VANDENBERG’S MOONKINGS / VANDENBERG’S MOONKINGS

moonkings01.jpg

かつてTEASER, VANDENBERG, WHITESNAKE, MANIC EDENといったバンドで活躍したオランダ出身の長身ギタリスト、エイドリアン・ヴァンデンバーグが組んだニュー・バンドのデビュー・アルバム。

2004年にVANDENBERGが一時的に再結成して収録した代表曲「Burning Heart」のリメイクを含めた2枚組ベスト・アルバム「THE DIFINITIVE」のリリースはあったものの、実質的には1997年にリリースされたWHITESNAKEのアルバム「RESTLESS HEART」以来17年ぶりのカムバックと言っていいだろう。

先日のジェイク・E・リーのRED DRAGON CARTELといい、しばらく音楽業界から身を引いていたギタリストの復活がここ最近のトレンドなのでしょうか(笑)。

元々オランダのサッカー・チーム、FCトゥウェンテのための曲を作るために起用したメンバーは、2008年のWHITESNAKEのオランダ公演で前座を務めたSTONEFLYのヴォーカリストだったヤン・ホーフィングに、かつて10年ほど前にエイドリアンが審査員を務めたミュージシャン発掘番組でエイドリアンの高い評価を得たマルト・ナイエン・エス(Dr)とセム・クリストフェル(B)で、いずれも国際的な知名度こそないが、高い実力を備えた人材である。

エイドリアン・ヴァンデンバーグというと、自らの名前を冠し、国際的な知名度を得るきっかけとなったVANDENBERGの印象が強く、あそこで体現されていた欧州らしい叙情性を秘めたHR/HMサウンドこそが彼の本質だと思ってしまいがちだが、ああいうサウンドはキャッチーなメロディが重視されていた80年代という時代に迎合したものだったのだろう、本作で展開されているサウンドはVANDENBERGのそれとはいささか趣を異にするものである。

彼のキャリアでいうならやはりWHITESNAKEに近く、シンガーの声質もあって、LED ZEPPELIN的に響く場面が多い、ブルージーでシンプルなハード・ロック・サウンドである。

まあ、最初のキャリアであるTEASERからして必ずしもメロディックなサウンドではなかったし、MANIC EDENなどもそうだったので、エイドリアンの本質はこういう70年代っぽい、ブルージーなロックン・ロールだったということなのだろう。

アルバムの仕上がり自体は悪くない。ブランクを考えれば上々と言っていいだろう。そういう意味で、いささかブランクを感じざるを得なかったジェイク・E・リーのRED DRAGON CARTELよりも印象は良い。

ただ、このヴィンテージでアナログな味わいの渋いハード・ロックは個人的な琴線からはやや距離のある音楽で、これはやっぱりリアルタイムでVANDENBERGやWHITESNAKEを体験し、今ではすっかり渋いロック親父となって、昨日あたり「ROLLING STONESを観にドーム行ってきました!」なんてFacebookに書いているような世代の人たちのための音楽なのではないか。いわゆる欧米人が言うところの「クラシック・ロック」ってヤツですか。

まあ、最初からVANDENBERGが再現されることはないだろうと予想していたので別に落胆したりはしませんでしたが、個人的には今後何度も聴くアルバムではないかな。

ストリングスを入れたバラード調の#4「Breathing」と#7「Out Of Reach」は大人の哀愁を感じる良い曲で、気に入っています。

なお、WHITESNAKEの「SLIP ON THE TANGUE」収録曲だった「Sailing Ships」のリメイク#13には、盟友デイヴィッド・カヴァデール(WHITESNAKE)がゲスト参加しています。

◆「Breathing」のPV


◆「Lust And Lies」のPV



スポンサーサイト

ALCHEMY CRYSTAL / 志鋼の扉

alchemycrystal01.jpg

都内を中心に活動する、コーラス専任メンバーを含む5人組のデビュー・ミニアルバム。

中心人物であるHAL(G)は沢田泰司(B:元X, LOUDNESS, DIRTY TRASH ROAD他)の晩年の活動のひとつだったTAIJI with HEAVEN'Sのメンバーでもあった人物。

