ZINATRA / THE GREAT ESCAPE (1990)

zinatra02.jpg

オランダのハード・ポップ・バンドが1990年に発表したセカンド・アルバム。

1988年にリリースされたデビュー・アルバムは当時人気絶頂だったDEF LEPPARDのフィル・コリンがゲスト参加していたことで注目を集め、内容もいかにも80年代全開な(キーボーディストがいないにもかかわらず)キラキラしたキーボードが大フィーチュアされたハード・ポップの佳作だった。

同作からはシングル「Love Or Loneliness」母国オランダのチャートでTOP20に入るスマッシュ・ヒットとなるなどの反響もあったが、同作リリース後、ツイン・ギターの片割れが脱退、その穴埋めにギタリストではなくキーボーディストであるロビー・ヴァレンタインを迎えてリリースされたのが本作。

前作よりもロック・バンドとして芯の太いサウンドを出していつつも、基本的には前作の流れを汲むKeyバリバリのハード・ポップ・サウンドが展開されており、その手の音が大好きな私としては、イントロダクションの#1に続く#2「Take It To The Top」の溌剌としたKeyリフを聴いた瞬間にこのバンドのことが好きになってしまいました(笑)。

その曲をはじめ、4曲を同時期アメリカン・メジャーの「ELEKTRA」からブルース・フェアバーン(BON JOVI, AEROSMITHほか)のプロデュースでソロ・アルバムをリリースしたポール・レインの書いた曲が4曲、そして本作から加入したロビー・ヴァレンタインが書いた曲が4曲、それ以外のメンバーがクレジットされている4曲のうち3曲にはプロデューサーであるアーウィン・マスパーの名前も連ねられている。

これが何を意味するかというと、ロビー・ヴァレンタインを除くZINATRAのメンバーの作曲力に疑問符がつく、ということなのですが(苦笑)、結果として本作には良い曲ばかりが収録されているわけですから、個人的にはバンド・メンバー以外の外部の人間が作曲に関わることは悪いことだとは思っていません。

本作はロビー・ヴァレンタインが日本でブレイクした時期に「ロビー・ヴァレンタインが過去に在籍していたバンド」ということで再発され、再発されたことで私が耳にする機会を得たわけですが、ロビーが書いた曲以外の曲も元気な曲からしっとりした曲までもれなく充実していて驚きました。

明るめの曲でもアメリカのバンドの曲のようにカラッと能天気な感じにはならず、常にそこはかとないウエットな叙情性があり、それでいて北欧のバンドほど湿っぽくならないあたりがオランダのバンドらしいのかもしれません。ヴォーカルのパワフルながらマイルドな歌声も結構好みです。

HR/HMバンドとしてはいささか歌謡曲的に過ぎる、という意見もあるかもしれませんが、一歩間違うとジャ○ーズ寸前だった前作に比べればだいぶ力強さを増しているし、これはこの時代のハード・ロックならではの幸福な大衆性の発現だったと私は解釈しています。

本作はオランダのチャートで72位を記録したが、恐らく「オランダのBON JOVI」や「オランダのEUROPE」を目指していたであろうメジャー所属バンドの成果としては物足りないものだったに違いなく、ロビー・ヴァレンタインが早々に脱退してソロに転じた。

バンドはロビーの後任を補充してしばらく活動していたのものの、程なく解散。ヴォーカルのヨッス・メネンは自身のバンドMENNENで地道に活動を続けている。

ロビー・ヴァレンタインの知名度もすっかり落ちてしまった今となっては注目されることもなくなってしまい、今となってはやや入手困難な一枚ではあるが、欧州系メロディアス・ハードのファンであれば一度は聴いてほしい佳作。【86点】

◆本作収録「There She Was」のPV


◆個人的フェイバリット・チューン「Take It To The Top」

こういうKeyリフにめっぽう弱いんですよ、私…。

スポンサーサイト

RAGEが現行ラインナップの活動を終了

RAGEが現行ラインナップでの活動終了を発表しましたね。

音楽的、個人的な変化が原因によるピーター”ピーヴィ”ワグナー(Vo, B)とヴィクター・スモールスキ(G)が「慎重に熟考した結果」としての決断だそうですが、なぜかドラマーのアンドレ・ヒルジャースまでRAGEを離れることになったそうで、これは実質的に「解散」ですね。

とはいえ、RAGEはこれまでにも二度ほど、実質解散に近いラインナップの総入れ替えを経ているバンドなので、ピーター”ピーヴィ”ワグナーがいればRAGEを名乗ることは問題ないのだろうと思いますが…。

じゃあ、ヴィクターと一緒によりクラシカルでシンフォニックな取り組みをするために結成したLINGUA MORTIS ORCHESTRAはどうなっちゃうの、とか。

こうなると昨年末に「フェスティバルに出演するため」という名目で結成された、マンニ・シュミット(G)にクリス・エフティミアデス(Dr)という過去のメンバーとのプロジェクト"REFUGE"がRAGEになってしまうの? とか。

ファンとしては色々と気になってしまうわけですが、とりあえず現行の強力なラインナップによるライブを昨年のLOUD PARKで観ることができてよかったなー、と思ってます。

ピーター”ピーヴィ”ワグナー、つまりRAGEの今後についてももちろん気になりますが、個人的にはメタル界でも屈指の才人であるヴィクター・スモールスキがどのような活動を始めるのか、が一番気になってます。

◆ニュースソース
http://www.blabbermouth.net/news/rages-most-recent-lineup-calls-it-quits/