OF ROUND / A FALLING BLOSSOM WILL BLOOM AGAIN

knightsofround03.jpg

2003年に結成された、Yazin(G, Programing)を中心とする「RPGメタル」バンドの、発売元を「Black Listed」からART UNION内の「STAY GOLD」レーベルに移籍してリリースされた前作より約3年ぶりとなるサード・アルバム。

昨年には前作「THE BOOK AWAKENING」収録曲「Reborn」が、スクウェア・エニックスのPS VITA専用ソフト『地獄の軍団』に使用されるなど、メタル・マニア以外のフィールドでも注目を集めつつある。

音楽的にはアニメソングやゲーム音楽に影響を受けたというメロディック・スピード・メタルで、一番近いのは、コラボ実績もあるDRAGON GUARDIANを男性ヴォーカル、英語詞に変えた感じだろうか。

DRAGON GUARDIANはその歌詞、および女性シンガーの資質ゆえに否応なしにアニメ的なものを意識させられずにはいられなかったが、このバンドの場合は、前情報なしに聴けばそういった要素は特に気にならず、普通に高品質のメロディック・スピード・メタルとして楽しめる。

変にシンフォ・アレンジなどに頼らず、あくまでギターがアンサンブルの中心となっているのがサウンドの切れ味を良くしていて、全編を貫く疾走感とあいまって、この手の音楽のファンにとってはなかなか気持ち良いサウンドが繰り広げられている。

メロディック・パワー・メタルの名門といえるフィンランドのFINNVOXスタジオで、名手ミカ・ユッシラによってマスタリングされたことが効いているのか、サウンドも日本のインディーとしては非常に良好と言えるのもポイント高い。

惜しむらく、やはり日本のバンドの宿命というべきシンガーの弱さで、AKIRA(AZRAEL, PROPHESIA)を少しパワーダウンさせたようなヴォーカルの説得力不足が、せっかくのメロディの充実を活かし切れずにいるのが惜しい。

とはいえ、近年減少傾向にあるピュアなメロディック・スピード・メタル・アルバムの佳作であることは間違いなく、この手の音楽のファンであれば一聴の価値がある作品である。【82点】

◆本作のトレーラー映像 [YouTube]



PROPHESIA / GODDES OF LIGHT

prophesia02.jpg

AZRAELのAKIRA(Vo)とXANADUのMICHAEL(G)を中心に結成されたプロジェクト(バンド?)の、6年ぶりとなるセカンド・アルバム。

メロディック・パワー・メタル調から、メロディアス・ハード寄りまで、楽曲にはある程度幅があるが、MICHAELの存在感あるネオ・クラシカルなギター・プレイが作品に一本筋を通している。いずれにせよ、日本のメロディック・メタル・ファン好みの音楽性と言えるだろう。

#1のような疾走感のあるパワー・メタル系の楽曲ではやはりAZRAELを想起してしまうが、アルバムを通して聴くと、このPROPHESIAならではの個性も見えてくる。

AKIRAは日本人離れした強力なハイトーンの持ち主だが、楽曲におけるメインとなる中音域はややクセがあるので、好みが分かれるかもしれない。いずれにせよ、AZRAELとの最大の差異は彼が日本語で歌う曲の存在、ということになるだろう。

楽曲は捨て曲なしと言っていいクオリティの高さで、90年代から日本のインディー・メタル・シーンを見ている者としては、ここまでの水準の作品が生み出されていることには感慨深いものもあるが、やはり欧州(比較対象としてはやはり欧州のバンドが妥当だろう)のAクラスのバンドに比べてしまうと、どこかB級臭いのはやむを得ない所か。【79点】

◆本作のトレーラー映像 [YouTube]



BURRN!14年1月号の感想

burrn1312.jpg

表紙は来年4月に「BURRN! 30TH ANNIVERSARY LIVE」と題された来日公演を行なうDEEP PURPLEのイアン・ギラン(Vo)。30年位前の写真でしょうか。

