LOUD PARK 17 第1弾ラインナップ発表

10月14日(土)、15日(日)にさいたまスーパーアリーナで、今年は2ステージ制に戻って開催される"LOUD PARK 17"の第1弾ラインナップが発表されました。

MICHAEL SCHENKER FEST
ALICE COOPER
ANTHEM
APOCALYPTICA
BEYOND THE BLACK
BRUJERIA
CRADLE OF FILTH
DEVIN TOWNSEND PROJECT
LOUDNESS
OPETH
OVERKILL
SABATON
WINGER

どうやらヘッドライナーは"MICHAEL SCHENKER FEST"のようで、アーティストというよりは「興業名」であるそれがヘッドライナーとして記載されるのは不思議な感じを受けます。作中作ならぬ「フェス・イン・フェス」というか。

まあ、ゲイリー・バーデン、グラハム・ボネット、ロビン・マッコーリーというM.S.G.黄金期(ロビン・マッコーリー時代が黄金期と呼べるかどうかについては異論もあるかもしれませんが)のシンガーを揃えたその興業は東京国際フォーラムホールAをソールド・アウトさせる盛況ぶりだったというので、「集客力」という意味ではトリとして充分機能するレベルなのかもしれません。

"MICHAEL SCHENKER FEST"の日本公演を招聘していたのは東京音協だったので、その辺ちゃんと仁義を切っているのか、他人事ながら余計な心配をしてしまいますが…。

ALICE COOPERも、60年代以来のキャリア、全米No.1ヒットも持っているという実績を考えると充分トリになれるはずですが、現在の日本での存在感的には「トリ前」が限界なのでしょうか。

第1弾の時点でANTHEMにLOUDNESSという「安パイ」がキャスティングされているあたり、微妙に熱意が感じられない気もしますが、ラインナップされているバンドはどれも良いバンドばかりで、BRUJERIAみたいなレアモンスターもいれば、BEYOND THE BLACKのような新しいバンドもいる、バランスのとれたラインナップだと思います。

個人的にはメロディック・パワー・メタル系のバンドが欲しい所ですが、まあそれは今後の追加に期待しましょう。

◆LOUD PARK 17 公式サイト
http://www.loudpark.com/17/
スポンサーサイト

ANCESTRAL DAWN / SOULDANCE

ancestraldawn01.jpg

南米ペルー出身のメロディック・パワー・メタルのデビュー・アルバム。

ペルーのメロディック・パワー・メタル・バンドというと、2013年にデビューしたNAUTILUZが思い浮かぶが、このバンドの中心人物であるホルヘ・ヒギンソン(B)はかつてそのNAUTILUZのメンバーでもあり、このバンドのヴォーカリストであるホルヘ・セヘルスボルもまたNAUTILUZのメンバーだったということで、ある意味「兄弟バンド」のような観もある。

ただ、2人のNAUTILUZからの脱退は、必ずしも円満なものではなかったようで、『BURRN!』誌のインタビューによると既にわだかまりは解消している、と語っているが、少なくともNAUTILUZに復帰することはなさそうな雰囲気だ。

NAUTILUZはどちらかというと正統派と呼ばれるスタイルに近かったが、このANCESTRAL DAWNはもっとあからさまにメロディック・パワー・メタル寄りのサウンド(とはいえやはりNAUTILUZに似ている、と感じるパートも多い)。

ホルヘ・ヒギンソンはペルーの民俗楽器であるパンフルートにおいても、子供の頃に全国大会で優勝したこともある腕前だったそうで、そのパンフルートの物悲しい調べがアルバムのイントロ#1やインタールード#5などで使用され、基本的に欧州的な音楽であるメロディック・パワー・メタルに母国のアイデンティティを絡めようとしてくるあたり、その姿勢は極めてANGRAに近い。

というか、そのイントロ#1に続く実質的オープニング・チューンの#2「The Traveller」のリフは、ANGRAの「Spread Your Fire」にインスパイアされたものであることが明らかである(苦笑)。ひょっとすると曲名さえかつてエドゥ・ファラスキがANGRA加入以前に在籍していたSYMBOLSの名曲のオマージュかもしれない。