それ以外のメンバーも高度な音楽的訓練を受けた、インディーズでの活動実績のあるメンバーばかりで、演奏力は高い水準で安定していて安心して聴くことができる。

DrのKeisuke Tsuboiは、VOMIT REMNANTSというデス・メタル・バンドで、欧米を中心に活動していた(日本人のバンドなのにウィキペディアは英語版とドイツ語版のみ存在している)実績もあるようだ。

音楽的にはメロディック・パワー・メタルという形容が一番近いと思われ、そのKeyサウンドをフィーチュアし、クラシカルなエッセンスを漂わせつつもギター・オリエンテッドなサウンドは、歌詞がオール日本語であることもあいまって、日本語詞で歌っているときのGALNERYUSを彷彿させることもある。

メタル然とした楽曲からバラードまで、どの曲においても、起承転結の明確な練られたギター・ソロは聴き応えがある。

ただ、このバンドを凡百のメタル・バンドと一番差別化しているのは、ヴォーカルのスタイルで、声楽科を卒業していると聞くとさもありなん、というクラシックっぽい(テノールとかバリトンとかそういう感じのアレ)朗々とした、シャウトやスクリームをしない歌唱は、このバンドの大きな個性と言えるだろう。

もちろん個性というのは往々にして諸刃の剣なので、このヴォーカル・スタイルが受け付けない、というリスナーもいるかもしれないが、日本のインディー・メタル・バンドでは貴重な歌唱力の持ち主であることは確かだろう。

このクラシカルなメタル・サウンドとヴォーカル・スタイルが、日本語であることもあって時折VERSAILLESのようなV系メタル・バンドを連想させることもあり、そういうバンドを好むリスナーには受け入れやすいかもしれない。

本作のラストを飾る#6「不滅花」という曲を聴いていて、その曲名もあって、ふとRaphaelがメロディック・パワー・メタル・スタイルのまま成熟したらこんなサウンドになっていたかも…などと思ったり。

自主制作盤としては音質も良好な部類だが、Drのトリガー・サウンドがやや人工的なのが個人的にはちょっと気になる。

なお、蛇足ですが、中心人物であるHALさんは当サイトの記事を多分全てご覧いただいている読者様とのことで、本作の制作にあたって当サイトの記事内容なども参考にしていただいたとのことです。

◆ALCHEMY CRYSTAL公式サイト
http://xththys.wix.com/alchemy-crystal

◆本作収録「誇り高くあれ」PV

ギター・ソロの美味しい所で終わってしまうので、続きは音源で(笑)。


WITHIN TEMPTATION "HYDRA"のチャート成績

WITHIN TEMPTATIONのニュー・アルバム、「HYDRA」の各国チャートアクションは以下の通り。

オランダ:1位
チェコ:1位
フィンランド:2位
スイス:2位
ドイツ:4位
ポーランド:4位
オーストリア:5位
イギリス:6位
フランス:9位
ポルトガル:11位
スウェーデン:12位
アメリカ:16位
ノルウェー17位
日本:22位
カナダ:25位

母国オランダでの1位は当たり前(前作は2位止まりでしたが)としても、あのHR/HMに冷淡なイギリスでTOP10入り、そしてアメリカで16位というのも、欧州のメタル・バンドとしてはかなり稀に見るレベルの成功です。

この音楽が日本よりもアメリカで売れる時代になってしまったか、といういささか忸怩たる思いもありますが、もはや欧州のトップ・バンドなどという枠には収まりきらない、ユニバーサルなメジャー感を備えた傑作だと思います。

◆ニュースソース
https://twitter.com/victor_rocks/status/434663640919048192

◆先行シングル「Paradise」のPV


◆「Dangerous」のPV

このPVのシャロンがカッコいい。手足が長いってやっぱり見栄えがしますね。

◆「Whole World Is Watching」のPV



VALENTINE / ANDROGENIUS (2008)

rvalentine09.jpg

本日はバレンタイン・デーなので、VALENTINEのレビューを本サイトにアップしてみました。

実は昨年はそのちょっと前にリリースされたBULLET FOR MY VALENTINEの新作をレビューしていたりして、まあちょっとしたバレンタイン企画ですね。

じゃあ来年はヒューゴが在籍していたVALENTINEをレビューするのか、みたいなことをお考えになるマニアな方もいるかもしれませんが、その予定はありませんのでご安心(?)下さい。たぶん今年でバレンタイン企画は最後です。わずか2年の寿命でした(笑)。

