ONE DESIRE / ONE DESIRE

onedesire01.jpg

2012年にドラマーのオッシ・シヴラによって結成されたODというプロジェクトを母体にスタートした、もはやメロディアス系バンドの総本山というべき『Frontiers Records』がパワー・プッシュをかけている新バンドのデビュー作。

2014年にオッシ・シヴラが、かつてNEGATIVEやSTURM UND DRANGなどのプロデューサーを務めていたギタリストのジミー・ウェスターランドと出会って制作し、インターネット上に公開した3曲のデモが『Frontiers Records』のオーナーであるセラフィノ・ペルジーノの目に留まったことで道が開けた。

そして、そのセラフィノからもっと強力なヴォーカリスト(当時はダン・ヴァスクなるブラジル人シンガーが歌っていた)を入れることを勧められ、かつてジミー・ウェスターランドが手掛けたSTURM UND DRANGのアンドレ・リンマンが加入することになったという。

アンドレ加入後、バンド名をONE DESIREに改名して本格的に活動を開始するにあたり、それまであくまで裏方的に関わっていたジミー・ウェスターランドがギタリストとして正式に加入、また、CAIN’S OFFERINGのヨナス・クールバーグ(B)が参加してバンドのラインナップが完成、晴れて『Frontiers Records』との契約も成立した。

作曲にはその『Frontiers Records』が擁するソングライター・チームや、ジミー・ウェスターランドの人脈も関わり、クオリティの高い楽曲を揃えてきている。

特に冒頭を飾る#1「Hurt」はジミーと、CRASH THE SYSTEMのメンバーとしても知られる『Frontiers Records』お抱えソングライターの一人、ソーレン・クロンクヴィストと、そしてフィンランドで活動中のノルウェー人ソングライター、ゲイル・ローニンの3人で共作したナンバーで、80年代の歌謡曲を思わせる珠玉の哀愁ナンバーに仕上がっている。これは個人的に今年のベスト・チューン有力候補のキラー・チューンっすわ。

続く#2「Apologize」はECLIPSEのエリック・モーテンセンと、これまた『Frontiers Records』からリリースされたアルバムをよく聴いている方にはおなじみであろうスウェーデン人ソングライターのヨハン・ベッカーが共作した曲で、これまた北欧然とした哀愁が魅力のナンバーに仕上がっている。

Voのアンドレ・リンマンが一人で手掛けた#3「Love Injection」や#6「Straight Through The Heart」といったナンバーは、STRUM UND DRANGのラスト(?)・アルバム「GRADUATION DAY」に通じるモダンなポップ・フィーリングと80年代的なセンスが絶妙に融合した楽曲で、HR/HM色は薄いが、アンドレがソングライターとしても確かな実力を備えていることを示している。しかしアンドレ、いいヴォーカリストになったなあ。声質も北欧タイプ(?)だし。

全体的にはHR/HMというよりはAORといった趣の楽曲が大半を占める中、エリック・モーテンセンとヨハン・ベッカー、そしてアンドレも関わった#9「Buried Alive」は唐突にPRETTY MAIDSを思わせるメロディックなパワー・メタル・チューンで異彩を放つが、ECLIPSEもアルバムに1曲はこの手の曲を収録している気がするので、もはや欧州メロディアス・ハード界隈においてはこのタイプの楽曲も「(アルバム収録曲の)幅の内」なのかもしれない。

収録曲を10曲に絞った(日本盤ボーナス・トラックを除く)ことも功を奏し、印象的な楽曲ばかりが揃った素晴らしいデビュー・アルバムに仕上がっている。バンド名やジャケットのアートワークのセンスはいささかアレだし、サウンド・プロダクションを含め、過剰なまでに80年代テイストを漂わせていることをネガティブに受け止める人もいるかもしれないが、この北欧ならではの切なさと哀愁、個人的には大好物なサウンド。【87点】

◆本作収録「Hurt」のMV

もうイントロから名曲の予感しかしません。


スポンサーサイト