ANCESTRAL DAWN / SOULDANCE

ancestraldawn01.jpg

南米ペルー出身のメロディック・パワー・メタルのデビュー・アルバム。

ペルーのメロディック・パワー・メタル・バンドというと、2013年にデビューしたNAUTILUZが思い浮かぶが、このバンドの中心人物であるホルヘ・ヒギンソン(B)はかつてそのNAUTILUZのメンバーでもあり、このバンドのヴォーカリストであるホルヘ・セヘルスボルもまたNAUTILUZのメンバーだったということで、ある意味「兄弟バンド」のような観もある。

ただ、2人のNAUTILUZからの脱退は、必ずしも円満なものではなかったようで、『BURRN!』誌のインタビューによると既にわだかまりは解消している、と語っているが、少なくともNAUTILUZに復帰することはなさそうな雰囲気だ。

NAUTILUZはどちらかというと正統派と呼ばれるスタイルに近かったが、このANCESTRAL DAWNはもっとあからさまにメロディック・パワー・メタル寄りのサウンド(とはいえやはりNAUTILUZに似ている、と感じるパートも多い)。

ホルヘ・ヒギンソンはペルーの民俗楽器であるパンフルートにおいても、子供の頃に全国大会で優勝したこともある腕前だったそうで、そのパンフルートの物悲しい調べがアルバムのイントロ#1やインタールード#5などで使用され、基本的に欧州的な音楽であるメロディック・パワー・メタルに母国のアイデンティティを絡めようとしてくるあたり、その姿勢は極めてANGRAに近い。

というか、そのイントロ#1に続く実質的オープニング・チューンの#2「The Traveller」のリフは、ANGRAの「Spread Your Fire」にインスパイアされたものであることが明らかである(苦笑)。ひょっとすると曲名さえかつてエドゥ・ファラスキがANGRA加入以前に在籍していたSYMBOLSの名曲のオマージュかもしれない。

また本作は、彼らの母国ペルーにかつて栄えたインカ文明をモチーフにしたストーリーを持つコンセプト・アルバムだそうで、その辺も含めANGRAの名盤『TEMPLE OF SHADOWS』(2004)を彷彿させる。

本作の特徴のひとつは、ラルフ・シーパース(PRIMAL FEAR)、ヨナス・エイジャート(DRAGONLAND)、マーク・ボールズ(元YNGWIE MALMSTEEN, RING OF FIRE, ROYAL HUNT他)、リック・アルツィ(AT VANCE / MASTERPLAN)、ファビオ・リオーネ(元RHAPSODY OF FIRE, ANGRA)、アマンダ・ソマーヴィルなど、豊富なゲスト・シンガーを迎えていることで、コンセプト・ストーリーを複数のゲスト・シンガーを迎えて描くというアイディアはトビアス・サメット(EDGUY)のAVANTASIAに着想を得たことは間違いないだろう。

いずれのゲストも特にコネなどがあったわけではなく、単に好きなミュージシャンにFacebookのアカウントを通じてコンタクトをとった結果、ゲスト参加を了承してもらえたということで、SNSやインターネットが存在しなかった時代を知る世代としてはあらためて「世界が近くなった」ことを感じさせられる。

NAUTILUZもそうだったが、このバンドも楽曲のクオリティ、演奏力、サウンド・プロダクションといった点で欧州のバンドになんら引けを取っておらず、これはペルーのレベルが高いのか、たまたま人脈的にもつながっているこの2バンドのみが突然変異的な存在なのか、なにぶん情報の少ない国だけに判断がつかないが、「南米のバンドなんてイモなんじゃないの…?」と警戒してしまう人にも安心して薦められる質を備えたバンドであることは間違いない。

パンフルートの導入を除けば音楽的に「このバンドならでは」という個性はまだ感じられないが、メロディック・パワー・メタルのファンであれば一聴の価値がある充実作。【84点】

◆本作収録「Rise Of Ancestor」のLyric Video


◆本作収録「StormHaze」のMV


スポンサーサイト