KREATOR / GODS OF VIOLENCE

kreator14.jpg

2013年のLOUD PARKにおける恐るべきカリズマティックなパフォーマンス、そしてそれによって生み出されたもはや「サークル」とは呼べない、アメーバ状のカオティックなピットが今もなお鮮烈に思い出されるKREATORの通算14作目となる5年ぶりのニュー・アルバム。

WALTARIにも在籍するフィンランド人ギタリスト、サミ・ウリ・シルニヨ加入後のKREATORのアルバムというのはいずれも秀逸なスラッシュ・メタル・アルバムで、しかも作を追うごとに私のようなメロディック・メタルのファンも無視することができないメロディとドラマ性が強化されており、基本的にスラッシュ・メタルのアルバムはめったに取り上げない当ブログでも扱うことにした。

海外でも現在の彼らのスタイルは「スラッシュ・メタル+イエテボリ・スタイル」と形容されており、「イエテボリ・スタイル」というのは要はスウェーデンのイエテボリ出身のIN FLAMESやDARK TRANQUILLITYに代表されるメロディック・デス・メタルのことだが、KREATORらしいソリッドなスラッシュ・サウンドにメロディックなリード・ギターが絡むそのスタイルは、スラッシュ・メタルのファンだけに独占させるにはもったいないものである。

前作「PHANTOM ANTICHRIST」に引き続き、売れっ子プロデューサー、イェンス・ボグレンを迎えて制作された本作は前作以上にドラマ性を強化した作風で、そのドラマ性の強化が決して軟弱さにつながらず、むしろEvilさの強化につながっているあたりが素晴らしい。これぞブルータルなアグレッションとそれを活かすメロディの理想的マリアージュ。

私は良い音楽であれば「メタルらしさ」という観念的なことにはこだわらないし、ましてや「メタルらしさ」と「Evilであること」は特に関係ないと考えているクチだが、本作を聴くと、「このEvilさ…これぞメタルだぜ」などと思ってしまう。

正直、ここまでメロディックになってくると、普通のヴォーカル・メロディを乗っけられるんじゃないの? と思ってしまうが、それはメロデスに「ノーマル・ヴォイスで歌った方がいいんじゃないの?」というのと同じくらい野暮なことだろう。このバンドの最大の個性がミレ・ペトロッツァ(Vo)のアジテーションの如き苛烈なシャウト・ヴォーカルでることは明らかなのだから。

前作「PHANTOM ANTICHRIST」には「Victory Will Come」という年間ベスト・チューン級の名曲があったが、本作のタイトル曲もそれに準ずるカッコよさ。それ以外の楽曲も一部の隙とてなく、本編ラストの「Death Becomes My Light」のドラマティックさといったら、私のようなメロディック・メタル・ファンの琴線に触れまくりである。

SLAYERが「帝王」と呼ばれるなら、KREATORは「邪神」そのもの。当代最強のメタル・バンドとはこのバンドなのではないか、と思わせる傑作である。ドイツのナショナル・チャートではついにNo.1に輝くなど、デビューから30年以上の時を経て、ドイツが生んだ狂気の邪神は遂に至尊の地位へと上り詰めた。【87点】

◆「Gods Of Violence」のMV


◆「Satan Is Real」のMV


◆「Totalitarian Terror」のMV


◆「Fallen Brother」のMV


スポンサーサイト