VALENTINE、いや、あえてロビー・ヴァレンタインと言いましょう。90年代に「メロディ派」のHR/HMファンとして過ごした人であれば、かなり印象に残っているアーティストだと思います。

私もその例外に漏れず、初期の彼の音楽はかなり愛聴したクチなので、このベスト盤の紹介にかこつけて、ちょっと彼に対する思い入れみたいなものを語ってみようかな、と。

本アルバムは、「二枚組ベスト」という体裁をとっていますが、恐らくこの内容を「ベスト」だと思うファンはかなり少ないのではないかと思われます。

1st「ROBBY VALENTINE」からは3曲(うち1曲は2バージョン)、2nd「THE MAGIC INFINITY」からは1曲、3rd「VALENTINE」からはゼロ、4th「VALENTINE4-UNITED」からは3曲、5th「NO SUGAR ADDED」からもゼロ、6th「BELIEVING IS SEEING」から6曲、7th「THE MOST BEAUTIFUL OF PAIN」からは7曲、8th「FALLING DOWN IN MISANTHROPOLIS」から6曲と、大半が2000年代に入ってからのアルバムの曲。

つまり、日本で人気があった時期の楽曲はほとんど収録されていない。

ロビー・ヴァレンタインはソロの初期において本国オランダで5曲のスマッシュ・ヒットを放っているが、本作に収録されているのは本国で6位を記録した最大のヒット・バラード「Over And Over Again」と、2ndからの「No Turning Back」の2曲のみ。

しかも、その「Over And Over Again」にしてからが、「FUTURE」と題されたDISC-1の#4ではバラードではない全く違う曲にアレンジされており、「PAST」と題されたDISC-2では「2008年バージョン」にリメイクされている。

同曲に限らず、ROBBY VALENTINE名義で発表した1stおよび2ndの収録曲は全てリメイクされており、その事実は「過去の否定」にも映る。

DISC-1の冒頭を飾るのが、EVANESSENCEからの影響丸出しのヘヴィ・チューン「Save Myself」で、「FUTURE(未来)」と銘打たれたこちらのディスクには、彼の楽曲の中でも新しい、モダンなタッチのあるヘヴィ寄りの曲が揃っているのは、意図的なものだろう。

しかし、どう考えても彼の本領、少なくとも彼以外には作れない音楽が詰め込まれているのは「PAST(過去)」と題されたDISC-2。

時代に恵まれず、その才能が正当に評価されなかった天才が迷走している姿がこのベスト・アルバムで浮き彫りにされていて、ちょっと聴いていて痛々しいものがありました。

いや、マジでロビー・ヴァレンタインってHR/HM史上屈指のメロディ・メーカーで、その点については紛れもない天才だと思うんですよ。

同じオランダのアルイエン・アンソニー・ルカッセンが、ロビーがゲスト参加した自身のプロジェクトAYREONの「INTO THE ELECTRIC CASTLE」発表時のインタビューの際、自分はロビー・ヴァレンタインのようにサクサクと音楽を作れない、彼がピアノの前に座ると、すぐにシンフォニーが生まれてくる、と語っており、その才能は客観的にはロビーより成功している同業者から見てもお墨付きでした。

それが、2014年現在公式サイトすらない有様(管理を任せていた人が突然勝手に閉鎖してしまったとのことで、ロビー・ヴァレンタインも困っているようですが…)。

このベスト・アルバムをリリース後、またしばらく音沙汰がなくなり、2011年と2012年に彼のルーツともいえるQUEENのトリビュート・アルバムを2枚リリースしました(日本盤未発売)。

それは、やはりヘヴィさを打ち出した「新機軸」が不評で、ルーツに立ち返った、ということなのでしょうか。

噂によると、既にオリジナルのニュー・アルバムも完成しているようなのですが、リリースするレーベルが見つかっておらず、実質お蔵入り状態になっているようです。

冷静に考えてみると、このベスト・アルバムも含め、日本ではずっと大メジャーの「UNIVERSAL」からアルバムが出ていた、ということがある意味驚きなのですが、それだけ売れていた時期の実績がかなりのものだったのか、あるいは担当者に恵まれていたのか、どちらだったのでしょう。

