STRATOVARIUS / ETERNAL

stratovarius16.jpg

もはや私のようなファンの贔屓目でなくともメロディック・パワー・メタルの代表格としての風格が漂う彼らの通算15枚目となるフル・アルバム。

ティモ・トルキ脱退後、新ギタリストのマティアス・クピアイネンを中心に制作された過去3作のアルバムは典型的なメロディック・パワー・メタルのフォーマットには収まらないプログレッシヴな作風だったが、本作は前作発表後にティモ・コティペルト(Vo)がインタビューで語っていた通り、パワー・メタル路線に回帰しようとする意志が感じられるアルバムになっている。

それは冒頭を飾る#1「My Eternal Dream」や、往年の名曲「Forever Free」を思い出させるパートを持つ#3「Rise Above It」といった典型的なパワー・メタル・ナンバー(これらを書いたのがマティアスであるというのが興味深い)の存在が大きく、それ以外の曲も、プログレッシヴな要素を内包しつつも全体的に勢いがあって一気に聴き通せる(厳密に言うと不思議なインストの小曲#6でひと息つくのだが)。

本作では前作に続いてティモ・コティペルトとCAIN’S OFFERINGでタッグを組んでいるヤニ・リマタイネン(G: 元SONATA ARCTICA)がソングライティングに関わっており、作詞・作曲がコティペルト&リマタイネンになっている#2、#8、#10などはほぼCAIN’S OFFERINGの曲である。

その他の楽曲でも作詞が「コティペルト&リマタイネン」になっているもの(イェンス・ヨハンソンの曲以外)については、恐らく歌メロについてはヤニ・リマタイネンのインプットが大きいと思われ、結果として本作のメロディの質はティモ・トルキ在籍時のSTRATOVARIUSよりもむしろSONATA ARCTICAに近い繊細な流麗さを感じさせる。

今年発表されたCAIN’S OFFERINGのセカンドはなかなかの好作で、歌メロの充実だけに関して言えばむしろあちらの方が上だが、やはりインスト・パートの充実度や楽曲のバラエティも含めた総合的な聴き応えではこちらの方が上だろう。

毎度美麗なアートワーク、7文字の英単語によるタイトル、そしてこのメロディック&プログレッシヴなパワー・メタル・サウンドと、今や彼らは独自の「様式美」を築き上げたと言っても過言ではないだろう。

これだけの作品を作り上げても『BURRN!』誌の扱いがモノクロ3ページというのが悲しいが、彼らの創造するメロディック・パワー・メタル・サウンドは今や洗練の極みに達しつつある。

限定盤に付属するLOUD PARK 13のライヴ映像もまた、これ単体でもお金を払いたくなるほど良い出来。彼らのパフォーマンスは常に良いが、やはり自分がその場に居合わせたライブの映像というのは格別ですね。

先日CAIN'S OFFERINGの来日公演が発表されましたが、STRATOVARIUSとしての来日公演も待ち遠しいですね。ライブは微妙なことが多い(?)メロディック・パワー・メタル・バンドの中で、彼らはライブが素晴らしい稀有なバンドなので。【87点】

◆本作収録「My Eternal Dream」のMV


◆本作収録「Shine In The Dark」のリリック・ビデオ




スポンサーサイト

IRON MAIDEN / THE BOOK OF SOULS

ironmaiden16.jpg

正直に言うと、全然期待していなかった。前作・前々作と、個人的には全くピンと来ないというか、ぶっちゃけ個々の楽曲の印象が全然残らない作品で、その原因は楽曲が冗長…というか、無駄に長い曲が多すぎると思っていたからだ。

然るに、今回のアルバムは2枚組のボリュームで、しかも10分超えの楽曲が3曲もあると聞いただけで既に胃もたれがしそうだった。

とはいえ既に来日公演が予定されていて、きっとそちらは素晴らしいだろうと確信できるだけに、やはり新譜はチェックしておくべきだろうと、半ば「お布施」のような感覚で購入した。

そして恐る恐る聴いてみる。

あれ? 意外といいんじゃね?

98点はお世辞かジョークとしても(これに98点をつける人というのは『THE NUMBER OF THE BEAST』に何点つけるつもりなのでしょう?)、少なくとも前作・前々作よりは良いのでは?