また本作は、彼らの母国ペルーにかつて栄えたインカ文明をモチーフにしたストーリーを持つコンセプト・アルバムだそうで、その辺も含めANGRAの名盤『TEMPLE OF SHADOWS』(2004)を彷彿させる。

本作の特徴のひとつは、ラルフ・シーパース(PRIMAL FEAR)、ヨナス・エイジャート(DRAGONLAND)、マーク・ボールズ(元YNGWIE MALMSTEEN, RING OF FIRE, ROYAL HUNT他)、リック・アルツィ(AT VANCE / MASTERPLAN)、ファビオ・リオーネ(元RHAPSODY OF FIRE, ANGRA)、アマンダ・ソマーヴィルなど、豊富なゲスト・シンガーを迎えていることで、コンセプト・ストーリーを複数のゲスト・シンガーを迎えて描くというアイディアはトビアス・サメット(EDGUY)のAVANTASIAに着想を得たことは間違いないだろう。

いずれのゲストも特にコネなどがあったわけではなく、単に好きなミュージシャンにFacebookのアカウントを通じてコンタクトをとった結果、ゲスト参加を了承してもらえたということで、SNSやインターネットが存在しなかった時代を知る世代としてはあらためて「世界が近くなった」ことを感じさせられる。

NAUTILUZもそうだったが、このバンドも楽曲のクオリティ、演奏力、サウンド・プロダクションといった点で欧州のバンドになんら引けを取っておらず、これはペルーのレベルが高いのか、たまたま人脈的にもつながっているこの2バンドのみが突然変異的な存在なのか、なにぶん情報の少ない国だけに判断がつかないが、「南米のバンドなんてイモなんじゃないの…?」と警戒してしまう人にも安心して薦められる質を備えたバンドであることは間違いない。

パンフルートの導入を除けば音楽的に「このバンドならでは」という個性はまだ感じられないが、メロディック・パワー・メタルのファンであれば一聴の価値がある充実作。【84点】

◆本作収録「Rise Of Ancestor」のLyric Video


◆本作収録「StormHaze」のMV


L.A. METAL SUMMIT in TOKYO が開催中止に

先月開催が発表されたL.A. METAL SUMMIT in TOKYOが、発表から1ヵ月を待たずして開催中止が発表されました。

プレオーダーの反応が悪く、興業的に苦戦することが明らかだったからとも、イベント名に対して出演バンド側からクレームが入ったから(確かにLAとは一切関係ないアーティストも多い)とも言われていますが、真相は不明。

まあ、正直最初から微妙なラインナップだなー、とは思っていましたよ。
MOTLEY CRUEにCINDERELLAにセバスチャン・バックが復帰したSKID ROW、さらにPOISONくらい呼ばないことには9,000人キャパ2日間はどう考えても埋まらないと思います。

追加アーティストがカバー・バンドに12歳の天才少女ギタリスト、というのもガッカリの極みでしたしね…(いや、観ればどちらも結構楽しめそうな雰囲気はあるのですが)。

2回に渡って企画され、2回とも中止になったKABUTO METAL、最初からシャレだったのかと思わざるをえないCHIWACKENなど、なかなか日本でメタルのフェスを開催するのは難しい、という寂しい実態が改めて浮き彫りになりました。

『THRASH DOMINATION』や『JAPANESE ASSAULT FEST』、『EVOKEN FEST』なんかは「フェス」と謳いつつ実態はライブハウス1日の対バンイベントですしね…。

やはりLOUD PARKだけが頼みなのか…。

◆ニュースソース
https://www.barks.jp/news/?id=1000140660

SERENITY IN MURDER / THE ECLIPSE

serenityinmurder03.jpg

国産シンフォニック・デス・メタル・バンドのサード・フルレンス・アルバム。

前2作は「SPIRITUAL BEAST」からリリースされていたが、本作は「OYSTER BROTHERS RECORDS」なるインディーズ・レーベルからのリリースとなっている。

