2016年 印象に残った5枚

公私ともにあまりにもめまぐるしく過ぎたために今一つ実感が持てませんが、2016年ももう終わりということで、年間ベスト的なものが様々なサイトで発表されています。

私は昨年同様、大した枚数を聞いていないので、そんなものを選出する資格もないのですが、以下の5枚は今後もちょくちょく聴くことになりそうだなあ、ということで書き留めておきます。

なお、順番は順位ではなくリリース順で、ジャケット画像はAmazonへのリンクになっています。


PRIMAL FEAR / RULEBREAKER
これぞ王道ヘヴィ・メタル。実力的にはもはやメタル・ゴッド。
この1曲:"In Metal We Trust"
レビューはこちら



AVANTASIA / GHOSTLIGHTS
さらに深みと普遍性を増していくトビアス・サメットのソングライティングの妙が光る。
この1曲:Ghostlights
レビューはこちら



MYRATH / LEGACY
まさかアフリカ大陸出身のバンドにハマる日が来るとは思っていませんでした。
この1曲:"Believer"
レビューはこちら



BABYMETAL / METAL RESISTANCE
この1曲:"Amore -蒼星-"
ワールドワイドな成功ぶりも素晴らしいし、個人的にもフジロックと東京ドームで堪能し、思い出になっています。
レビューはこちら



陰陽座 / 迦陵頻伽
もはや作品のクオリティについては世界一信用できるアーティストなのではないかと思わせる一枚。
この1曲:"愛する者よ、死に候え"
レビューはこちら

上記の作品以外でも、このブログでレビューして86点以上つけているタイトルはどれも良いと思っていますし、中でも事前の期待値があまり高くなかった分、SERIOUS BLACKのアルバムは上記に選んでもいいと思うくらい印象が良かったです。

あと、タイミングを逸したのでレビューはしませんでしたがPRETTY MAIDSの新作や、ギリシャの新鋭SUNBURSTなども良かったですね。当ブログではレビュー対象としないようなアグレッシヴなものだとTESTAMENTのアルバムが秀逸でした。

B級メロスピでいうと輸入盤で話題になっており、来月ようやく日本盤リリースが決定したらしいTWILIGHT FORCE、そしてVoが同一人物な東欧のSUNRISEとTITANIUMが印象に残っています。

こうしてみると例年に比べてフィンランド勢で印象に残った作品が少なかったような気がするのは、単にリリースサイクルの問題ですかね。

楽曲については、上記で触れたもの以外で印象に残っているのは下記の5曲ですね。

SUNRISE 「Tower Of Fear」
HAMMERFALL 「Dethrone And Defy」
THE DEFIANTS 「Love And Bullets」
SERIOUS BLACK 「As Long As I'm Alive」
PRIMAL FEAR 「Don’t Say You’ve Never Been Warned」


あと、上記でも触れていますが、今年特筆するならMYRATHの「Believer」はクラウドファンディング(要はファンからのカンパですね)で制作したMV含めて、今年一番インパクトがありました。



それでは皆様良い年をお迎えください。
スポンサーサイト

陰陽座 / 迦陵頻伽

onmyo_za14.jpg

唐突に重い話で恐縮ですが、今年、私の母が癌で亡くなったんです。

母の癌が発見された年にリリースされたのが、彼らのアルバム史上ある意味最もシリアスでダークと言ってもいい『鬼子神』でした。

『鬼子母神』は年末にリリースされており、年末年始、実家に帰って親と顔を合わせている時期にヘビロテしていたので、実家の風景と結びついて印象付けられています。

そして母が亡くなった今年にリリースされたのがこの『迦陵頻伽』。

迦陵頻伽とは、死後の世界である極楽浄土に住むとされる、美しい声を持つ上半身が人で下半身が鳥という、仏教における想像上の生物の名前。

そして彼らの13枚目のアルバムにして、13曲入り。これはどちらかというと西洋的な感覚ですが、13という数字も不吉な「忌み数」。

さらに、リーダー・トラックの曲名は「愛する者よ、死に候え」。

まるでこのバンドが私の母の死を見越していたかのようで、これはなかなか偶然にしては出来過ぎというか何というか。いや、偶然なんですけどね。

まあそんなわけで本作が、そして陰陽座というバンドが自分の中で特別な存在になっていくのを強く感じるわけですが、そんなことはこの文章をお読みになる方々にとってはどうでもいいこと。