と、衝動で評価しそうになりましたが、この手のサイトを長年続けていると、あまり聴き込まなかったアルバムの印象は当てにならないということを学習している(苦笑)。

そこであらためて「私があまり聴き返さないメイデンの2大アルバム」である『A MATTER OF LIFE AND DEATH』と『THE FINAL FRONTIER』を久しぶりに聴き返してみる。案の定、印象として持っていたほど悪くない。

多分、本作も同じなのだ。当然、質は低くない。私の集中力に対して長すぎて、楽曲としての印象が残りにくい曲でも、パートによってはカッコいいと思える箇所は少なくない。

DISC1#4の「The Red And Black」なんてここ10年の曲だとかなり耳惹かれる曲なのだが、これも半分くらいの尺にまとめたほうが絶対に良い曲になったと思う。

不思議なのは彼らももういい歳で、体力的にも記憶力的にもコンパクトな楽曲の方が演ってて楽だと思われるのですが、なぜここまで長い曲にこだわるのかということ。まあ、これらの曲がライブでどこまでプレイされるかということを考えるとそれほど問題ではないのかもしれませんが…。

彼らの長尺志向がプログレ志向というよりはWISHBONE ASHの境地に近いという伊藤政則先生のお話を聞けばなるほど、と思うものの、それって「メタルの象徴」的なバンドに求められるスタイルなのかという疑問も。まあ、スティーブ・ハリス(B)がファンに求められるものを提供しよう、なんて性格の人ではないことは重々承知していますが。

実際、楽曲の長さにもかかわらず、前作・前々作に比べると、楽曲の長さの割に曲調やリズムは意外とストレートで、誤解を恐れずに言えば叙情性が増しており、最初に感じた印象の良さはその点に起因していると思われる。

その上であえて言えば、やはり5年後、10年後に「ああ、今日はメイデン聴きたいな」と思ったときに手を伸ばすのはこのアルバムではないというのもまた事実だろうと思う(それは『FEAR OF THE DARK』以降のアルバムに関してはどれもそうなのですが)。

でもやっぱり、長さとボリュームが敷居を上げている気がしてならないんですよね。もっと楽曲をシェイプアップしていたら、そして曲が少ないと言われても、収録曲を絞ってアルバムトータルで50分程度に収めていたら、全然印象は違っていたと思います(これは前作、前々作も同じ)。

本作が2枚組になったのは意図的なものではない、即ちどれも良い曲で削れなかったという旨のインタビューを読んだが、そういう意味では今の彼らに必要なのは一般的なメタル・リスナーが聴きやすい長さに楽曲の尺を削ったり、アルバムを適正な長さにまとめるために楽曲をボツにしたりすることができる「絶対的権力を持った外部プロデューサー」なのだろうと思います。今の彼らはそんな人物を受け入れないと思いますが(苦笑)。【81点】

◆本作収録「Speed Of Light」のMV

この曲は本作で一番「軽い」アルバム中では異色の曲で、アルバムの紹介にこの曲を使うのは忸怩たるものがありますが、まあ「シングル曲」なんてのは程度の差こそあれそんなものかもしれません。


PRAYING MANTIS / LEGACY

prayingmantis10.jpg

2009年の「SANCTUARY」以来、約6年ぶりのオリジナル・アルバム(2011年に企画盤「METALMORPHOSIS」をリリースしている)。

このバンド恒例のメンバー・チェンジがあり、ヴォーカルとドラムが交代している。新しいヴォーカリストはCOOPER’ INCやPARRISというバンドで活動し、AYRIONのアルバムへの参加経験もあるジョン・カイペルス、ドラマーにはCHINA WHITEやTERRA NOVAに在籍していたハンス・イン・ザントが迎えられており、AYRIONやTERRA NOVAというバンド名で想像がつく通り、二人はオランダ人である。

基本的には前作の流れを汲んだヴォーカル・ライン重視のメロディアス・ハード/AOR色の強い作風で、かつてに比べるとド派手なツイン・リードが炸裂する「マンティス節」は控えめだが、それは客観的に見れば「洗練」ともいうべきもので、彼らの成熟の形なのだろう。

ニュー・シンガーのジョンはドゥギー・ホワイト(元RAINBOW, YNGWIE MALMSTEEN, MICHAEL SCHENKER'S TEMPLE OF ROCK)を少し繊細かつエモーショナルにしたような、前任者同様の個性は強くないが無難な歌声の持ち主で(ルックスは完全に一般人だった前任者よりもずっとロック・ヴォーカリスト然としているのが良い)、彼の実力が確かなればこそ、こういったヴォーカル・オリエンテッドな路線が取れたのだろう。

今回「トロイ兄弟のバンド」であるこのバンドにしては珍しいほど他メンバーがソングライティングに関与しており(#5「Better Man」には何と名盤「A CRY FOR THE NEW WORLD」のVoだったコリン・ピールが関わっている)、そのこともまた本作のメロディアス・ハード的な作風に影響を与えたのかもしれない。

