ARK STORM / VOYAGE OF THE RAGE

arkstorm04.jpg

太田カツ(G)率いるARK STORMの、2004年リリースの『THE EVERLASTING WHEEL』以来、約13年ぶりの復活作。

ベーシストが現在BABYMETALのサポートで活躍している瀧田イサムから松本拓郎に代わっており(ただし本作のベースは太田カツがプレイしている)、ヴォーカリストも佐々井康雄(元SABER TIGER, SHY BLUE, 現GERARD)が脱退し、本作ではゲストとしてマーク・ボールズ(元YNGWIE MALMSTEEN’S RISING FORCE, RING OF FIRE他)が歌っている。

太田カツ氏は恐らく全人類で最もイングヴェイに近いギター・プレイをする人物で、必然的にARK STORMの音楽もイングヴェイ直系のネオクラシカルHM。そこにマーク・ボールズの歌がハマらないわけがない。

前任の佐々井氏もなかなか良いヴォーカリストだったと思うが、やはりマーク・ボールズの歌唱はパーフェクトで、本作からジャパメタ臭を完全に消し去っている。

楽曲はこれまでの作品ほどコテコテのネオクラ様式美路線一本鎗ではないが、楽曲の幅はイングヴェイがプレイする音楽の幅を逸脱することはないので、この手のサウンドが好きな人であれば安心して楽しむことができるだろう。

1曲目の「Glory Forever」(なんというコテコテな楽曲タイトル!)から、これまでのARK STORMとしてはやや異色ながら、このスタイルのサウンドが好きな人であれば一発で気に入るであろうカッコよさがある。

一方で、ブリッジがメチャクチャカッコいいのに、サビはやや盛り上がりに欠けるという不完全燃焼感はアルバム全編にあり、手放しで名盤と褒められない歯がゆさはあるが、このクオリティのピュア・ネオクラシカル作品は昨今そうそうお目にかかれないので、この手のサウンドのファンであれば聴いておくべき一枚であると断言できる。

全10曲、うち2曲がインストということでちょっと物足りなさはあるが、むやみに曲が多くて聴き疲れするようなアルバムよりはるかに印象はいい【84点】。

◆本作のトレーラー映像1


◆本作のトレーラー映像2



スポンサーサイト