本作のオープニングはタイトル・トラックである「迦陵頻伽」。期待感を高める神秘的なイントロから始まるこの曲は、勢いのある曲から始まる曲が多いHR/HMアルバムのオープニングとしては異色な、彼らとしても新境地な曲だが、素晴らしいスケール感を感じさせる名曲。何気にアルバム・タイトルがそのまま楽曲の名前になっている例は初めてかも。

その後、彼らの王道チューンというべき正統的HMナンバー#2、彼らなりのシンフォニック・メタル・チューン#3、和音階を隠し味的に織り交ぜつつキャッチーなメタル・チューンに仕上げた#4と、往年のファンの溜飲を下げる楽曲を取り揃えつつ、インダストリアル・スラッシュ的なギター・リフを持つ#5、オールド・スクールというかクラシックという趣のハード・ロック・チューン#6、ギャグかと思うほどディスコティックな#7と、バラエティも充分。

その#7「轆轤首(ろくろくび)」は4th『鳳翼麟瞳』収録の「飛頭蛮(ろくろくび)」とストーリー的なつながりがある、一種のアンサー・ソングになっていたりするのもファンにとっては楽しい。

定番の忍法帖ソング#8「氷牙忍法帖」は6th『臥龍點睛』収録の「蛟龍の巫女」を思わせるピュアなメロディック・スピード・メタル・チューンでこれまた素晴らしい。

彼らがアルバムに一曲は収めてくるドラマティックな長尺曲(といっても今回は長さ自体は7分程度と控えめだが)#9から終盤シリアスに盛り上がっていくアルバムの流れも相変わらずよく考えられており、哀しきバラードの#11から、パチスロ『バジリスク~甲賀忍法帖~III』主題歌であり、本作のリーダー・トラックといって過言ではないであろう#12「愛する者よ、死に候え」(リフがANGRA「Carry On」風)はまさにクライマックスといえるだろう。

こうしてほとんど全曲触れたくなってしまうほど充実した楽曲揃いであるのはこれまでも同様なのだが、本作を聴き終えて一番印象に残るのは、瞬火(B, Vo)にとっての迦陵頻伽、黒猫(Vo)のさらに表現力を増した歌声であり、その浜田麻里の正統的な後継者と呼ぶにふさわしい歌唱が、本作をして陰陽座史上最もヴォーカル・オリエンテッドなアルバムという印象に仕立てている。【86点】

◆「愛する者よ、死に候え」のMV


ETERNAL IDOL / THE UNREVEALED SECRET

eternalidol01.jpg

先日、長年在籍したRHAPSODY OF FIREからの電撃的な脱退でファンを驚かせたファビオ・リオーネ(Vo)が参加するプロジェクト(バンド?)のデビュー・アルバム。

「ETERNAL IDOL」といえばトニー・マーティンがヴォーカルを務めていた時期のBLACK SABBATHの名盤タイトル。ファビオみたいなイケボ・シンガーがああいう様式美サウンドを歌い上げるのだとしたらこれは期待できるぞ、と思っていましたが、残念ながらそういう路線のサウンドではありませんでした。

そもそも本プロジェクトにおいてはファビオ・リオーネだけがヴォーカルを務めているわけではなく、ジオルジア・コルレオーリという弱冠21歳の女性シンガーとの男女デュオ・スタイルの編成となっている。

ちなみに本プロジェクトの他のメンバーは、ジオルジア・コルレオーニが現在所属しているHOLLOW HAZEの現メンバーであるカミーロ・コルレオーリ(Dr)と元メンバーであるニック・サヴィオ(G, Key)、そしてSECRET SPHEREやHELL IN THE CLUBで活動するアンドレア・ブラットという顔ぶれ。

プロデュースはDGMのシモーネ・ムラローニ(G)が務めており、あらゆる意味で「純イタリアン・メタル」な人脈によって制作されているといえよう。

ファビオ・リオーネはHOLLOW HAZEの『COUNTDOWN TO REVENGE』(2013)にゲスト参加しており、その辺が本プロジェクトの発端になったのかもしれない。

男女デュオによるメタル、というと真っ先に思い浮かぶのは同じイタリアの人気バンド、LACUNA COILなわけだが、本作の音楽性にはLACUNA COILのようなオルタナティヴ・メタルの成分は含まれていない。