特に、80年代のフィーリングが色濃いAORナンバーである#2「The One」や#6「All I See」のような楽曲はアンディ・バーゲス(G)が一人で書いた曲で、個人的にはこの2曲(特に前者)が一番グッと来た。

ティノ・トロイではないギタリストが書いたポップな楽曲によってアルバム全体にキャッチーな印象が形作られているという意味では、デニス・ストラットンが大きく関与した「PREDATOR IN DISGUISE」に近いものがある。

当時「PREDATOR IN DISGUISE」の作風は賛否両論を呼んだが、今となっては楽曲が(80年代的な感覚で)ポップであることを批判するような手合いはいないだろうし、まして今回はキャッチーといっても「哀愁」というこのバンドに求められるエレメントをちゃんと押さえている。何の文句もあるまい。

このロドニー・マシューズによるジャケットに反応するような往年のファンのみならず、メロディアス・ハード系のサウンドを好む人にはぜひチェックしてもらいたい一枚。【85点】

◆本作収録「Fight For Your Honour」のMV

これは伝統のマンティス節ですね。

◆本作収録「The One」のオフィシャル音源

ツボです。



RIOT V 来日公演 at クラブチッタ 2015.9.6

昨年のLOUD PARKでのライブの印象がすこぶる良かったので、RIOTの来日公演に足を運びました。

ちょっとモタモタしていたらギリギリの到着になり、場内に入ったのは開演予定時刻である17時を2、3分回ったあたりでしたが、幸いにもまだライブは始まっていない。日曜日ということもあってか9割がた埋まっているが、パッと見渡す限り30代以上の男性ばかりで、女性の姿は片手の指で足りるほど。

そのまま少し移動して真ん中やや下手(しもて)寄り後方に陣取ると、ほどなく暗転。ちょうどいいタイミングでした。そしてもはや恒例となりつつある「故マーク・リアリを偲ぶ映像(というかスライドショー)」が映し出される。

映像が終わると、いつも通り「Narita」でライブがスタート。毎回思うのですが、「Narita」はカッコいいインスト曲ですが、例えばJUDAS PRIESTの「Hellion」のように、序曲的な曲ではなく、必ずしも期待感の醸成するようには働かない気がするのですが…。一歩譲って期待感を煽る効果があるとしても、それは生演奏ではなくSEとして使って、ライブ自体は歌モノから始めた方がインパクトあると思うのですがいかがでしょうか。

そして最新作というか、新生RIOT(V)のデビュー・アルバム「UNLEASH THE FIRE」のオープニング・ナンバーだった「Ride Hard Live Free」でVoのトッド・マイケル・ホールが登場。新しい曲はまだ浸透していないのか、そこそこの盛り上がりでしたが、「Fight Or Fall」から「On Your Knees」というトニー・ムーア期の疾走曲2連発で会場は一気にヒートアップ。トニー・ムーアの超高音Voパートを難なく歌いこなすトッドの歌唱はやはり素晴らしい。

トッドも素晴らしいが、何気にドラムのフランク・ギルクリーストも素晴らしい。メタル界でも屈指の名手であるボビー・ジャーゾンベクと比較される厳しい立場だが、ボビーよりワイルドかつパワフルなプレイは、RIOTのサウンドにかつてない力強さを与えている。

「今日はたくさんの曲をプレイする。多くは語らないぜ」というMCの通り、MCは控えめに次々と曲をプレイしていく。基本的にはトニー・ムーア時代の曲とガイ・スペランザ時代の楽曲を中心としたセットリストだ。

さすがにこの2015年にRIOTのライブに来ているような人は「THUNDERSTEEL」以降のパワー・メタル路線なRIOTが好きな人達が大半だと思いますが、初期のRIOTが今でも好きで、80年代後半以降の彼らはよく知らないけど、来日公演があると聞いて足を運びました!みたいな年配の方がいらっしゃったとしたら、この怒涛のパワー・メタル・チューンをどう受け止めているんだろうな…などと、彼ら史上最速のバカっ速い「Wings Are For Angels」を聴いていてふと思いました(笑)。

途中、「Sign Of The Crimson Storm」でサビの合唱を求められましたが、これはやや不発気味(少なくとも場内後方は…)。

その後、次のアルバムに入る新曲ということでプレイされた「Far From The Sky」は、DIOの「We Rock」風というか、彼らの曲でいうなら「Black Leather And Glittering Steel」風のオーセンティックなHR/HMリフを持つ正統的なHMチューンで、疾走曲ではなかったので、かつて「IMMORTAL SOUL」リリース前の来日公演で「Wings Are For Angels」を聴かされたときのようなインパクトはなかったものの、次作も安心して聴ける作品になりそうだという手応えが感じられる曲でした。

