DOLL$BOXX / DOLLS APARTMENT (2012)

dollsboxx01.jpg

リリース当時はノーチェックで、リリースから1年以上経った中途半端なタイミングで聴いたために、このサイト/ブログでは特に触れてこなかったが、ここ5年ほどの間に出会ったアルバムの中で1、2を争うほど気に入っているアルバム。

このバンドはガールズ・ロック・バンドGacharic Spin と、元LIGHT BRINGER、現Fuki Communeのヴォーカリスト、Fukiによるプロジェクトで、かつてGacharic SpinとLIGHT BRINGERが対バンしたときに知り合い、2012年3月のGacharic Spinに、当時の専任ヴォーカリストが体調を壊してツアーに参加できなくなった際にFukiがサポート・ヴォーカルを務めたことが本プロジェクトの誕生につながったという。

Gacharic Spinの音楽というのはHR/HM的な要素を持ちつつもストレートにHR/HMと呼ぶことは難しい(本人たちもHR/HMというジャンルに括られることは望んでいないだろう)が、その男性顔負けにテクニカルでエネルギッシュな演奏、パフォーマンスはHR/HMファンの耳をも納得させるもので、そこにFukiの強力なヴォーカルが乗ることでマジカルなケミストリーが生まれている。

Fukiは本作リリース当時まだLIGHT BRINGERが活動中だったため、メタルではないものをやろうとしていたようだが、Gacharic Spinのメンバーは自分たちのバンドの音楽よりもストレートにカッコいいロックを作ろうと志向していたようで、結果としてかなりHR/HM寄りのハードで勢いのあるサウンドに仕上がっている。

快活さと哀愁を兼ね備えたメロディックな曲調、そしてFukiの声質もあって、パッと聴きはアニソン風のロックに聴こえるのだが、とにかく演奏が充実、主張しまくっていて、その点が圧倒的に「ロック・バンド」を感じさせる。

私は基本的にストレートなHR/HM系のロックにおいては、ベースにはドライブ感を強調する以上の役割を期待していないのだが、本作の中で聴かれる派手なスラッピングを含む動き回るベース・ラインは、目立ちまくるにもかかわらず単なるスタンド・プレイにならず楽曲の魅力を引き立てており、F チョッパーKOGA(B)のセンスには脱帽である。

そしてとにかく楽曲がいい。個人的な感覚ではLIGHT BRINGERやGacharic Spinのキラー・チューンばかりを集めてフュージョンしたかのような、両者の最良のエッセンスがブレンドされている楽曲ばかりだし、そのひたむきな思いが伝わってくる凛としてどこか切なさを秘めた歌メロはマイ琴線を掻き毟らんばかりである。きっと中高生の頃に出会っていたらナニを覚えたサルのように毎日聴き狂っていたことだろう。

特に1曲目から4曲目までの畳み掛けが凄まじい。この畳み掛けの押しの強さを一本調子と感じる人もいることだろうが、この想いとパッションの奔流とでもいうべきサウンドは成熟してしまったミュージシャンには出せないマジックだ。

インタビュー記事などを読むと制作スケジュールはかなりタイトだったようだが、本作に関して言えば変に煮詰める時間がなかったことがむしろ功を奏しているように思える。

そして今さらなぜこのタイミングで本作を取り上げたかというと、本日渋谷のTSUTAYA O-EASTで「WWフェイス」というDOLL$BOXX とGacharic SpinとFuki Communeの対バンイベントがあるからです。

私としてもぜひ観に行きたいイベントだったのですが、チケットが即完してしまったために行くことはかなわず…。その無念の思いをこの文章に叩きつけた次第です(笑)。

またぜひ近いうちにライブをやってくれることを願ってやみません。

◆本作収録「Loud Twin Stars」のMV


◆本作収録「Take My Chance」のMV


スポンサーサイト