そして表紙にもロゴ入りで告知され、カラー12ページで大特集されているのはKISSの来日公演。

近年、BURRN!で表紙になるようなアーティストというのは、欧米ではHR/HMというよりは「Classic Rock」と呼ばれており、そういう意味でBURRN!というのは今やメタル雑誌というよりは「クラシック・ロック・マガジン」なんだな、ということをあらためて感じる表紙と特集でした(一応今でも’THE WORLD’S HEAVIEST HEAVY METAL MAGAZINE’と謳っていますが、それが実態を表していないことは編集部の人たちにも自覚があることでしょう)。

もちろん連載企画として続いている創刊30周年カウントダウン企画も、未来を見据えるというよりは過去を振り返るというニュアンスが強いものですし。

今月の広瀬編集長との対談相手は、以前この雑誌で「ROCKOMANGA」なる6コマ漫画を連載していた喜国雅彦氏。

その「ROCKOMANGA」が突然打ち切りになった経緯や、単行本がなぜBURRN!の出ているシンコー・ミュージックではなく、いわば競合社であるリットー・ミュージックから刊行されたのかについての裏話が聞ける。

しかしこんな話、BURRN!という雑誌そのものに興味がある人であればともかく、単純に音楽としてのHR/HMが好きな人にとっては果てしなくどうでもいいような…。

もちろん喜国氏は漫画家の中では屈指のHR/HMファンなのでしょうし、だからこそこの雑誌で連載を持っていたのでしょう。そしてこの対談の中でもHR/HMについての話もしてはいますが、少なくとも90年代以降のHR/HMに関してはひょっとすると私のような素人の方が詳しいんじゃないか、という程度の知識しかお持ちではないと思われるので、喜国氏のファンだという人以外にはあまり意味のない対談企画かもしれません。

今月号からさりげなく(?)復活している古谷美登里氏による書籍のコラムと岩沢房代氏による映画のコラムに続き、「ROCKOMANGA」も来年3月5日発売の4月号から連載を再開するらしい。

BURRN!には時代性に合った改革をしてほしいとは思っていますが(その結果としてショボくなる部分があっても仕方ないと思っています)、こういう単純な「過去への回帰」はどうなんでしょうね? 本当に「もはや(日本では)過去にしかHR/HM(雑誌)の生きる場所(マーケット)はない」と腹をくくった、ということなのでしょうか。

そして実際30周年カウントダウン特集の後半である、「この30年間にリリースされたエポック・メイキングなアルバム」16選」というのも、16枚中10枚が84年から88年という最初の4年間に集中しており、1999年のSLIPKNOTのデビュー作を最後にここ10年以上そういうアルバムは出ていない、という残念な現実を浮き彫りにするものでした。

あと、今月号のメインはLOUD PARKのレポートと、その出演アーティストたちへのインタビュー。

フェスのレポートという意味では、LOUD PARKの他にも11月の2日と3日にGIRLSCHOOLをヘッドライナーに迎えた「JAPANESE ASSAULT FEST 13」なる小規模なフェスが行なわれており、そのレポートも掲載されているのですが、なかなかフェスのレポートというのは難しいものですね。

単純に沢山のバンドのライヴの短い感想の羅列みたいになってしまっており、フェスとしての魅力がさっぱり伝わらない。

個々のバンドにフォーカスすることはもちろん、やはりもっとオーディエンスの雰囲気とか全体の雰囲気みたいなもの、ライヴ以外の要素(LOUD PARKの場合はほぼ飲食ブースと物販ブースしかないけれども)にもスポットライトを当てないと、フェスを伝えたことにはならないのではないかという気がします。

正直な所、このレポートを読んで、LOUD PARKに行ったことがない人が「行ってみたい!」と思うかというと、やや疑問なんですよね…。

LOUD PARK出演アーティストのインタビューも、全バンド取っているわけではなく、個人的にはベスト・アクトだったEUROPEとSTRATOVARIUSのものがないのが不満です(笑)。まあ、どれだけ新しいネタがあるかどうかで取捨選択をしているのでしょうけど…。

CARCASSのステージにマイケル・アモット(G:ARCH ENEMY, SPIRITUAL BEGGARS)がゲスト参加することを多くの人が予想&期待していたと思われますが、実際プロモーター(クリエイティブマン)からはそういう要望があったということをメンバーは認めています。

