FC2ブログ

Greta Van Fleetという存在からLED ZEPPELINの位置づけを考える

昨日に続いて独り言を呟きます。いや呟きというには長いのでもはや公園のベンチに座って繰り言をブツブツ言い続ける危ないオッサン状態になっているわけですが(苦笑)。

Greta Van Fleetが予定されていたサマーソニック2018への出演をキャンセルした、というニュースがあったので、それをきっかけにこの文章を書こうと思いました。

現在アメリカで最も注目されるロック・バンドと言われるGreta Van Fleetですが、日本のHR/HMファンにどれくらい知名度があるのかはわかりません。

ミシガン州の人口わずか5000人の町から、3人兄弟とその友人で結成し、昨年2017年に平均年齢19歳の若さでデビューしたばかりの新人バンドである彼らのサウンドは、普通に聴けば初期LED ZEPPELINそのもの。

ロバート・プラント御大も「公認」状態で「21世紀のLED ZEPPELIN」との呼び声も高い存在です。

そして、初期LED ZEPPELINといえば、ハード・ロックという音楽の雛型を作った存在として、ロック史的には「元祖ハード・ロック」的存在として語られます。

しかし、現状HR/HMのファンがGreta Van Fleetの存在を充分に認知・評価しているかというと、そうは言えないというか、完全に「守備範囲外のバンド」という扱いのような気がします。

その原因は主にレコード会社のプロモーションの方針というか、HR/HMではなくもっと広義のロック・バンドとして彼らを売っていきたい、という意識があるからだと思います。

そして実際、この時代において「HR/HMファン」をやっているような人がGreta Van Fleetの音をハード&ヘヴィだと感じるかというと、必ずしもそうは感じないことでしょう。

私自身、LED ZEPPELINというバンドはカッコいいと思っていますが、HR/HMとして評価していたかというと、そうではありませんでした。

だってSLAYERやPANTERAはおろか、HELLOWEENやMOTLEY CRUEと比べてさえ表面的なハードさには欠けるというか、むしろのどかで古めかしい音だと感じたからです。少なくともスタジオ音源を聴く限りは。

とはいえ、少なくとも80年代末の段階では、HR/HMのフィールドで語られていたはずなんですよね、KINGDOM COMEとかそれっぽい音を出しているバンドもいましたし。

逆にパンク/ニューウェーブの流れから出てきたTHE MISSONなんかが元LED ZEPPELINのジョン・ポール・ジョーンズをプロデューサーに迎えて、それっぽい要素のあるアルバムを出したら「HR/HMに媚びを売っている」と批判された、という話も聞いたことがあります。

まあ、KINGDOM COMEはKINGDOM COMEで、当時メッチャ叩かれていたようですが。ロック・バンドとして神聖不可侵なLED ZEPPELINの音を敬意なしにパクって金儲けしようしている連中、みたいな扱いで。

これはフロントマンだったレニー・ウルフのビッグマウスな人徳のなさが原因だったような気もしますが、まだLED ZEPPELINが解散してから10年も経っておらず「ほとぼりが冷めていない」タイミングだったというのもあるのでしょう。

レニー・ウルフ的にはGreta Van FleetがLED ZEPPELINそのままな音を出して絶賛されている状況は「なんでやねん」という気分かと思いますが、解散から30年の時が流れほとぼりが冷めたのと、ほぼ同世代だったKINGDOM COMEには辛辣な評価をしたリアルタイム組の人たちも、息子のような年齢の若者がやっているとなれば、自身も歳をとって丸くなったこともあり、微笑ましく見守りたい気分になったということなのでしょう。

まあ、そもそも90年代、HR/HM逆風の時代に、NIRVANAのカート・コバーンを始め、当時トレンドだったオルタナティブ・ロックのミュージシャンたちもLED ZEPPELINはリスペクトしていたんですよね。そのせいでLED ZEPPELINというロック史における最重要カードのひとつは、その後欧米でメインストリームなロックとなったオルタナティブ・ロック系の手に渡った感があります。

実際の所、90年代以降、コアでエクストリームな方向に向かうか、80年代的なサウンドに固執するかという二極化したHR/HMのフィールドでLED ZEPPELIN的なサウンドを出しているバンドはほぼ皆無でしたし、基本的には70年代のロックをベースとするオルタナティブ・ロック勢に「LED ZEPPELINをルーツとする音楽」の座を奪われるのもやむを得なかったのかもしれません。

LED ZEPPELIN的なサウンドをHR/HMというジャンルから疎外してしまったことが、HR/HMが「ロックの王道」から外れる大きな原因になってしまったのではないかなあ、みたいなことをGreta Van Fleetのサウンドを聴いて考えた、というのがこの文章で言いたかったことですね。

まあ、私自身LED ZEPPELINの音楽から感じるカッコよさと、いわゆるHR/HMを聴くときに期待するカッコよさはいささか異質だったりするのでそれも仕方がないのかな、という気もするのですが。

とりあえず、今年はLOUD PARKがないので久しぶりにサマソニに行こうかな、という気持ちもあったのですが、お目当てのひとつであるGreta Van Fleetがキャンセルだったのでその気もなくなりました。フェスの魅力は偶然出会ったバンドの魅力を見つけるセレンディピティにあるとはいえ、さすがに1日に3バンドくらいは「観たいバンド」が欲しいので。


この曲を初めて聴いたときには素直に「おっ、これはまんまZEPだけどカッコいいな」と思いました。

スポンサーサイト