FC2ブログ

PRIMAL FEAR / APOCALYPSE

primalfear12.jpg

もはやドイツを代表する正統派ヘヴィ・メタル/パワー・メタル・バンドと言っていいであろう、PRIMAL FEARの通算12枚目となるフル・アルバム。

前作『RULEBREAKER』(2016)からメンバー交代はなく、マグナス・カールソン、アレックス・バイロット、トム・ナウマンのトリプル・ギター体制で制作されている。

元々キャリアのあるメンバーによって結成されたバンドなので、デビュー作の時点からあらゆる面において高い水準に達していたバンドだが、ここ数作の充実ぶりは、もはや「安定感がある」などという、ベテランにありがちな形容ですまされるべきレベルではなく、特にここ3作については毎回「最高傑作なのでは?」と感じさせられているのだから舌を巻く。

事前にMVが公開されていた#4 “King Of Madness”や#8 “Hounds Of Justice”で今回も間違いのないアルバムを届けてくれそうだと予感していたが、その予感を上回るクオリティをアルバム全体として感じさせてくれるのだから、このバンドのポテンシャルは底が知れない。

個人的にはやはりイントロダクションである#1 “Apocalypse”に続く#2 “New Rise”が彼らの楽曲の中では必ずしも主流ではないメロディック・スピード・メタル然とした疾走曲なのがポイント高い。こうしてのっけから気分を上げてくれるアルバムはやはり印象がいい。

余談ながら海外(カナダ)のレビューサイトで、この”New Rise”が弱いのでオープニング曲を変えるべきだった、という意見を見かけ、世の中にはやはり色々な感性があるものだと感じさせられました。

その後も彼ららしいソリッドなメタル・ナンバーを核に、ややキャッチーな味わいの曲から、ドラマティックなバラード、エピカルな曲まで、正統派ヘヴィ・メタルという文脈の中で許される充分なバラエティがあり、そのいずれも高品質なのだから、自分のバンドでメイン・ソングライターをやっていたレベルのミュージシャンが複数いるバンドはやはり強い。

どうでもいいですが、8分におよぶエピック・チューン#10 “Eye Of The Storm”のイントロはHELLOWEENの”A Million To One”を思い出させますね。

デラックス・エディション収録の3曲のボーナス・トラックも、アルバム本編から外れた理由はなんとなく理解できるものの、それぞれ単体で充分に聴く価値があるクオリティの楽曲で、ファンであれば必携だろう。

また今回バラードの#6 “Supernova”が悲壮美に満ちていてとても良いのですが、これまた日本盤ボーナス・トラックである「オーケストラ・ヴァージョン」が原曲に輪をかけて素晴らしくて、こちらを本編に収録した方が良かったのでは、と思ってしまいました。

なお本作は本国ドイツのチャートで10位と、バンド史上初のTOP10ヒットを記録。特に話題性や新しさなどなくても、その質にちゃんと評価がついてきているというのが素晴らしいですね。【88点】





スポンサーサイト