ただ、CARCASSのメンバーとしては新ラインナップのお披露目をしっかりしたかったということでそれを断ったようで、それはハッキリ言うとマイケル・アモットの登場がショウのハイライトになることを嫌ったのではないかと思われます。(マイケルがそれほど有名ではない)別の国であれば話は違った、とも言っていますし。

BABYMETALのインタビューをカラー4ページくらいで取れば、普段この雑誌を買わない層が購入するきっかけになったかもしれませんが、それをしないのがこの雑誌のせめてもの矜持なのでしょうか。

見開きのポスターはALDIOUSのトキ(G)。最近はフォトジェニックなHR/HMミュージシャンが減ったので、多少なりとも華のある女性ミュージシャンをということなのか、レトロ感満載の表紙とのバランスを取ろうとしたのか…。

トキはなかなか面白いブログを書いているし、見た目もかわいいと思いますが、こういう黒ベースのメイク&衣装より、もっと明るく華やかな恰好の方が似合うと思います。

しかし、こうやって一人だけフィーチュアされて、他のメンバーの反感を買わないのかどうか、ちょっと心配ですね(余計なお世話)。

あと、今月号で目を引いたのは、広瀬編集長と梶山章(G:PRECIOUS, GOLDBRICK, JOE LYNN TURNER他)の対談形式をとったオリエント時計の編集タイアップ広告と思われる記事。

ついにこういう一般商材の広告企画も受けるようになったのか…。とはいえ、もう少し求心力というか影響力のあるミュージシャンじゃないと、あまり効果がないような…。

BURRN!編集部が「心づけ」くらいの費用でキャスティングできるのが梶山氏だった、ということでしかないのでしょうけれども。

レビューに関しては、クロスレビューのトップがROYAL HUNT、というあたりに今月の小粒感が端的に表れていますが、個人的に興味のあるタイトルは結構多い。

そのROYAL HUNTも前作が悪くなかったので買いましたし、もうひとつのクロスレビュー・タイトルである、ジェイク・E・リー(元OZZY OSBOURNE, BADLANDS)の復活作であるRED DRAGON CARTELも購入予定。

そして何でクロスレビューにならないの、のRHAPSODY OF FIREと、90点獲得(とはいえ広瀬編集長だから過信は禁物だが)SILENT FORCEはマストバイ。

その他THAURORODやPERSUASERといったメロパワ系、PROPHESIAにKNIGHTS OF ROUNDといった国内勢もちょっと気になります。

◆発行元であるシンコーミュージックのWebサイト
http://www.shinko-music.co.jp/main/ProductDetail.do?pid=2175011401

映画『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』感想

metallica_movie.jpg

「METALLICAの映画」として話題の『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』を観てきました。

当初は公開初日に観に行こうかと思っていたが、学生時代にメタル好きだった友人2人に声をかけてみると「観たい」というので、予定を合わせて観に行くことにした。

しかし、お互い別の会社に勤める社会人だけに、なかなか日程が合わせられず、公開から2週間が経ってしまった。

メタルの世界ではビッグなMETALLICAとはいえ、一般人にとっての存在感はそれほどでもないだけに、映画の興行自体はパッとせず、東京ではもともと3館しかなかった上映館は2週間目にして2館になっており、社会人の勤務時間後に観られそうなのは109シネマズ木場しかなかった。

その109シネマズ木場の開始時間も、終電までの労働を常とする私にとってはなかなかハードルの高いもので、仕事を振り切るように会社を飛び出し、小走りに移動してどうにか間に合ったという感じだ(途中駅での乗り換えも結構距離があったし、駅からイトーヨーカドーの中にある映画館までもそこそこ距離がある)。