近年は、かつて在籍していた1ST AVENUEのシンガーだったピーター・ストライクスと活動を共にして、時々ライヴを行なったり(2007年にはコラボレーション・アルバムもリリースしている)、QUEENのカヴァーなどをステージでプレイしたりしているようです。

あのスター性に満ちていたロビー・ヴァレンタインが、いちヴォーカリストのバック・ミュージシャン的なポジションに甘んじている(それ以前からKYSSMETというバンドでベーシストとして活動したりもしていたようですが)、というのが個人的には歯痒いのですが、どうも彼の現在の一番の関心事は子育てのようで、天才とはいえ、彼も人の子だったということなのでしょう。

今後ロビー・ヴァレンタインがHR/HMシーンの第一線に戻ってくるかというと、それはなかなか難しそうな気がするのですが、彼が残した素晴らしい音楽は聴き継がれてほしいし、そのためにも1枚モノでいいから、ちゃんとしたベスト・アルバムが編集されて、一般的に入手しやすい形でリリースされてくれると嬉しいな、と思います。

◆「I Believe In Music」(1997)のPV [YouTube]

必ずしも彼の最高傑作ではないかもしれないが、彼の何たるかは伝わりやすい曲だと思います。


◆「Save Myself」(2007)のPV [YouTube]

現時点での最新PV。これはこれで悪い曲ではないのですが…。


続きを読む

BURRN!14年3月号の感想

burrn1402.jpg

表紙は1984年のRATT。当時トレンドだったファッションだけに、今見るとさすがに時代錯誤感は否めない。

ニュー・アルバムを出すわけでも、来日するわけでもなく、単に彼らのブレイク作である「OUT OF CELLAR」のリリース30周年というだけでの巻頭抜擢だけに、思い出話に終始するロング・インタビューは、彼らにさほど興味がない人間にとっては正直苦痛(苦笑)。

ただ、LAメタルのファッション・リーダー的存在だったRATTのあのビジュアル・イメージがADAM AND THE ANTSのアダム・アントや、DURAN DURANのようなニュー・ロマンティック系のバンドに影響を受けたものだ、というくだりは興味深かったかな。

続く「LAメタルの真実・特別編」と銘打ってのジェイク・E・リーのインタビューは、単純にひとつのサクセス・ストーリーとして楽しく読めました。割と苦労話とか貧乏話を聞くのは好きですね。

当時の裏話や暴露話に近いものも多く、そういうゴシップめいた話が好きな人にとっては面白いインタビューかもしれません。特に、ジェイクがMOTLEY CRUEに加入しかけた際の話は、ミック・マーズに対する見方が変わるような話です(笑)。

たしかに、MOTLEY CRUEにジェイクみたいなギター・ヒーローがいたら、さらに強力なバンドだっただろうなあ、とは思いますね。

ただ、ジェイクのニュー・バンド、RED DRAGON CARTELのライヴ・レポートはやや辛辣なもので、既に決定している来日公演への期待が膨らむものとは言い難い(苦笑)。まあ、アルバムを聴いた時点でジェイク以外の演奏がパッとしないのは薄々感じていましたが…。

RATT、ジェイクのインタビューに続くのは、私も足を運んだ「KAWASAKI ROCK CITY」のライヴ・レポート。

ここまで全部、80年代以来のファン向けの記事(苦笑)。

そして今月の創刊30周年カウントダウン特集は、なぜか扉が30年前には生まれていなかった人が大半と思われるALDIOUS。

広瀬編集長の今月の対談相手は、ウドー音楽事務所の偉い人。近年はウドーから独立したクリエイティブマンなどのほうがHR/HMアーティストの招聘に熱心だが、80年代から90年代という「BURRN!黄金時代」にはウドー音楽事務所こそがメイン・プロモーターだった観があるので、この人選なのでしょうね。