ガイ・スペランザ時代の「Outlaw」(マイク・ディメオ時代にもセルフカヴァーしていましたが)を挟み、「特別な日本のために、以前はやったことがない曲をプレイする。『THE PRIVILEGE OF POWER』アルバムは知ってるか?」というMCに導かれて「Black Leather And Glittering Steel」がプレイされる。

カッコいい曲ではあるが、いささか盛り上がりというかメリハリに欠けるので、『THE PRIVILEGE OF POWER』アルバムからであれば彼ら随一のポップ・チューンである「Maryanne」をプレイしてほしかったかな。

マイク・ディメオ在籍時の曲からの唯一のセレクトとなったのは、マイク・ディメオ版「Thundersteel」というべき「Angel Eyes」。この曲はマイクのマイルドな歌声だと今一つ煮え切らなかったが、トッドが歌えばカッコよくなるのでは? と期待していたが、やはり原キーが低すぎてトッドの歌声をもってしてもさほど印象は変わらず。

マイク・ディメオ時代の曲であれば、『NIGHTBREAKER』アルバムのタイトル曲と、『THE BRETHREN OF THE LONG HOUSE』アルバムから「Ghost Dance」をお願いしたいです。この2作の頃はRIOTが文字通り日本だけで聴かれていた時期だと思いますしね。

「Flight Of The Warrior」でも再びトッドはサビをオーディエンスに歌わせようとするが、これまた不発。やはり日本人には「曲名を叫ぶ」「オーオーという歌詞のないシンガロング」以上のことをやらせようとするとボロが出ますね。

「Bloodstreets」に「Take Me Back」という新旧の哀愁系チューン2曲を挟んで初期タイムへ。「Road Racin’」に始まり、「スペシャル・ゲスト」としてRIOTのデビュー・アルバムでマーク・リアリの相方を務めていたギタリストのL.A.クヴァリスが登場、「Tokyo Rose」、「Rock City」、そして本編ラストとなる「Warrior」に参加。

さっきも書きましたが、ここに来ている人の大半は「THUNDERSTEEL」以降のパワー・メタル路線なRIOTが好きな人達だと思われるので、デビュー・アルバム以降一切RIOTに関わっていなかった人が急に出てきても「誰?」って感じだと思いますが、バンドとしては精一杯「特別な趣向」を凝らしてくれたのでしょう。今のバンドの仕上がりをもってすればもはや「マーク・リアリ追悼」という「お題目」さえ必要ないのではないかという気さえしますが。

しかし何度聴いても「Warrior」は名曲ですね。「輝け、輝き続けろ、暗闇と痛みを越えて。輝け、輝き続けろ、戦士よ」こんなサビ、今日びアニソンでもないですよ(笑)。気恥ずかしいほどにカッコいい。合唱しながらちょっと泣きました。

盛大な「RIOTコール」に導かれて、さほどインターバルもなくメンバーが再登場。トッド・マイケル・ホールは着ていたシャツを脱ぎ、上半身裸になっているが、これがまた筋肉質に引き締まっていてカッコいい。顔立ちも整ってるし、ステージ・アクションもなかなかキマってるのに、イマイチ華がないのはなぜなんだぜ。

「よく知らないけど、『BURRN!』誌の年間投票で4位に選ばれたらしいね」というMCでプレイされたのは「Land Of Rising Sun」。日本のことを歌った曲ですが、こんなカッコいい曲を捧げてくれてありがとう、と言いたくなる名曲。グッと来ます。この時、彼らの恩人であるマサ・イトーが来場していることが告げられ、皆2階席を見上げましたが、私の角度からは見えませんでした。

アンコール2曲目は国際的に評価の高い『FIRE DOWN UNDER』アルバムのオープニング・トラックだった「Sword And Tequila」、そして圧巻のラストを飾ったのはもちろん超名曲「Thundersteel」。誰もが激しく頭を振り、アドレナリンを過剰分泌させながらサビを絶叫する。

平均年齢40歳以上(推定)の中年のオジサンたちが「雷鋼鉄!」というわけのわからない単語を絶叫する様は傍から見たら異様な空間だったに違いありませんが、あの瞬間の場内の一体感は凄かったと思います。一種のトランス状態でしたね。