ただ、LACUNA COILのルーツのひとつであるゴシック的な要素は本プロジェクトにかなり明確に息づいており、「ゴシック風味のメロディック・メタル」というのが本作をわかりやすく説明するときのキーワードだろう。

楽曲はニック・サヴィオが担当し、ヴォーカル・ラインはファビオ・リオーネが作るというのが本作の基本的な作曲スタイルのようで、そういう意味でファビオ・リオーネのメロディ・メーカーとしての才能を証明するアルバムと言える。

本作のリリース元はイタリアの大手HR/HMおよびクラシック・ロック・レーベルの『Frontiers Records』であり、同レーベルの特色である楽曲、演奏、サウンド・プロダクションなどの平均点が高い「手堅さ」は本作でも強く感じられ、トータルのクオリティは高くまとまっている一方、同じく同レーベルの特徴である突き抜けた何かが感じられないという問題もまた本作には存在している。

楽曲自体は結構ドラマティックな割にスケール感に欠け、全体的にちょっと覇気が足りない印象を受けてしまったのは事実。「インパクトには欠けるがクオリティは高い」って言葉はきっと本人たちにとっては褒め言葉に聞こえないでしょうねえ…。

ただ、自分で歌メロを書いているだけあって、ファビオ・リオーネの歌声は伸びやかに響いており、彼の歌声のファンであれば聴いておくべき作品だと思います。【81点】

◆本作収録「Another Night Comes」のMV


◆本作収録「Awaken In Orion」のMV


HAMMERFALL / BUILT TO LUST

hammerfall10.jpg

LOUD PARK 15で約10年ぶりとなる久々の来日を果たした彼らの、「Napalm Records」移籍第一弾となる、通算10作目のオリジナル・アルバム(ライヴ盤やカヴァー・アルバムなどを除く)。

前作発表後、3rd「RENEGADE」以来このバンドのドラマーだったアンダース・ヨハンソン(元SILVER MOUNTAIN~YNGWIE MALMSTEEN’S RISING FORCE)が(メンバーにとっては)何の前触れもなく脱退し、STORMWINDなどの活動で知られるデヴィッド・ウォリンが加入している。

原点回帰的な印象のあった(と言っても彼らは大きな路線変更をしたことはないが)前作「(r)EVOLUTION」が、2006年の「THRESHOLD」以来となる母国スウェーデンでのチャートNo.1アルバムとなり(もっともその後のアルバムも2位なのだが)、欧州最大のマーケットであるドイツで過去最高となる4位を記録したことに気を良くしたのか、前作に引き続きフレドリック・ノルドストロームをプロデューサーに迎え、アンドレアス・マーシャルによるアートワークを擁した、デビュー当初を思わせるピュア・パワー・メタル路線のアルバムに仕上がっている。

このバンドの得意とするアンセム・タイプの「ハンマー・ソング」、#2「Hammer High」や、哀愁バラードの#5「Twilight Princess」など、彼らに期待される楽曲はキッチリ押さえつつも、全体的に彼らにしてはアップテンポなパートの多いソリッドな作風となっており、この作風を実現する上では新加入のデヴィッド・ウォリンの貢献は大きい。

特に#4「Dethrone And Defy」と#8「The Star Of Home」の2曲は彼らにしては珍しいほどストレートに疾駆するナンバーとなっており、メロディック・スピード・メタル・ファンに力強くオススメできる楽曲。特に前者のギター・ソロはあまりにも「お約束」な構成ながら、それがまた気持ちよくてたまらない(笑)。

以前所属していた「Nuclear Blast」に比べると企業規模が小さく、プロモーションの規模も小さくならざるをえないだろう「Napalm」からのリリースとなったためか、本国スウェーデンのチャートでは6位と、ここ15年でワーストの振るわないチャート成績になっているが、個人的には前作に勝るとも劣らぬ好ピュア・メタル・アルバムに仕上がっていると思う。

なお、日本盤の初回限定盤に付属しているライブDVD「LIVE AT MASTERS OF ROCK 2015」は、LOUD PARK 15のセットリストに近いので、あの場にいた人は思い出が蘇るだろうし、目撃できなかった人には疑似体験できる映像作品なので、通常盤との価格差の小ささを考えればオススメ度が高い。【85点】。

◆本作のリーダー・トラック「Hammer High」のMV

イントロが完全に「Over The Hills And Far Away」(GARY MOORE)…。