友人のうち一人は先に着いていたが、もう一人は15分ほど遅れるとのことだったので、先に館内に入り、着いたらケータイに連絡をもらって迎えに出ることにした。

いくつかの予告編が上映された後、映画が始まる。スペシャルなアリーナ・ライブという設定のもと、ちょっとしたストーリーのイントロの後、バンドの演奏が始まる。

オープニングは「Creeping Death」だ。曲が名曲であることに異論はないが、とにかく音の良さに度肝を抜かれる。

いや、これまで何度かIMAX 3Dの映画は観たことがあって(直近では『パシフィック・リム』で観た)、そのサウンドの迫力は予想していたが、これは予想以上だ。こんなに素晴らしい音響は、実際のライブはもちろん、大型家電店にあるホームシアターの体験コーナーでCDを聴いたときでさえ体験することができなかった。

この曲のプレイ中に遅れてきた友人が来たが、とてもこの曲が終わるまでは迎えに出ることができませんでした(笑)。それほどに衝撃的な音響だった。

この映画には『アメイジング・スパイダーマン2』などに出演していたデイヴ・デハーンが演じるバンドのツアー・スタッフ(いわゆるローディー?)のトリップなる青年が、バンドの大切な荷物を積んだ車がガス欠で来れなくなっているので、ガソリンを届けてこい」というお使いのミッションを受けるストーリーが、バンドのコンサートの裏で展開している。

しかし、正直な所、ライヴ・ビデオを映画として構成するためのアレンジ以上のものではなく、全体的にストーリーが意味不明であり、主人公がほぼひと言もしゃべらないこともあって、ある種ドラマ仕立ての音楽PVのようなもの、という印象を受けた。

とはいえ、ライブを楽しむにあたっての邪魔になるような退屈な映像というわけでもなく、「Master Of Puppets」から「Battery」というショウのハイライトとクロスしているシーンなどはかなりスリリングだった。

日本では大人気アイドルくらいでしか実現しない360度全方位型のステージに、パイロがド派手にバンバン上がり、楽曲に合わせて「MASTER OF PUPPETS」のジャケットを思わせる十字架が生えてきたり、ショウの途中で「…AND JUSTICE FOR ALL」のジャケットに描かれている女神像が組み上げられて崩壊してみたりと、日本ではなかなかお目にかかれない豪華なステージ・セットをIMAX 3Dの迫力で観ることができるというのも見所。

ついでに、ラーズ(Dr)の頭頂部を映し出すことを恐れない(笑)、上方からのアングルも豊富に使用したダイナミックなカメラワークも臨場感と迫力たっぷりで、この映画の狙いだったという「映画館の観客をステージに上げてみる」というコンセプトはほぼ完璧に成功していると言えるのではないか。

上映終了後、遅れてきた友人が「ストーリーがイマイチよくわからなかったんだけど、アタマから観ればわかるの?」と訊いてきたが、それに対しては「大丈夫、最初から観てもよくわからない」と二人で断言できました(笑)。

「バンドの大切な荷物」とは何だったのか、結局明かされませんしね。

まあ、本作に関してはとにかく極上のサウンドでMETALLICAを楽しめる、ということが最大の魅力じゃないですかね。いかにオーディオ・マニアな方でもさすがにIMAX 3Dクラスの音響設備が自宅にある人はまずいないでしょうし(笑)、これはやはりいつかBlu-Rayが出るのを待とう、というような代物ではなく、ライブ同様、実際に映画館に足を運ぶことで一番楽しめるものじゃないですかね。

一部の映画館では12月7日限定で「スタンディングOK、ヘッドバンギングOK、シャウトOK」な「ライヴスタイル上映」が行なわれると聞き、「シャイな日本人が映画館でそんな恥ずかしいことできるのかね?」と思っていましたが、この素晴らしさならむしろ私も立ち上がってアタマを振り、声を出したかったですね。

いつまで上映が続くかはわかりませんが、METALLICAのファンはもちろん、「音が良い」ということはどういうことかを体験したいメタル・ファンにはぜひともIMAX3D上映をしている映画館に足を運んでほしいと思います。

◆『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』日本語公式サイト
http://metallica-never.jp/

◆本作の予告編映像


◆インタビュー&メイキング映像


◆サマソニでコラボ(?)したBABYMETALによるプロモ映像

たしかに「IMAX 3Dで観なきゃダメ、ゼッタイ」ですね。