楽曲自体の尺としては4分弱くらいはあるはずにもかかわらず、まるで一瞬のように感じた「Thundersteel」で終わってみると27曲もの楽曲がプレイされていた。てか、27曲目に「Thundersteel」を完璧に歌いきることができるトッド・マイケル・ホールは本当に凄いシンガーだ。

ライブが終わるとそそくさと帰る人が目立つ最近のライブには珍しく、多くの人がこれ以上プレイされることがないことを承知の上で場内に残り、メンバーに惜しみない拍手と喝采を送っていた光景が、本日のライブに対する満足度の高さを表していたといえるでしょう。

トッド・マイケル・ホールが素晴らしすぎたためについつい彼にばかり触れてしまいましたが、先に述べた通りフランク・ギルクリーストのドラムも良かったし、ニック・リーのギターも申し分なく、正直このバンドで生計を立てるのは難しいと思われるにもかかわらずこれだけのメンバーが集うRIOT(V)は「何か持ってる」と思わざるをえません。

本当に満足度の高いライブでした。また来日したら絶対に足を運びたいと思います。

◆本日のセットリスト

01. Narita
02. Ride Hard Live Free
03. Fight Or Fall
04. On Your Knees
05. Metal Soldiers
06. Johnny's Back
07. Wings Are For Angels
08. Fire Down Under
09. Hard Lovin' Man
10. Metal Warrior
11. Sign of The Crimson Storm
12. Fall From The Sky
13. Outlaw
14. Black Leather And Glittering Steel
15. Still Your Man
16. Angel Eyes
17. Altar Of The King
18. Flight Of The Warrior
19. Bloodstreets
20. Take Me Back
21. Road Racin'
22. Tokyo Rose
23. Rock City
24. Warrior
アンコール:
25. Land Of The Rising Sun
26. Swords and Tequila
27. Thundersteel

riot2015.jpg

BULLET FOR MY VALENTINE / VENOM

bulletformyvalentine06.jpg

前作「TEMPER TEMPER」は、狙いどころは理解できるし、客観的に見て出来が悪いアルバムではなかったが、個人的には「彼らにこの作風を期待してる人っているの?」と疑問に感じてしまうピンと来ないアルバムだった。

それゆえ、新作が出ると聞いてもさして食指が動かなかったのだが、ネット上で見かける前評判がどれもなかなか良かったのと、経験上この手の「紋章風ジャケット」にハズレが少ないということもあいまって買ってみることにした。

プロデューサーが前作・前々作を手掛けたドン・ギルモアを外し、1st、2ndを手掛けたコリン・リチャードソンに替わったこともあり、「原点回帰」が予想されており、それはアルバム・タイトルが「VENOM(猛毒)」であることからも想像できた(彼らのファースト・アルバムのタイトルは「THE POISON」(毒)である)。実際イントロ的な#1に続く実質的オープニング・チューン#2「No Way Out」の鋭利な疾走感を聴くと、再びメタル路線に戻ってきた、と感じられる。

しかし、アルバムを聴き進むと、必ずしも原点回帰のメタル路線オンリーというわけでもなく、前々作「FEVER」で花開いたメランコリックなメロディ・センスを活かした「聴かせる」楽曲も多い。そういう意味ではこれまでの彼らの集大成というか、彼らの持つアグレッシヴ・サイドとメロディック・サイドを折衷した作風と言えるだろう。

期待の若手、と目されてきた彼らも既に10年を超えるキャリアとなっているだけあってソングライティングはこなれており、何よりこれまでの彼らのアルバムの中で最もメタル然としたソリッドな作風となっている点をして、本作を彼らの最高傑作と捉える人もいるだろう。

ただ、パッと聴きのヘヴィさはともかく、やはり音楽全体の持っているエナジーというか勢いは初期にあったものが失われているし、メロディの充実度も前々作「FEVER」に及ばず、個人的にはいささか中途半端な印象を受けてしまったというのが本音。

ヴォーカルの細さを隠すためなのか全体的に良く言えばシャープ、悪く言えば迫力不足な音作りなので「風格」のようなものが感じられないのも、このバンドがIRON MAIDENやMETALLICAのような大御所へと飛躍しそうな期待感を与えてくれない。

これはバンドのせいではないかもしれないが、日本盤デラックス・エディションは本編11曲に対してボーナス・トラック7トラック(うち日本盤のみの音源はライブの3トラック)とやたらと多いのも個人的な感覚ではマイナス。【82点】

◆本作収録「You Want a Battle? (Here's a War)」のMV


◆本作収録「Army Of Noise」のMV