そして編集部員の独断による、創刊以来観たライヴで印象的だったものの30選。私が観たのは2010年のAVANTASIA来日公演(30位)と、2008年のLOUD PARKにおけるCARCASSのステージ(28位)、2002年のARCH ENEMY来日公演(14位)、2007年のLOUD PARKにおけるHEAVEN & HELLのステージ(13位)くらいですね。

2001年の4月9日のCHILDREN OF BODOM(23位)は、チケットを取っていたのに就職活動の絡みで観に行けず、一緒に行く予定だった友人が「最高だった」と言っていて悔しい思いをしたことを今でも憶えています(笑)。

その他のインタビューについては、それほど興味を引くものはなく、せいぜいBOSTONのトム・ショルツは奇人だなあ…とか、CHTHONICの写真はちょっとカジュアルすぎるのでは…とか、RING OF FIREのマーク・ボールズはドン・ドッケンのことを「とてもいい人」と言っていて、変わった人だなあ、と思ったりしたくらいですかね。

あとはRHAPSODY OF FIREのインタビューを読むと、アレックス・スタロポリの発言にはルカ・トゥリッリに対してもファビオ・リオーネ(というかANGRA)に対しても、何やら含む所がある印象で、あまり歯切れが良くない感じ。

まあ、たしかにANGRAもファビオ・リオーネを入れよう、ってのはちょっと安直な気がしますけどね。ブラジルくらい人口の多い国で本気で探せば、エドゥ・ファラスキに匹敵する人材は見つかるんじゃないかって気がするのですが。

今回のシャリー・フォグリオ氏のノスタルジック・コラムは、なかなか人生について考えさせられる内容で、女性の方は(この雑誌の読者には少ないと思いますが)必見ですね。「3番目の妻」になってしまってはいけませんよ。

編集長のコラムが無くなって以来、広瀬編集長の編集方針的なものはあまり露骨に言葉で語られることは少なくなったのですが、今月の「今月のおすすめ」コーナーで久々にちょっとそうしたものが垣間見られます。

「僕がお勧めしたい相手は、『RATTとジェイクが載ってるから久々に買ってみた』とか、『このところKISSやロブ・ハルフォードが載っているから久々にまた買うようになった』という、40代~50代の旧読者層の方々である」とか、「久々にBURRN!を買って知らないバンドのインタビューが沢山載ってても、戸惑うばかりなのではないか、ということ。僕だったらきっとそうなる」みたいな発言を読む限り、広瀬編集長が狙っているのは「若い新規読者」ではなく「昔読んでいた読者の呼び戻し」なんだなあと。

それが目的ということであれば、ここしばらくの表紙のセレクトについても合点がいく。

現実的なマーケティングとして、雑誌を買って読む習慣がなく、少子化で絶対数も少ない若者を狙うより、雑誌を買って読んだ経験があり、絶対数も多い40代~50代を狙ったほうが短期的に部数を伸ばすには効果的、という考え方は別におかしくはない。

ただ、HR/HMを単なる「メシのタネ」ではなく「今後も受け継がれていくべき文化」と考えるのであれば、やはり若い読者をメインターゲットにするべきで、ノスタルジーで購入する読者はあくまでサブターゲットであるべきではないか。

まあ、そういうスタンスで考えていたら、20代どころか30代の編集者が一人もいない、なんて状況が放置されているはずもないのですが…。

ディスク・レビューのトップは、エイドリアン・ヴァンデンバーグ(G:元VANDENBERG, WHITESNAKE, MANIC EDEN)の久々のシーン復帰作となるVANDENBERG’S MOONKINGSのデビュー・アルバム。

先行試聴できた音源を聴く限り、私の趣味とは距離のある音楽ですが、今月はオランダ強化月間にする予定なので買ってみることにします。

あと購入を考えているのはSTORMWARRIOR、DEAD BY APRIL、ALMAHあたり。IRON SAVIORも広瀬編集長がCYNTIA以上の点数をつけているくらいに高評価だし(笑)、久々に買ってみようかな。

あとは90点獲得のA.C.T、そして北欧ハード・ポップ・ファンとしてはちょっと気になるFATEあたりは余裕があればトライしてみたいと思います。

◆発行元であるシンコーミュージックのWebサイト
http://www.shinko-music.co.jp/main/ProductDetail.do?pid=2175011403