前作発表後、ドラムのShoheiとキーボードのShuntaroが脱退しており、ドラムにはサポートメンバーとして、モデルとしても活躍するイケメン、Allen(TYRANT OF MARY)が参加してその穴を埋め、キーボード・パートは元々Freddy(G)が書いていたので、特にレコーディングに置いて支障は出なかったようだ。

前作もかなり良かったので期待していたが、これは期待を上回る素晴らしいアルバムだ。

アルバムのオープニングを飾るのは、前作同様壮大な映画かRPGゲームのサウンドトラックを思わせるインストで、そこで高められた期待感を受け継ぐイントロを持つ#2「A Torch For Avengers」からして本作のエッセンスを濃縮した強力な一撃。

Emi(Vo)の日本人女性とはとても信じられない強烈な咆哮と共にブラストめいたドラムが激しく炸裂した瞬間に一気にテンションがブチ上がる。Aパートでヘヴィにスローダウンして、Bパートで再び加速、そこから和音階の登場するメロウなパートを聴かせ、そしてヘヴィなリフがしばらく刻まれた後、メロディックかつスリリングなギター・ソロ・パートへ突入し、その後は劇的極まりないエンディング・パートへ、という繰り返しなんて全然ない贅沢な構成の1曲である。

この緩急のメリハリが効いたドラマティックな構成はこの曲に限らず全ての楽曲に適用され、さらにはアルバム全体にも同じことがいえる。

シンフォニック・デス・メタルというと、かなりメロメロな、人によっては軟弱と感じられるようなバンドも存在するが、このバンドの場合、美しいシンフォ・アレンジをまとっていようとも、決してエッジとアグレッションを忘れることがなく、緊張感に満ちているのが非凡な所。

それでいて、決してノーマル・ヴォイスで歌っているわけではなく、アップテンポなパートや、2バスがベタ踏みされているようなパートさえ含まれているのにバラード的な印象を与える感動的な#7「The Sea Is…」(何となくV系バンドの曲名っぽい?)、などが程よく緊張感を緩和しつつ、ダンサブルな要素も取り入れ、キャッチーさのある#10「Dreamfall」のような楽曲が存在するなど、この手のバンドとしては珍しいほどに楽曲もバリエーション豊か。

そして楽曲には充分なバラエティが存在しているにもかかわらず、アルバムを通じて一貫した「哀しみ」がヒシヒシと伝わってくる。これが強烈で、まだ自分にこんな感情の熱量が残っていたのかとちょっと驚かされるほど聴いていて込み上げてくるものがある。

この音楽があれば、壇ノ浦の戦いのける平家方、大坂夏の陣における大坂方のように、「負けたら後がない、そして勝てる見込みはほとんどない」絶望的な戦いにさえ誇り高く勇敢に臨むことができるのではないかという気さえする。

実質的ラスト・ナンバー(アルバムのエンディング曲#12「The Eclipse」はインスト)である「Land Of The Rising Sun」が、これまた「和」を感じさせるオリエンタルな要素がフィーチュアされた名曲で、愛国心(?)が刺激される。切なさに満ちた「Dreamfall」からこの曲への流れはまさにハイライト、クライマックスといえよう。

5分を超える楽曲は存在せず、アルバムトータルでも40分程度と非常にコンパクトながら、それでいてアルバムを通して聴くと壮大な映画を観終えたかのような感覚が得られるのだから、「ドラマを描くのに尺の長さは必ずしも必要ない」ということをあらためて教えてくれる作品でもある。

バンド名が覚えにくかったり、アルバムのアートワークが毎回カッコよくもちょっと地味だったり、プロモーションの弱さ、あるいはPR戦略の問題か、メンバーのキャラクターが今ひとつ伝わってこなかったりと、「見せ方」の問題で色々損をしている気がするが、GYZEやTHOUSAND EYESといった同世代の同系バンドはもちろん、世界的に見ても現在これだけの煽情力を持つメタル・バンドはそうはいないと思わせる強力盤である。これがバンドにとって最高傑作でないとしたら、逆に空恐ろしい。【89点】

◆本作収録「Dancing Flames」のオフィシャル・オーディオ


◆本作収録「Land Of Rising Sun」のオフィシャル・オーディオ