FC2ブログ

BONFIRE / LEGENDS

bonfire16.jpg

ドイツの中堅メロディアス・ハード・ロック/ヘヴィ・メタル・バンド、BONFIREによる2枚組カヴァー・アルバム。

なんでまた日本盤も出ないこんな作品を取り上げるのかということですが、まずは選曲を見てください。

DISC1
01. Africa (TOTO)
02. Hold The Line (TOTO)
03. Rosanna (TOTO)
04. Man On The Silver Mountain (RAINBOW)
05. I Surrender (RAINBOW)
06. Stone Cold (RAINBOW)
07. Death Alley Driver (RAINBOW)
08. Black Masquerade (RAINBOW)
09. Burning Heart (SURVIVOR)
10. Eye Of Tiger(SURVIVOR)
11. Caught In The Game(SURVIVOR)
12. Doctor Doctor (UFO)
13. Lights Out (UFO)
14. Rock Bottom (UFO)
15. Child In Time (DEEP PURPLE)

DISC2
01. Jet City Woman (QUEENSRYCHE)
02. Silent Lucidity (QUEENSRYCHE)
03. Eyes Of A Stranger (QUEENSRYCHE)
04. Tears In The Rain (ROBIN BECK)
05. The First Time (ROBIN BECK)
06. Save Up All Your Tears (ROBIN BECK)
07. Hot Cherie (HARDLINE)
08. Dr. Love (HARDLINE)
09. Hallelujah (Leonard Cohen)
10. Rebellion (GRAVE DIGGER)
11. Heavy Metal Breakdown (GRAVE DIGGER)
12. Love Don't Lie (HOUSE OF LORDS)
13. I Wanna Be Loved (HOUSE OF LORDS)
14. King Of Dreams (DEEP PURPLE)
15. Frei Wie Die Geier (PUHDYS)
16. Erinnerung (PUHDYS)
17. Alt Wie Ein Baum (PUHDYS)

まず変わっているのは、普通のカヴァー・アルバムってだいたい1アーティスト1曲であることが大半なのに、各アーティスト2~5曲ずつ収録されているという構成。

そしてDEEP PURPLEやUFOといったロック史に残る大御所から、HOUSE OF LORDSやHARDLINEといったメロハー・マニアしか知らないようなバンドまで、知名度のバラバラさもかなりのもの。

何よりAORのTOTOと、ゴリゴリのパワー・メタルであるGRAVE DIGGERが共存しているという神秘。

この選曲を見て思い出したのが、私が中高生の頃に作っていた「お好みテープ」でした。

21世紀に入ってから物心がついたような若い方には通じないかもしれませんが、90年代までは音楽の複製媒体としてはカセットテープが主流で、当時音楽が好きな人であれば大抵、自分が好きな曲だけを集めたオムニバス・テープを作った経験があるはずです。

まあ、今でいう「プレイリスト」ですね。

『BURRN!』誌の編集後記における「編集部員が今月聴きまくる10曲」も、元々はその感覚から始まっていました。

お金のない学生時代、友達とCDの貸し借りなどをして集めた音源から、カッコいいと思った曲だけを集めたテープというのが、こんな感じの節操のない選曲になりがちでした(笑)。だって友達みんな音楽の趣味がバラバラですからね。

そんな懐かしさで思わずポチってしまったわけですが、その選曲も、各バンドの代表曲を集めているようで、RAINBOWから「Death Alley Driver」や「Black Masquerade」なんかをセレクトしているあたりにグッと来る。

個人的にはどちらも名曲ですが、あまり代表曲扱いはされないし、カヴァーされている例も寡聞にして見たことがありません。

どうやら調べてみると、このカヴァー・アルバムは「バンドが影響を受けた曲を集めた」という、カヴァー曲によくある趣旨のものではなく、BONFIRE & FRIENDS名義による A NIGHT WITH ROCK LEGENDSというツアーをプロモートするために作られたアルバムのようです。

そのイベントはこのアルバムに収録された曲を歌っているボビー・キンボール(TOTO)、ジョー・リン・ターナー(RAINBOW/DEEP PURPLE)、デイヴ・ビックラー(SURVIVOR)、フィル・モグ(UFO)、ジェフ・テイト(QUEENSRYCHE)、ジョニー・ジョエリ(HARDLINE)、クリス・ボルテンダール(GRAVE DIGGER)、ジェイムズ・クリスチャン(HOUSE OF LORDS)といったヴォーカリストがBONFIREをバックにこれらの曲をプレイする、というツアーのようです。

これまでバンドと共作したことがあるとか、一緒にツアーをしたことがある(多分ドイツ・ツアーの前座をBONFIREが務めた、ということではないかと思われます)など、何かしら縁があってのことのようですが、腐っても全米No.1や全英No.1を歌ったことがある人を含むこれだけの人数を11月の2日から21日に渡ってほぼ3週間ブッキングするというのは結構なパワープレイですね。BONFIREのメンバーないしはマネージャーのコミュ力がハンパない、ということなのでしょうか。

SURVIVORの「Burning Heart」はデイヴ・ビックラー時代の曲ではありませんが、その辺は楽曲の知名度を優先させたということなのでしょうか(笑)。

しかし、ジョー・リン・ターナーがDEEP PURPLEに在籍していたからといって、自身が歌った「King Of Dreams」はともかく「Child In TIme」をやるのはさすがにどうなんですかね。これは単にBONFIREのメンバーがやりたかっただけなのでしょうか。

ちなみにPHUDYSというのは1965年から2016年まで活動していた、旧東ドイツを代表するベテラン・ロック・バンドのようです。

ジェフ・バックリィのカヴァーでも有名なレナード・コーエンの名曲「Hallelujah」は、ジョニー・ジョエリがAXEL RUDI PELLでカヴァーしていたから選曲されているんでしょうね。

ロビン・ベックは80年代にコカ・コーラのCMに使用された「First Time」が西ドイツ(当時)のチャートでNo.1に輝く大ヒットを記録し、ドイツでは「一発屋」としてその世代の人には知名度が高いようです。

とまあ、そんな小ネタを語るには事欠かないアルバムなわけですが、本作では歌も含めてBONFIREがプレイしており、多様性に富むこれらの楽曲を非常にソツなくプレイしており、特にシンガーの上手さ、器用さに舌を巻きます。

そして単純に名曲揃いなので、BGM的に流していても楽しめる一枚となっています(二枚ですが)。この選曲を見てオッと思うような人には安心してオススメできますが、本当は若い人に聴いてもらって、気に入った曲のオリジナルにさかのぼってもらいたいアルバムです。

※ツアーの告知映像

だいぶ再生回数少ないですが、集客は大丈夫なのでしょうか。






スポンサーサイト